人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

心理学の英語文献でdifferent levelsという用語が出てきました。斜字体になっているので専門用語だと思うのですが。different levels of consciousnessという文でdifferent levelsが斜字体です。

●質問者: heptagon
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:専門用語 心理学 英語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● なぜなに
●27ポイント

http://wiki.answers.com/Q/What_are_the_different_levels_of_consc...


一般的な心理学の場合は、Subconscious, Conscious, and Super-consciousnessの、

異なった層の総体のことを指すと思います。

日本語だと、無意識・潜在意識、意識・顕在意識、超意識・集合意識の層の様に呼ばれていると思います。


しかし、自己啓発やモチベーション理論や宗教的な思想の場合は、

これらをさらに多層の意識層や、ヒエアラキー的な階級層に

多分類している文献もあります。

◎質問者からの返答

名詞でお答えいただきたかったのですが。ありがとうございます。


2 ● なぜなに
●27ポイント

訳すと「異なる意識のレベル」が近いと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● nofrills
●26ポイント

different levels of consciousnessの訳例としては、「意識の層」が見つかりましたが、これが「専門用語」かどうかはコンテクスト次第のような気もします。

「死の床に横たわりて」における意識の層

The Different Levels of Consciousness in the 'As I Lay Dying'


斜字体は単なる強調としても使われます(日本語の本での「傍点」のように)。ここでいうlevels of consciousnessが、(例えばトランスパーソナル心理学などではなく)一般的な心理学でいうもの(1番のご回答にあるもの)だとすると、質問者さんが疑問に思っておられる箇所の前後に、例えば「subconciousのレベルでは、なんとかかんとか」という記述があり、「しかしながら」系の接続詞 (but, however, whileなど) で書き始められるなどした文章(《対照》の構文)の中に「different levels of consciousnessでは、なんとかかんとか」と書かれている、というような場合は、「用語」ではなく単なる「強調」ではないかと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ