人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ガラスのCDなんてのがありますよね。
普通のCDと比べて音質が違うそうですが、どういう理屈なんでしょう。
読み取りの精度が上がる、という話を聞きますが、普通のCDでは情報を100%の精度で拾えていないということでしょうか。
音楽CDはともかく、データCDなんかは100%読み取ってくれないと成り立たない気がするのですが・・・。

●質問者: Mad-Tanuki
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:CD うそ はと ガラス データ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 03
●45ポイント ベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/コンパクトディスク

Wikipediaを「エラー」で検索すると、CD-ROMでの読み取りエラーとデータの訂正(正しいデータへの訂正)と、

CD-DA(音楽CD)でのエラー訂正と、さらにエラーが多い場合に音質に影響が出てくることが書かれています。

http://sothis.blog.so-net.ne.jp/2006-10-22-1

ただ、ここを見るとガラスのCDは読み取りエラーが減少する以外に、

物によってはフォーマット自体が違って音質が良い。ということもあるようですね。

◎質問者からの返答

なるほど。

CDのデータは100%読み取れることが保証されていない代わりに、データが自身のバックアップを含んでいるわけで(冗長性?)、少々のエラーはカバーできる。

そしてそれでもおっつかなくなると、欠落データを予測して埋める。

というわけですね。

ただ、音質の違いはフォーマットの違いから生じるのでは・・と。

ありがとうございます。


2 ● kinnoji7
●0ポイント

ガラスCDの音質

さて、肝心なその音質。確かに良かったです。通常のポリカーボネイトのものより、音のエッジがくっきりして、高音が伸びる感じでした。ただ、通常CDの50倍以上のお金を払う価値があるかと言えば、私自身は買うことはないと思います。

http://www.okanonet.com/2009/01/22/glasscd/

◎質問者からの返答

質問をきちんとお読みください。


3 ● meizhizi87
●35ポイント

プラスチックの盤は透明度が完全ではないため読み取りも不完全。また日光や高温でもわずかに曲がり、音質が劣化する。これに対し、ガラスCDは完全に透き通っており、温度や湿度変化を全く受けないため、いつまでも同じ状態で聞けるのだそうです。

http://www.whats-new.ne.jp/column/2006/11/061113glass_cd.html

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20061026/nandf.htm

しかしガラスCDってすごく高価なんですね。

◎質問者からの返答

もともとの音質の話と、保存性の話があるのですね。

それにしてもすごい値段ですね;

私ならそのお金でいいスピーカーを買います(笑)

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ