人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【『ロリータ』の心理学】
ナボコフ『ロリータ』におけるハンバート・ハンバートの告白が、すべて劇中における事実、とは受け止められず、どこか脚色めいていて信頼できない、と感じてしまうのはなぜでしょうか。
心理学の術語(認知的不協和、合理化といった)を少なくとも一つ用いて説明してください。

●質問者: R_Smullyan
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:ナボコフ ハンバート・ハンバート ロリータ 事実 告白
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● IlO10l0Il

心理的に優位となることで認知的不協和が発生したからでしょう。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ