人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自然体験と子供の脳の発達、成長の科学的な関係について情報がありましたら教えてください。

●質問者: surasurasue25
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:子供 科学 自然
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kinnoji7
●35ポイント

こちらはどうでしょうか。


「農業教育」は子どもたちの脳を活性化する

http://blog.new-agriculture.net/blog/2008/04/000543.html

◎質問者からの返答

さっそくのご回答ありがとうございます!脳の図解もきれいですね。じっくり参考にさせていただきます。


2 ● vicki55
●35ポイント

脳神経が発達できない子供たちへ(


(前頭前野の発達)

自然活動によって五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)を高める

様々な自然を体験することで、五感を高めることができます。当然前頭葉への刺激にもなります。又、自然活動を通じていろいろな人と出会い、コミュニケーションを交わし、いろいろな経験をして学習をします。友達とぶつかりあいながら、思いやりや集団のきまりを学習することができます。

このような経験や学習が前頭葉を刺激し成長させて、“キレる”ことを防ぐのに役立つと考えられます。

http://www17.ocn.ne.jp/~akwarabe/nou.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます!すっきりしていて引用しやすいです。


3 ● T_SKG
●10ポイント

Web上のページでは無く、書籍なので、コメント欄の方が相応しいかと

思いますが、コメント欄が開いていないので。

虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)

虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)

  • 作者: 養老 孟司 池田 清彦 奥本 大三郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 新書

しかし、すごいタイトルですね・・・。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ