人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

"Long time no see."のように、中国語起源と思われるピジンイングリッシュの(あるいはピジンイングリッシュから通常の英語話者が使うようになった)フレーズの例や一覧を教えてください。もちろん英語サイトでもかまいません。
ピジン英語の「単語」や「発音」の例ではなく、フレーズや文章など、中国語文法の影響を受けていると思われるものでお願いします。

●質問者: 松永英明@ことのは
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:Time サイト ピジン フレーズ 中国語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● ardarim
●45ポイント

Wikipediaで恐縮ですがこちらでどうでしょうか。

中式英語 - 維基百科,自由的百科全書

厳密にピジンといえるかどうかは分かりませんが...

英語版のほうにも若干例示があります。

◎質問者からの返答

中文をそのまま英語に置き換えただけの文例が多く見られますね。こういう文例がほかにも集まっているところがあれば(できれば中国語の原文と併記しているところ)ぜひご教示いただきたいと思います。


2 ● suppadv
●0ポイント

"no can do."「どうしようもない」


"Long time no see." とか,"no can do."「どうしようもない」という類いの表現は,英語に中国語,ポルトガル語なごが混合した中国英語でして,中国人が外国人と商取引上に使う特殊な英語表現のため "pidgin English" と呼ばれるものです。

http://blog.livedoor.jp/j0hn_mayer/archives/cat_10013201.html


Gung Ho

熱心(エキサイト英和辞書)

熱心さ(インフォシーク英和辞書)

米軍の軍隊用語。日本での「エイエイオー」に当る掛け声。(月刊「CardWave」ガンホーの取材記事より)

【形】 任務を熱心に遂行する、職務に非常に献身的な

【語源】1930年代に中国大使館付武官だった海兵隊の Evans F. Carlson 中佐が、中国語の「工和(中国の小規模な工業共同組合の呼び名の頭文字で、工業共同組合運動推進のスローガンとなったもの)」に感銘を受け、自分の部隊のモットーとして採用したもの。1942年には海兵隊全体に広まっていった。

http://www.tekiro.main.jp/?eid=435187

◎質問者からの返答

ピジンイングリッシュについての解説は求めておりません。また、単語や発音ではなくフレーズについての情報を求めております。


3 ● すもと
●0ポイント

中国語から変形してきた言葉はchinglishのことでしょうか

long time no see 好久不?(hao3jiu3bu2jian4)お久しぶりです。

「chinglish」か「中式英?」で検索すれば、いっぱい出てきますよ。

中国語訳と通常の英訳をつけた例です。

----

-

-

-

-

-

-

-

-

long time no see 好久不?(hao3jiu3bu2jian4)お久しぶりです。

好久不?の訳はここから

◎質問者からの返答

何かのコピペによる回答の場合は必ず出典を書いてください。そして、これらの例はすでに提示された中国語版ウィキペディアの記述ですね。

"Long time no see."が「好久不見」の直訳であることは理解しています。

残念ながらポイントは差し上げられません。


4 ● nofrills
●45ポイント

「風水」→Feng Suiのような単純な借用語なら一覧があるのですが(例えばウィキペディアのこのページなど)、文法が英語としては非標準なものの一覧は、なかなか探せないですね。ありそうな気がするのですが。


質問者さんが想定されている「フレーズ」なのかどうかが微妙ですが、一応「二語以上」で文法的には実は変なフレーズということで、"no-go area" の "no-go" が語源的にChinese Pidgin Englishだそうです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Chinese_Pidgin_English


このほか:

http://en.wiktionary.org/wiki/so_fashion

http://en.wiktionary.org/wiki/chop-chop

※以上、元は下記。

http://en.wiktionary.org/wiki/Category:Chinese_Pidgin_English_la...


「加強合作」が "deepen cooperation" となって非英語圏で広く使われているが違和感が、という言語学系ブログ:

http://languagelog.ldc.upenn.edu/nll/?p=1108

It probably won't be long before native English speakers say "deepen cooperation" without any qualms, just as they now say "paper tiger" and "running dog" with little queasiness. Never mind that, when I first heard these XE expressions (derived from ZHI3 LAO3HU3 紙老虎 and ZOU3GOU3 走狗) back in the 1950s, they sounded very strange to my ear.


さらに:

http://www.english-test.net/forum/ftopic7674.html

Another example would be "no tickie, no washie", which means, "If you don't pay me, I won't work," but it probably originally meant, "If you don't have your claim ticket, you can't pick up your laundry."


http://en.wikipedia.org/wiki/May_you_live_in_interesting_times

May you live in interesting times


No known user of the English phrase has supplied the purported Chinese language original, and the Chinese language origin of the phrase, if it exists, has not been found, making its authenticity doubtful. One theory is that it may be related to the Chinese proverb, "It's better to be a dog in a peaceful time than be a man in a chaotic period" (寧為太平犬,不做亂世人; pinyin: n?ng w?i t?ip?ng qu?n, b? zu? lu?nsh? r?n).[citation needed]

これは、"citation needed" が重要らしいです。(NYTのクリストフのブログなどもご参照ください。)


http://www.interestingchinese.com/language-exchange-china-japan/...

Another English phrase that come from Chinese is the expression “look-y look-y,” or “look-look” which comes from the Chinese kan4 yi4 kan4 (看一看) and means “take a look.” A “look-see” is also a translation of the Chinese compound kan4jian4 (看?), which means “to see.”


おまけ:

"Long time no see" とはたぶんまったく主旨が異なりますが(文法という問題ではない)、"iron rice bowl" という成句もあるそうです (a Chinese term used to refer to an occupation with guaranteed job security, as well as steady income and benefits):

http://en.wikipedia.org/wiki/Iron_rice_bowl


それから、"no pain, no gain" をチャイニーズ・ピジンとしているページも見かけましたが、これは私は「"(If you have) no pain, (you will have) no gain" というような省略が起きているとも考えられ、ピジンかどうかは微妙」というように聞いています。


あと、"long time no see" についての議論も(多くの場合は It's been a long time! と言い、Long time no see. はあまり使わない、という意見があります。ただ、英米差はありそうですね)。

http://www.englishforums.com/English/LongTimeNoSee/zghg/post.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます!いずれも参考になります。

中国語をそのまま外来語として取り入れたのではなく、中国語の漢字をそのまま英語に置き換えて作ったヘンな言葉を探したいと思っていたましたので、これらの例はいずれも当てはまります。

リンク先を見ると「走狗」が「running dog」などの例もありますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ