人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

デジタル通信の技術は、1970年には確立していたのに、実際に携帯電話や地上波デジタルテレビ放送として汎用化して普及するのに20?30年もかかりました。これは符号化・復号化のために必要な高速コンピューティング能力をもつマイクロチップ(CPU)の供給が安い価格でできるようになったのがやっとその時代になってからであるからだと理解してよろしいでしょうか。


●質問者: ShinRai
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
✍キーワード:CPU コンピューティング デジタル マイクロチップ 供給
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● nekomanbo56
●10ポイント

1985年 - 日本、通信自由化。電電公社がNTTに民営化。

通信開放によりパソコン通信サービスが始まる。また、これ以前は規制されていたインターネットの電子メールの交換が行えるようになった。とありますので、一概に昨今のデジタル化が、今まで時間を要したとは思えません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E4%BF%A1%E6%8A%80%E8%A1%9...

◎質問者からの返答

年表は便利ですね、ありがとうございます。

しかし、日本のハイビジョン放送が、最後の最後までアナログ方式に固執していたのは、何故だったのでしょうか。

どうしてデジタル放送にしようと思わなかったのでしょうか。

符号化・復号化のためのチップあるいはエンコーダ・デコーダの入手に困ったからではないのでしょうか。


2 ● bg5551
●20ポイント

確かにCPUの進化も理由の一つですが、それ以外にも様々な要因があります。

そもそも放送や通信が使われる当初はアナログで事が足りていたと言う考えもあります。

扱うデータ量が圧倒的に少なかった為アナログで十分だったのです。デジタルの概念は

1940年代には確立されていました。

あとは、周波数帯域の利用許可の問題もあります。周波数は国が割り当てており、勝手

には使えません。その様々な周波数帯域で利用者が増えるとともに、足りなくなってきて

はじめて初めてデジタル化の必要性にシフトして言ったわけです。

電話やテレビ、無線などがその代表的なものです。

もう一つには、その膨大なデータ量を保存する媒体の発展が要因ともいわれています。


http://www.nhk.or.jp/strl/aboutstrl/evolution-of-tv/p20/index.ht...

◎質問者からの返答

とてもわかりやすいHPをご紹介いただきありがとうございました。

やはりいろいろな事情があるのですね。


3 ● nasi-goreng
●20ポイント

たしかに今のデジタルテレビ放送の実現には1970年代の、CPUの性能では、実現不可能でしょう。

すぐにデジタル放送に移行しなかったのは「必要ないから」でしょう。設備投資に対して、利点があまりない。今までの設備、各家庭のテレビを全て入れ替えなくてはならないので、費用がかかりすぎます。

他のデジタル通信は普及していましたよね?

http://q.hatena.ne.jp/1237182256

◎質問者からの返答

たしかに、必要ないから、大掛かりだから、というのもありますね。


4 ● たっぷ
●35ポイント ベストアンサー

>しかし、日本のハイビジョン放送が、最後の最後までアナログ方式に固執していたのは、何故だったのでしょうか。

>

政治的な理由もあるでしょうが、技術的な問題もあります。

↓にもありますが、最終的に、ハイビジョンは、送信はアナログでも信号はデジタルだったと思います。

http://d.hatena.ne.jp/pieria/00000003

◎質問者からの返答

国際標準をめぐる競争は、大変ですね。しかし、この開発失敗の話はとてもよくわかりました。




日本は「受信機側で受け取ったアナログ信号をデジタル化して画質向上をするテレビを発表した」、「伝送部分だけはアナログ方式で実用化に向けて研究開発が進められていったのである。つまり、完全なデジタルでのテレビ放送が行われることを予想し、その可能性を模索していながらも、実現可能性からアナログの伝送方式によるハイビジョンに固執してしまった」。

一方アメリカでは、「その後ゼネラル・インスツルメンツが完全なデジタル方式を開発することに成功した」、これは「競争メカニズムを取り入れたアメリカの成果」であると。

「結局、日本のアナログ方式のハイビジョンは1980年代まで世界で圧倒的な優位な立場であったにもかかわらず、その優位性ゆえに、当時の貿易・ハイテク摩擦の中で欧米は保護主義的な動きが起きて、それぞれが独自の次世代テレビの研究開発を行うきっかけを作ることになってしまった。」というところは、心を広くもちなさいということでしょうか。

と、そんなことよりも本題に戻れば、デジタルテレビ放送の技術もできあがったのは、1990年代であったということですね。チップのせいというよりも、むしろ技術的確立に時間がかかったということですね。

ありがとうございました。


5 ● Weak-field
●15ポイント

単刀直入に言うと、コスト面での普及が見込めないから。

技術が確立されても、大掛かりなものだと、値段が下がるまで、相当な時間が掛かります。

半導体にしても2年に半分のペースで値段が下がります(正確には半導体密度は2年で倍増する)。いわゆるムーアの法則です。

いま、仮にデジタル受信の装置が2000円だったとしましょう。すると単純計算で30年前は

2000*2^15 = 491520 [円]

いまの程度の装置でも超高価な金額になります。また、大きさでみても、今の受信機が10cm^3(10*10*3)だとして、

2000*2^15 = 327680 [cm^3]

相当な大きさになります。

これでは、一般家庭では置けませんし手が出せません。

普及できる大きさ、価格まで普及できなかった、ということです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%81%A...

◎質問者からの返答

最初は、このムーアの法則で決まったかと思ったのですが、意外に技術的確立も遅れていた(はじめは完全デジタル化はムリだと思われていた)ということがわかり、勉強になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ