人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

タレント事務所やモデル事務所というものは、ビジネスとして成立しているものなのでしょうか。
すごくたくさんの数がありますが…。
金銭的な面での話、もしくは実際の状態、何割が赤字で何割が黒字か、など…。
ネット上に、経営している方の、統計もしくは体験談などがありましたら、どうかお教え頂ければ幸いです。

●質問者: maiko8
●カテゴリ:芸能・タレント ビジネス・経営
✍キーワード:タレント事務所 ネット ビジネス モデル 体験談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● afurokun
●23ポイント

俳優兼社長"元・光GENJI大沢樹生が語る芸能プロ経営の難しさ

http://www.cyzo.com/2008/10/post_1058.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

厳しいんですねぇ…。なるほど。


2 ● lancer13
●23ポイント

芸能プロダクションの比較経営分析

? 吉本興業 vs ジャニーズ ?

http://www.t.daito.ac.jp/~t037785/zemi_5ki/geinopro.htm



本興業は09年3月期の連結純利益が前期比61%減の12億円になりそうだと発表。また、ホリプロも連結純利益が前期比96.8%減の5100万円になる見通し。いずれも、番組制作費の抑制とCM需要の減退が理由だという。

http://talentcasting.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-05fd.ht...

◎質問者からの返答

いや、これは面白い。ひとつひとつとっても参考になりました。

最大手も色々と歴史ありますねー。


3 ● IlO10l0Il
●22ポイント

もちろん仕事のオファーがそれなりに来ていれば成立していますよ。


仕事内容にもよりますがタレントの仕事の単価ってかなり高いですからね。

どこかの商店街のイベントの営業に行くだけでもタレントのギャラが数十万円。

事務所の取り分も含めたら50万?ってとこです。

講演なんかも一緒。


しかも小売業と違って諸経費がほとんどかからない。

仕事がたくさん来ていれば丸儲けなわけです。


だからこそライバル会社も多く、弱小事務所は仕事をとることが大変ですけどね。

http://q.hatena.ne.jp/1241571423

◎質問者からの返答

こちらのご意見も参考になりました。ありがとうございます!

でも、たくさん事務所があると、仕事のオファーもそこだけ独占というのも厳しいのでしょうか…。

あぁ、だからみんな学校とかするんでしょうかねぇ…。

とても参考になりました。ありがとうございます!

他にももし何かありましたら。


4 ● YUUH32
●22ポイント

> すごくたくさんの数がありますが

ということがすなわち、ビジネスとしては成立していると言えます。

最小構成としてタレント一人+マネージャー(社長)一人いればいいわけで、たった一人の所属タレントが売れれば黒字になれるわけです。そういう底辺のプロダクションと、学校を主催しちゃうようなよしもとやホリプロのような大手とは比較できないと思うんです。

あと、芸能事務所のなりたちはいくつかあって、たとえば「劇団」も芸能事務所の一形態なのですけど、これは「ビジネス」という枠とはちょっと違うかも知れません。特に日本においては。

http://qanda.rakuten.ne.jp/qa4236074.html

◎質問者からの返答

すごく参考になります。本当にありがとうございました!なるほど、成立はするんですね。一応は…。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ