人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

細かい上司と放任主義上司なら放任主義上司の下の方が仕事の成果を上げられやすくないですか?(細かい事って、仕事の成果とは直接関係の無いどうでもよいことである場合が多いと思います。細かい上司のために細かい事に時間を使ってしまうので、仕事の速度が出ずに仕事量が稼げなくなるし、仕事の成果に関わる大切なことに十分な時間をかけられなくなるからです。)

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:上司 大切なこと 放任
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

1 ● macrocarpa
●14ポイント

あなたの考える「仕事の成果」とは何でしょうか?

比較的単純な作業内容で、成果=成果物の量であれば、おっしゃるとおり細かくない上司の方が進めやすいのではないかと思います。

しかし何らかの目標を達成するために仕事を上手くこなし同じ仕事内容でも成果を大きく上げたり、成果をより高く評価してもらうためには、やはり進め方のコツや社内での根回しなども必要になるのではないかと思います。

恐らくあなたの上司はよほどの暇人か、またはあなたの成果や仕事の進め方に問題があると考えているのではないかと思います。

仕事とはあなたのためにするものではなく、発注者(顧客であったり、上司であったり、他部署であったり)のために行うものです。それに適合するほうがより高い成果を上げやすいと考えてはどうでしょうか?

http://q.hatena.ne.jp/answer


2 ● kinnoji7
●14ポイント

「放任主義の上司」は「実は厳しい評価を下しており」「見放されるのも非常に早い」とか、「口うるさい上司」は、実は「自分に自信がなく、部下の責任まで自分で負いたくないと考えている」など、新入社員にはタメになりそうな指摘もあります。

http://www.roumuya.net/zakkan/zakkan14/joshi.html


3 ● lancer13
●14ポイント

「理想の上司」は「放任より率先」

http://www.rbbtoday.com/news/20070920/45021.html


4 ● peach-i
●14ポイント

そうですね。

親子と同じですね。

あまりに厳しい親に育てられている子供は自由に動けずもがくだけです。

放任主義の親のほうが自由な発想が得られます。

上司と部下も同じでしょうねhttp://q.hatena.ne.jp/answer


5 ● taka27a
●14ポイント

業務の内容にもよるのでしょうが、結果オーライであればおっしゃる通りですね。しかし、思い通りの結果にならないこともありますし、コミュニケーションは密にしておく必要ありです。http://q.hatena.ne.jp/1239275844


1-5件表示/15件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ