人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以前「新青年」という探偵小説専門誌がありましたが
その中で「原子爆弾」が広島に落とされる1年以上も前の昭和19年のものに「原子爆弾」を予言するような
「中性子爆弾」爆発の小説が発表されているということを聞きましたが、それは何年何月号で何という題名か教えてください。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:中性子爆弾 予言 原子爆弾 小説 広島
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 黄昏九十五
●80ポイント

原子爆弾投下と広島・長崎・終戦 鳥飼行博研究室

http://www.geocities.jp/torikai007/war/1945/hiroshima.html

『新青年』(第二十五卷)七月號(1944年)米本土空襲科學小説「桑港(サンフランシスコ)けし飛ぶ・・立川賢 」

日本が原子爆弾を完成し、米国本土サンフランシスコ(桑港)に原爆を投下、70万人を殲滅、戦局を逆転する空想戦記。

編輯後記では「米本土空襲、爆砕の夢は吾人の抱くもののうちもっとも大いなるもの。」とある。日本人でも,民間人殺戮を一顧だにせず,戦局挽回を期待した。(→)『新青年』1944年7月号/「遅すぎた聖断」昭和天皇と日本製原爆開発計画;山崎元引用)

不屈 和歌山県版 : 「遅すぎた聖断」

http://wakayama.exblog.jp/878139/

一九四四年七月号の大衆文芸雑誌『新青年』に「桑港(サンフランシスコ)けし飛ぶ」と題して、日本製原爆と原子力エンジンの開発に成功し、さっそくアメリカ本土でニューヨークにつぐ大都会の一つ、西海岸に面したサンフランシスコ市を急襲、原爆を投下し、すべての高層建築を破壊、七十万市民を全滅させて、日本に降伏を迫るという空想的な科学小説が掲載された。作者は「立川賢」氏、開発過程で事故死する話もおりまぜて、興趣をそそる内容となっている。

1944年7月号で「桑港(サンフランシスコ)けし飛ぶ」という題名ではないでしょうか。

◎質問者からの返答

早速のご回答、ありがとうございます。

最近、ヒロシマ原爆の手記を読んでいて、その中で

上記の本が引用されていて大変に驚いた次第です。

ただこの空想小説の中では「放射能」のことまでは

一切、触れられていないようですということでした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ