人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「ブランディングの実験室」というブログを会社で作りました。
http://www.gutto-brand.com/

このサイトをもっと面白くする方法やブログを読んだ感想を教えてください。

このブログの目的はこちらです。

http://www.gutto-brand.com/about.html
何かとわかりにくい「ブランディング」。
その考え方と事例を研究し、生活者視点で再定義していくサイトです。
会社だけでなく、 個人ブランディングも重要と言われる時代。
小さなブランド作りに 日々携わるメンバーたちの日常を、ぜひお楽しみ下さい。


あと、一緒に記事を書いてくれる方も募集します。

●質問者: gutto_company
●カテゴリ:ビジネス・経営 ウェブ制作
✍キーワード:サイト ブランディング ブランド メンバー 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 16/16件

▽最新の回答へ

[1]早速、拝見いたしました。感想です。 raganchiharu

御社のHPとブログを拝見・拝読させて頂きました。まず、「ブランディング」という言葉の意味・定義また、御社の目指しているビジネスについての説明が不十分だと感じました。また、様々な方がそれぞれの豆知識などを投稿しあってブログUPされているためか、テーマにばらつきがあり、「ブランディング」との繋がり、関係性がいまいち掴めませんでした。「個人でプロデュースした商品をブランド化して、ネット上で多くの人に知ってもらう。」ということがテーマなのでしょうか?例えば、私は犬を飼っているので多くのペット産業の情報を得ることがあります。次々にアイディア商品が開発され、口コミやネット上でオリジナルブランドのペット商品を扱っている人も多くいらっしゃいます。個人で研究を重ね、安心・安全・無添加のペットのおやつを作って販売したいという方は「ブランディング・ビジネス」として御社のブログにUPすることで双方の利益に繋がるのでしょうか?まずは「ブランディングとは」という事をもっと魅力的にHPにUPするのは如何でしょうか?HPのデザインなどは、手書き風のフォントで優しさは伝わりましたが、やはりブログの内容(タイトルを含め)「あ、これ読んでみたい!」という掴みが足りないと感じました。取り急ぎ、思ったことをストレートに書いてしまいましたが、少しでも参考にして頂ければ幸です。これからの御社のご発展をお祈り申し上げます。

http://www.lovefm.co.jp


[2]>1 「ブランディング」を聞いたことのない私には sibazyun

何のことか分かりませんでした。お呼びでなかったようです。


[3]この頃のビジネス用語は難しいですね suikotei

この頃、巷にあふれるビジネス関連用語の難しくも

わかりにくいこと・・・

物書きなので、用語について原稿を書くこともありますが、

確かに何も知識のない人に一からわかってもらおうとなると大変。

全くの素人さんか、わかっている人か、どこに

ターゲットを置くかだと思います。

なお、よろしければ記事作成に参加を希望します。


[4]サイトのコンセプトが分かりません。 tk09

WEBに関連する仕事をしていました、拝見した感想を率直に。

・どういったコンセプトのサイトなのかが分かりません。ユーザに

何を求めていて、訪れたユーザーはどういったアクションをすれば良いのでしょうか?

・実験室というタイトルから、ブランディング調査の結果や、マーケティングの手法や事例などが載っているサイトだ というイメージを持ちましたが内容と違うので戸惑いました。

・記事の『ジャンル』ですがもっと大きなテーマにしたほうが良いのではないでしょうか?

書き手に無理やり合わせたようなジャンル分けになっているような気がします。

・デザインは温かみがあり個人的には好感が持てます。

・『ブランディング』というコンセプトであれば、戦略的ブランディングの手法を身近にある商品を事例にして紹介し ていったり、異性にもてるために自分をどうブランディングしていくかなど、もう少しハードルを下げた魅力あるコ ンテンツが必要だと思います。

以上です。


[5]ブランディング、という言葉自体のブランディング micn

という切り口は、私は悪くないと思います。

ただ、サイトの方向性が、ブランディングという言葉についてなのか、ブランディング成功事例や手法の紹介なのかが若干わかりにくいので、その辺をきっちり据えてブランディングすると良いと思います。


[6]見辛くは無いですが… (見た目は大変綺麗です) Reiaru

見辛くはありませんが、非常に読み辛く感じられます。


この構成ですと、やってきた方がいちいち「続きを読む」をクリックして記事を読んでくれるとは思えません。


---------------------------------------------------------

【お知らせ】GWにつき更新が不定期に。

イチケン〔世の中1% 研究所〕 2009.05.01

いつもブログを見て下さっている皆様へ当ブログですが、

ゴールデンウィーク期間はカレンダー通...

続きを読む

---------------------------------------------------------


トップの表示はおよそこの様になっておりますが、省略記事として表示されているのはわずか 46 文字です。

これならばトピック名、投稿者名、投稿時刻のみの方が良いのではないでしょうか。


最低でも 120 文字程度表示されていなければ記事の一部を表示する意味がありません。

そもそも、トップに表示されるのは 10 件の新着記事のみですから「続きを読む」の必要性自体が疑問です。

全てを展開した状態で表示させてしまっても良いと思います。


デザインに凝るあまり、記事自体の横幅もあまりにも狭くなっております。

例えば、右側にある「メールサービス」「新卒採用の図書館」などを全て左側に持っていくだけでも、

表示できる記事の文章量は大幅に増加し、随分と読みやすいものとなるでしょう。


デザインに凝るあまり、肝心の記事が読み辛くなってしまっては本末転倒というものです。


[7]ユーザー参加型の・・・ rouge_2008

ユーザー参加型のコーナーを何か一つ作ってはいかがでしょうか?

おそらくブランド作りの参考になるように作成しているのだと思いますが、ユーザーがどんな理由でどんなブランドを好きなのかを投稿できる形でも良いと思いますし、記事ごとにミニアンケートをとってみても良いと思います。

『このお店に行ってみたい?』「Yes」「No」のような感じで・・・

※それから、誤字を見つけましたので一応ご報告します。

http://www.gutto-brand.com/buy/000088.html

『喫煙者は心筋梗塞により志望する危険性が?』

「志望」ではなく「死亡」ですね。


[8]そう言う割には wildcard66

ブランディングとは何か、という定義がないように思います。あったとしても、どこにあるか、わからない。あなたの「ブランディング」とは、なんですか?っていうのは、黒板に書いてあるとおりだと思いますが、ではその戦略や戦術とは、どういうものですか、っていうのは、ないようにおもいます。定義や研究成果をまとめたお堅い部分と、コラム的に記事展開するソフトな展開の組み合わせから、ブランディングを内に外に見ていく、っていうのがいいとおもいますけど。


[9]>4 これは日記? ugugoo

やはり私もコンセプトが分かりませんでした。

「これは社員日記なのか?」という印象でした。

「実験室」というイメージが先行して、もっと専門的な記事を書いてるのを想像してしまいます。

記事の内容をある程度絞ったほうがよいのではないかと思います。

(多人数で書いている以上、難しいかもしれませんが・・・)


[10]トップから記事を表示させたほうがよいのでは? ugugoo

タイトルとその記事の冒頭をリストアップするより、

トップページからその記事の本文が読めるようにした方がよいと思いました。

そちらの方がより一般的なブログの形式になるかと思います。

ただ、このブログはひとつひとつの記事が長いので、

のどちらかにした方がよいと思います。


[11]先端トンガリマーケットの追求 Hyperion64

イチケン1%の先行消費セグメントを早く見つけて、そのファン化を狙うようなことが貴社サイトのメッセージだと受け取りました。その意味では、誰でもが理解できなくてイチケンにレゾナントな人たちにつながればいいわけですね。ただ、そうなると記事がもっと先端っぽくないとイケテル感がないのでは。

先端イベントを感知したら、その潜在連関をシャープに表現するCapabilityが必要なのでしょう。


[12]ブログ自体をブランディングしては? kamesannn

あまりにも普通のブログっぽいので、差別化されていないし、個人が書いているブログと大して変わらない注目度ではないでしょうか。少なくとも力を入れていることがすぐにわかるような、素人がやらないこと・・・まずはこったデザインとかでしょうか・・・を採用すべきでは?


[13]ブログの感想です。 kerorine-8

自分の意欲レベルと共鳴する部分がたくさんあって、

「ブランディングのネタ発信」サイトとして、すごくよいと思いました。


日々の生活でヒントを見つけて、アイデアにしていくという行為の積み重ねがあって、

それがブランディングの原動力となっていくのだと考えています。


同じようにブランディングを急務としている方にとっては、

用語解説や手法、事例集みたいな「即効性のネタ」を求めるのかもしれませんが、

付け焼刃的な内容ではなくて、各々の「ブランディング」感を養っていく上では、

こういうサイトはよい刺激、また励みになってよいと思います。


[14]??? kyou_mii

はっきりいいますと、私はブランディングってなんですかってなってしまいます。

ただ、このブログに辿りつく人はすでに意味を知っていると思うので、そういう人向けと割り切っているなら問題ないと思います。


[15]ブランディングつまり信用を創造することが必要ではないでしょうか? kyomotukaretane5963

ブランディング

つまり信用を創造することが必要ではないでしょうか?

高価であっても買ってもらえるブランドになるには

信用されなければなりません

心理学や科学的な証拠やマーケティング

そして有名にする広告口コミが必要だと思います


[16]>9 日記ですよねー tommax

いくつか記事を拝見しましたが、私も社員日記としか思えませんでした。

すでに今後の運営計画があるのかもしれませんが、あるんだったら、それを公表すべきでしょう。

現状では、今後どうすればいいのか、こちらの意見を言うことすらできない状態だと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ