人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

現在、私は株式会社の代表取締役です。近い将来、他者との合併を予定しています。合併にあたり、新会社のNo. 1(代表取締役)は相手方の現代表取締役に就任してもらいたいと考えており、私は新会社のNo. 2に就任したいと考えております。これには相手方の代表も賛成しています。

しかるに、相手方の代表としては、役員構成として、取締役の中でも、「代表」以外の段階の位階をつけたいようで、「相手方代表取締役が新会社の代表取締役、その他全員がただの『取締役』」、というのではなく、「『代表取締役』(No. 1)―『○○取締役』(No. 2)―『○○取締役』(No. 3)―その他の『取締役』(複数、いわゆる「平の取締役」)」、と言う風にしたいようです。

このような場合、通例、取締役会の中のNo. 2およびNo. 3は、どのような呼称(正式なもの)が用いられるのでしょうか? あるいは、公式には、「代表取締役」と「取締役」の2つの区別しかないものなのでしょうか?

ご解説、よろしくお願い申し上げます。


●質問者: crashtruck5
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:いもの 代表取締役 会社 位階 取締役
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967
●18ポイント

取締役だけで構成する場合と

代表取締役を置く場合の2種類に分かれるだけなので

席次をあらわしたいのであれば役職(肩書)をつけて

代表取締役社長、取締役副社長、取締役

という具合になさってはいかがでしょう。


2 ● ぽこたん
●17ポイント

役職名・役員名で区別する方法が有効かと思います。例えば、届出上においてはダブル代表取締役としておいて、実際の名詞には「代表取締役社長」「上席執行役員」「執行役員」というように上席を付けた執行役員にする事で他の取締役と区別したり、もしくは副社長と名乗る方法もありますね。


3 ● YUI2007
●17ポイント

取締役とか代表取締役は会社法上の用語です

それ以外で役員の呼び方で良く使われてるのは

社長 副社長 常務 専務 会長 相談役(順不同) などです

あとは、特別取締役なんて制度もありますね

これはただ呼び方が違うだけではなく、あらかじめ選んでおいた取締役だけで一定の事項を決議できるって制度です

取締役会の決議と同じ効力があるので、特別ですよね、ただ日本でそのシステムを取り入れてるのは2社だけらしいです


4 ● mare_caldo
●17ポイント

会社の登記上は、取締役とその中で代表権を持つ代表取締役の区分しかありません。代表取締役は複数でもかまいませんし、実際、そのような会社も世間にはたくさん存在しています。ただ、呼称は様々です。


一般的なのは、



などなど。これらの呼称は、会社法に基づくものではありませんから、自由につけることができます。


5 ● hijk05
●17ポイント

>あるいは、公式には、「代表取締役」と「取締役」の2つの区別しかないものなのでしょうか?

YES

>合併にあたり、新会社のNo. 1(代表取締役)は相手方の現代表取締役に就任してもらいたい

>と考えており、私は新会社のNo. 2に就任したいと考えております。

>「『代表取締役』(No. 1)―『○○取締役』(No. 2)―『○○取締役』(No. 3)

>―その他の『取締役』(複数、いわゆる「平の取締役」)」、と言う風にしたいようです。

無意味。No1かNo2かは、株式の持分によって決まるわけで・・・。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ