人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

血中のリポタンパクなどから分解された脂肪酸は、どのように細胞内に取り込まれるのでしょうか
おそらくキャリア蛋白だと思うのですが、はっきり書かれた成書を見つけられませんでした

サイトゾルからミトコンドリアの外膜中への移送には脂肪酸アシルCoAキャリア蛋白、内膜への移送には脂肪酸アシルカルニチンキャリア蛋白が関わっているというのは存じております。

よろしくお願いします。

●質問者: puppetmaster2501
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:キャリア サイト シルカ タンパク ミトコンドリア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●28ポイント

良く勉強されている方だと思うので、簡単に書かせていただきます。


脂肪酸として取り込まれた後、すぐに脂質(トリアシルグリセロール)に再合成されます。

その後、リポタンパクとして運ばれ、リポタンパク受容体と結合して細胞に取り込まれます。


この辺りのことは、成書に詳しく書かれていると思いますが、参考になりそうなサイトのURLもつけてみます。


http://www.kao.co.jp/econa/dag/dag03.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%9D%E8%9B%8B%E7%99%B...

http://hobab.fc2web.com/sub2-lipoprotein.htm

◎質問者からの返答

早速ありがとうございます。

成書にもLPLで分解後各細胞に取り込まれる程度しか書かれていないものが多いですね。

LPLが取り込みを調節しているような記述が不可解であったので

(グルコース取り込みのホルモン作用(インスリン)と比較して)

質問しました。


2 ● rsc
●42ポイント ベストアンサー

こちらは参考になるでしょうか。

・β酸化

>脂肪酸の動員

4.血流に乗って筋組織などに運ばれ、血清アルブミンから遊離した脂肪酸が脂肪酸トランスポーターから細胞内に取り込まれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%92%E9%85%B8%E5%8C%96#.E8.84.82....

・Unmet Need and Opportunity in Metabolic Syndrome 代謝症候群 ...

>FATP1 . 脂肪酸輸送タンパクI ←12ページ目の下の図

http://www.novartis.com/downloads/investors/japanese-investors/J...

◎質問者からの返答

ありがとうございます!!

ノバルティスの資料が非常に参考になりました。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ