人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ドイツの哲学者ハイデガーが、テレビのアンテナがあるということは、その下に生活があり、それは人間が居ることを示しているのだが、それは同時に、そこには、もう人間は居ないことを示している。という意味のことをいっているそうですが、それはどこに書いてあるか教えてください。

●質問者: jptfj714
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:アンテナ テレビ ドイツ ハイデガー 人間
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● u00
●60ポイント

http://www.kengakusha.com/essay/son_ji-019.html

こうした状態を、ハイデガーの言葉に言いかえるならば、テレビ(道具的存在)があるが、使用しようとする(交渉)の際に、アンテナプラグの形状が異なる(利用不可能だと暴露された)ことで道具が目立ってくるということだ。こうした状態を「非道具的存在性」と言っている。

<参考文献>

『ハイデガー 存在と時間1』中公クラシックス(訳・原佑/渡邊二郎)

この本を確認した訳ではありませんが、アンテナを例に出している箇所があると思われます。



http://www.amazon.co.jp/dp/4121600517

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ