人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

本当かどうか、思わず試してしまいたくなる様な・・・そんな一風変わった学説を調べています。
ちゃんとした学者さん・教授なのに、何でそんな事を調べたんだろう・・・そんな情報をヨロシク御願いします!

●質問者: tooh22
●カテゴリ:科学・統計資料 ネタ・ジョーク
✍キーワード:学者 教授
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● vicki55
●23ポイント

恋の吊り橋理論

実験は、18?35歳までの独身男性を集め、渓谷に架かる揺れる吊り橋と揺れない橋の2ヶ所で行われた。男性にはそれぞれ橋を渡ってもらい、橋の中央で同じ若い女性が突然アンケートを求め話しかけた。その際「結果などに関心があるなら後日電話を下さい」と電話番号を教えるという事を行った。結果、吊り橋の方の男性からはほとんど電話があったのに対し揺れない橋の方からはわずか一割くらいであったというものである。揺れる橋での緊張感を共有した事が恋愛感情に発展する場合があるという事になる。

http://lastletter.blog.drecom.jp/archive/2553


2 ● obokobo
●23ポイント

>一風変わった学説を調べています。

>ちゃんとした学者さん・教授なのに、何でそんな事を調べたんだろう・・・そんな情報


そういう学説なら「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられるイグノーベル賞 (Ig Nobel Prize) 受賞者を調べると良いかもしれません。

例えば、2000年にイグノーベル物理学賞を受賞したマイケル・ベリーはイギリス王立協会会員で、量子力学におけるベリー位相を命名した真面目な科学者であるにもかかわらず、生きたカエルを磁気浮上させる実験に取り組んだ末、相撲力士の磁気浮上にも成功したという意味があるのかないのか分からないような研究「カエルと力士を浮揚させるための磁石の使用に対して。」により受賞しました。

イグノーベル賞受賞者の一覧

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%B...


3 ● Hyperion64
●22ポイント

自分で試せそうな変な学説として、思い出したものです。

「回転するゆで卵が浮き上がる」のは珍説ですが立証されているそうです。

http://sasapanda.net/archives/1544

まだ、もめているのが「ムペンバ効果」です。高温の水が低温の水より早く氷になることがある!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%9...

NHKで放送して有名になりましたが。

古いのでは、「立春の卵」というのがありました。

ゆで卵が立春の日だけ立つ、という巷説です。起きるのは社会心理なのだそうですが。

自分では未だに分からないのが、「火渡り」です。修行者が高温のたき火の中を素足に近い状態で無傷で

通り抜ける、その現象は「ライデンフロスト効果」のおかげだというのをあちこちで読んだのですが、ほんまかいな、です。

ライデンフロスト効果


4 ● amai_melon
●22ポイント

何年か前にはやったのが日本大学文理学部体育学科教授の森昭雄が提唱した

ゲーム脳仮説でしょう。一時的には、さまざまなメディアで議論されましたが、

毎日新聞などで批判が相次ぎ、下火になりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E8%84%B...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ