人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

APIとPHPを利用して、非公開の動画へアクセスするのはどのようにすればいいのでしょうか?
非公開の動画は、YouTubeへのアップを考えておりますが、上記のことができるのであれば他の動画共有サイトでもかまいません。

ちなみに最終的に行いたいことは、現在サークル活動でサイトを運営しているのですが、そこにログインできた人にだけ、非公開の動画を見せたいのです。
全員にYouTubeのアカウントを持たせて共有・・・というのも考えたのですが、各会員の作業が邪魔くさく、運営しているサイトとYouTubeの両方にログインさせなければならないため、断念しました。

尚、プログラマーのように高度な技術を修得することを目的としておらず、「とりあえず実装できれば」ぐらいにしか考えていませんので、PHPやAPIの参考サイトというよりは簡単なサンプルプログラムを書いて頂ければ幸いです。

環境は下記の通りです。
PHP5.0
ロリポップ
Zend Framework、PEARなど利用可

わかりにくく、わがままな質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。


●質問者: keyboo
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:API Pear PHP YouTube Zend Framework
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● rolexbaidu
●0ポイント

http://www.lv-google.net


2 ● randk
●40ポイント

わざわざコーディングしたり環境つくったりしなくても代案はあるかと。

案1:peevee.tv

peevee.tvではプライベート映像用に、動画用URLをランダムな文字列にして、かつトップサイトなどにそのURLをのせないようにしてくれますので、

そのURLを知らない人からはまずアクセスされません。(絶対じゃないですけど)

http://peevee.tv/

案2:Basic認証したディレクトリ配下にMov形式でファイルを置く

Quicktimeの.mov形式のファイルはブラウザで開くと擬似ストリーミング的に再生してくれるので、会員をBasic認証で登録したディレクトリ配下に公開したい動画を置けばとりあえず目的は達せられるかと。

◎質問者からの返答

案1

こんなサービスがあるんですね。

ただセキュリティ的にはちょっと怖いですが、割り切りなら使えるかもしれませんね。

案2

こちらもいいのですが、容量的に厳しそうです^^;


3 ● randk
●40ポイント

>案1

>こんなサービスがあるんですね。

>ただセキュリティ的にはちょっと怖いですが、割り切りなら使えるかもしれませんね。

>案2

>こちらもいいのですが、容量的に厳しそうです^^;

これ以上はkeybooさんがどんなサイトを作りたいかによって大きく解が異なると思います。

・動画のセキュリテイ

?動画をダウンロード可能にするか、不可にするか

?動画が間違って第三者に見られてもよしとするか

・動画のサイズとファイルタイプ

?数分?十数分

?数十分

?数時間

?mpeg2,mpeg4,3gp,ビットレート、解像度・・・。

・会員サイトの会員認証との連携方法

・サイト自体の可用性(対障害性)

?サーバがダウンしてサービスが一時的停止しても許されるか

?サーバが共用型の場合、他のユーザによってサービスが遅くなっても許されるか

などなど。

基本的にセキュリティ要件が厳しくなり、ファイルサイズが大きくなればそれだけ構築コストが上がります。

たとえば、スポーツサークルや文化サークルの発表会や合宿の映像を共有したいだけなら案1で十分だと思います。

また、ロリポップで容量が厳しいということでしたら、安価なストレージ貸しサービスもありますので、併用するとよいでしょう。

たとえばAmazon S3は低価格な従量課金で容量完全無制限です。

http://aws.amazon.com/s3/

また、ストリーミング視聴ではなくダウンロードを前提とするならば、大容量ストレージサービスを利用して配布するのも良いと思います(タダですしログインもいらないので)。

http://firestorage.jp/

一方、高価な映像情報商材販売サークル?など動画そのものが金銭価値をもち万が一にもダウンロードやコピーされては困るのでしたら、独自に動画配信サーバを立てて権利管理をする必要があります。方法は下記URLから探ってください。

http://www.google.co.jp/search?q=%E5%8B%95%E7%94%BB%E9%85%8D%E4%...

ビジネスの場合、技術的な問題だけでなく、「万一の事態」が発生した場合に誰が金銭的な責任を取るかを考える必要もあります。

個人の趣味なら別ですけど、商売となると機能上の実装方式以外にこれらの要件とリスクヘッジ方法を整理した上で必要なプラットフォームとランニングコストとのバランスを検討する必要があるかと思います。

◎質問者からの返答

・動画のセキュリテイ

・動画のサイズとファイルタイプ

・会員サイトの会員認証との連携方法

・サイト自体の可用性(対障害性)

どれも確かにrandkさんのおっしゃるとおりですね^^

しかもこれに費用対効果まで考え出すと非常に難しいと思います。

そこで出した答えがAPIなんです。

真剣にいろいろ考えて頂いてありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ