人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

近年の欧米での動物愛護・家畜愛護法案の相次ぐ成立など、動物愛護・家畜愛護の機運の高まりの背景には何があるのか、が分かるページ・資料を教えてください。
できれば、すぐ参照できるWebページで、それなりに権威のあるところが望ましいです。
以下のURLのニュースのような事例の背景を探っています。
http://lavo.jp/kakinotane/lavo?p=log&lid=40094
ドイツでは2007年1月1日をもって、採卵鶏をゲージで飼うことが法律で禁止されるという。これによってニワトリ達は自然な方法でエサや水をとり、砂浴びができるようになるということだ。EU全体でも2012年から実施するという。
ヨーロッパでは以前から「動物福祉」という考え方を育ててきていて、ニワトリだけでなく、牛や豚など家畜全般に対して、なるべく苦痛を与えない環境で飼おうとしてきた。

●質問者: kaerukaerukaeru
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:1月1日 2007年 2012年 URL Web
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/5件

▽最新の回答へ

1 ● peach-i
●23ポイント

http://saisyoku.com/index.html

このサイトが参考になるかもしれません


2 ● afurokun
●23ポイント

「愛がん動物用飼料の安全性に関する新法」が成立

【法律案の概要】

(1) ペットフードの製造方法などについての規準、成分についての規格を定め、その規準、規格に合わないペットフードの製造、輸入、販売を禁止

(2) 有害な物質を含むペットフードの製造、輸入、販売の禁止

(3) 環境・農水省は、規準や規格に反するペットフードが販売された場合、廃棄、回収命令を実施する

(4) ペットフードの製造業者、輸入業者は、環境・農水省に届出が必要

(5) ペットフードの製造業者、輸入業者、小売を除く販売業者は、販売したペットフードの名称、数量等を帳簿に記載することが必要

(6) 環境・農水省による、ペットフード製造業者などへの立ち入り検査などの実施

http://www.petwell.jp/news/080612-001/


3 ● db3010ss
●22ポイント

http://plaza.rakuten.co.jp/shumeikai/diary/200805160000/

http://www.tanakanews.com/a0731whale.htm

動物愛護の一方の旗手である反捕鯨運動の出発点は、特定国の権力による作為的支援が大きな役割をはたしていると考えている人がいるようです。


4 ● apo
●22ポイント

欧米での事例については、地球生物会議HPの「海外ニュース」に多くの情報が掲載されています。

しかも、出典があきらかです。

http://www.alive-net.net/world-news/index.html

動物愛護・家畜愛護の機運の高まりの背景については、この記事が詳しいです。

http://www.alive-net.net/world-news/wn-law/82.html

●その他、参考になりそうなページ

西欧の猫と動物愛護

http://members.jcom.home.ne.jp/doubutusimin/maekawa2mae.htm

ヨーロッパの動物福祉とインスペクターの活躍

http://members.jcom.home.ne.jp/doubutusimin/furankmiruna.htm

(ともに、自然と動物を考える市民会議HPより)

2005年に制作され、ロングランをつづけている

映画「いのちの食べ方」(原題:Our Daily Bread)

http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/

http://www.rottentomatoes.com/m/our_daily_bread/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ