人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

医者、弁護士などの資格業は副業しても良いのですか?(組織に勤務の場合、独立開業の場合、フリー医のようなフリーランスの場合(アルバイトなど))

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:アルバイト フリー フリーランス 副業 医者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● dankichik
●15ポイント

医師で、複数の病院、クリニックにつとめている人は多いと思います。

たとえ、常勤の勤務病院があってもアルバイトに行ってますよ。

http://q.hatena.ne.jp/


2 ● kinnoji7
●15ポイント

こちら参考になりそうです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4263345.html

ちなみに弁護士は

税理士・弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士の業務もできますし、

公認会計士は

税理士・行政書士・社会保険労務士(一部)の業務もできます。


3 ● ls_10_5
●15ポイント

副業してはいけない場合というのは、会社の就業規則に副業禁止規定がある場合のみで、法律などで禁止されているものではありません。

ですから、独立開業の方が復業するのは何も問題が無いと思います。

病院などの組織で勤務している場合は、その組織の就業規則に依ります。

http://www.tamagoya.ne.jp/roudou/136.htm


4 ● slips
●15ポイント

別に一人の人間が一つの仕事しかしちゃいけないという決まりは、基本的にはどこにもありません。原則と

して日本国憲法では「就業の自由」が認められていますので、誰がどんな仕事をしてもOKということに

なります。


http://www.tamagoya.ne.jp/roudou/136.htm


会社勤めなどでは、勤務した会社に「就業規則」というのがあるわけですが、サラリーマンが副業できない

というような場合は、要はこの「就業規則」にそのような規定がある場合、ということになります。また、

道義上「同時期にライバル企業の仕事を受けない」なんてのもあるようですね。


フリーランスで副業ができないという場合があるとすれば、現在請け負っている仕事の契約条件に「他の仕

事をしない」というような内容が含まれているケースが考えられますね。


5 ● hamster006
●15ポイント

組織に勤務の場合でも禁止されていなければできます。

ただ弁護士の場合は、確か勤務弁護士と開業弁護士で弁護士会の所属について弁護士会の登録費用等が変わってきますので、勤務弁護士の場合は開業弁護士のような業務はできないはずです。

http://www.shimaben.com/79.html


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ