人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

インスリン抵抗性と高尿酸血症について
以前からその相関については指摘がありましたが
病態機序について、情報をお願いいたします。

●質問者: puppetmaster2501
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:インスリン 尿酸
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● afurokun
●28ポイント

カロリーの摂取過剰や運動不足により肥満になると一般にインスリンが効きにくい状態になり、血中のインスリン値が上昇し、糖尿病や高脂血症や高血圧症を発症しやすくなり、さらには心臓などに動脈硬化症を起こしやすくなります。このような病態をインスリン抵抗性症候群もしくはメタボリックシンドロームと呼んでいます

http://lipid.umin.ne.jp/


2 ● apo
●42ポイント

対象者がわかりませんが、

ワムネット>医療>医療法・制度改革>医療制度改革>資料10:学習教材集(暫定版)に掲載されている

「資料2:自分の体の中で何が起こっているかを知る」のPDFファイル:20060713siryou2-B-9~B-16.pdfにある、

B-10の図が誰でもわかりやすいと思います。ほかに

もっと高度な情報をお求めでしたらすみません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

参考にさせて頂きます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ