人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

判別分析に関する質問です
ある線形判別関数を得ました。ここではグループAとグループBの二つのどちらに属するかを判別するものとします。いくつかの変量があり、判別関数の係数がそれぞれ定まったとします。
ここである変量Xがより大きければ大きいほどグループAになる傾向があるとします。そして計算の結果、正であればグループA、負であればグループBになる関数とします。
こんな場合でも、Xの係数が負になることってありますか?
参考に読んでいる本の中にある例題でも、確かにそういうものがあるのですが・・・・(理由は述べられてないですが)

●質問者: gdyskyblue
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:グループ 線形 計算 関数
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● yotinakk
●60ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A4%E5%88%A5%E5%88%86%E6%9E%9...

線形でしたら有りそうにないと思います。

線形判別関数を得るために使ったグループA,Bに変量Xに関する傾向があまりみられないとか(それなら"傾向がある"ということも怪しいわけですが)、グループBに非常に大きい(もちろん正の)Xを持つ点があるとか。判別関数を得るために使ったグループA,Bのデータ以外を根拠に"傾向がある"といっているとか。

いずれにせよ

ある変量Xがより大きければ大きいほどグループAになる傾向がある

という命題がどの程度の強さを持っているかによるとは思います。

◎質問者からの返答

丁寧な説明、ありがとうございました。

もう少し勉強してみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ