人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Autorun.infの書き方について質問です。
USBメモリをパソコンに突き刺す度に中にあるファイルをパソコンのローカルHDDに、
上書きしない保存していきたいです。
Autorun.infに命令文を書き込む事で、ウィンドウズのバックアップ機能を起動させて
自動的にバックアップを行いたいのですが、できますか?

具体的な使い方の目標は
USBメモリを刺す事で、今からやりたい作業に必要ないくつかのアプリケーションの起動とデータの読み込み、
ローカルHDDへのバックアップを行いたいと思っています。
ローカルのハードディスクには現行の作業ファイルを保存せずに
バックアップデータを意識せずに貯蔵しつづけるタンクのようにしたいです。
HDDが満タンになったらパソコンから取り外して保管します。

USBメモリはその作業で使われる、書類などの道具と一緒に管理し、
デジタルデータの保管場所をパソコンから切り離そうと思っています。

※コメント欄は質問中も解放しておきます。

●質問者: marinelake
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:INF アプリケーション ウィンドウ コメント欄 タンク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rouge_2008
●60ポイント

Autorun.infでアプリやファイルを起動するソフトを起動して、あとはそのソフトから各ファイルを起動すると良さそうです。

※USBメモリ等の差し込み時、XPおよびVistaでは動作選択の確認画面が表示されますが、その画面で実行する操作を選択する事をおすすめします。

(セキュリティの関係上、表示しない設定にはしない方が良いです。)

アプリ起動用のおすすめソフトは「Startup Impact」です。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se120334.html

※初回起動時に表示される画面で、「スタートアップに?」「デスクトップに?」「スタートアップの?」のチェックは外して大丈夫です。

(後で設定しなおす事も可能です。)

※初期状態でグループ「Default」がありますから、アイテムを新規作成して、一覧に起動するファイルを追加します。

(ファイルに関連付けされているソフトで開きます。)

次にバックアップ用のバッチファイルを作成します。

xcopy G:\MyDir D:\USBBackUP /i /s

※G:\MyDirをD:\USBBackUPフォルダにサブディレクトリごとコピーする場合の記述です。

※上書きするかしないかの確認メッセージが表示されます。(確認メッセージを表示しない場合は、上書きされてしまいます。)

http://always-pg.com/dos/copy/xcopy.html

上記を記述したファイルを「.bat」という拡張子で、適当な名前を付けてバッチファイルとして保存し、上記のソフト「Startup Impact」のアイテムに追加します。



「FastCopy」というソフトを使用すると、モードを指定する事により上書きしない事も、差分のみコピーする事も可能です。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se360695.html

以下は、FastCopyを使用して、差分(上書きなし)モードで実行する場合のバッチファイルの記述です。(※サイズ・日付による差分コピーをする場合は、/cmd=diffとなります。)

G:\FastCopy198\fastcopy.exe /cmd=noexist_only /auto_close /error_stop G:\MyDir /to="D:\USBBackUP\"

※G:\MyDirをD:\USBBackUPフォルダ以下にフォルダごとコピーします。

※処理が終了したらウィンドウを閉じる、エラー発生時にダイアログを表示するオプションを追加しています。

その他、オプションの詳しい設定方法についてはヘルプを参照してください。

別のソフトですが、「Fire File Copy」というソフトを使用すると、設定に基づいて自動リネームしてコピーします。(ただし、動作選択の確認画面が表示されます。)


以下は、Autorun.infの記述です。

[Autorun]

open=G:\start134\startup.exe /s

※起動するファイル等は、すべてここで指定する「Startup Impact」から起動しますので、Autorun.infにはこれだけ書くと大丈夫です。

※「Startup Impact」をUSBメモリにフォルダごと解凍して使用する場合です。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA014228/WAutoRun.html


※コピー元・コピー先等のパスは、それぞれご自分の環境に合わせて変更してください。

◎質問者からの返答

今までの解答履歴も確認してオープンさせていただきました。

誠意のある解答でうれしいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ