人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

企業と企業のビジネスマッチングを行う場合に、どのような観点で、各企業にヒアリングを行ったらよいかを考えています。

ただ、考え方が間違えているのか、

・営業支援
・購買支援

という2つの方向に区分されてしまい、それ以上の有効な概念区分がみつかりません。

こうしたB2Bのマッチング項目において、何か有効な切り口(企業に対するヒアリング項目)
はないでしょうか?

●質問者: yayaya
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:B2B ヒアリング ビジネス マッチング 企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

[1]税金対策 chinya

生保会社や損保会社、税理士事務所や会計士事務所とのマッチングも可能でしょう。


[2]強化部門と不採算部門 taka27a

ではないでしょうか?


[3]>2 具体的に yasudesu

質問表に項目をつくるとしたら、どんな内容になるのでしょうか?

◆強化部門

[ ]

◆不採算部門

[ ]


とかだと、マッチングをさせるのが難しいのです・・

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ