人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

福沢諭吉の福翁自伝(岩波文庫)の中で、朝鮮人は卑しいなどの差別表現や、車夫、馬丁、人足、小商人といった下等社会などの差別表現(文章)は何頁に記載されていますか。よろしくお願いします。

●質問者: jptfj714
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:商人 岩波文庫 差別 朝鮮人 社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● macrocarpa
●35ポイント

下記が該当する箇所ではないかと思います。

なおページ数は出版年度により若干異なると思います。

http://q.hatena.ne.jp/answer


175ページ

例えば私は少年の時から人を呼び捨てにしたことがない。車夫、馬丁、人足、小商人(こあきんど)のごとき下等社会の者は別にして、いやしくも話の出来る人間らしい人に対して無礼な言葉を用いたことはない。青年書生は勿論、家内の子供を取扱うにもその名を呼び捨てにすることは出来ない。


308ページ

本藩に対してはその卑劣、朝鮮人の如し

◎質問者からの返答

本藩に対してはその卑劣、朝鮮人の如し が見つかりません。

「老余の半生」の中でしょうか?。その中の小題(見出し)を教えてくださいませんか。よろしくお願いします。


2 ● macrocarpa
●35ポイント ベストアンサー

コメント欄が閉じているのこちらでお返事しますが、小見出しが「本藩に対してはその卑劣、朝鮮人の如し」となっているのです。

「雑記」の中の

・乗船切符を偽らず

・本藩の扶持米を辞退す

ときて、

・本藩に対してはその卑劣、朝鮮人の如し

があり、

・百五十両を掠(かす)め去る

・原書を名にして金を貪る

と続きます。


http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

丁寧なご回答、真にありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ