人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

『100円ショップの歴史』に関して調べています。
いわゆる現代における100円ショップの起源・発祥?江戸時代頃、似たようなシステムの商法があった的な話まで、いろいろと知りたく思っています。
情報、宜しく御願いします。


●質問者: tooh22
●カテゴリ:ビジネス・経営 芸術・文化・歴史
✍キーワード:システム ショップ 商法 歴史 江戸時代
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●20ポイント

江戸時代の四文屋

江戸時代の100円ショップ、四文屋(しもんや)

http://blog.q-q.jp/200709/article_1.html

http://edoken.shopro.co.jp/test/3/a07.html

100円ショップの江戸時代版「十九文店」や四文均一の屋台「四文屋」、

http://ruri.crara.cc/archives/1230/




http://www28.tok2.com/home/umds/sotsu/ootani.pdf

100 円ショップの起源

すでにお馴染みの100 円ショップも実はアメリカからやってきた業態だ。当

初は催し物的にスーパーの店頭などで雑貨や台所小物を売っていた程度だった

が、いまでは100 円ショップ用の商品開発はフランチャイズ展開をするまでに

なった。アメリカで100 円ショップにあたるのは「ワンダラー・ショップ」で、

扱い商品は雑貨、食品、文房具など、日本とあまり差はない。

さらにアメリカには、店内のものすべて10 ドルという「テンダラー・ショッ

プ」もけっこうある。日本でも1000 円均一とか、その他の均一価格ショップが

増えており、これらを総称してアメリカでは「バラエティストア」と呼んでい

る。


2 ● AZUY
●20ポイント

戦後の1946年に東京・上野で50銭ショップが誕生している

http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/kokuko/shanghai/topics...


3 ● どうもと
●20ポイント

不景気のお蔭で育った十銭均一店

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/ContentViewServlet?METAID=100293...


4 ● samuraiJ
●20ポイント

現在の100円ショップチェーン最大手の大創産業(いわゆる「ダイソー」)創業者の矢野博丈は商品の品質アップに力を入れる(一部には採算割れの商品も含む)ことで、催事販売を依頼するスーパーや百貨店の信用を勝ち取り、1991年に最初の常設店舗を開設した。以来、「キャンドゥ」「セリア」「ワッツ」といった、後に株式上場する同業の他社も参入して店舗網を広げた結果、新たな販売チャンネルとしてメーカーから認知されるようになり、日本の経済の状況(物価の上昇のないデフレーションの状態等)ともあいまって、急速に店舗を拡大して現在に至っている。また2005年にはコンビニ大手のローソンが「STORE100」と題した100円ショップ事業を開始している。

http://r25.jp/b/wp/a/wp/n/100%89~%83V%83%87%83b%83v/i/%97%F0%8Ej


5 ● rolexbaidu
●20ポイント

http://www.lv-google.net/E-gc5.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ