人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

長文になりますが、なにかご助言お願いいたします。

インターネット上にある情報を部内(企画計:15?20名)で共有するために、なんらかのツールなりを導入したく考えておりました。例えば、Pukiwikiなどを使って各メンバーが登録していく方法もあるのですが、現在、社内でグループウェアやアクセス解析・サイト管理などのツールが混雑しており、新たなツールを入れるとなると少し抵抗がある感じです。

そこで現在考えているのは、部内専用の RSS フィードを発行できるものをつくって、各メンバーが RSS リーダーでその情報を取得するといったことを考えております。情報を発信したい人はブログやtumblrのような感覚で登録し、メンバーは使っている RSS リーダーでその情報を確認していくといった感じです。


ここで質問になります。

1.この方法って実際のところどう思いますか?
2.Wordpressなどを使う場合(サーバ等は除く)、ライセンス等発生するのでしょうか?
3.他になにかいいアイディアありましたらご助言ください。

どうぞ、よろしくお願いいたします。



●質問者: jinmsk
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:PukiWiki RSS tumblr wordpress アイディア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

[1]Blogでいいんじゃない? ttakao

まったくレスがつかないのは、話が発散していて答えようがないからじゃないかな?と思います。「ツールが混雑しており」っていいながら、WordPressが質問に出てくるし。。。

個人的にはWordPressをCMSとして使うのが一番かと思いますけど。みんなにWordPressのアカウントを発行して、注目した記事のリンクをバンバン貼る、と。誰がアクティブに書いているかもわかりますしね。WordPressは使用は無料です。無料サーバーもありますし。WordPressからのRSSを拾えば、まとまりますし、古いデータみたい時も簡単じゃないでしょうか。

もしくはグループウェアに電子掲示板があって検索できれば、それでもいいと思いますよ。情報共有って、手間かけずに記録しておいて、用事がある時はお互いに助かる、っていうサイクルがないと続かないです。


[2]wikiで良いのではないでしょうか? jinzaikei

個人的には、Wikiで良いような気がします。

RSSだとドンドン情報が流れていってしまいますので、

部内で情報共有をするとなると、

「どれが最新情報なのか」確認するのが

結構手間になってしまうような。。

Pukiwikiでもいいですが、

GoogleSiteなどであればもっと簡単に導入できますよ。

今すでに使っているツールをWikiと連動させる方法を

考えたほうが、使い勝手は良いのではないでしょうか。

(Wordpressの導入には、ライセンス費用などはかかりません)


[3]回覧で情報共有 yoneyore

人数的には回せる人数かと思います(部屋のレイアウト上できないのであればすみません)。結局意識の問題というのもあるので、アナログではありますがやる価値はあると思います。回覧が止まる場合は、止まっている箇所で情報伝達がうまくいかない素因となっていることもわかるので。また、回覧にメモ欄などをつけて書き込む欄を設けておくことで、メンバーの自発性なども調査できます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ