人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ネイティブ並に英文が読めるようになるにはどれくらいの文章を読めばよいのでしょうか?
またネイティブ並のリスニング力を身につけるにはどのくらいの英語を聞いたら良いのでしょうか
それらは個人の資質や環境にもよるでしょうが、参考になる目安を紹介してください。


●質問者: taroemon
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:ネイティブ リスニング 環境 英語 資質
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/4件

▽最新の回答へ

1 ● chinya
●23ポイント

あくまで目安として…。

米国のデータによれば2000時間がひとつの目安のようです。

http://www.eigozai.com/STUDYG/STUDYG_D/STUDYG_5.pdf

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

レベル3がだいたいTOEIC900点ということになってますね。

やはりそれくらいになってはじめて「わかる」ということになるのかもしれませんね。


今後ご回答いただく方へ

リーディング、リスニングのどちらかに対するご回答だけでも結構です。

特にリーディングで何ページ読めばよいというデータがありましたらうれしいです。


2 ● ぱる子
●35ポイント ベストアンサー

昔、翻訳家の柳瀬尚紀さんが「とにかく2000ページ読む

ことでスタートラインに立てる」といった内容をエッセイに

書かれていて、それを目標に累計ページ数をカウントして

いたことがあります。2000ページ突破時点で、とりあえず

「英語で読む習慣」は身についた感じ。その後は数えて

いませんが、数十冊?100冊弱?はペーパーバックを読んで

きて、自分なりに文体や雰囲気含めて楽しむことはできます。

ただし、読む速度はいまだに日本語の4分の1がせいぜい

なので、この点ではまったく英語ネイティブに及ばないでしょう。


SSS(Start with Simple Stories)英語学習法では

「100万語多読」(約100冊相当)を提唱していますね。↓

http://www.seg.co.jp/sss/

実践している方の体験談↓

http://www.eigo-sikaku-eiken-toeic-hoka.com/todoku_yattemita.htm...

「英語での読書量が増えるとリスニング能力も向上する」

という報告が興味深いというか、うなずけます。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

体験を踏まえたお話とリンク先がともに大変参考になりました。


>「読む速度はいまだに日本語の4分の1がせいぜい」

やっぱりそうなんですよねぇ。

実はこの質問のきっかけになったのが、

「自分の身長の3倍読まないとだめ」と言われたことでした。

僕の身長の3倍というと500冊を超えるわけですが、

読むスピードまでネイティブ並にしたいとなると、

やっぱりこれくらい読まなければならないのかもしれませんね。

僕にとっては興味のある本がそんなにないということが一番の問題です。


皆様からのご回答を引き続きお待ちしています。


3 ●
●22ポイント

リーディングに関しては、他の方が解答されているように約2000時間でなんとなく読めるようになり、3000時間で不自由する事はなくなると思います。根拠としては説得力があまりないのですが、私が中学校?大学で受けた英語の授業(+それに付随する課題を処理するために費やした時間)のうち、約半分がリーディングに関する物だと考えて計算した場合に、概ねそれくらいの時間になったという点です。

中高一貫校で、中学の間は週に5?6回英語の授業があり、一コマが50分+英語の授業の度に30分程度で処理できる課題が出されていました。高校入学以降は英語がリーディングとライティングに別れ、やはり週に5コマ程度授業があったように記憶しています。あとは終盤の受験勉強や大学入学以降に論文を読むなどで費やした時間を加味すると、3000時間程度になりました。

現在の私の読解能力ですが、ネイティブの方と比べると、小説などの砕けた文章に関しては大体半分?三分の一程度の速度で、論文などのお堅い感じの文章に関しては大体60%位の速度です。英語圏の人にとってお堅い感じがする文章でも、第二言語として英語を学んだ人間は機械的に解釈していく事が出来るので、むしろそちらの方が読解速度の差は小さくなるようです。特に、文法的には正しいが複雑な重文・複文が連続するような文章では英語を第二言語として学んだ人の方が冷静に解釈可能であるように感じます。


リスニングに関しては、私自身が不得手なので役に立たないと思うのですが、中学二年生から高校卒業までの間で訳400時間のリスニングでは大して効果はなく、むしろ大学に入学して以降、留学生とコミュニケーションを取ったり音楽を聞いたり、映画を見る中で身についたように感じます。非常に大雑把な計算ですが、今までにリスニングに費やした時間は概ね1000時間程度でしょうか。映画を見ていてストーリーや人間関係で混乱する事はない物の、ジョークや古めかしい言い回しについて行け無い事がある程度です。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ