人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高田 崇史 作の QEDという小説でウンチクとして「安産」の神様は「子供を健康に産むということが叶えられなかった」神様だというのを読んだような気がします。つまり
ある祈願の神様は「その祈りが叶えられなかった」ものが神様になっているということです。QEDのどのシリーズで書いてある記述でしたっけ?

●質問者: jokuriz8n
●カテゴリ:生活 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ウンチク シリーズ 健康 子供 安産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●60ポイント

読んだことがないので、検索した範囲での回答ですが、

これではないでしょうか。

http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1824643

『QED 神器封殺』

発行年月日:2006/01/11


以下の記事から見つけました。 ↓

http://72.14.235.132/search?q=cache:3IihooTKyKYJ:tsukigomori.fra...

>子供を産むことが叶わなかったり、死産だったり、

また子供を産んで自分が命を落としてしまったりした女性は「安産」や「子授け」の神となる。


2 ● あぱ
●10ポイント

自宅にある本を眺めてみましたが、

下記、2箇所しか発見できませんでした。


QED 竹取伝説

・おはすらん人々に申給へ

子供を産めなかった----もしくは生まれてすぐに亡くしてしまった----女性は安産の神になる。


QED 神器封殺

・毒虫之類

たとえば、子供を産むことが叶わなかったり、死産だったり、また子供を産んで

自分が命を落としてしまったりした女性は「安産」や「子授け」の神となる。


どちらの場合も、棚旗奈々の回想のような記述のされ方をしているので、

具体的なウンチクは「QED 竹取伝説」以前の話(以下)となると思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ