人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法人で、自己破産したときの税金はどうなっているのでしょうか。


●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:法人 税金 自己破産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● afurokun
●23ポイント

会社が破産しても、税務上では、その事業年度開始の日から解散の日までは、各事業年度の所得に対する法人税が、解散の日の翌日から破産終結までは清算所得に対する法人税が課されるということです。

http://www.law-essence.com/kakuteishinkoku.html

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● IlO10l0Il
●23ポイント

破産を申請すれば税金を支払わなくても罰則など受けることは無くなります。

ただし資産管財人によりその法人所有のすべての資産を差し押さえられます。

別口座に金を移すなどしても、正当な理由が無ければ回収されるか、脱税として立件されます。

http://q.hatena.ne.jp/1241254574

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● masanobuyo
●22ポイント

破産法人の税務手続き


http://www.ac-hasan.jp/information/info13/index01.html

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


4 ● lancer13
●22ポイント

還付される税金の種類

破産会社はキャッシュに不足が生じている場合が多いため、いかに速やかに税金の還付が受けられるかがポイントとなります。破産会社で税金の還付が考えられる場合は以下のとおりです。

(a) 利子、配当等の源泉所得税の還付

(b) 都道府県民税の利子割額の還付

(c) 法人税、消費税、地方税等の中間納付額の還付

(d) 欠損金の繰戻し還付

http://www.ac-hasan.jp/information/index06.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ