人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

学問としての社会科学(経済学や政策学なども含む)が現実の課題解決に役立たないことが多いような気がします。
モード2的観点からこの課題を扱っている論文や記事などでよいものがあるでしょうか?
意見を聞きたいわけではないので、かならずリファレンス付きでお願いします。



●質問者: isogaya
●カテゴリ:経済・金融・保険 科学・統計資料
✍キーワード:いもの モード リファレンス 学問 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
●60ポイント

こちらは参考になるでしょうか。

・経済学は役に立つか - 池田信夫 blog

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/95d3adf9ab70ecda6604c71a807ee...

・役に立たない「最先端マクロ経済学」 - 池田信夫 blog ←Buiterをクリックすると英文に飛びます。

http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/23711d3ff7c7d7520a7da9025edeb...

・経済学は投資の役に立たない? 401k(確定拠出年金)運用日記 2009年3月 ...

http://love401k.seesaa.net/article/115573365.html

・"役に立たない経済学"から、"役に立つ経済学"へ - きびたんの日記 ...

http://d.hatena.ne.jp/uzuki-first/20090304/1236144964

個人的な意見で恐縮ですが、社会科学は人間の心が絡んで来て、蓋然的推論の度合が大きくなるからかも。(汗;

◎質問者からの返答

モード2的観点から見てというのは、手法的にどうしたらいいかというレベルのことが書かれている論文や記事です。学術系のデータベース NIIやjdream などではないでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ