人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「焼き肉(のホルモン)」が、『ハツ』『タン』など英語が由来なのはなぜなのでしょうか・・・?
理由・詳細が分かるようなサイトがあったら、教えて下さい!

●質問者: tooh22
●カテゴリ:グルメ・料理 ネタ・ジョーク
✍キーワード:なのは サイト タン ハツ ホルモン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● afurokun
●20ポイント

タンの語源・由来

英語「tongue(タンング)」は、古い印欧語で「舌」を意味する「dnghu-」に由来し、ゲルマン祖語の「tungon」から入り、「tongue(タンング)」となった。

印欧語の「dnghu-」からは、ラテン語で「dingua」「lingua」の語も生まれ、「舌」と「言語」を表すようになった。

「言葉」を意味する「language(ランゲージ)」は、この「lingua」に由来し、「tongue(タンング)」にも「言葉」の意味がある。

http://gogen-allguide.com/ta/tongue.html


2 ● meizhizi87
●20ポイント

ハツ(心臓=ハート)

日本人が肉を食べるようになったのが明治以降と浅いことと関連しているようです。

http://www.yakinikubunka.com/alacarte/article003.html


3 ● amai_melon
●20ポイント

http://www.tsuchimochi.com/archives/amireba/j/hormon.html

肉の部位については、いろいろな国の言語に由来するようです。

なぜ、ハツとタンが英語に由来するのかは、検索してみましたが、

よくわかりませんでした。


4 ● sylphid666
●20ポイント

お肉の名前の由来

http://www.daijinen.com/unchiku/20080907_68.html


5 ● aaya725
●20ポイント

太平洋戦争後、仙台にもGHQが進駐した。その際、大量に牛肉を消費する駐留米軍が残したタンとテールを有効に活用するために、1948年(昭和23年)、仙台の焼き鳥店「太助」初代店主・佐野啓四郎が、牛タン焼きの専門店を開業したことが 「仙台牛タン」 の始まりである。

http://blog.livedoor.jp/yakinikuplaza/archives/cat_0350.html

とあります。

おそらく戦後にかけて牛肉を大量消費するアメリカ人から、

不要な部位を引き取っていたため、英語(外来語)表記なのではないでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ