人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

資産運用目的の上場株式について、評価益が期末にある場合、有価証券評価益を計上しないといけないのでしょうか?
また、次期に洗替えしないといけないのでしょうか? 洗い替えは任意でしょうか?

●質問者: RX7FD3S
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:上場 有価証券 株式 目的 資産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mare_caldo1
●100ポイント ベストアンサー

まず、問題の株式は下のいずれに該当するかを検討します。



資産運用目的ということなので、売買目的有価証券となるでしょう。そうであると、金融商品会計基準では、時価評価が求められその評価差額は損益となります。したがって、評価益が出る場合には、これを計上しなければいけないことになります。


洗替については、原則は洗替ですが、切放しも容認されています。


http://www2.neweb.ne.jp/wd/miuracpa/kinyushohin-hyouka.htm


なお、法人税法も61条の3で同様の処理を求めています。ただし、税法は洗替しか認めていないため、切放しではダメです。

◎質問者からの返答

ご連絡ありがとうございます。

大変参考になります。

税法は洗替しか認めていないため、切放しではダメ ということは、通常、企業は洗替で処理しているのでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ