人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

戦国時代の恋愛について調べています。
当時の武将たちの色恋について、有名なお話があったら教えてください。
例えば・・・
淀殿と松の丸殿は、お花見の時に豊臣秀吉からの盃の順番をめぐって争った。
みたいな。
お願いしますm(__)m

●質問者: atsu11
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:お花見 お話 恋愛 戦国時代 武将
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● kinnoji7
●15ポイント

女よりも男!織田信長

http://hagakurecafe.gozaru.jp/senngoku8renai.html


2 ● afurokun
●15ポイント

日本の江戸幕府八代将軍である『徳川吉宗』。倹約家であった将軍は、現在に伝わる親しみやすい人柄からテレビでも『暴れん坊将軍』などの題材となっているし、色恋話もちらほら。しかし吉宗は、綺麗な女性を好まず、どちらかというと嫁に行き遅れたような女性ばかりを好んだそうです。吉宗は征夷大将軍になる少し前の22歳の時、1706年12月5日に伏見宮家の真宮理子(15)を正室として迎え入れました。この婚約は紀伊徳川家と伏見宮家という「家格」の婚約であったそうですが、理子はこの結婚に余り馴染めなかったようで、結婚から4年後の1710年6月30日に僅か18歳で亡くなってしまいます。死の数日前に第一子を流産していることから、これが原因であると考えられています。吉宗のただ一人の妻でした。というのは、この後に吉宗は5代将軍綱吉の養女竹姫を養女として迎え、結婚したいと考えていたのですが、これは周囲の反対により実現しませんでした。

http://www.moonage.info/entertainer/lovers/yoshimune&masako.html


3 ● fumie15
●15ポイント

戦国時代は武将の間でバイセクシャルが流行ってました。男も女も極めてこそ真の性の道を極めたことになるという理由です。


それを知ったどこかの武将が豊臣秀吉を接待するため、美少年と秀吉を2人きりにしたそうです。

一時間近く2人きりなった後、部屋から出てきたその美少年に、手配した武将は

「どうであったか?」と尋ねました。

するとその美少年はこう答えました。

「太閤殿下は私にこう、一言だけ仰られました。

そなたに姉はいないのか?と」

秀吉は男にいっさい興味がなかったことを示す、面白いエピソードだと思います。

他に明智光秀の娘珠(ガラシャ)にたいする細川忠興にたいする執着っぷりとか調べるといろいろ出てきますよ

http://q.hatena.ne.jp/answer


4 ● vicki55
●15ポイント

日本の江戸幕府八代将軍である『徳川吉宗』。吉宗は征夷大将軍になる少し前の22歳の時、真宮理子(15)を正室として迎え入れました。しかし理子は結婚から4年後に僅か18歳で亡くなってしまいます。この後に吉宗は5代将軍綱吉の養女であった竹姫(20前後)を綱吉にお願いして、養女として迎え入れ、彼女と結婚したいと考えていたのですが、これは周囲の反対により実現しませんでした。吉宗の悲恋話として時折、取り上げられる女性です。

http://www.moonage.info/entertainer/lovers/yoshimune&takehime.ht...


5 ● lancer13
●15ポイント

「伊達政宗の恋愛観」

http://sengoku777.blog23.fc2.com/blog-entry-9.html


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ