人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本と米国で起業の成功率に違いはあるのでしょうか?

またあるとしたらその理由はなぜでしょうか。

ソースがあるとうれしいですが、理由に関しては自論でも構いません。


●質問者: カネ
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:ソース 成功率 米国 起業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●27ポイント ベストアンサー

成功率はアメリカのほうが高いようです。



http://www.happycampus.co.jp/docs/983431678601@hc05/12221/


以下のような理由などが挙げられます


米国のインキュベータ

インキュベーターは直訳すると「孵化器」という意味で、創業間もない企業の成長を促進するために、施設・設備などを提供し、さらに事務処理、管理、経営指導などのサービスを提供する育成機関である。この機関の支援を受けることによって、起業の成功率を高めることができるというものである。



http://www.jci-inc.com/menuspecial2.html


「失敗」によって何を学んだかが評価の対象になる

浜口 ええ、成功率は日本の10倍以上ですから、社会環境の影響も、要因の1つです。日本では少々会社が傾き始めると、個人の資産を充当しても倒産を避けようとします。しかし、米国では"敗者復活"的な社会制度が整っており、個人保証せずとも倒産が比較的簡単であることが大きな理由です。ビジネスの失敗から前向きに立ち上がるチャンスが日本より多いといえるかもしれません。




http://www.bayspo.com/weekly/jetro/jetro1040_hayami.html



日本における最近の企業開業率は約5%である一方、廃業率は約6%であり、あまり起業が活発であるとは言えません。


例えば、18歳から64歳までの人口のうち起業スキルがあると考えている人の割合は、米国では約40%(日本では約15%)であり、開業率も約10%と、日本の2倍です。これには、教育の問題や年金基金の運用方針の違いによるベンチャー向け投資資金の量的相違など、さまざまな要因があると思われます(日本では公的年金の投資先に制約があることから、米国のベンチャーキャピタルに占める年金基金の出資比率が42%であるのに対して、日本での出資比率は5%に過ぎません)。


昔は、日本では起業家をあまり尊敬しないからベンチャー企業が増えないとも言われていましたが、日本で成功した起業家を尊敬する人の割合が1999年の8%から2007年には約48%まで増えてきているというデータもあり、状況は少しずつ改善しつつあるようです。ちなみに、このデータでは2007年時点で英国での割合が約74%、米国での割合が約50%となっており、日米であまり相違がありません。米国での割合は1999年には90%を超えていたのが年々低下しているので、むしろ尊敬されなくなってきているという結果になっています。ただ、いずれにせよ、先に申し上げたデータにあるように、全体としては、日本の起業活動はそれほど活発ではないと考えられます


2 ● nekomanbo56
●27ポイント

日本の銀行は今までのつきあい、米国はこれからのつきあい。

日本の銀行は聞こえはいいが、新規参入の妨げのような気がします。

大学教授や会社が大学生にでも投資するのも米国ですしね。

http://blog.nikkeibp.co.jp/ne/kigyou/archives/2005/01/1_3.html


3 ● pahoo
●26ポイント

企業活動が継続していることを「成功」と定義するなら、日本の方がアメリカより成功率が高いと思います。

アメリカのVCの撤退ルールは明確なので、2?4年の期間でハードルを超えられなければ売却や撤退という結果になります。これに比べ、日本では、ルールを無視して踏みとどまる経営者が多いように感じます。


残念ながら客観的なデータはないのですが、少々古いネタとして、日経ビジネスの「【会社の寿命】今や"寿命"はわずか5年」(1999年10月4日号)という記事がありました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ