人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

円形脱毛症のメカニズムを教えて下さい。
原因ではなく、メカニズムです。

原因はストレスや疲労などだと思いますが
その結果なぜ髪が抜け落ちてしまうのでしょうか?

ストレスが「毛が抜ける」という方法で表れる意味が分かりません。
あと、毛が抜ける場所に意味はあるのでしょうか。
前頭部の毛が抜ける場合、後頭部の場合、、、など。

教えてください。



●質問者: ryota11
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:ストレス メカニズム 円形脱毛症 前頭
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● masanobuyo
●30ポイント

髪の毛は、毎日少しずつ生えかわっているのです。しかし、偏った食生活や、不規則な生活習慣、喫煙やストレス、外的な要因などなどさまざまな原因で、髪の毛が生え替わる周期が崩れると、新たに生えてくる毛の本数より、抜け毛の本数のほうが上回るといった現象が起きることがあり、それが薄毛や、場合によっては脱毛症になっていくことになるそうです。


http://www.youngdavidson.com/post_49.html

◎質問者からの返答

つまり局所的に抜けるのではなく、

局所的に生えないってわけなんですね。

ありがとうございます。


2 ● pahoo
●25ポイント

毛髪には「ヘアサイクル(毛周期)」があり、男性の場合は2?5年。女性の場合は4?6年で、抜け替わります。


円形脱毛症の発生メカニズムですが、何らかの原因(ストレスとは限らない)によって、局所的にヘアサイクルが短くなり、毛母細胞が毛髪を産生している成長期の期間が短くなっていることで起こります。退行期から休止期が長くなることにより、新しい毛髪が生えてくるより多くの毛髪が抜けてしまうのです。


ストレスなどによって毛母細胞への栄養供給が十分でなくなったりすることで、ヘアサイクルが短くなると考えられています。

ストレスやホルモンバランス、自律神経の乱れが原因である場合は、脱毛が起きる部位が一定しているとは限りません。一方、感染症に伴う炎症などの場合は、それが発生している部位で脱毛が起きる結果になります。

◎質問者からの返答

こちらも抜けるではなく、生えないパターンですね。

ありがとうございます。


3 ● afurokun
●17ポイント

度を越してストレスを抱えることで頭皮が縮んでしまい、抜け毛や薄毛になるのではないかと考えられているのです。しかし、円形脱毛症とストレスを結びつけるのは安易であるという主張もあり、はっきりしたことはわかっていません。

http://www.haircare-lab.com/c_enkeidatumousho/

◎質問者からの返答

なるほど。

少し内容が薄いですね。


4 ● visualscandal
●17ポイント

円形脱毛症では、毛を作る場所を、免疫をつかさどるリンパ球が攻撃して破壊してしまう事がわかってきました。 ...

http://homepage2.nifty.com/skincarem/alopecia.htm



円形脱毛症の原因

現在、円形脱毛症を発症する際の主な原因は、精神的なストレスから来るという説と、自己免疫の過剰な防衛反応から来るという説という、二つの説がいわれています。

精神的なストレスという説は昔から言われていることではありますが、学術的根拠に乏しく、明確な因果関係というものは証明されていません。

しかし、環境の変化や人間関係のトラブルなどの社会生活における精神的な抑圧を受けたことのある人が円形脱毛症にかかるケースは実際に多いですし、ストレスは免疫系の低下に繋がりますので、完全に否定できるものでもありません。

一方の自己免疫説は、本来、外部からの進入者(細菌やウイルス)からの感染を防ぐために存在する免疫系が、自分自身の体の細胞に反応して攻撃を加えてしまうことにより、頭髪の細胞が損傷を受け、部分的に脱毛してしまうという説です。

現在はこの自己免疫説が脱毛原因として有力であると言われていますが、どちらが原因であっても、体内の免疫バランスが崩れることには変わりませんので、円形脱毛症は、体内の免疫が正常な免疫特性に戻らなくなる事に起因する脱毛症であるということが言えるでしょう。

http://www.hair-speciality.com/central/datsumoushou_09.html

◎質問者からの返答

ふーむ、こちらは局所的に抜けるって説なんですね。

ありがとうございます。


5 ● rsc
●17ポイント

円形脱毛症の原因には、大きく分けると2つのタイプがあって、8割がアレルギー性で、残りが非アレルギー性のようです。まず、アレルギー性の場合のメカニズムは、リンパ球が毛根を異物と判断して排除、攻撃するようです。次に、非アレルギー性の場合は、主に、ストレスを受けて、血流が悪くなって、毛根に栄養が十分に届かなくなって脱毛となるようです。

●円形脱毛症> 原因

>本来、体の防御機能であるCD4陽性リンパ球が毛根部分の毛母細胞に誤反応して攻撃してしまう自己免疫の異常によって引き起こされる自己免疫疾患である。そのため、脱毛部分には毛根が存在しなくなるが、毛質自体に問題が起こってるわけではなく、リンパ球反応が消失すれば元通りの毛が再生される。

>アレルギー性

円形脱毛症全体の8割を占めるタイプで、円形脱毛症の病毛部にリンパ球が多く集まってきている事から、自己免疫異常により毛根を攻撃しているのではないかと考えられている。

>非アレルギー性

アレルギーを持っていない患者の場合、ストレスによるものが多いとされている。アレルギーを持つ場合でもストレスが引き金となり発症してアレルギーによって重症化する可能性も考えられている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E5%BD%A2%E8%84%B1%E6%AF%9...

●自己免疫疾患による円形脱毛症

>円形脱毛症の原因が自己免疫疾患だった場合、リンパ球が毛の根元に集まってきます。これは、毛根を異物と判断し、排除、攻撃するためです。激しく攻撃された毛根は破壊され、それまでに、健康だった髪の毛が突然抜け落ちてしまいます。

http://www.advance-intl.com/002/000007.html

●ストレスによる円形脱毛症

>人間の身体は、精神的ストレスを受けると、血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。その結果、部分的に組織が死んでしまい、潰瘍になってしまいます。

円形脱毛症の場合、頭皮の毛細血管が、ストレスを受けたことにより収縮し、血流が悪くなり、その結果毛根に栄養が十分に届かず抜毛となってしまいます。髪の毛は抜けても新しく生え変わりますが、血流が悪いと生え変わりの機能が弱くなり、新しく髪の毛が生えても抜毛につながり、悪循環となります。このように、ストレスが円形脱毛症の原因のひとつと考えられますが、ストレスだけが直接の原因となることはないと考えられています。

http://www.advance-intl.com/002/000006.html

◎質問者からの返答

いろいろあるんですねー。

やっぱり抜けるんですかね。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ