人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私の妹はかなり怒りっぽいです。些細なことでも苛烈に起こります。
仕事では部下に教えたことがきちんとできてないと声を荒げて怒り、家では引き出しを閉め忘れた、電気を消し忘れた、トイレがきれいに使われてないなどに対しても声を荒げて怒ります。やんわりとそれを指摘するととたんに不機嫌になり、部屋に閉じこもっては物を殴りつけるような激しい怒りをあらわにします。
先日は携帯電話のサポートセンターで少し失礼な対応があったようでそれに猛烈に猛烈に怒りをあらわにして、正直こちらが家にいるのが苦痛になるほどでした。
本日彼女は機種変更でキャリア直営のお店に行くそうなのですがその時その対応のことで色々言ってやる、と興奮気味に息巻いていました。穏便に事を進めて欲しいと私が嘆願するとそのことにすら怒りをあらわにしていました。
普段は頑張り屋でおとなしく心優しいところもあるのですが、本当に些細なことで怒り出すので常に腫れ物に触るかのような扱いをしなければならず、家にいても心休まりません。
この様な性格の人は何故そこまで怒りをあらわにし他人や物にそれをぶつけなければならないのでしょうか?
傾向と対策を教えてください。

●質問者: Lyphard
●カテゴリ:医療・健康 人生相談
✍キーワード:くそ キャリア サポート センター トイレ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 23/23件

▽最新の回答へ

1 ● twillco
●6ポイント

カウンセリングを受けられてはどうでしょう?

統合失調症などありますし

http://www.1mental.jp/togoshittyosho_shojo.html

一度、精神科へ行くのも方法の一つかと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

怒り以外は特に問題になる部分はなく社会生活が送れているので統合失調症はないと思います。

カウンセリングは受けてみる価値があると思いますが、所謂精神科に掛かることに抵抗があると予想されます…。


2 ● pahoo
●12ポイント

「怒り」には原因があります。

どんなに怒りっぽい性格であっても、何らかの原因で怒りの感情が発動されているはずなので、その原因を取り除く(または軽減する)ことによって、怒る頻度や規模を抑えることができます。


怒りの原因を探るには、本人との根気よく会話をすることが必要でしょう。

まずは、原因の場所――家族、会社、交友関係、等々――を絞っていくのがいいでしょう。身体の不調によって怒りが発動している場合も考えられます。


ヒアリングの過程で原因もなく怒っているのが分かったら、twillcoさんが回答しているように病気の可能性があります。

また、怒りの原因が明確になったとしても、それをコントロールするのは本人のメンタリティです。「夏が暑い」といったような、周りがどんなに努力しても取り除くことができないような事象に対しても怒りコントロールできないようだと、それは病気と見なされます。

こうした場合は、心療内科などで専門医に診てもらった方がいいでしょう。本人に自覚が無いでしょうから受診を勧めるのは大変だと思いますが、そういった場合は、本人が言うことをきく家族や親友から勧めるようにしてください。


参考サイト

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

話を聞く限りには怒りには原因があるようです。質問に書いたことにも原因はあるようですね。

怒りも多少なら仕方ないとは思うのですが、その程度が酷く同じことにも同じように怒るので辟易しています。

話し合って解決法を模索をしてみたいところですが、人の話は基本的に聞かない質なのでかなり難しいと思います。

心療内科などはさらに難しいですね。プライドを傷つけられたと思ってどんなことになるか想像もしたくありません…。


3 ● taka27a
●12ポイント

http://yucl.net/?gclid=CL_v4bzMtZkCFYktpAod23gy5Q

http://www.ikasareteruigaku.org/shinryo/

軽度の社会適応障害の可能性はありますね。(易墳怒傾向等)やはり専門家に相談してみましょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

できればメンタル方面から調べてみたいのですが前述の通り心療内科などへの通院はほぼ不可能なのでどうしたらいいのか…。


4 ● BQbunka
●18ポイント

実は私も同じ症状です。私は医師など専門家ではありませんが、自分の体験と似ていることから推測したことを書いてみます。

妹さんは日常生活において「こだわり」が強くはないでしょうか。

たとえば、順番に対してこだわりが強ければ、それを乱されることを嫌う、清潔なものへのこだわりが強ければ、不潔なものに触ると手を洗いたくなるなど…。これらは強迫神経症とされますが、もしかしたらアスペルガー症候群の疑いもあるかもしれません。

質問者さんには到底理解できない(常識的には理不尽な)「怒り」の行動なのでしょうが、妹さん自身にとっては怒るに十分な理由があるのだと思います。なぜなら、怒りの内容が些細なものであっても、因縁をつけているような悪意があるものではないからです。

その根幹はおそらく「自分の考えるこだわり」にあるのではと思いました。

携帯電話販売店への怒りは、「サービス業とはこうあるべき」という像が妹さんの内心にあって、相手の態度が失礼だったりしてそれが壊されたとき、内心がパニックになり、外部へは「怒り」の感情として出てしまったのではないでしょうか。

電気は使い終わったら消すべきだ、トイレは綺麗に使うべきだと。これは誰でも納得できることです。

しかし、一般の方は、注意する相手との今後の関係性を壊したくないためなどの理由で、優しく注意しますが、妹さんはそういうコミュニケーションをとれないのだと思います。無礼な事実を観た瞬間に頭に血が上って、我を忘れて怒鳴ってしまうのです。

ですから、普段はまったく普通のひとだと思います。妹さんのルールの琴線に触れさえしなければ。

マイルールが内心にあるのですから、不正やいい加減なことを見ても「穏便にしてくれ」と一般的常識人としての振る舞いを求められても、本人の「正義感」に合わなければ「なぜ! 悪いことでしょ!」ということになってしまうのだと思うのです。

世の中は善悪の2つで片付けられないことがあること、たとえ悪であったとしてもその是正には話し合いなど、段階を追うことが大切なこと。みんながそれぞれ自分なりの見識や常識を持っているのだから自分の常識で地球を支配できるわけがないことを少しずつ学んでもらえるといいですね。

私の場合は、同行者の前で怒鳴り散らして、嫌な気分にさせ、旅を台無しにしたことでだいぶ反省し、どうやら自分が唱えていることは自分だけの考えらしいぞということがわかってから変わりました。また、郵便局などで大声で怒鳴っている中高年を見るにつけ「恥ずかしいな、自分もそうだったのか」と反面教師になりました。

対策としては、質問者が譲歩するなら、家の中では、妹さんのマイルールを覚えてそれを侵さないくらいしかありませんが、対社会的に問題がある場合は病気だと認識させ、心療内科で治療を受けられたらいかがでしょうか。「アサーティブ」にコミュニケーションしましょうなどとアドバイスも受けられました。

本人が「なぜこんなに怒ってしまったのか」と後悔しているときがあればそういうタイミングで受診を切り出せば受け容れるかもしれません。「自分は病院には行かない」というマイルールがない限り、その話題で怒り出す可能性は低いと思います。


こだわりについて書いてあるブログ

http://blog.m3.com/adhd_asperger_etc/20070322/_AS_

長くなって申し訳ございません。

◎質問者からの返答

貴重なご意見ありがとうございます。

「こだわり」、ですか…。彼女にもそんな物があるような気はします。

見ていて感じるのは物事を「きっちり」しなければならないという所に何か病的なところを感じます。

引き出し、電気、トイレもそうですが仕事に対しても「きっちり」していないといけないという所があるようです。それが根源なのかもしれませんね。

昨日携帯電話の更新にお店に行ったのですが、運悪く余りよい対応をされなかった(こちらが見ても問題あると思うほど)人に当たってしまい怒りが大噴火していました。それでサポセンに電話して「申し訳ありません」を何十回も言わせたとか興奮気味に言っていました。

普段おとなしい時は問題無いのですが。「きっちり」できてない時の怒りの反応は少し社会的にも問題あるレベルなのでできればカウンセリングなど受けさせたいところです。

もしくはBQbunkaさんのように「気がついて」くれると良いのですが…。


5 ● johnnysmodoki
●6ポイント

いわゆる境界例人格障害といわれる心疾患の可能性がありますね

どうでしょうか?その方は大切な人(特に異性)にはっきりとした精神依存傾向がありますか?

また、外見などはわりと派手なかんじの方でしょうか?

大切な相手が離れていこうとしている時の反応として、極端に自責的に反省したり また

極端にさらに迷惑がかかる行為を敢えて行うというような傾向はありますか?

当てはまることが多いようならば専門家の方は現在でしたら上記の人格障害とカテゴライズすると

思います。

社会生活に実際に支障をきたすような(睡眠障害、摂食障害、)レベルにまでいくと

専門家を 含めて 親しい周りの方々でサポートする必要がでてきます。

当人はプライドが高く簡単に医師の診療を受けようとしなかったり、逆に受けたとしても

今度は自分一人で何とかしようとして処方される薬に依存度を高めるなどします。

とにかく当人が精神的に負のスパイラルにはいってしまうと本当に抜け出すのは大変です。

あなたへ私ができる忠告は、そういった方に対してはあなたがどれだけその方を大切に思っていよう

とも、親身になりすぎてはいけない ということです。

というのは、結果的に症状が回復に向かうきっかけとなるのは適度な距離をとりながら自立をしている周囲の人間の存在への 気づき だからです。

抽象的でありながら断定的に話を進めすぎたかもしれません。

村上 龍 さんの「最後の家族」といった小説に心疾患をもつ家族とどう向き合うのべきなのか

という問いかけに多くの示唆に富んだ表現があります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

他の存在への精神的依存はないようです。同性の友人はいるようですが、異性の存在はないようです。

外見は地味ですし、所謂境界例人格障害の症状もないと思います。

私自身が以前境界例人格障害的な状態だったので明らかに「違う」と思えます。


1-5件表示/23件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ