人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

エコについて質問です。
割り箸の1本当りのCO2使用量、もしくは、森林伐採に対する懸念事項等を教えて下さい。
また、プラスチック製のスプーンにかかるCO2の使用量も教えて下さい。
マイ箸についての資料を作成しており、マイ箸を使用することで得られるエコロジーについての
数字で表せられる情報を探しております。
参考になる情報、サイトを教えて下さい。

●質問者: yokita927
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:エコ エコロジー サイト スプーン プラスチック
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●35ポイント

1日に1膳4gの割り箸を使わなかった場合 8gの炭酸ガスを削減できます。


プラスチックの場合はわかりませんが、

1枚6gのレジ袋を1日に2枚もらわなかった場合 50g なので、スプーンの重さを2.4gとしたら、10gだと考えられます。

http://www3.kct.ne.jp/~kagawaex/hpimage/eco_life.htm


2 ● pahoo
●35ポイント

CO2使用量⇒CO2排出量ですよね。


割り箸から出来る二酸化炭素削減法」によれば、一膳の割り箸から二酸化炭素が9.35g発生するといいます。

環境情報データベースによれば、廃プラスチックの二酸化炭素排出係数 は2.442ですから、スプーン1個の重量が20gだとすると、約48グラムの二酸化炭素を排出します。


ただし、マイ箸がエコかどうかというのは非常に微妙な問題です。

割り箸やプラスチックスプーンは焼却することで熱エネルギーになり有効利用されます。もしエネルギー収支が平衡していたとすると、割り箸やプラスチックスプーンが減った分のエネルギーを補うため、別の何かを燃やさなければなりません。となると、結局、二酸化炭素排出量は減りません。

もし、不足分の熱エネルギーを原子力で代替しようとするなら、たしかに二酸化炭素は出しませんが、それより扱いにくい放射性廃棄物が出ます。太陽熱で代替したり、風力発電で代替するという方法もありますが、莫大な費用がかかり、二酸化炭素(建設に必要な重機が排出する二酸化炭素など)も排出されます。地熱は一部の地域でしか使えませんし、そもそも火山は莫大な量の二酸化炭素を排出しています。


私もマイ箸を持っているのですが、これは気分の問題で、本当に二酸化炭素排出量を減らそうと考えるなら、エネルギー消費量を減らすことが一番だと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ