人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】"イエコト・ミシュラン" #035

THEME:「美味と栄養バッチリ!菜食メニューコンテスト」

日々の暮らしとイエの中で、こんな時どうしてますか? “イエコト・ミシュラン” は、暮らしに楽しいサプライズアイデアを語らい、★(一ツ星)?★★★(三ツ星)のミシュラン評価をしていくコーナーです。ハウスキーピング、ハンドメイド、エコロジー、ヘルスライフ…毎回の質問に、あなたのアイデアをご投稿下さいね!
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!


*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090511

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は5月18日(月)正午で終了させて頂きます。

1242017671
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:5月18日 theme あなた いね おすすめ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 241/241件

▽最新の回答へ

[1]野菜炒め kinnoji7

野菜炒めは、野菜を大量に摂取できる男の料理といえますね。野菜炒めはシャキッとした野菜の食感が大切ですね。たしかに、家庭で作ると野菜がしんなりして、野菜の煮物のようになってしまいがちです。でも、ちょっとしたコツを守り調理器具を選んで調理すれば問題は簡単に解決します。使う道具も、目的にあったものを使うことが大切なのです。使う道具、調理温度、熱量、調理時間など、意味が分かってくると、その他の炒め物調理にも応用が利くようになり、確実に調理の「腕」が上がります。


[2]>1 野菜炒め r-zone

簡単で1番野菜がとりやすいので、男の一人暮らしでもよくします。


[3]>2 野菜炒め koume-1124

野菜があまり好きはないので、なるべく多くの野菜を一気にとれる

野菜炒めは食卓によく出ます。

調理時間も少ないので仕事が忙しく時間の無い時でもいいですね。


[4]サラダ twillco

色んな種類のサラダがあるので、メニューにこまりません。

私が一番好きなのはシーザーサラダ。

外食しても必ず頼む位好きです。

野菜がそのまま取れて健康にもいいですし

これから夏バテで食欲が落ちてしまってもサラダなら

どれだけでも食べられます。


[5]ナムル dankichik

きのこや、菜もの野菜をゆでて、ごま油と醤油で作ったたれに一晩漬け込みます。ごま油のおいしい香り漂うおかずになりますよ。

たれですが、ごま油2に醤油1の割合で作っています。ニンニクを入れるとさらに食欲をそそりますね。


[6]>4 手作りドレッシングで dankichik

私もサラダは大好きです。ドレッシングは手作りしてます。

オリーブオイル1、お酢2、隠し味にマスタードを少し入れて、しっかり混ぜます。

手間もかからず、必要なだけ作れます。


[7]温野菜 dankichik

料理、って感じでもないですが、温野菜をよく食べます。蒸し器に野菜を放り込んで数分まてば、ほくほくの温野菜サラダができあがります。

野菜の甘みがおいしいのでそのまま食べてもよいし、オリーブオイルをつけたり、塩をふったり、シンプルな味付けで楽しんでます。

生で食べるより量がとれるのでおすすめです。


[8]>6 サラダ kinnoji7

サラダは野菜をおいしく、いっぱい食べられるだけではなく、食に関わるさまざまなシーンをさりげなく演出してくれる身近な存在ですね。サイドメニューからメインディッシュまで、野菜をおいしく食べられるサラダはバラエティー豊かです。野菜は美容と健康に欠かせないから、毎日たくさん食べたいものですね。


[9]野菜鍋 justincase

野菜ときのこ類と豆腐だけでお鍋を時々します。

お鍋にたっぷりの水に昆布でだしを取り、そこへざっくり切った白菜にんじんをどっさり入れて煮込み、その後できのこや水菜春菊と豆腐を放り込みあつあつになったところで大根おろしたっぷりのポン酢で頂きます。

もちろん魚の切り身とか少し入れても美味しいのですが、あえて野菜だけのお鍋もすっきりとしたいい味がでて美味しいですよ。

騙されたと思って肉抜き魚介抜きのお鍋を試してみて下さい。


[10]>8 サラダ r-zone

外食で食べるサラダはおいしいのに

家で作るサラダはどうにも上手く美味しく作れた事がありません。

問題はドレッシングなんでしょうか?

たまには高いドレッシングでも買ってみようかな。


[11]ちゃんこなべ miyupie777

ちゃんこなべは万能です。合わない野菜はほとんどないし、煮込んで量が減るので、野菜をたっぷり摂ることができます。野菜室の片付け料理にはもってこいです。おかげで我が家はお相撲部屋の如く一年中ちゃんこ鍋を食べています。


[12]>9r-zone

鍋良いですね。一人鍋もよくします。

野菜が沢山取れるし、誰が作っても失敗しないので

色んな味で日々楽しんでます。

これから暑い日々になりますが

汗かきながら食べる鍋も良いですよね。


[13]>7 温野菜 kinnoji7

家族や自分の健康を考えると,野菜を食べることは欠かせないものです。簡単に食べられる野菜料理といえば何でしょうか?一番簡単なのは,温野菜でしょう。しかし,野菜をゆでたりするのは面倒です。そこで,電子レンジの登場です。耐熱容器に食べたい野菜を切って入れて,水を少し加えておいてからラップをしてレンジアップします。これだけで完成です。あとは好きなドレッシングなどを付ければ出来上がり。とても簡単ですし,レンジに掛けている間に他のことをすることができますね。


[14]>7 温野菜サラダ tk09

キャベツ、もやし、白菜など沢山の野菜を茹でて、ポン酢やドレッシングでよく食べます。とにかく美味しくて安くて簡単で大好きです。茹でた薄切りの豚肉と一緒に食べても美味しいです。


[15]ひじきのサラダ azaburecipes

エノキやまいたけ、細く切ったにんじんなどお好みの野菜と一緒に、もどしたひじきをゆでます。そしてざるで水をきってから、胡麻ドレッシングをかけてサラダにして食べるとおいしいです。とろっとした濃いごまドレックングと、ゆでたひじきの相性がとてもよくて、おいしくてヘルシーです。カルシウム不足を補って、骨を丈夫にしてくれそうな一品です。


[16]>12 野菜鍋 kinnoji7

野菜をたっぷり食べたい時は、季節を問わず鍋がおすすめですね。野菜をずっとなべにゆでても食感や味が変わらないし、ダシがすごくあっさりしていて食べやすいところです。今日の夜は野菜鍋にチャレンジしようかなと思いました。レシピを参考にしながら、白菜、大根、ねぎ、人参、しいたけなどを入れてしいたけと昆布の出汁で作ってみようかと思います。


[17]炊き込みご飯 australiagc

美味しい筍はもう頂いてしまいましたが、これからの季節ならグリーンピースやそらまめ、秋?冬ならきのこ系と季節の味が楽しめます?。


[18]>16 お鍋 twillco

寒い時にはお鍋を良く作ります。

野菜だけでも十分おいしく食べられますし

色んな野菜が食べられるので栄養もいいですよね。

皆で囲って食べられるお鍋は寒い時期の定番です。


[19]>10 サラダ koume-1124

美味しいサラダはまるで主食のようですよね。

自分ではあまり手の凝ったサラダは作れませんが

工夫次第ではホントに美味しくなるので、飽きないですね。

美味しいドレッシングもサラダを美味しく食べる1つの方法でもありますよね。

叙々苑のドレッシングが美味しいと評判なので1度試してみたいです。


[20]>11 ちゃんこ鍋 kinnoji7

大鍋に水を張り、ザクザクと大きめに切った食材を大量に入れて煮るちゃんこ鍋。豪快だが野菜が主体だから栄養のバランスはよいですね。ちゃんこ鍋には、決まったルールはないですね。基本になる煮ダシ汁さえ作れば、何を入れても構わないが、鶏つくね・豚バラははずせないです。ちゃんこ鍋を家族、友達、恋人などで囲んで食べたらそれはもうもっともっと蜜な深い関係に発展すること間違いなしですよね。


[21]野菜カレー taka27a

おいしいです。


[22]ひじきとミニアスパラガスの丼 nakki1342

ヒジキは、自分の好みでは、芽ヒジキを使います

(長ヒジキもあるけれどこっちの方が好きなんです。)

お店で売ってる袋に入ってうっている芽ヒジキ

(200円くらいで買えるもの)を一つ買ってきて

それの半分くらいを水に20分くらいつけておきます

その間に使い切りサイズのコンニャク(250グラムくらい)を

軽くあく抜きします。(あく抜き不要と書いてるものもあるけど)

その後、水切りを使って軽く水切りをします。

その次にたまねぎとにんじん、ミニアスパラガスを

それぞれ細かく切って

一つの皿に入れておきます

フライパンに油を入れて、まず水に戻したヒジキを入れて

その次にミニアスパラガス

少ししたらたまねぎやにんじんを入れます

しばらくしてあく抜きしたコンニャクを

最後に好みでネギを少し入れて醤油で軽く味付けをしたら終了

ご飯の上に載せて丼モノとして食べたら

菜食だけの材料でもおいしく食べることが出来そうです

ひじきは、鉄分、こんにゃくは、食物繊維

たまねぎは、ビタミンB6

にんじんは、レチノ?ル、アスパラガスは、葉酸が取れるようですね


[23]野菜スープ meizhizi87

野菜スープが好きです。特に好きなのは「ミネストローネ」です。トマトをたっぷり入れて、コトコト煮込んだスープは体の芯まであたたまります。

また、インゲンは、私はとても苦手なのですが、以前料理教室でインゲンのスープを作ったら、とてもおいしくて驚きました。苦手な野菜でもスープにすればおいしく食べられてうれしいです。


[24]野菜カレー powdersnow

カレーというと、基本はジャガイモと人参、玉葱という感じですが、実は割と何を入れても合うのがカレーだったりします。

ほうれん草などは珍しくありませんが、茄子やブロッコリーやカボチャなどを載せたりと、季節に合わせて色々。

舞茸等のキノコも、ばっちりマッチしたりするので不思議です。試しに……と思って一緒にしてみたものが、大抵アリだったりするんですよね。

野菜で栄養も取れるし、美味しいカレーで食べれるしで、一石二鳥です。


[25]>13 温野菜 meizhizi87

外食ばかりしていたころ、よく温野菜カレーを食べていました。野菜不足になりがちなので、うれしいメニューでした。


[26]野菜の味噌汁 powdersnow

味噌汁は、普通はわかめ、豆腐、シジミあたりが定番ですが、家によっては色々な野菜を入れるみたいです。

時々話に上がると、意外なものが入っていたりして、驚かされたりもします。

大根、ジャガ芋、レタス、舞茸などを入れても、以外と美味しいのです。

豚汁に入っているような具材も、基本的にはみそ味で合いそうですよね。


[27]野菜ラーメン powdersnow

ラーメンの上に載せる具として、野菜は色々な種類があります。

基本の長ネギ、玉ネギ、モヤシ。

キャベツや人参などを炒めたものを乗せても良いですし、スープの味にあわせて色々な具材が使えるのが面白いです。

諸々の海草類も合うものが多いですね。


[28]自家製の餃子 powdersnow

キャベツというと肉のイメージも強いですが、家で作れば、野菜たっぷりに仕上げることも出来ます。

定番の野菜といえば、キャベツ、ニンニク、ニラです。

キャベツを多めに入れれば、シャキシャキ感のある餃子に仕上がりますし、ニンニクも栄養的にばっちりでしょう。

肉汁たっぷりの餃子と違う、別の感覚の餃子として、家で作って食べてみては如何でしょう。

水餃子にしても美味しいですよ。


[29]>19 サラダ meizhizi87

私も手作りドレッシングで作るサラダが好きです。家で育てたきゅうりやトマトは無農薬でおいしいです。時々、ヤングコーンが入っているとさらにうれしくなります。ドリカムの「あなたにサラダ」を口ずさみながら楽しく作ることを心がけています。


[30]>3 野菜炒め twillco

一番手軽でメインにもなるので、野菜が足りないなという時の1品に野菜炒めはもってこいです。

冷蔵庫の野菜処分にも良いですよね。


[31]>30 野菜炒め meizhizi87

家では、焼き肉と一緒に野菜も炒めます。肉を食べるときは野菜もその3倍食べるように、と聞いたことがあるので、野菜も多く食べるようにしています。焼き肉のタレに大根おろしやにんにくのすりおろしを入れると食後も胃もたれせず、消化にもいい感じがしておすすめです。


[32]>25 温野菜 linne

スチームタイプの電子レンジに切り替えてから、手軽に温野菜が作れるようになりました。

余った野菜を手軽に利用でき、さらにおいしく食べられるのでとても重宝しています。


[33]>23 野菜スープでダイエット twillco

脂肪燃焼ダイエットというのが流行った時に野菜スープを作ってたべてましたが結構美味しくて続けられました。

チキンスープの素、ホールトマトを入れチキンスープの素、ホールトマトを入れ、水をひたひたにしたところで10分火にかけて野菜(キャベツ…1/2個■玉ねぎ…大3個■ピーマン…大1個■セロリ)が柔らかくなるまで煮る。

という簡単な物ですが、元々は、心臓や外科手術などの前に、短期間で脂肪を落とす必要がある人のための食事だったそうです。

とても簡単で栄養もあるので、これはやって良かったですね。


[34]>32 温野菜 twillco

温野菜にマヨネーズをかけて食べるシンプルな物が好きです。

今は、炊飯器の上で蒸し物が出来る物があるので

それで簡単に温野菜にして食べてます。

簡単なので良いですよね。


[35]>34 温野菜 koume-1124

とりあえず野菜は茹でておけば、そのまま食べられるし、お弁当にも解凍すれば入れるだけなのでとても便利でよくやっています。


[36]>33 野菜スープ koume-1124

ポトフが好きなので、よく作っています。

スープは一度に大量に作っておけば、何日かは持つので便利ですし、手軽に栄養もとれて良いですよね。

ジューサーを買ったので、それで簡単に何でもかけて簡単な野菜ジュースも作ったりしています。

苦手な野菜も、スープにする事でいくらでも食べられます。


[37]>24 夏には夏野菜カレー tibitora

私もやさいのたっぷり入ったカレーが好きです。

みじん切りにしたキャベツをたくさん入れてくつくつと煮たカレーも好きです。

実家では夏になると庭で作ったピーマンやナスなどが入ったカレーを作ります。

甥っ子も自分が育てた(水をあげた)野菜だと苦手なピーマンも残さずに食べています^^

かぼちゃやブロッコリー、いろんな野菜の入ったカレーはおいしいですよね^^


[38]>36 コーンスープ tibitora

野菜スープではコーンスープが一番好きです。

とうもろこしの自然な甘さが好きで、粒の入っているのも入っていないのもそれぞれおいしいと思います。

少しおなかのすいたときなどにもカップに入れて飲んだり出来るので、野菜スープは手軽に栄養が取れていいですよね^^


[39]>37 野菜カレー koume-1124

野菜カレー美味しいので好きです!!

ココイチでもトッピングに野菜は欠かせません。

ほうれん草のカレーが一番好きです

野菜がゴロゴロ入ってる方がカレーって感じもしますよね。


[40]>35 温野菜 tibitora

温野菜にすると生の野菜よりたくさん食べられますよね。

私はマヨネーズをかけたりケチャップをかけたりして食べるのが好きです。

ほくほくしたジャガイモが特に好きで、お塩だけかけて食べたりもします。

以前実家でご飯が炊けたので炊飯器のふたを開けたらサツマイモがご飯の上にのって蒸されていて驚いたことがあります(笑)

しっかり蒸されていました。


[41]>26 野菜の味噌汁 meizhizi87

野菜の味噌汁、私も好きです。特に好きなのは大根とキャベツです。なんて自分は日本人らしいんだと思います。(笑)

レタス!??驚きです。やってみようかな・・・。


[42]>41 野菜 nekomanbo56

味噌汁に小松菜、じゃがいも、さつまいも入れるとおいしいですね。


[43]>38 かぼちゃスープ r-zone

かぼちゃスープが大好きで外食に行くと必ずといっていいほど頼みます。

甘くてデザートみたいなので、野菜って感じでは無いですが

朝ご飯にも暖めるだけのを買って飲んだりしています。


[44]玄米と押し麦の「人参ごはん」 iijiman

玄米と押し麦、人参を使った炊き込みご飯。

栄養バランスに優れた玄米に、押し麦のビタミンと繊維質をプラス。

人参は、栄養面より、彩りと味の良さを重視して加えました。

【材料2?3人分】

人参1本

玄米2合弱

押し麦1/2合

酒少々

塩ひとつまみ

【作り方】

1.玄米は軽く洗い、押し麦と混ぜ合わせます。

2.人参は千切りにします。

3.1.と2.を混ぜ、所定量の水を加え、酒少々と塩ひとつまみを加え、炊飯器にセットし、炊きます。

※うちは鍋でご飯を炊いているので、3.以降は、次のような手順になります。

3.水2合弱を加え、鍋を火に掛けます。中火。

4.鍋が沸騰したら火を弱めて15分。

5.火を止めて30分蒸らします。


[45]>40 温野菜 r-zone

塩で茹でてそのまま夕飯に。

ジャガイモにマヨネーズかけて食べるのがたまらなく好きです。

男でも簡単に出来るし、野菜で栄養も取れるのでよく作ります。


[46]野菜たっぷりのお好み焼き tibitora

家でお好み焼きを作るときに、冷蔵庫の中にある野菜をいろいろといれて作るときがあります。

にんじんを薄切りにしたものやピーマンやかぼちゃ、ほうれん草などの葉物野菜も、いつものお好み焼きとはちょっと違っていろんな野菜がいちどに食べられるお好み焼きになります。

かたくて火の通りにくい野菜は薄切りにするか、先にゆでておいたりするとおいしくできます^^

子供に食べさせるときも材料をいわなかったら嫌いなものも気づかずに食べてくれたりもします(笑)


[47]旬の果物と人参のミックスジュース iijiman

旬の果物なら何でもOK!

入手しやすいバナナなども美味しいです。

人参の苦手な方でも、飲みやすい「果物ミックスジュース」で、人参のカロチンを摂取できそうです。

【材料】

人参1本

果物適量・1個or1本くらい(バナナ、りんご、温州みかん、オレンジなど)

水、ミキサーに半分くらい

氷3?4個(製氷器で凍らせたもの)

【作り方】

1.まず人参に火を通します。人参を千切りにして、沸騰したお湯で1?2分茹でるか、電子レンジで30秒加熱します。

2.火の通った人参と、皮を剥いた果物(バナナ1本orりんご1個or温州みかん2?3個orオレンジ1個)を、一緒にミキサーに入れます。

3.2.に水と氷を加えます。水と氷を加えた状態でミキサーがいっぱいになる程度に。

4.1分ほどミキサーで撹拌します。

【ヒント】

市販の野菜ジュースには、飲みやすくするためにレモンを加えたものが多く見られます。

このミックスジュースにも、レモン果汁を加えても美味しいです。


[48]祖母の畑で取れた野菜 fumie15

を丸かじりがいちばんおいしいです。

味噌をつけたきゅうりやトマトなどを少し冷やして食べるのがおいしいです。


[49]アーユルヴェーダ流菜食豆腐カリー+玄米サフランライス TomCat

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語の「アーユス(命、気)」と「ヴェーダ(知識)」の複合語で、5千年の歴史を持つと言われるインドの伝統的な学問です。その内容は生命科学から暮らしの知恵までを網羅した実践的な物で、インドの人々の暮らしに根ざしながら受け継がれてきたと言われています。今回はそんなインド5千年の歴史をバックボーンに和食の知恵も取り入れた菜食メニューの一例をご紹介してみたいと思います。

さて、材料です。分量はかなりアバウトで大丈夫。だいたい4?5人前くらいを前提に分量例を書き出してみます。

と言った感じです。南インド風だとここにココナツなども入ります。

これらの材料が全て必要と言うことではありません。適宜有り合わせの材料でいいんです。カレーマサラが面倒ならS&Bの赤缶カレー粉だって構いません。味は激しく違ってきますが、美味しければOKです。

さて、作りましょう。まず豆腐は重石を乗せて水切りをしておきます。私は豆腐の代わりに厚揚げを使うこともあります。この場合は湯通しをして古い油を流し去っておきます。

野菜を切りましょう。好き勝手に切ってください。タマネギはみじん切りです。で、タマネギとカレーリーフを油で炒めます。タマネギは例によって茶色になるまで、じっくりと。

カレー・マサラを加えて炒めて、香りが立ってきたらトマトを加えます。加熱しながらマッシャーでトマトを潰し、そこに他の材料をみな加えていきます。

ココナッツミルクを注ぎ、全ての材料がひたひたになるくらいの水を加えて煮立てます。一煮立ちしたら火を弱めて、一口大に切った豆腐を入れ、じっくりと煮込みます。豆腐は一口大に切った後、ここに加える前にフライパンで表面を焼いておくと煮崩れにくくなります。

これでコトコト煮込んで塩で味を調えれば、インドの家庭風カリー料理の出来上がり。カレーライスじゃないですからね。トロ味は全くありません。お椀によそって食べる具だくさんの汁物といった感じの料理になります。

【ご飯編】

合わせるご飯は、サフランライスがいいですね。これを玄米で作りましょう。

材料は4人分として、

まずサフランを大さじ4?6くらいのお湯に20分ほど漬けておきます。

玄米は洗ってザルにあけ、同じく20分くらい置いておきます。

たまねぎはみじん切り。フライパンにオリーブオイル入れ、カルダモン、クローブ、シナモンをやや強火で2?3分炒めます。続いてたまねぎを入れ、全体に熱が回ったら弱火にして、じっくりと炒めてください。

ザルに上げてておいた玄米を加え、十分に炒めます。白米なら「ライスが透き通るまで炒めます」と書きたい所ですが、玄米なので透き通りませんねw

電気炊飯器にフライパンの中身をあけ、サフランを漬けて置いたお湯ごと入れ、ごく普通の水加減で炊きあげて出来上がりです。

◆ ◆ ◆

以上で、必須アミノ酸と必須脂肪酸は豆腐で、炭水化物は玄米でバランス良くカバーし、さらに野菜の持つビタミン・ミネラルや玄米の持つ各種栄養素を、様々な香辛料によって体を活性化させながら効率よく摂取していく特製メニューの出来上がりです。食欲がない時でもガンガン食べられて元気が出ますよ。お試しください。


[50]>43 オニオンスープ fumie15

あめ色になるまでいためてコンソメで煮たスープがおいしいと思います。いためるのに時間がかかってしまいますが。


[51]>17 炊き込みご飯 natumi0128

確かに、炊き込みご飯は野菜もたくさん食べられるし、美味しいし、良いですよね。

季節の野菜を取るのは、体にも良いと言いますし。

個人的には、春の山菜もたっぷり入れた、タケノコご飯が好きですが、他にも野菜を使った炊き込みご飯のレシピはたくさんありそうですね。


[52]>29 サラダ fumie15

友人に手作りドレッシングをかけてサラダを出したところ驚かれました。友人の家ではドレッシングは買ってくるものだったらしいのです。私の家では必ず手作りドレッシングだったのでその驚いた友人に驚きました。


[53]ゆでたてのとうもろこし fumie15

収穫したばかりのとうもろこしをゆでてすぐ食べるのが好きです。甘くておいしいです。時間がたつとそのおいしさがなくなってしまうんですよね・・・。


[54]>42 お味噌汁 natumi0128

家は、ワカメ、豆腐、エノキ茸が基本ですが、大根や白菜なんかも使います。

レタスもしゃきしゃきして美味しいですよね。

お味噌汁に限らず、野菜は火を通すと嵩も減りますし、たくさん食べられて良いですよね。


[55]>31 野菜炒め fumie15

野菜炒めにするといつもの3倍近く野菜を食べます。サラダではかさがありすぎてそこまで食べられないのですよね。


[56]>55 ポイントは to-ching

大蒜を入れることです、旨さが数倍違います


[57]>54 うひゃー! to-ching

けんちん汁の様なの大嫌い!女房に「薬」と思って食べなさい!と叱られます。


[58]>53 昔の to-ching

トウモロコシ探してます、甘くなく、硬い粒の奴ですよ!!


[59]>48 同感! to-ching

いつも書くけれど、取れたての生姜の生をスライスしてミソつけて食べたい!こんなに旨いものは無い!


[60]>15 ひじき to-ching

大人になってから食べられるようになったです。変わりますね好みは。


[61]具たっぷりの煮込みうどん・ほうとう風 TinkerBell

栄養のバランスを考えるなら、色合いのバランスを考えること。

緑、赤、黄色、白、黒…。

様々な素材が織りなす色のハーモニーが、栄養バランスのあかしです。

そんなカラフルな具がたっぷり入った煮込みうどんをご紹介してみたいと思います。

ちょっと季節感が外れるかもしれませんが、梅雨寒の夜など、きっとおいしいと思います。


材料です(二人前)

・ゆでうどん 2玉

・ニンジン 半分

・ダイコン 1/4

・ゴボウ 半分

・ネギ 1本

・カボチャ 1/8個

・干しシイタケ 2個

・豆腐 半丁

・みそ 大さじ1

・しょうゆ 小さじ1

・だし昆布 5センチ角


まず、お出汁を取りましょう。

今回は菜食レシピで動物性素材はアウトですから、昆布と干し椎茸でお出汁を取ります。

だし昆布は表面を絞ったふきんで拭き、水に15分ほど漬け、そのあと火にかけます。

沸騰してきたら、昆布を取り出して、これで昆布出汁のできあがりです。


椎茸は戻す前に一度日光に当ててください。そうすると干し椎茸特有の臭さ抜けて上品なお味になります。

流水でさっと洗って汚れを落としたら、適宜の量の水に漬けて柔らかくなるまで戻します。

干し椎茸には「どんこ」と「香信」がありますが、

「香信」は約1?2時間、「どんこ」は3?4時間かけて戻してください。

ゆっくり戻した方が、干し椎茸香り成分がよく出ます。

戻す時にお湯を使ってはいけません。お湯を使うとお出汁に苦味が出がちになります。


お野菜の下ごしらえに移ります。

今回はカボチャが主役です。

なぜなら、今回は動物性素材が使えずつゆに凝れないから。

そこで「ほうとう風」にしてカボチャの甘味でいただくおつゆにしちゃうわけです。

カボチャは一口大に切って、皮は固いので切り落としてしまってください。

切り落とした皮は別途煮物などに使ってくださいね。


ゴボウは笹掻き。

ダイコンとニンジンはたんざく切りかいちょう切り。

ネギは斜め切り。

戻したシイタケは5mm幅くらいにスライスします。

お豆腐はしっかりと水切りをしてから一口大に切ってください。


ではお野菜を煮ましょう。

お鍋に昆布で取った出汁と椎茸の戻し汁を入れ、合計3カップくらいの量にします。

足りなかったらお水を足してください。

ニンジン、ダイコン、ゴボウ、カボチャを入れて火にかけ、沸騰するまで強火。

沸騰したら火を弱めて、アクを取り除きながらそれぞれの素材が柔らかくなるまで煮ます。

そんなに長時間はかかりません。7?8分くらいっていう感じでしょうか。

ニンジン、ダイコン、ゴボウ、カボチャが柔らかくなってきたら、

シイタケ、お豆腐を加えてアクを取り除きながらさらに5分くらい。

みそとしょうゆを加えて味がOKならうどんとネギを加えて軽く煮込んで完成です。


麺は本物のほうとうが使えるといいと思いますが、

ちょっと発想を変えて、給食のソフト麺風のゆでめんでもおいしいと思います。

というか、わが家ではそういう「ふんわりうどんタイプ」に人気があって、

もっぱらソフト麺風のゆでうどんが使われます。


栄養面では、緑黄色野菜としてのニンジンとカボチャがポイントです。

ネギにはわりと多くのビタミンCが含まれていますから、

それをできるだけ有効にとりいれるために、

最後の方で加えてあまりしつこく煮込まないようにしています。

本当は大根のビタミンCも大切にしたいのですが、

大根は食感の関係である程度に込まないわけに行きませんので、

その分をネギにがんばってもらっています。

タンパク質と脂質はお豆腐で。

全体にバランスの取れたメニューに仕上がっていると思いますが、いかがでしょうか。


[62]>52 サラダ sidewalk01

うちはゴマドレッシングです!


[63]>50 オニオンスープ sidewalk01

甘みがなんともいえませんよね!非常に好きです!


[64]>39 野菜カレー sidewalk01

すごく食欲が出ます!夏には必ずやります!


[65]>18sidewalk01

寒い季節は本当にお世話になります。今年も風邪を引かずに冬を越せたのは鍋のおかげです。


[66]>57 味噌汁や豚汁 sidewalk01

栄養満点ですよね!特に豚汁は体が凄く暖まるので、寒い時期にはありがたいです。


[67]>18qwer-asdf

寒い時はやっぱり鍋ですよね。野菜がおいしく食べられます。


[68]>56 野菜炒め adgt

一人暮らしなのでしょっちゅう作ってる


[69]>45 温野菜 adgt

昔は苦手だったけれど、今では割と美味しくいただけてる!


[70]>5 ナムル adgt

昔韓国人の友人が作ってくれた!美味しかったー!


[71]キムチ adgt

とりあえずキムチを冷蔵庫に入れておけば、そのまま食べても良いし、キムチチャーハン、キムチ鍋など色々アレンジが出来るので非常に便利!韓国旅行をしたときも、5・60代の韓国人の方には太っている人がほとんどおらず、キムチパワーを実感しました!


[72]>49 これはさすが!! TinkerBell

他にもカレー料理のツリーがありますが、

今回は動物性素材が含まれる材料の使用はアウトですから、

肉エキスなどが含まれる市販のルーは使えません。

そこをカレー・マサラによってサラリとクリアーしているのが、

もう憎らしいくらいの鮮やかさです。

栄養バランスではタンパク源と脂質源に豆腐を活用していて、

わー、私と同じ!!とうれしくなってしまいました。

カレーマサラはエスニック食材が買えるお店に行けば市販品もありますから、

そういうのを使ってもいいですね。

今回は栄養バランスが重要な投稿条件のひとつになっていますが、

食材の持つ栄養を香辛料の作用で効果的に身につけさせていこうとするところがすごいと思いました。


[73]>60 ひじき adgt

髪の寿命がのびるかなぁ、と希望を持って食べてる!


[74]豆腐は菜食のうちに入りますよね? qwer-asdf

冷ややっこが好きです。普通に醤油にかけるのはあまり食べれませんが、ごま油に塩を混ぜてそれを冷ややっこにかけて食べるのがマイブームです。揚げだし豆腐もおいしいですよね。


[75]ニンジンのグラッセ qwer-asdf

幼いころ、母がハンバーグなどの付け合わせに作ってくれました。野菜なのに甘くて大好きでした。ファミレスなどに行ってもグラッセ目当てにハンバーグを選んでしまいます。


[76]>66 味噌汁は塩控えめに、野菜多目に。 atomatom

まず味噌の塩分をできるだけ摂取しないように、濃い目のダシを取って味噌の量を減らしたいところです。

塩分の取りすぎは血圧上昇に結びつきますからね。

ただし、今回は煮干やカツオブシは使えないルールですから、干し椎茸と昆布の出番ですね。

前の晩から鍋に水を張ってじっくりと戻しましょう。

それから具。

どうも具の種類が少ない味噌汁の方が上品で粋である、というお考えの方もいらっしゃるようですが、下品でもいいんです、粋でなくても問題ない。

おいしくって体によければOK。

ぼくがおススメするのは根菜たっぷりのスープ少な目の味噌汁。

ごろごろとジャガイモやニンジン、大根、それからアクセントにゴボウ、油揚げ。

味噌汁というよりも煮物に近いような感じに仕上げれば、塩分控えめで植物繊維はたっぷり、おなかも一杯になります。


[77]>72 これはおいしそうですね nofrills

私は肉を食わず(味が苦手なので)、市販のルーも非常に苦手で、自分で作るカレーはTom Catさんのレシピによく似ています。ただし市販のカレー粉を使います(なぜかクミンだけは別途用意してあります。たぶんテレビでインドのシェフが「クミンは別に用意するといいよ」と言ってたのにならってクミンを買ってきて使ってみたのが始まりだと思います)。


よく作るのは水煮の豆(ガルバンゾー、大豆など)と野菜のカレーですが、今度はお豆腐を使ってやってみます。(お豆腐よりむしろ、厚揚げを使うのが簡単で、私のような怠け者にはぴったりかもしれません。)


[78]>65 野菜が沢山食べられますね tm343

単に煮ただけなのに美味しいですね、鍋は。

肉は出汁をとる程度で野菜メインの鍋を冬場はよく食べました。

白菜なんかはとろとろになるくらいまで良く煮て食べると最高です。


[79]>78 野菜鍋 peach-i

野菜鍋のよいところは野菜を沢山食べられるということだけではなくて、野菜から流出した栄養もしっかりと残すところなく汁まで頂けるところにあると私は考えています。

栄養成分は溶け出すことが多いのでこの汁を大事に頂くことに非常に大きな意味を感じています。

旨みこそ大事な栄養ですね!


[80]大豆をお肉代わりに peach-i

お味噌はまず大豆から出来ていますよね。

大豆は畑のお肉というように大事な栄養です。

ベジタリアンではお肉の代わりに大豆を見立てて料理するほど大事な食材です。

また、今はテンペというものもあります。

大豆ほどとても万能な食材はなかなか無いなと想います!


[81]玄米や雑穀米粥に小豆などをいれて peach-i

白いご飯よりも茶色いもののほうが良いといわれています。

そこに小豆をいれた小豆粥がとてもすきなのです。

http://allabout.co.jp/gourmet/okazu/closeup/CU20040113/

小豆の赤は邪気を払い、1年万病を防ぐと言われ、

小正月(1月15日)には小豆粥を食べる風習があります

古くからの考え方って今でも大事な知恵とおもいます


[82]デーツを利用して甘みを出す 陰陽五行を大切に peach-i

デーツって皆さん知ってますか?

マクロビなどでは白い砂糖は体にあまりよろしくないんです。

そこでこのデーツを使って甘みを出すことをします。

良いサイトがありました

http://macrobi.livedoor.biz/archives/51344406.html

菜食で単に動物性を取らないだけではなくて

このように体をしっかりと考えることが大事です

動物性をとらないことだけが重要ではなく

どういうものをどれだけ取るかも大切です。

砂糖は動物性ではないからいいや?ではなくて。

砂糖を取りすぎることにより悪影響を及ぼしていることが現代は多いです。

天然の素材から出る甘みを利用して菜食生活を楽しむことも大事と想います。

何事にも取りすぎはよくなくて

野菜や食物には性質があります

以下参考にしてみてください

http://ww4.enjoy.ne.jp/~macroway/reg/classify.html

どちらかに偏った食材を取りすぎると体も傾いた方向に進みます。

こういう知識が薄れていて、野菜を沢山食べればなんでもいい!という考えだけが一人歩きしてるように感じます。

食材の性質を踏まえて、そして自分の体質を知り。

一人ひとり違う体質なのですから自分の体を自分で気づき。

そして大事に見守りながら

自分に見合う、自分の体が求める食べ物を摂取することが望ましいとおもいます


[83]おからこんにゃく peach-i

おからこんにゃくを利用すると凄く便利です

おからこんにゃく(ベジタリアンミート) 5袋

これです!

お肉の代わりにして、ホイコーローにしたりしてます!

味噌と絡んで美味しい!

お味噌も体によいですし、凄く美味しいです。

細ぎりにしてチンジャオロースにしたりもするのですが、これまた調味料が絡んでおすすめです

良い食材ですよ^^


[84]>79 みぞれ鍋 ls_10_5

大根が余って困った時に。

大根を好きなだけすり下ろして、お鍋に入れます。

他の具はキノコとか豚肉とか。

1人あたり大根1本くらいは平気で食べられちゃいます。

野菜を摂るのにお鍋はとても良い料理方法だと思います。


[85]>76 お味噌汁 futanbo

たいがいの野菜がOKですね。

きらいな野菜でも、食べやすくなる気がします。

大根の葉っぱなど、調理が難しいものでも、お味噌汁に

ぶっこむと、苦味が消えて、たくさん食べられます。

大根の葉は栄養満点だし、おすすめです。


[86]>84 野菜なべ futanbo

よく芸能人の方がダイエットになると言っていましたね。

野菜をたくさんとるには、やっぱり鍋ははずせませんね。

鍋食べた後は、便通もよくなるので、便秘の方にもオススメ

ですよね。


[87]>64 野菜カレー futanbo

いいですよね。

ナスやピーマン、苦手でもカレーだと食べれますし。

かぼちゃ入れると、甘いカレーになりますね。

夏野菜だと、根菜と違って、煮る時間が短くて

早くできる点もいいですね。


[88]>59 畑でとれたて野菜 futanbo

畑でとって、そのまま食べるとほんとにおいしいですね。

昔、貸し農園で畑をやっていました。

初めてできたきゅうりをとって、そこで、ちょっと洗って、すぐ

かじって食べたときの感動は忘れられません。

自分で育てたとゆう喜びも、あったと思います。


[89]野菜のてんぷら qwer-asdf

野菜のてんぷらをよく食べます。

なかでもナスが好きです。

アスパラガスやかぼちゃなどもおいしいですよね。


[90]ほうれん草。小松菜。貧血にいい。 futanbo

貧血の持病がある私にはほうれん草がかかせません。

小松菜やひじきにも鉄分が豊富です。

おひたしでもいいですが、たまことじが好きです。

そういえば、ポパイもほうれん草で、パワーアップしてましたね。

ほうれん草の根っこのピンク色の部分がまた

甘くておいしいんですよね。


[91]>90 卵とじ。 atomatom

ああ、ホウレンソウの卵とじ。

確かにあのピンク色の根っこのところに甘みがあっておいしいですよね。

ただ、気を付けなけらばならないのが、石を噛んでいないかどうか。

一度、ガリッて歯が欠けたことがあってから恐怖感が拭い去れません。

ですから、調理の前に根っこ近くを4つほどに切って、しつこく洗うようにしています。

水溶性のビタミンが流れていくのは惜しいんですけど。。。


[92]低カロリーでヘルシーに揚げる野菜の天ぷら Fuel

油分は生活習慣病の元凶のように思われがちですが、ビタミンA、D、E、Kといった脂溶性ビタミンはその名の通り油に溶けて体内に吸収されていくビタミンですから、炒める、揚げるなどして油分と一緒に食べると、体の中での利用効率が向上します。

また植物油は強力な抗酸化力で体を守ってくれるビタミンEの重要な供給源でもありますから、良質の植物油を適度に食べることは、生活習慣病の予防やアンチエイジングのためにも大切です。

さらに、油はカロリーが気になる成分ですが、食事の中のカロリー源の一部を炭水化物から油に置き換えると、糖質の代謝の際に消費されるビタミンB群の一部が節約できて、その分を疲労回復などに回すことが可能になります。食事全体のカロリーが過剰にならなければ、良質の植物油によるカロリーは、むしろ歓迎していいと言えるんですね。

そこで、カロリーの取りすぎにならないヘルシーな天ぷらの揚げ方を工夫していこうというのが、この書き込みのテーマです。天ぷらの油分は衣に集中しますから、衣の取り扱いを注意することで、過剰な油分を避けることが出来るのです。

基本的な注意事項としては、

・衣は作り置きしない

・ねちねち混ぜない

・冷水で作る

といったことがあげられます。これによって、薄いカラッとした衣にするわけです。

具体的には揚げる直前に、

1.卵を割りほぐし、

2.冷水を加え、

3.小麦粉を振り入れてさっくりと混ぜる

といった作業工程になります。衣の濃さは、一般的に小麦粉が100gなら水も100ml、これにプラス卵1個といった分量になると思いますが、薄衣とするために、わずかに水の分量を多くします。

また素材に衣を付ける時は、全体をドボッと衣に沈めることなく、一部にだけアッサリと付けて揚げることも考慮します。たとえば葉物などを揚げる時は、衣は片面に付けるだけにとどめます。こうすることによって、さらに低カロリーな天ぷらに仕上がります。

揚げる野菜は何でもOKですが、油が染み込みにくい野菜がいいですね。うちではグリーンアスパラとかニンジンなどがけっこう人気です。シシトウもいいですね。シシトウは中の空気が膨張するので、空気を逃がす切れ目を入れて揚げてください。

野草は何でもたいてい天ぷらの素材になります。油がアク抜きの役割をしますので、衣を付けて揚げるだけで野趣溢れるおいしい天ぷらになります。袴を取るのが面倒なツクシも、天ぷらにするなら、袴を残したままで食べられます(きちんと取ればそれにこしたことはありませんが)。ヨモギの先端の柔らかい所、柿の葉の新芽、桑の若い葉、タンポポの葉など、都市近郊でも入手できる素材がたくさんあります。除草剤や農薬などに気を付けて採取してください。

変わり種としては、蕎麦の海苔巻き天ぷらなどいかがでしょう。蕎麦を茹で、巻き簀で海苔巻きにして、それを切って衣を付けて揚げるのです。真ん中に梅肉などを仕込むと酸味が爽やかです。素材が油を吸いにくいので、これはけっこう低カロリーに作れます。

さて、こうして作った様々な天ぷらですが、今回は菜食メニューコンテストですから、カツオダシなどの天つゆは使えません。一番のお勧めは茶塩です。茶塩の作り方は以前のいわしでLady_Cinnamonさんが紹介してくれていますのでこちらを参考にしてください。

http://q.hatena.ne.jp/1210740474/163430/

また、大根おろしに醤油をかけたものを天つゆ代わりにしても爽やかでおいしいですね。

以上、メニューとしてはちょっと不十分な内容かもしれませんが、揚げ方の工夫によって過剰な油分を避けていくという栄養バランスの配慮を行った天ぷらをご紹介してみました。


[93]>87 野菜カレー miyupie777

大好きです。結構何を入れても合いますしね。それに、苦手な野菜や、大根の皮やブロッコリーの茎などゴミ箱行きになりそうな部分でも、フードプロセッサーで細かくして入れると大丈夫です。


[94]見た目もおいしいちらし寿司 fusakogane

我が家では毎月一度は家族の誰かからリクエストされる<ちらし寿司>です。

食欲のない時でも酢飯の混ぜご飯はのどを通りやすく食べやすいメニューです。 また酢酸はこれからの食中毒の季節に食あたり防止の殺菌効果もあるようです。混ぜ合わせる具材はバラエティーに富んでいますから、見た目からも食欲を刺激してくれます。

具材の野菜にこだわるなら煮しめてゆくほど美味しくなる<根菜類>が良いのではないでしょうか。<繊維質>なので便秘の改善には効果抜群です! ニンジン ハス レンコン ゴボウと油揚げと干しシイタケと高野豆腐を、ちょっと甘めにお砂糖の代わりにハチミツと酒とみりんで煮付けて味が染みたら、最後にしょうゆを加えます。炊き立てのご飯にお酢とハチミツの甘酢をふりかけます。 うちわで荒熱を取って冷ましたら、刻んだ焼き海苔かミツバを添えてみてください!

ビタミンとミネラルの豊富な<ちらし寿司>はいかかでしょうか?


[95]>85 お味噌汁 miyupie777

野菜たっぷりのお味噌汁大好きです。具だくさんだとこれだけでおかず1品分になりますからね。栄養たっぷりで身体にも良いし、何よりほっとします。とくに好きな具は、きぬさや+れんこん+油揚げのコンビです。


[96]>63 じゃがいものスープ miyupie777

野菜スープの中ではじゃがいものスープが一番好きです。あったかホクホクも美味しいし、夏は冷やしてビシソワーズにすると食欲がないときでもゴクゴクいけます。


[97]>68 キャベツとキノコを炒めて w83

塩コショウで味を整える。皿に持ってからポン酢をかける。

ポン酢の酸味のおかげで、サッパリとした後口です。


[98]残り野菜をジューサーで野菜ジュースに powdersnow

ジューサーを使って、ジュースにしてしまえば、多くの野菜を簡単に取ることができますね。

野菜だけでは、飲みにくいようなものを使う場合には、果物を混ぜてもいいと思います。

組み合わせなども、ネットで調べても良いですし、合う合わないはそれぞれなので、色々と自分で試してみるのも楽しいものです。


[99]>69 イタ飯屋で食べてから some1

バターたっぷりに風味を効かせれば、カリフラワーやブロッコリーもやたら美味しく食べれる事を知り、我が家の定番に。


[100]電子レンジで栄養お浸し atomatom

ホウレンソウ、小松菜、白菜、カラシ菜、キャベツ。

お浸しにする野菜は結構幅広いんですよね。

葉っぱだったらなんでもいけるんじゃないかな。

サッと茹でてからジャジャッと水にさらして、固く絞ってザクザク切って、というのが普通のお浸しの作り方ですが、それでは水溶性のビタミンが流れ出てしまいます。

そこで電子レンジで簡単にお浸し。

耐熱ボウルにあらかじめ切った野菜を入れます。

出し汁も先にかけてから、そうそう、ラップをかけて加熱スタート。

1分半から2分ほどでちょうど食べ頃です。

これにもう一手間。

すりゴマです。

ゴマには、ビタミンE、鉄分、カルシウム、亜鉛、脂質、ビタミンB群などが含まれていて、消化吸収しやすいようにはやはりすった方がいいでしょうし、なによりすりたてのあの香りが食欲を増進させますよね。

ぼくは白ゴマよりも黒ゴマの方が好きですね。

黒ゴマのあの皮の色はポリフェノールを含んでいるためですから。

老化を防いでくれる効果を期待しています。


[101]>95 お味噌汁 lovespread13

やっぱり日本人は味噌汁ですかね?ジャガイモ、かぼちゃ、大根、サツマイモ、たまねぎ、ナスなど、季節によっていろいろな野菜を入れるといいですね。

個人的には野菜+油揚げの味噌汁が好きです。

最近知ったのですが油揚げは豆腐よりも栄養価が高いらしいです。油で揚げた分カロリーも高いらしいのでとり過ぎには注意が必要ですが、、、。


[102]スティックサラダ cherry-pie

おやつ感覚でポリポリ食べられます。

キライな野菜も一緒にさして、テレビをみながらポリポリ

ゴマドレッシングなど味が少し濃いものを使います。

そうすると、野菜本来の味が苦手で食べられないという人でも意外に食べられてしまいます。

私はセロリとかダメだったのですが、この方法で克服しました。

以前、TVでスティック状の野菜をおしゃれなキャリアウーマンタイプの人がカクテルと一緒に食べてるのをみて

真似したくてやったのがきっかけです。

私もこんな風になりたい・・・・。なんて、はじめてみたけれどきゅうりくらいしか食べられませんでした(笑)

なのでドレッシングを濃い目にして食べると簡単に食べることができ、今ではそのまま食べています。

容器もガラスのオシャレなものにしたりして、見た目から入ることも大事ですね。

透明なカラーグラスに野菜スティックを刺す。

同じくかわいい小鉢にラディッシュやプチトマトを盛り付ける。

見た目で結構だまされるものです^?^


[103]簡単野菜スープ cherry-pie

時間がなくても簡単に料理をてきぱきこなし、健康に気づかいたいものですね。

あいたちょっとの時間で、コトコトスープを煮込みます。

野菜は何でもいいので、1cm角くらいに小さく切ります。

それと固形コンソメスープを水にいれて煮込むだけ。

時間がないときのために、予め野菜を切って冷凍庫にいれておきます。

解凍してから使ったほうがいいですが、時間がないときはスープの熱で解凍を。

柔らかくなったら最後に塩こしょうで味をすこし調えたらできあがり。

朝おきてこのスープを作り、顔を洗ったりしている間に出来ちゃいます^^

他には、同じく固形コンソメをつかって、キャベツたっぷりスープ。

キャベツとベーコンを交互に挟み、鍋に水とコンソメを入れてキャベツが柔らかくなるまで煮込みます。

これはベーコンの味も染み出てものすごくおいしいです。

キャベツも少し小さくなりたくさん食べられます♪


[104]>20 ちゃんこ鍋 lovespread13

野菜もたっぷり取れるし、冬場はあったまりますね。

家ではしょうが入りの鶏団子を入れるのが定番です。

野菜がメインだからと、ついついたくさん食べ過ぎてしまう傾向があります。

しめにラーメンを入れてもおいしいですね。やっぱり食べ過ぎですね。


[105]>96 野菜スープ kinnoji7

ダイエット野菜スープは、野菜スープをたくさん食べてダイエットができる女性に嬉しいダイエット方法のことです。ダイエット野菜スープの作り方を見てみると、基本の数種類の野菜があることに気付きます。 たまねぎなどをはじめ一年中お店に並んでいる比較的安価な食材が多いので、ダイエット野菜スープは手軽に始められて、家計に優しいと言えるかもしれません。 とはいえ、野菜を大きくカットするというだけなので、反対に拍子抜けするほど簡単です。いつでも気軽に始められて、家計に優しいダイエット方法であるダイエット野菜スープの作り方を調べてみるとよいでしょう。


[106]>93 野菜カレー kinnoji7

段は野菜を食べない子供でも、おかわりして食べる絶品カレーですよね。野菜臭さがないので食べやすく、食物繊維がそのまま摂れるので美肌効果が抜群、さらに便秘解消も間違いなしですね。子供からお年寄りまで、みんな大好き定番メニューと言えるでしょう。今度の休日は野菜カレーを作って楽しみたいと思います。


[107]>101 お味噌汁 kinnoji7

鰹や煮干のだしもおいしいですが、我が家では野菜だしの味噌汁も登場します。鰹を蒸すように、お野菜を蒸した野菜蒸しだしです。例えば今日の味噌汁は大根でと思う時、大根を細切りに、葱の小口切りと一緒に、まず鍋に入れ蓋をし蒸し煮をしっかりします。蒸しながらお野菜のだしをしっかり出させます、だから「野菜蒸しだし」と命名しました。


[108]>89 野菜てんぷら kinnoji7

野菜天ぷらそばは、私も良く食べるお気に入りのそばです。野菜が好きなのと、天ぷらをおそばでさっぱり食べれるのが好きです。日本食の代表でもあるそばは、ダイエットにもぴったりなんですよ。お腹にたまって、美味しい昼食が味わえるんです。そばはいつも通り、調度良い固さで、天ぷらもまた、いつも通りさっぱりしていておいしいですよ。


[109]>27 野菜ラーメン kinnoji7

先日の晩ごはんは、野菜たっぷりのヘルシーラーメンでした。キャベツや人参、もやし、ネギなど野菜をたっぷり入れて、醤油ラーメンの汁に煮汁を利用するだけの簡単野菜ラーメンです。ゆで卵とベーコンをのせていただきました。スープがめちゃめちゃおいしかったですね。


[110]>92 天ぷら powdersnow

茄子や舞茸の天ぷらは、数ある食の中でも、自分の中ではトップクラスに入る一つです。

蕗の薹など、季節に合わせた野菜を中心にするのもいいですよね。

油分が確かに心配になってしまいますが、工夫次第でいろいろできるというのは、興味深いです。


[111]皆様にお願いです YuzuPON

今回のテーマ発案者でございます。皆様、こちらの出題ページはご覧いただいているでしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090511#Michelintitle

書き込みにあたっては以下の点にご注意いただき、必要に応じて追記いただくなどして、皆さんが同一条件で参加していくメニューコンテストになりますようご配慮をお願いします。

・今回のテーマは野菜料理ではなく、一切の食肉成分を避けた「菜食メニュー」ですから、肉エキスを含むカレールーや味噌汁のカツオだしなども×になってしまいます。特にダシや調味料関係などには十分ご注意いただき、そこをクリアーする工夫をぜひ書き添えてください。

・栄養バランスに関する検討は必須です。動物性食品を使わずにどこまでバランスの取れた食事が実現できるかが今回の目標ですので、栄養に関する記述は必ず書き添えてくださいね。

以上、よろしくお願いします。


[112]>86 夏でも powdersnow

クーラーも入れず、無茶苦茶に汗をかきながら、たっぷり鍋を楽しむのも一興ですね。

冬にはカレー鍋など、いろいろと新しい鍋にも挑戦しましたが、夏にとなると何が良いんでしょうか。

すき焼きで、肉抜きですと、春菊とネギと豆腐……あたりで楽しむことになるんでしょうかね。

肉を食べてしまいそうです。


[113]>111 カレー powdersnow

動物性素材不使用のカレールーってありませんでしたっけ?

一応、検索してみましたが、少なくともそう謳っている商品はいろいろあるんですが。


[114]>108 野菜てんぷら twillco

かぼちゃの天ぷらが大好きです。

お野菜は天ぷらにするとほんと美味しい♪

食べ過ぎると行けないのですが、ついつい多く食べてしまいます。


[115]>107 お味噌汁 twillco

大根、たまねぎ、長ネギ、にんじん・・・

どんな野菜を入れてもあいますよね。


[116]>106 野菜カレー twillco

野菜嫌いの子供もなぜかカレーに入れると美味しいって食べますよね。

カレーマジックですよね。

大きい野菜をゴロゴロ入れるのが好きです。


[117]>115 お味噌汁 koume-1124

どの野菜でお味噌汁を作っても美味しくなるのがいいですね。

特に私は、二日めの大根にお味噌が染み込んだ幹事が好きで

翌日の朝ご飯がとても楽しみだったりします。


[118]>112koume-1124

最近では色んな種類の鍋があるので毎日違う味が楽しめていいですよね。

カレー鍋はまだ体験した事が無いので是非やってみたいですね。

お野菜がいくらでも進むので寒い日のお鍋は本当に良くやります。


[119]>114 野菜の天ぷら koume-1124

私は、たらの芽の天ぷらが好きですね。

野菜の天ぷらは、お蕎麦二とても合うので

ちょっと豪華にしたい時はお野菜の天ぷらとともに食べます。お蕎麦にかき揚げは最高の組み合わせだと思ってます。


[120]>22 追記。 nakki1342

貧血と便秘対策としてこんにゃくとひじきを

選んでみました

ただ、それだけだった色合いもよくないし

にんじんを薄くスライスし

好みでアスパラガスも一緒にしましたが・・。


[121]たくわん fumie15

漬物のうちではたくわんが好きです。たくわんが山盛りだとごはんがいくらでも食べられますね。手作りのものがたまにJAで売ってますけれど。家の母が昔作ってくれたものがおいしかったです。


[122]トマトの外側を容器に fumie15

小さい頃、何か雑誌で見て作ってもらいました。とても洒落たものに見えました。

作り方は簡単。トマトの種をくりぬいて中に茹で卵とマヨネーズを詰めるというもの。おいしかったです。

子供ってときどき変なものを食べたがりますよね。


[123]サラダバー fumie15

ファミレスで肉料理を頼むと野菜も取らないとと思ってサラダバーを注文します。物珍しさもあってとりすぎてしまいますが、肉料理のあとだと結構食べることができます。

私は缶詰のコーンが好きなのでコーンを取りすぎてしまいますが、レタスとコーンだけのサラダを作り友人にあきれられたこともありました。


[124]ごぼうの素揚げ lovespread13

千切りにしたごぼうを水でもみ洗いしてから油で揚げるだけ。

油をきって昆布茶と塩をまぶして出来上がり。ごま油を少量からめてもいいですね。


[125]>80 納豆餃子 fumie15

納豆を味付けして餃子の皮に包んで油で揚げて餃子のたれで食べています。肉入り餃子ももちろん好きですが、納豆餃子もおいしいです。

肉と同じくらい食べ応えがありますよ


[126]>109 野菜ラーメン to-ching

何ででしょう?ラーメンに野菜を入れれば嫌いな野菜も沢山食べられます。確かにスープは旨いです!


[127]>73 そうですね・・・ to-ching

わかめも意識して食べてますが・・・甘いのかな?


[128]>104 朝青龍が・・・ to-ching

経営しているちゃんこ鍋屋がLAにも開店するようです、アメリカでも寿司がヘルシーとのことで今や定番に、「ちゃんこ」も世界共通語になったりして!日本の食べ物は健康面でも世界一なんでしょうね!


[129]>117 お味噌汁 T24oe

人参や大根や小松菜等、いろいろいれてます。

なにをいれても美味しいです^^


[130]>58 今では to-ching

家畜でも食べない?塩で茹で食べます、自然の味です、今のトウモロコシなんて、ぐちゃぐちゃして歯ごたえがなく、甘すぎ(歯に挟まる・・・)ちっとも美味しくないです。


[131]>88 ありがたい! to-ching

大地の恵、太陽の匂い!これですね。


[132]>113 テーマの趣旨を理解しポイントを意識しながら書くということ TomCat

やはり動物性素材を使用した物と不使用の物が両方有るならば、テーマに合わせた選択の仕方を明記するような書き込みがあるといいんじゃないかと思います。

うどんのツリーでは、昆布と椎茸でダシを取り、カツオなどの動物性の旨味が使えない分をカボチャなどの甘味で置き換えてほうとう風にするといった工夫のあるレシピがありました。

天ぷらのツリーでも、天つゆの代わりに茶塩で食べることを勧めているのがありましたよね。

このいわしは「コンテスト」ですから、そういうテーマしっかりと意識したこだわりの書き込みが、上位入賞のコツになってくるんじゃないかと思います。


[133]ベジミート peach-i

http://www.naturalhouse.jp/item/396.html

大豆から出来ています。

食感ともにお肉を再現できていて良い食材です。

唐揚げにしても美味しいですし、お肉と同じように醤油と生姜で下味つけたりしています


[134]豆乳グラタン peach-i

ホワイトソースは豆乳でも作ることができます。

うちでは結構そうしています。

バターも使わずに出来ますし、お豆の濃厚な味わいが美味しいです。

たんぱく質がたっぷりで体にもよいです!


[135]豆腐マヨネーズ peach-i

マヨネーズを作るときにお豆腐で作って動物性を一切しようしません。

お野菜を沢山食べるにしてもドレッシングって重要ですよね。

豆腐でマヨネーズを作ることも出来るので重宝しています

http://www.goodpic.com/mt/asa/archives2/2004/10/post_53.html


[136]がんもどき peach-i

お肉の揚げ物のようにコッテリしたものを食べたくなった場合に一番いいのが、がんもどきです。

お豆腐にお野菜を刻んだものを混ぜ合わせて作るので、動物性を不使用でいながら、おなかにたまり、栄養も満点です


[137]切り干し大根パスタ peach-i

切り干し大根を麺として、パスタにすると美味しいです。

豆乳などでクリーミーなパスタにしても美味です。

和風に大根おろしとシソなどの組み合わせもよいです


[138]>51 炊き込みご飯 qwer-asdf

今の季節だと筍ごはんがおいしいですよね。後は学校給食で食べたわかめごはんも好きでした。


[139]>99 にらをゆでたもの fumie15

にらをゆでたものにウズラの卵を落としたものが好きです。


[140]>138 炊き込みご飯! toukadatteba

以前は自分で作れなかったのですが、今はネットのおかげでレシピを検索しておいしいご飯が作れちゃうので、本当によいですよね?。私は、ミツバと鶏肉を入れた混ぜご飯を作ります。ミツバは自分で育てているので、新鮮でよいですよ^^風味も豊かです。


[141]>129 お味噌汁 toukadatteba

大根はかかせません。にんじんやジャガイモはうちはいれません?。

大根とわかめとか、油揚げと小松菜とかがメインですかね?。土地柄酒かすもいれます。あれは好き嫌いがわかれますが。


[142]>119 しその葉のてんぷら toukadatteba

が私は好きです^^

青いいろが美しく、ぱりっとしてあの風味がたまりません。

育てているのでぶちぶちつんできてあげると、たまらないものがあります。


[143]>61 ほうとう powdersnow

甲府に出かけた時は、いつも食べていますが、確かに野菜の種類が豊富で、栄養のバランスも良さそうです。

カボチャや人参といった緑黄色野菜が美味しく取れるのも、個人的にはポイントが高いですね。


[144]ゴマのペーストを使ったこってり系スープ nofrills

私の場合は「肉の味が嫌いだから肉を食べない」ので、野菜の味と昆布のダシだけでも十分なのですが、動物性の食材を使わないと物足りないという方は多くおられると思います。こういうときに頼るのが「脂肪分」なのですが(オリーヴオイルなど。あるいは「豆腐を揚げておく」といった形で)、それだけではカロリーが増すだけのような……というわけで、ゴマペーストを使って工夫してみるとよいかもしれません。


ゴマは栄養豊富な食材のひとつで、殻を取り除いたゴマペーストは栄養の吸収という点でも優れています。ただし脂肪分が多いので、ほかで油を使いすぎないように気をつけたほうがよいかもしれません。


レシピの例:ラーメンもどき……スープにゴマペーストを使います。

■材料&作り方

1. にんにく、しょうが(香味野菜)をみじん切りにして少量の油&弱火で炒めて香りを立てる(油はふつうのサラダ油、ナタネ油など)

2. 水切りしておいた豆腐を鍋に投入し、火を強めて「炒る(いる)」感じで水分を飛ばす(香味野菜が焦げないように)

3. 火を通すのに時間をかける野菜やきのこ類(玉ねぎや、冬場なら白菜の軸の部分を細く切ったものなど)を投入し、少し炒める

4. ゴマペーストを、1人あたり大きなカレースプーンに1?2杯くらい(好みによる)入れて、野菜に絡める感じで少し炒める(焦がさないように)

5. 水を入れて沸騰するのを待つ

6. その間に麺を茹でる

7. スープが沸騰したら塩(岩塩など、味が複雑なものがよい)、こしょうで調味し(香り付けにしょうゆを使ってもよい)、物足りなければゴマペーストを追加してみるとか、粉末の昆布のだしの素を加えるなどする。同時に火の通りの早い野菜(小松菜など緑黄色野菜をここで投入)を入れる

8. 器に盛り付け、薬味の刻みネギを散らす。好みでラー油やネギ油を数滴。ネギ油は全体の味を引き締めてくれます


こんな感じです。自分で適当にやってみたらまあまあいいんじゃない、というものになって定着しているので、お好みに合わなかったらごめんなさい。本来は野菜でスープストックを作っておいて(玉ねぎ、ニンジンなどを丸ごとOR大きく切って水から入れて火をかけて作る)スープベースにすればよいのでしょうが、「ああ、あれが食べたい」と思うときにスープストックがあるとは限らないので、その場で済むようなレシピを書きました。


味が物足りないときに使うのは味噌でもいいような気がします。ピリ辛が好きな方は、ゴマペーストの前に豆板醤を入れて炒めてみてください(入れすぎるとものすごく辛くなります)。

こしょうは黒こしょうではなく、最初から粉末になっている白こしょうのほうが「味」は出ると思います。

野菜は基本的に「冷蔵庫にあるもの」で。レタスは火を通すとよいだしになるので、火を通したくたくたのレタスが苦手でなければ3の段階で投入。それが苦手ならレタスは千切りにして火を止める直前に入れるか、器にもりつけてからトッピングしてもいいかも。

スープにはトマトを加えてもいいかもしれません。(トマトは火を加えると旨みが増すので、ヴェジの食事にはいろいろと使えます。)

豆腐はたんぱく質源として使える上に、炒ることでしっかりとした味を引き出せるので、ヴェジの料理には重宝します。

ほうれん草やブロッコリーを入れたい場合は、別に下茹でしておくのがよいと思います(電子レンジを使えば2口コンロでも足りるし、私はアクの出ないお野菜なら、麺を茹でる前に同じお湯でさっと茹でてしまいます)。


[145]>139 温野菜 toukadatteba

じゃがバター、大好きです。って温野菜に入りますよね?(笑)

ブロッコリーをゆでたのとかも大好きです。マヨでいただきます。


[146]>142 かき揚げ r-zone

近所にめちゃくちゃデカイかき揚げを出してくれるお蕎麦屋さんがあって、そこのかき揚げは最高です!ついついかき揚げ蕎麦しか頼んだ事無いのですが。

玉葱が甘くて美味しいんですよね。


[147]>141 味噌汁 r-zone

お味噌汁に大根はいいですね。

最強のコンビだと思います。

なかなか家では作らないですが、実家に帰った時の母親の作るみそ汁が大好きです。


[148]>140 炊き込みご飯 r-zone

夕飯が炊き込みご飯だと、ごちそうな感じで子供の頃はすっごく嬉しかったですね。

一人暮らしになってからは作り方が分からず、最近は全然食べてませんが、とても懐かしいです。


[149]>116 野菜カレー r-zone

野菜カレーは無条件で好きです!

子供の頃はまだ食べられない野菜が多かったんですが、なぜだかカレーにすると食べられるんですよね。

私は長芋を入れるのが好きです。

トロット感がたまらないです。


[150]>148 炊き込みご飯 twillco

梅とキノコの炊き込みご飯が好きでよく作ります。

梅の香りがとても良くって食欲もわいてきます。

梅の種を除き、ペースト状にしておいて、米・きのこ類とダシを炊いて出来上がりです。

食欲の無い夏にも良いです♪


[151]>146 野菜のてんぷら meizhizi87

私も好きです。サツマイモが特に好きです。塩だけつけて食べるととてもおいしいです。


[152]>102 野菜スティック meizhizi87

酒のつまみに出るとうれしいです。ポリポリして、おいしく食べられます。

コンビニでも売っているし、気軽に食べられます。


[153]>46 野菜たっぷりの焼きそば meizhizi87

今日の夜ご飯は焼きそばだったのですが、ピーマン、キャベツ、もやしをたくさん入れました。


[154]>152 野菜スティック futanbo

私も食わず嫌いでしたが、実家の母が作ってくれて

マヨネーズつけて食べたら、意外と食べれて驚きました。

セロリも苦手だったけど、スティックにすると、何故か

食べやすくなりますよね。ちょっとおやつ感覚みたいな。

にんじんとかも、こんなに甘みがあるんだあって驚きましたね。


[155]>151 てんぷら futanbo

てんぷらも、できるお野菜多いですよね。

タマネギが好きかな。

れんこんもおいしいし。以前ににんじんの葉のてんぷらを

食べたら、すごくおいしかったです。

たらの芽とかもいいですね。

ついついてんぷらって揚げすぎちゃうんですよね。


[156]>145 温野菜 futanbo

実家の母は、電子レンジでチンです。

キャベツとかただざっくり切って、チンして

ポン酢かけて食べたり。

最近は、新玉ねぎをチンして、これもポン酢で

食べるとゆう超簡単料理?を頂きましたが

これが、簡単な割りにおいしいんです。


[157]ひじきごはん futanbo

貧血の私は、ご飯をたくときに、乾燥ひじきを

大胆にいれちゃいます。あじつけはしません。

あんまりおいしくはないんですが^^;

体のために食べてます。

簡単に鉄分が取れます。

めんどくさいとかしんどいとき、オススメです。


[158]>105 野菜スープ futanbo

栄養満点ですね。

いろんな種類の野菜を入れると、いいだし?が

でそうですね。

ココロまであったかくなる感じがさらにいいですね^^


[159]>158 野菜スープ tukusio

心から温まり、カロリー控えめ

でいいですね。

私は甘いのはにがてですが、野菜スープだとバリバリいけます。コトコト煮込むと甘?いにおいがただよってきます。

特にすきなのはトマトスープです。


[160]精進料理っておいしかったです! fusakogane

座禅を学ぶ参禅体験で宿坊に泊まったとき、一日二食の精進料理をいただきました。

試食前のイメージは、薄味 山菜中心 麦飯 顔の映るお味噌汁。。。なんて思っていました。 でも実際には、まるで牛肉100%のような味の大豆ハンバーグ うなぎの蒲焼風味の野菜のさつま揚げ 白身魚のような山芋のフライ 湯葉とユリネのおすまし。。。味も飾りつけもすばらしいものでした!

宿坊の調理担当僧の方によれば、現在の動物性たんぱく質中心の食事では、ガンや生活習慣病が増加してしまうそうです。野菜食にしてもっと野菜に多く含まれるミネラル分(カルシュウム・鉄・亜鉛・マグネシュウム)を摂取しないと危険なのだそうです。

精進料理の中心素材は、大豆とその加工品 そして山芋とその加工品でした! それらを植物性の油で調理する。。。

そこに極意を見たような気がして、我が家では納豆と山芋のチゲをやろうと材料を仕入れてきました。長ネギをたっぷり入れます。塩辛ぬきのキムチを刻んで、山芋をすりおろしたら準備完了!

唐辛子とごま油の組み合わせも、からだを温める効果のカプサイシンとゴマのビタミンCで最良でしょうか?


[161]>159 野菜スープ toukadatteba

ミネストローネなんかがすきです。トマトとキャベツの甘さがでていてなんともいえません。凄く好きですね^^


[162]>160 精進料理 eiyan

精進料理は野菜料理。

日頃から家庭で野菜中心料理を採っていれば何の事はない。

特別なものではないんですね。


[163]大豆を三段活用した湯豆腐。 atomatom

畑のお肉といわれるほどたんぱく質に富んだ大豆。カルシウムもまた豊富に含んでいますから骨粗しょう症対策にもなります。

今回はちょいと季節はずれなんですが湯豆腐のご紹介をします。

そもそも今回の菜食レシピ。

どういう人のためのレシピかを考える必要があると思います。

菜食主義の人で、恒常的に肉、魚を食べない人のためのものならば、なによりも良質のたんぱく質を採る必要があると思います。ある程度のカロリーも必要でしょう。

また反対にカロリー制限をしていて、肉、魚中心ではなく野菜中心のメニューを取り入れる必要のある人のものならば、満腹感はあるけれどカロリーは控えめにしなければいけないでしょう。

あるいは肉、魚は貧乏で買えない、なんとか比較的安い素材で腹いっぱい、栄養もちゃんと取れるメニューが必要だって人もいるかもしれません。

とりあえずどういう人にも、この三段活用湯豆腐ならば大丈夫!

用意するものは豆腐。油揚げ。きな粉。

どれも大豆からできているものです。

それからダシ。

昆布と干ししいたけのダシを準備します。

まずは油揚げを煮ていきましょう。

カロリー制限の人はしっかりと湯で洗って油を落としてください。

1センチほどの幅に刻んだ油揚げを醤油、みりん、酒で煮てください。きつねうどんの揚げほどの濃さの味付けがいいです。

それから豆腐。

ダシ汁にちょっと薄めの味付け。うどんよりもちょっと薄めをイメージしてください。

煮過ぎないようにご注意。よく言われるのは豆腐がユラユラと動き出したら食べ頃、です。

煮上がったら器に移動させ、その上に刻んだ甘辛い揚げをトッピング。

豆腐に油揚げなんて、同じ味じゃないのかって疑う方もいるかもしれませんが、これが全然違いますから。

一度こういう料理を居酒屋で食べてびっくりするほどおいしかったことがあるんです。

さて、ここからがぼくのオリジナル。

きな粉のソースをかけます。

きな粉をダシで溶いたものに醤油、砂糖少々で味付けしたもの。

練る固さは酢味噌程度がよいでしょう。

お好みで刻みネギをパラパラ散らして。

湯豆腐といえば「湯豆腐や命のはてのうすあかり」の句にも代表されるようにはかなくて淡い印象の食べ物ですが、油揚げときな粉ソースのおかげで、これが結構、食べ応えのある一品になります。


[164]筑前煮 v89

野菜と言っても根野菜ですが筑前煮が大好きです。

適度に歯ごたえがあって噛んだときの食感としみ出てくるなんともいえない美味しい味がたまらなく好きです。

食物繊維も沢山とれて常備菜としてもいいですね。


[165]>154 野菜スティック twillco

大根スティックの明太マヨネーズを付けて食べるのが凄く美味しくてハマってしまい、家でも作るようになりました。

みずみずしくて暑い時期には最高のおつまみですよね。


[166]>165 野菜スティック koume-1124

アボカドが大好きなので、よくアボカドディップを作っては野菜をつけてポリポリ食べています。

オヤツみたいですよね。

初めて食べた時は、野菜をそのまま食べる事に抵抗がありましたが、工夫次第で凄く美味しい物なんだなと実感しました。


[167]>150 炊き込みご飯 koume-1124

タケノコの炊き込みご飯を最近しました。

シャキシャキ感がご飯にあって、炊き込みご飯特有の『おこげ』がまた香ばしくて美味しいですよね。


[168]>166 野菜スティック kyou_mii

私も大好きです。

マヨネーズや味噌をつけて食べてます。

最近は味噌にもいろんな種類があって、ちょっと凝ってみると楽しいですね。

ただ、野菜そのものの味もあるので、何もつけずにそのまま食べるのも好きです。

大根、にんじんなど思ったよりも甘みがあってとてもおいしいですよね。


[169]>168 野菜スティック r-zone

私は何も付けずに食べるのが好きです。

一度外食に行った時に練り梅とマヨネーズを合わせたものが出てきた時は美味しかったですよ!


[170]>161 野菜スープ adgt

じっくり煮て野菜が柔らかくなったやつが好き!


[171]>169 野菜スティック adgt

たまに物凄くたべたくなる!


[172]>149 野菜カレー adgt

これから食欲の無いときには助けてくれそう!


[173]>118adgt

友人とのコミュニケーションも食物繊維もとれる非常に良い食事!


[174]>62 サラダ adgt

味の濃い料理と食べるときは、ドレッシングかけないけど、そのものだけを食べるときには何かしらかけたくなっちゃう。


[175]>167 炊き込みご飯 meizhizi87

春はタケノコの炊き込みご飯はおいしいですね。秋は栗ご飯!おこげもおいしいです。お弁当が炊き込みご飯の日はいつも以上にランチタイムが楽しみです。


[176]>84 みぞれ鍋は美味しいですね syntaxerror

私はカニでみぞれ鍋をしますけどメチャクチャ旨いです。

もうカニも鍋も季節が終わってしまったので残念です。


[177]>173meizhizi87

キムチ鍋が特に好きです。野菜をたっぷり食べられてしかも簡単!


[178]>164 野菜料理の中で一番好きかもしれないです。 syntaxerror

私も筑前煮が根野菜を沢山食べられるので大好きです。

毎日食べても飽きないし、食べる時は日本に生まれてきて良かったなぁと思います。

海外に行くとこの種の煮物はあまり食べられないので海外旅行から帰ってくると無性に食べたくなる一品です。


[179]玄米バーガー(何でも挟んで栄養満点!ピクニックのお弁当にも!) CandyPot

玄米ごはんを五平餅のように半づきにして焼いたものに好きな具を挟んで作るお米のハンバーガーです。一個あたり、玄米ごはん120グラムをすりこぎなどでついて、それを二等分してバンズ大に平たくして、熱したフライパンで焼きます。焼きながらお醤油をジュッ。つまりは焼きおにぎり風味ですね。こうして作った玄米バンズに、あとは好きな具を挟んでいきます。

たとえばきんぴらごぼう。これ、玄米バンズとよく合います。きんぴらは千切りで細かいので、ちょっとこぼしやすくて食べにくいのが玉にキズ。

それがいやな人は、今回は卵など殺生が伴わない食材は動物性でも可とのルールですから、きんぴらオムレツをお勧めします。濃いめの味付けで作ったきんぴらを溶き卵に混ぜて焼くだけです。これでタンパク質もばっちり。

野菜の天ぷらを挟んだ「天むすバーガー」もおいしいです。お醤油に砂糖を混ぜて一煮立ちさせたタレをちょっと絡ませて挟みます。レタスも一緒に挟んでください。タルタルソースもつけましょう。タルタルソースはマヨネーズ(動物性素材として卵が含まれますがそれはセーフですね)に色々混ぜ合わせて作ればいいですが、ここでちょっとアイデアをひねって和風タルタルソース。例をあげると、マヨネーズ大さじ2にセリのみじん切り1本分、甘酢ラッキョウみじん切り5?6個分を混ぜて塩コショウ、なんていうのはどうでしょう。

もちろん動物性素材不使用の豆腐ハンバーグなどは、まるでこのために生まれてきたハンバーグと言いたくなるくらいにぴったりです。あとは、マッシュポテトに塩コショウして衣を付けて揚げただけの肉無しコロッケ(これはただの貧乏料理)なんていうのもよく合います。

栄養バランスについては挟む具によって大きく変わってしまいますが、逆に言うと食べる人への愛情を込めたチョイスで、一人一人に合わせた栄養満点のメニューが可能です。

なお、B1、B2、ナイアシンといったビタミンは植物性素材より動物性素材に多く含まれていますが、玄米にはこれらの栄養が豊かですから、玄米を中心にしたメニューにしておけば、肉を食べない菜食でも、これらの欠乏が防げます。


[180]>132 皆さん注目ー!! CandyPot

今回はただの野菜料理でなく、動物性素材不使用プラス栄養バランスも考えたメニューというお題ですから、書き込みの中にその両方に関する内容を明記した方がいいみたいです。まずはじめにイエはてなのダイアリーを読んでから書き込みましょう。


[181]>156 温野菜 T24oe

ぐはぁ・・・めっちゃ大好き!


[182]>181 温野菜 sidewalk01

温めると野菜は食べやすくなりますね。ほんのり甘みが出るのがたまりません!


[183]>171 野菜スティック sidewalk01

コンビにでも購入できるようになり、すごく身近になりましたね。食生活が偏ってるなと思ったときには食べるようにしています。


[184]栄養バランス・消化吸収抜群、作るの簡単、バナナづくしメニュー momokuri3

【1】簡単バナナケーキ(4人前)

・バナナ 2本

・レモン汁 半個分

・小麦粉 100g

・砂糖 50g

・卵 1個(卵は今回の出題では許可品目)

・バター 20g(乳製品は今回の出題では許可品目)

・ベーキングパウダー 小さじ1


バナナを潰しレモン汁をまぶす。

バターは溶かしておく。

潰しバナナに小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーを加え、卵と溶かしたバターを加えて混ぜ合わせ、適当なアルミホイル製のカップに注ぎ込む。

アルミホイルをかぶせてオーブントースターで7?8分。アルミホイルをどかしてさらに3?4分。表面がこんがりしてきたら出来上がり。

バナナは素早くエネルギーに変わるブドウ糖と、徐々にエネルギーに変わっていくその他の炭水化物が程よいバランで含まれる、即戦力と持久力を兼ね備えたエネルギー源です。さらにビタミンB6、ビタミンC、カリウム、マグネシウムなどを含み、食物繊維も豊富です。


*注:バターはマーガリンに変えることも可能で、その方が動物性食品から離れられることになりますが、マーガリンはトランス型脂肪の危険性が指摘されていますので、あえてバターで記述させていただきました。今回の出題では殺生の伴わない乳製品や卵はセーフとされていますが、実際の食生活でも、自然な食生活を求めるがゆえの菜食なら、マーガリンよりナチュラルなバターの採用が適していると思います。


【2】豆乳バナナセーキ(4人前)

・バナナ 2本

・豆乳 400ml

これをただミキサーでガーッとやるだけ。豆乳の匂いが苦手な人もバナナの風味でおいしく飲めます。今回はバナナケーキの付け合わせということで控えめの量にしてありますが、これでも豆のタンパク質と各種ビタミン・ミネラルで、栄養バランスがぐんと向上します。


【3】フルーツサラダ(4人前)

・バナナ 1本

・オレンジ 1個

・キウイフルーツ 1個

---

ドレッシング材料

・プレーンヨーグルト 100ml(乳製品は今回の出題では許可品目)

・砂糖 大さじ1

・白こしょう 少々


オレンジは皮をむき、房もむいておく。

キウイは皮をむいて5mm厚。

バナナは皮をむき1cm厚。

ドレッシング材料を混ぜ合わせて和えて出来上がり。

これでビタミンCを増強。三品合わせてエネルギーも微量栄養素もしっかり確保。以上、バナナづくしの一汁一菜メニューでした。


[185]>180 皆さん注目ー!! 2 momokuri3

今回私はあえて積極的に乳製品や卵を採用するメニューで参加しました。たとえばバターは植物油が主原料のマーガリンに置き換えることも可能ですが、菜食にこだわるあまりにマーガリンという加工油脂製品に走るよりは、自然のままの乳から分離されるバターの方がよりナチュラルで、菜食の目的にかなっているとの判断からです。そうした部分には注釈を付けるなどして誤解の無いように書いてみたつもりですが、いかがだったでしょうか。皆さんが出題趣旨をよく理解され、実りあるいわしになることを願っています。


[186]>170 お手軽なのもウレシイ xxkinocoxx

スープの具材を切ってからレンジで一旦野菜をチン♪

その出た汁も一緒に鍋に入れて固形スープのもとを入れるだけで

すぐに野菜スープってできますよね!簡単だし作る時に

お皿が沢山汚れないのも非常に嬉しい(笑)

味に飽きたら、ケチャップやポールトマトを入れればトマトスープ

カレー粉を入れたらカレーにもなるし、面等くさいなーと思うと

よく大なべで作って味を変えつつしばらく食べ続けたりします(笑)


[187]スタミナきつね丼定食 tough

菜食でもスタミナ満点食べ応え満点の丼定食メニューです。

材料は各一人前。一部出題で許可されている殺生の伴わない動物性食品を含みます。


【主食:スタミナきつね丼】

◆発芽玄米ご飯----丼八分目

◆油揚げ----1枚

◆ネギ----1/4本

◆卵----1個

◆あれば、きんぴらごぼう一つまみ

◆醤油・味醂----適宜

◆揚げ玉----適宜

◆木の芽

油揚げは短冊切り、ネギは小口切り、これに作り置きのきんぴらがあればそれをひとつまみ。

きんぴらがなければゴボウの千切りにニンジンの千切りを合わせてフライパンで甘辛く炒り煮にして一味唐辛子を軽く振り、きんぴらモドキを少量作る。ゴボウがなければジャガイモを千切りにして代わりに使ってもおいしい。

それらを丼の具を作る小さな鍋に入れ、醤油と味醂と水を天つゆ程度の味に調味したものをひたひたに注いで火にかけ、溶き卵を加えて綴じ、丼に盛った熱々の発芽玄米ご飯の上に乗せる。揚げ玉を散らし木の芽を乗せてできあがり。


このポイントは何と言っても発芽玄米です。まず発芽玄米は米粒の周りの糠層が発芽によって変化しているので、玄米にありがちなボソボソ感が少なく、丼物にした時に具や汁とよく馴染みます。白米と同じようにおいしい丼が作れます。

栄養面、健康効果面では、ビタミンB1やビタミンE、各種ミネラルといった玄米の栄養はもちろん、発芽に伴う酵素の働きでデンプンやタンパク質が分解されていること、ミネラルの吸収を阻害するフィチン酸も抑えられているなどのことから、各種栄養素の消化吸収が格段によくなっています。

さらに血圧上昇を抑制する働きを持つガンマアミノ酪酸(いわゆるギャバ)が豊富なのも最近は有名ですね。

具の方では大豆食品である油揚げに卵を加えることで必須アミノ酸を豊かに確保し、さらに脂質にも一定の注目を置くことで、スタミナの本体である持久力につながるエネルギーを確保します。ネギはビタミンCを、きんぴらなどの根菜類は気合いと根性を供給します(笑)。


【汁物:カボチャの味噌汁】

◆カボチャ----25g(冷凍素材も可)

◆玉ねぎ----少々(1/8個くらい)

◆あさつき----適宜

◆ダシ昆布----少々

◆水----お椀6?7分目

◆酒----少々

◆味噌----10g

◆七味唐辛子----適宜

上記材料はお椀一杯分を想定して書いていますが、少量では満足に煮ることができませんので、4人前くらいは同時に作ってください。


カボチャは5mm厚程度。玉ねぎは薄切り。鍋に水を入れダシ昆布を静めて20分ほど置き、一煮立ちさせて取り出し(取り出さなくても可)、玉ねぎを入れて2?3分、さらにカボチャを加えて柔らかくなるまで煮る。味噌を鍋の中のダシ少量と清酒少量で溶いて鍋に加えて火を止めます。椀に注ぎ、あさつきの小口切りを散らしてできあがり。食べる時に好みで七味唐辛子を振っていただきます。


この栄養ポイントはカボチャのβ-カロテンです。これは丼のきんぴらに含まれる少量のニンジンだけではカバーしきれないので、こちらで取っていくことにします。味の面では、わずかに清酒を加えて一種の鍋風味を加味することで、鰹節などの動物性の旨味に欠ける部分を補っています。


【付け合わせ:酸味一体ど根性小鉢】

◆山芋

◆オクラ

◆めかぶ

◆醤油

◆梅肉

各適宜


山芋は太めの千切り。オクラは小口切り。めかぶは細切りあるいはみじん。それらを混ぜ、適宜の醤油で和えて味を付けて小鉢に盛り、梅肉適宜をトッピングする。山芋・オクラ・めかぶの粘り(粘着多糖類)と梅肉の酸で、栄養とともに免疫力の向上も目指します。


【香の物:ラッキョウ漬け】

ラッキョウはの香味成分である硫化アリルは血液サラサラ効果が期待できるほか、ビタミンB1の吸収を高める効果がありますから、ラッキョウと玄米はベストマッチングです。


以上で、菜食でありながら体育会系の空腹もしっかり満たせるスタミナ定食の完成です。押忍!!


[188]>175 たけのこの炊き込みご飯 sidewalk01

食感がいいですね!


[189]>125 納豆 sidewalk01

栄養満点なので助かりますね。


[190]>157 ひじき sidewalk01

昔はきらいでしたが、最近は体を思ってたまに食べます。なれると意外と美味しいですよね。


[191]<若芽の味噌和え>と<根菜のきんぴら風>で成長エネルギーを食べる fusakogane

土筆(つくし) タラの芽 タケノコ 菜の花の若芽。。。旬の野菜や山菜 食用の野草の若葉など意識して注目してみると、見た目にも鮮やかでおいしそうです。きっと細胞の中にたくさんの<成長エネルギー>を蓄えているでしょう。。。てんぷらも良いのですが、かるく湯通ししたら甘辛い酢味噌で和えて食べています。

根菜類の中でも新ジャガイモと新タマネギは、ゆでるより軽く蒸して醤油や塩気でいだだきたいものです。 特にニンジン レンコン ゴボウ。は<土の栄養分>をじっくりと蓄積しているし、<繊維質>だから歯ごたえもあるので、細くきざんでごま油と鷹の爪で炒めてきんぴら風にして楽しんでいます。


[192]>44 押し麦ご飯 atomatom

押し麦はビタミンB群、カリウム、カルシウムを豊富に含んでいます。

かつては米よりも安価で、だから刑務所では麦ご飯が出され、「臭い飯」というありがたくない呼び名までできました。

ただ、栄養的には白米だけよりも優れているので、だから刑務所から出てきたら健康になっていたっていう人も多かったのです。

ところが最近は米と同等か、下手をすると米よりも高い押し麦も売られているようになってるんですね。

1割か2割程度、押し麦を米に混ぜて炊くことがうちでもよくあります。

水加減はいつもより少し多目。

多少多すぎても麦の水分吸収力は強いので問題ないです。

口当たりがややパサ付くので、汁物や納豆と一緒に食べるのがおススメです。


[193]>192 そうだったのか!なぜ水が多くても大丈夫なのか分からなかったのです iijiman

atomatomさん、フォローありがとうございます。

多少多すぎても麦の水分吸収力は強いので問題ないです。

ああ!そうだったんですね!

いや、押し麦を入れるようになってから、水が「ちょっと多いかな?」と思っていても普通に炊けてしまうので、どうしてだろう?とは思っていました。

うちで使っている押し麦は、800gで298円です。去年の一時期までは1kg298円だったのですが・・・

スティックタイプに個別包装されているタイプだと、もっと割高のようですね。


[194]>191 野生草 eiyan

春になると新緑中の芽吹きが盛んになります。

その新芽を頂く有難さは自然の恵みを恩恵としています。

植物達の犠牲の上での私達の命の保存。

どれだけ感謝しても感謝し切れませんね。


[195]>187 丼ご飯 eiyan

新野菜の丼は菜食主義。

多種の新緑野菜は私達に何を語ってくれるのでしょうか?

健康な私達の食事はそんな新緑野菜によって飾られていますね。


[196]>184 バナナ eiyan

バナナは健康栄養の宝庫といわれます。

そんなバナナをお料理して頂くなんて有難い事ですね。

バナナだけでも栄養タップリなのに添付品を付けては過剰宝飾かな?


[197]>179 玄米 eiyan

白米は各種栄養素を削除しています。

玄米になればなる程栄養価は高いですね。

昔は栄養高価で摂取してましたね。


[198]>121 沢庵和尚 eiyan

沢庵は美味しいですね。

色んな漬け方があってそれぞれの味付けがありますね。

お袋の味は懐かしいですね。


[199]>136 揚げ物 eiyan

野菜の揚げ物はてんぷら。

でもがんもどきはおからの様。

畑の肉を使ってヘルシー。


[200]>163 大豆 eiyan

大豆は色んな加工食品に変身して私達に色んな栄養素として生命を育んでくれますね。

あの小さな体で大きな仕事をしてくれます。

大豆は畑にも良いのですよ。


[201]>144 ゴマ eiyan

ゴマはあの小さな体で大きな仕事をします。

栄養素が一杯。

油が一杯。

命が一杯。

一杯のパワーが含まれています。


[202]>135 マヨネーズ eiyan

マヨネーズの原料は卵のはずなんだけど、豆腐で作るマヨネーズってどんなだろうって思いますね。

きっとお豆腐の香りがするんでしょうね。

そこにゴマ油でもしたってたらもっと良い香りがするんでしょうね。


[203]>94 ちらし寿司といなり寿司 atomatom

確かにこれからの暑い季節、ちょっと食欲のないときにお酢の力を借りると食べやすくなりますね。

ちらし寿司ももちろんおいしいんですけど、いなり寿司も根強い人気がありますよね。

油揚げを煮る手間さえ頑張ったら、大豆のタンパク質をたっぷり採れて、しかもお腹もいっぱいになる、お出かけにも持って行きたい一品になりますね。

だから酢飯を多めに作って、昼はお弁当にいなり寿司、外から帰ってきたら夜ご飯にはちらし寿司。具をちょっとアレンジして、違った味を楽しむという手もアリかもしれませんね。


[204]>186 野菜スープ tk09

あまりものを細かく刻んで、簡単に出来ますよね。個人的には玉ねぎ入っているのが美味。


[205]命にやさしいメニューでハレの食卓を飾る菜食お祝いメニュー YuzuPON

【おしながき】

  1. 菜食ちらし寿司
  2. あおさの味噌汁
  3. 大根とシソの酢の物
  4. キュウリとチーズのおつまみ
  5. アボカドサラダわさび風味

◆◆◆菜食ちらし寿司◆◆◆

●基本の寿司飯(4人分)

  1. 米は炊飯30分前にといでザルにあげておきます。
  2. 昆布は固く絞った濡れ布巾で軽く拭いて汚れを取ります。
  3. 炊飯器に米を入れ水加減をし、昆布を入れて炊きます。
  4. 炊飯器がフツフツ言い出してきたら昆布を取り除きます。
  5. 鍋に酢・砂糖・塩を入れ弱火にかけて軽く加熱。砂糖と塩が溶けたら火から下ろします。
  6. 飯台(寿司飯を作る桶)を用意します。新しい飯台やしばらく使っていなかった飯台を使う時は、熱湯を8分目まで注ぎ、1カップ弱程度の酢を加えて掻き回し、冷めたら水洗いをしてください。こうすれば熱湯と酢の殺菌効果で安心して使えます。
  7. 飯台に炊き上がったアツアツのご飯をあけ、合わせ酢を素早く回しかけます。ご飯の上に直接かけず、木しゃもじで受けながら満遍なく行き渡るようにかけていくとうまくいきます。
  8. 飯台の上に絞った濡れ布巾をかけ、2?3分蒸らします。
  9. 扇風機などで風を送りながら、木しゃもじでご飯を切るようにほぐし混ぜます。米粒一つ一つに風を当てて手早く冷ますと、艶よく仕上がります。さっきのアツアツから人肌まで一気に冷ましてください。

●具


  1. 干し椎茸は水に漬けてゆっくりと戻します。戻し汁は後で使うので捨てません。
  2. 人参は太めの千切り。
  3. 油揚げは熱湯をかけて油抜きして1cm幅の短冊切り。
  4. 椎茸は石づきを取り薄切り。
  5. ごぼう笹掻き、レンコンは人参と同じくらいの千切りにして、酢水(材料表示外)に放ちます。使う直前に酢水を洗い流してザルに上げて水を切ります。
  6. 鍋に油を入れて熱し、人参、ゴボウ、レンコンをいれて焦がさないように炒めます。火が通ってきたら椎茸と油揚げを加え、椎茸の戻し汁200mlを注ぎ、黍砂糖、酒、塩、醤油を入れて味をつけ、落とし蓋をして煮汁がなくなるまで煮込みます。


以上を見栄えよく盛りつければ、ちらし寿司の完成です。


◆◆◆汁物 あおさの味噌汁◆◆◆


◆◆◆付け合わせ◆◆◆


さて、栄養バランスの検討に入ります。

まずエネルギー源となる三大栄養素のうち、菜食で欠乏しがちなタンパク質については、油揚げと錦糸卵、付け合わせのチーズなどでカバーしています。脂質は調理の過程で用いられる胡麻油に加えて、切り胡麻、付け合わせのアボカドなどによってカバーさせています。胡麻には抗酸化作用のあるビタミンEや、肝臓に至って抗酸化作用を発揮するゴマリグナン(セサミン)などの有用な成分が含まれますので、単なる薬味扱いにとどまらず、たっぷりと使ってください。

菜食で欠乏しがちなのはビタミンB群です。これを補うために玄米を採用しているレシピが多いですが、ここでは寿司飯という制約から銀シャリが必須ですので、ビタミンB1を含む素材として胡麻やアボカドを取り入れています。

B2はアボカドのほか、鶏卵とチーズが良い供給源になります。菜食には、できるだけ命に優しい食卓を実現したいと考える菜食と、人間は非肉食性(草食性・穀食性)と考えて動物性食品を避ける菜食とがありますが、仮に人間が基本として草食性・穀食性の特徴を持っていたとしても、動物性素材も捕食する雑食性であることは歴史的にも歯の構造などから言っても明らかですから、殺しておいてゴミにしてしまうような無駄な殺戮(現代の商業的畜産の多くはその状態になっています)、レジャー的要素を伴った殺戮、食用目的なら殺していいという人間の都合だけで考える殺戮の合理化などに溺れない限り、基本的には動物性食品も取り入れて差し支えないものと思います。したがって、本格的な菜食生活を営む場合でも、動物の習性と健康をよく考えて適切な飼育をしているという前提があれば、殺戮の伴わない卵や乳製品は、栄養バランスの点からも、積極的に取り入れていいと思います。

B6の主役は今回はアボカドです。アボカドはB12を除くビタミンB群や、ビタミンE、各種脂肪酸の供給源としても優れている大変栄養価の高い物ですから、菜食にはぜひ取り入れたい食材だと思います。

B12はほとんど動物性食品に頼らないと摂取できませんが、卵黄、チーズにはそこそこ含まれます。さらにB12の豊富な食品に海苔があります。海苔は様々な動物性食品に匹敵する、あるいはそれ以上のB12優等生です。普通は量を食べる食品ではないので目立ちませんが、今回は汁物に多用することでB12の主役と位置づけています。あおさはビタミンA、B1、B2、B12、C、カルシウム、鉄などにも富んでいて、とてもいい食材だと思います。

ナイアシンは椎茸や海苔が供給源となります。

その他B群であるパントテン酸や葉酸、ビオチンなどは、それぞれ白米や大豆製品、卵などから得ることができます。

ビタミンCについては大根とアボカドが活躍してくれます。

食品として毎日欠かさず取っていかなければならない項目は、

  1. エネルギー源となるカロリー、
  2. 体内で合成できない必須アミノ酸、必須脂肪酸、
  3. 体外に排泄されやすい水溶性ビタミン、
  4. 酸化してどんどん消費されるビタミンE、
  5. 消費量が多いカルシウム、

などだと思いますので、菜食の場合は、それらが欠乏しないメニューの組み立てが大切だと思います。そうした栄養バランスに気が配れれば、動物性食品は必須ではなくなります。

よく、1キロの牛肉を取るために8キロの飼料が必要だと言われます。菜食にすれば8倍の食料が確保できる、とは言いませんが、動物を育てて食料にするより、植物を育てて食料にした方が、ずっと効率は良くなります。日本は極めて食糧自給率が低い国です。もし何か突発的なことが起こって食料輸入がストップしたら、直後から食料大恐慌が起こります。そんなことにならないよう、輸入に頼らない食生活を築きましょう。そのためにも、菜食中心の生産効率の良い食材を中心にした食生活への転換が大切だと思います。今回のいわしが、そんな食の安全保障を目指す暮らし作りにも役だってくれたら幸いです。


[206]>198 漬物のいいところ atomatom

うちでも糠漬けを作っていますが、漬物の何がどういいのか、調べてみました。

まず、白米を主食にしている人は、米の胚に多く含まれるビタミンB群を精米によって捨ててしまっているんですね。

糠漬けは米糠を使うことでその捨ててしまったビタミンB群を復活させるわけです。

といっても糠を食べるわけではありません。

水溶性のビタミンB群は容易に漬け込んだ野菜に移るわけです。

さらに野菜のビタミンC。これは熱に弱いのですが、火を通さない漬物という調理法を採用するとそのままビタミンCが損なわれずに摂取できます。

さらにさらに、乳酸菌。

発酵の過程で乳酸菌ができるのですが、これが腸の環境を整え、免疫力も高めてくれるのだそうです。

乳酸菌は酸素を必要とするので、だからかき混ぜて空気を入れてやる必要があるんですね。

こうやって確認することで、さらにおいしく漬物がいただけそうです。


[207]>189 朝ご飯 powdersnow

味噌汁に納豆があれば、それだけで十分おいしく頂けますね。


[208]離乳食 canorps

生まれて初めて、母乳やミルク以外のものを口にする赤ちゃんのため、消化器官の発達に合わせて進めていく、離乳食は素材の味を生かし、薄味で進めていくものです。

赤ちゃんの一番初めの離乳食は生後五ヶ月ごろ

「おもゆ」と「野菜スープ」がメジャーです。

「おもゆ」はおかゆを作る要領でことこととご飯を似た上澄み液のことです。

これが赤ちゃんが初めて口にする離乳食なことが多いと思います。

「野菜スープ」はにんじんやたまねぎじ、じゃがいもなど、どんな野菜でもいいのですがあくの強くないものを水に入れ弱火で10分ほど煮て煮汁をこしてスープのみを与えます。

生後6ヶ月頃には

「かぼちゃのペースト」

皮を取り除いてやわらかくゆでたかぼちゃを裏ごしして粉ミルクで伸ばしてあたえます。

「にんじんペースト」

皮をむいてやわらかく煮たにんじんを裏ごししてオレンジ果汁などで伸ばしたり、りんご果汁で伸ばしたりします。

ほかにもトマトや青菜など、野菜を取り入れたメニューが初期にはとても多いです。

月齢が進むと魚なども食べだしますが、5~6ヶ月のこの時期は、お米や野菜の素材の味を調味料をつかうこともほとんどなく教えて行く時期。

赤ちゃんにとって究極の菜食シーズンなのかな?と思います。

ちょうどうちのこが今この時期で、一番大好きなのは紅芋みたいです。


[209]>190 ひじきご飯 atomatom

ひじきご飯、たしかに「おいしくって溜まらん!」ってほどのものではないですね。

あの磯臭さがキライだっていう人も多いと思います。

だから味付け、香り付けしたらどうでしょう。

ぼくが思いつくのは醤油やみりん、砂糖で味を付け、シソや三つ葉、ゴマなどで香りを付けることです。

油揚げなどでたんぱく質を補強するのもいいでしょう。


[210]>204 オニオンスープ ttz

オニオンが一番好きですね。栄養的にはどうなんだろう。味では一番大好きです!


[211]>177 鍋。 ttz

やっぱりキムチ鍋ですね。でも去年はカレー鍋にハマってました。どっちもおいしい!


[212]>188 大人の味? ttz

炊き込みご飯大好きです。でも、子供のころは嫌いでした。たけのことかきのこ自体が嫌いだったからかもしれませんが。今では本当に大好きですね。


[213]>147 味噌汁。 ttz

赤だし、ですね。赤が一番おいしいし、なんとなく健康にもいいような気がしています。根拠はありません、はい。


[214]>155 てんぷら ttz

てんぷらで好きなのは、なすですかね。どれかひとつと言えば、茄子。ごぼうも好き。あとは、エリンギとかもいいな?。野菜自体大好きなので天ぷらは大好きです。


[215]>174 ドレッシング ttz

ドレッシングの好みも変化しています。和風→ごま→青じそ、です。次は何がくるかな?


[216]>172 野菜カレー ttz

ベジタリアンな私にとって、名前だけで健康的になれるのでよく注文します。○○壱で。


[217]>183 野菜スティック ttz

家ではあまり食べませんね。おいしいですけど、どうしてもお酒の席の雰囲気に思えてしまうので。。体にはいいですよね。


[218]>91 ほうれん草。 ttz

私も貧血気味です。ほうれん草は、よく食べます。貧血気味だからではなく、おいしいからなんですけどね、実は。


[219]>182 温野菜。 ttz

嫌いじゃないけど、やっぱり生野菜に勝るものなし、というところです。温野菜は、ん?、嫌いじゃないけど・・・


[220]大豆の栄養を生かしたお好み焼き Oregano

生地におからを混ぜ込んだお好み焼きです。おからという大豆食品でビタミンB群を補強し、肉類に頼らなくても済む栄養バランスを確保します。おからで確保できないビタミンB12は青海苔で確保可能です。

生地材料(4枚分)

小麦粉……150g

おから……150g

山芋……50g

卵……1個

水……100ml

酒……50ml

昆布茶……少々

おからはフライパンで空炒りすると匂いが消えて扱いやすくなります。

小麦粉を水で溶き、酒を加え、ダシ代わりの少々の昆布茶を混ぜます。続いて卵と山芋のすり下ろしを加えます。この状態で数時間寝かせると、焼き上がりがふっくらします。

最後におからを入れてさらによく混ぜます。これで生地は出来上がりです。

お好み焼きというと豚玉とかイカ玉を焼きたくなりますが、ここでお祭りのお好み焼きを思い出してください。あれに使われている動物性食品は卵だけ。あとはキャベツと天かす、紅ショウガくらいです。卵は動物を殺さない食品ということで今回セーフになっていますから、このいわしのルールで行くと、お祭りのお好み焼きはベジタリアンにも対応するすばらしいお好み焼きです(笑)。

その他ベジタリアン的な具を考えると、

・ネギ(薬味にするのと同じように切る)

・ジャガイモ(薄切りにして予め鉄板で焦げるくらいに焼いてから乗せる。あるいはポテチを散らしてもおいしいですが、肉エキスなどが含まれる調味料が使われている物は今回のルールではアウトになりますね)

・大根葉(予め鉄板の上で炒めて醤油をジュッとやってから乗せるとおいしい)

・ニンジン(輪切りにして予め鉄板で焼いてから乗せる、あるいはすり下ろしてまだ焼けていない生地に混ぜるようにして乗せるなど)

・カボチャ(薄切りにして乗せる。甘味がおいしい)

など色々考えられると思います。具材の品目が増すほどビタミン・ミネラルの種類が豊富になっていきますから、色んな具を開発していってください。

なお前述のように青海苔に含まれるビタミンB12は大切ですから、青海苔はふんだんに使ってください。青海苔1gで、一日に必要なビタミンB12の13%が確保できます。

ビタミンB12は菜食だと不足しがちですが、神経の機能維持や赤血球の形成に大切な栄養素です。また肩こりや腰痛の緩和にも大切なビタミンと言われていますので、できるだけ毎日欠かさずとるようにしたい栄養です。


[221]>215 サラダ toukadatteba

お手軽に野菜を取れるので良いですよね^^

私は梅ドレッシングか和風が好きです。


[222]>212 炊き込みご飯の仕上げに日本酒! fusakogane

お酒好きのひと限定なのですが。。。炊き上がったご飯に日本酒を少々(たっぷり?)ふりかけて、アルコール分を飛ばしながら切るように混ぜ合わせます。

どんな具のときでも、ご飯がふわっとおいしくなりますよ?!


[223]>77 お洒落で斬新、そして栄養バランスも優れていますね YuzuPON

今回のテーマで重視しているのは栄養バランスです。毎日食べ続けたとしても栄養が偏らない食事を、菜食メニューだけで実現できるだろうかという試みなんです。おそらくこのレシピは、そういう条件を満たしていると思いますし、さらにその優れた栄養に香辛料の働きをプラス!これは医食同源インド風薬膳料理と言えるかもしれません!

カレーマサラが難しそうだと思いましたが、市販品もあるんですね。検索してみたら通販でも手に入るようでした。これなら誰でも手軽に作ってみることができますね。

nofrillsさんのお豆を使ったカレーも栄養バランスが良さそうです。厚揚げもテレビで健康食材として取り上げられて、店頭から姿を消すくらい売れに売れたことのあるものですから、ぜひ取り入れたいですね。色んなバリエーションを考えていけば、毎日これを食べ続けてもよさそうです。


[224]>216 野菜カレー toukadatteba

野菜を沢山入れられるのはいいですよね^^

私も凄く好きです♪


[225]>100 ゴマで栄養がグンとアップ YuzuPON

野菜はビタミンに優れていると思われがちですが、やはり野菜だけだと、特にビタミンB群が不足してきます。そこでゴマの登場ですね。

日本人はおおむね1日3g程度のゴマを何らかの形で食べているそうですが、できれば10g程度は食べた方がいいそうです。その点、こういう食べ方はゴマの香ばしさがうれしい食べ方ですから、1回で10gくらい平気で食べてしまえそうですね。

なお、日本はゴマの99%を輸入に頼っていて、中国産のゴマから基準を上回る農薬が検出されたという事件もありました。また輸入品には染色、漂白、燻蒸等の手が加えられている可能性もあります。これではせっかくの健康食材が体を損なう食材になりかねません。できればゴマは生産者の顔が見える国産にこだわりたいですね。


[226]>196 バナナ toukadatteba

私は揚げバナナが好きです。

意外とやっている人は少ないみたいで、いうとびっくりされるのですが…。


[227]>110 脂肪分に着目した栄養バランスの考え方 YuzuPON

脂肪酸の働きと効果をしっかり認識して迷信的に避けることはしない。なおかつ油が過剰にならない調理テクニックを身につける。こういう栄養バランスの考え方も有りですね。分かりやすく噛み砕いた説明で、とても参考になりました。

また細かい部分ですが、「今回は菜食メニューコンテストですから、カツオダシなどの天つゆは使えません」とテーマの趣旨を的確に汲み取っていただき、かわりに茶塩や大根おろしで食べることを提案していただいたこと、感激しました。

今回のテーマの中心は「野菜を使う」ではなく「動物性食品を使わない」ことにあります。そのシバリの中でどんなメニューが集まるかというのが今回の注目点でした。そこをしっかり押さえて書き込んでくれた、もし私が審査員なら文句なしに☆候補にしたいメニューです。


[228]>120 海草の栄養を生かす YuzuPON

これはいいですね。そしておいしそうです。ひじきはカルシウムに優れていて、鉄分も鶏レバ約6倍、ビタミンB1、B2も含むなどなど、すごい食材なんですよね。もし動物性食品に頼らずに暮らそうとするなら、ひじきは欠かせない食品になりそうです。

またアスパラガスはその名の通りアスパラギン酸を含み、さらに穂先にはかつてビタミンPと呼ばれていたルチンが含まれるそうですから、これを加えることでさらに栄養がパワーアップしますね。

ひじきとコンニャクで貧血と便秘対策、そしてアスパラガスのルチンで血管も強くなるすばらしいメニューだと思います。ひじきは好きなので、ぜひ今度作ってみたいと思います。


[229]>143 栄養のバランスは色合いのバランス YuzuPON

この考え方はとても実践的でいいですね。色とりどりの食材は食欲もそそります。このレシピですばらしいと思ったのは、なぜ「ほうとう風」にしたかというところです。動物性素材が使えずつゆに凝れないから、カボチャの甘味でいただくおつゆにしてしまうというこの工夫は、一朝一夕に考えつく工夫ではないと思います。あらかじめ「菜食メニュー」のいわしに備えて、試行錯誤を重ねていたに違いありません。この積み重ねが生んだすばらしいレシピに、私は星五つくらい差し上げたい気持ちでいっぱいです。ネギを入れるタイミングにまで気を配った、本当にすばらしいレシピに感激です。ありがとうございました。


[230]>193 玄米との組み合わせがいいですね YuzuPON

玄米と麦、そしてニンジンとくれば、もうヘルシーを絵に書いたようなご飯になりそうですね。これは一年365日食べ続けたい健康的な主食だと思います。押し麦との食感のバランスから考えると、発芽玄米もいいかなぁ、なんて想像してみました。

それにしても、昔は貧乏人は麦を食えなんて言った政治家がいたとかいう話もありますが、今は高くなりましたね。小麦には今も政府の価格統制があると思うのですが、なぜこんなに高くなってしまったのでしょう。現在小麦は生産が需要に追いつかず、国際的な取引価格が上昇傾向にあるとのことですから、もしかすると小麦が米より割高という現象は、世界的な食糧危機の予兆なのかもしれませんね。


[231]>195 感服の完璧メニュー!! YuzuPON

これはすごいです。よくここまで深く検討されました。それぞれの食材が単独で持つ栄養素だけでなく、食材の組み合わせによる相乗効果まで考えて組み立てられたメニューは、すごいの一言です。また菜食で「スタミナ」と銘打てる所がすごいですね。食べ応えありそうです。

ネーミングもいいですね。粘りのある食材で「ど根性」、さらに梅干しが加わって「酸味一体」とは、もうこのネーミングだけで三ツ星候補です(笑)。

それにしてもこれも一朝一夕には思いつくメニューではありませんね。先のテーマ発表があった時点で、今回のいわしを想定して試行錯誤を繰り返していたのではないかと想像します。でなければこの完成度は出せないと思います。感服です。


[232]>197 玄米の栄養が生きるライスバーガー YuzuPON

玄米飯を半搗きにするというアイデアがすばらしいです。これでポロポロとまとまりにくい玄米の欠点がなくなりますね。さらにそれを焼いて醤油をジュッとたらす焼きおにぎり風味というのがたまりません。これはおいしいでしょうね。ぜひ試してみたいと思います。

セリと甘酢ラッキョウを使った和風タルタルソースのアイデアも大ヒットです。どんな味になるんだろう。これもぜひ試してみたいと思います。斬新なアイデアに加えて栄養面もよく考えられたすばらしいメニューだと思います。こんなお弁当をランチボックスに詰めて、ハイキングに行きたくなってしまいました!!


[233]>230 押し麦買って来ました atomatom

投稿したものの、うちではタイミング悪く押し麦、切らしていたんです。。

昨日買って来ました。

大手スーパーで買うよりも薬局のヘルシー食品コーナーで買うほうが安いんですよ。

iijimanさんが書いておいでのように800グラムで298円でした。

今、朝ごはんにと早速炊いています。


[234]>200 菜食でも食べ応えある一品 TomCat

この食べ応えというのは、食事の大切な要素ですよね。菜食=ライトな食事と決めつけていては、1年365日食べ続けていくことはできません。特にダイエット目的の場合、しっかり食べたという満足感が積極的に体を動かす習慣を支えることになりますから、食べ応えの演出はとても大切です。

そこで油揚げの登場ですね。油揚げが一品加わると、メニュー全体の味に深みが出るんですよね。これはほんと、お勧め食材だと思います。

それから、きな粉ソース!! これは様々な料理に応用できそうですね。きな粉というと砂糖と混ぜて甘くして食べるものという思い込みがありますが、ここではダシに醤油に砂糖、つまり、ちょうどめんつゆで溶いたような味になるわけですよね。もしかしてこれ、ゴマだれ代わりに素麺や冷や麦のつゆにだってなるかもしれません。もちろんおひたしにも。様々な理由で動物性食品を避けている人の日常的なタンパク補給源として、大活躍してくれそうなアイデアです。


[235]>201 これはおいしそう!! TomCat

日常的に肉を食べない習慣の方の、暮らしの中から生まれた実践的メニューですね。脂肪分は料理のコクのベースを担う成分の一つですから、特に旨味の濃いゴマでスープを作るというのは、すごくいいアイデアだと思います。そのほかにも「味を出す」ための様々な工夫が凝らされていて、とても参考になりました。

レシピ例の「ラーメンもどき」は、タンパク源として豆腐を導入しているところもいいですね。豆腐など大豆製品のアミノ酸スコアはほぼ100ですから、栄養的にはほとんど肉と置き換えが可能だと思います。あとはいくつかのツリーで言及されていましたが、菜食で不足するビタミンB12などを海苔でも食べて補っていれば、肉を食べなくても十分な食事になりそうですね。


[236]>202 これは試してみる価値あり!! TomCat

豆腐でマヨネーズを作るというのは初耳でした!! これは美味しいと思います。そしてヘルシーですね。

今回のいわしは、動物を殺して得る動物性食品はアウト、そうでない卵などは例外扱いという投稿ルールですが、それでもコレステロールなどの関係で卵を避けたいという人も多いはずです。このマヨネーズは、そういう人にピッタリなアイデアですよね。

使用する油については、リノール酸だのリノレン酸だのオレイン酸だのといった様々な脂肪酸の功罪について、様々な議論があるようですから、各自がヘルシーだと思う油でやっていけばいいですね。

とにかくこれは作ってみる価値有りです。早速実験してみたいと思います。


[237]>205 これはすごい!! TomCat

何と緻密に考えられたメニュー!! そして「命にやさしいメニューでハレの食卓を飾る」というコンセプトも最高です。様々な食材から様々な栄養が得られるちらし寿司をベースに、食卓の充実と栄養の充実の両方を兼ね備えたサイドメニューでパーフェクトな食卓を目指す意欲作!! このメニューの組み立てはただただ驚きです。

付け合わせとして、栄養豊富なアボカドを取り入れている所も、着眼点がすごいと思いました。それもわさび風味のサラダに仕立てるという斬新さ。これは美味しそうです。そしてちらし寿司とも、おそらくベストマッチング。ハレの日の食卓にピッタリな一品です。

菜食で欠乏しがちなビタミンB12に着目し、それを積極的に摂取していく、あおさ海苔の味噌汁というアイデアも素晴らしいです。献立的には汁物は必須ですが、普通、あくまで添え物的な扱いですよね。そこに重要な栄養素を担わせるという発想が実に斬新です。

菜食の意義を、生産効率の良い食材でまかなえる食生活の確立というところに見いだし、食糧安全保障の一環としての菜食に注目してみるという提案も着眼点が素晴らしく、共感するところ大です。

現代の日本は飽食の国と言われますが、先のBSE牛肉騒ぎで明らかになったように、この国は、一品輸入が止まるだけで、日々今まで日々何百万食と売られていたメニューが一瞬で消えてしまう脆弱な国なんですよね。この危うさにいち早く気付き、「食の防災」を図っていくことが必要だと思います。


[238]>208 赤ちゃんはベジタリアン? TomCat

言われてみると、離乳初期には、ほとんどの肉類が不可ですよね。中期になってやっと鶏のささみやレバーがOKになるくらい。魚介類でも初期から与えられるのは、低脂肪でアッサリしていて消化も良いカレイやヒラメくらいのものでしょうか。

こうして考えてみると、私達がおっぱい以外に最初に口にした食べ物って、野菜だったんですね。人間の体はまず野菜に順応するように作られる。ここがとても大切なことではないかと、ちょっと目からウロコが落ちる気持ちです。

離乳初期を、調味料を使わずに素材の味を教えて行く時期ととらえる考え方も、とても大切ですね。この時の経験が、もしかして一生の味覚に関わってくるのかもしれません。

よく「お袋の味」と言いますが、お母さんというのは、こうして赤ちゃんを育てながら、実践的に築いていく土台の上に立って料理をしているんですね。これはかなりすごいことだと思います。


[239]>220 おからと青海苔の栄養パワー!! TomCat

小麦粉と同量のおからを使った生地で焼いていくお好み焼き。これはおいしいと思います。お祭りのお好み焼きは、時々べちゃっとして美味しくないのがありますが、これはふっくらと焼き上がりそうですね。

また、お好み焼きに必須の青海苔からビタミンB12を摂るという栄養バランスの組み立て方も、ホームラン的な派手さではないかもしれませんが、タイムリー2ベース級の注目度と言っていいアイデアだと思います。他のビタミンB群は様々な植物性食材から摂取可能ですが、B12だけはちょっと難しいんですよね。青海苔1gで一日の必要量の13%を確保。これ、しっかり覚えておきたいと思います。青海苔を見直してしまいました。


[240]>162 精進料理の知恵を生かす TomCat

精進料理にもいくつかの流れがありますが、最も著名なもののひとつが、曹洞宗大本山永平寺のそれでしょう。

永平寺の開祖である道元禅師は、真実の仏法を求めて中国(宋)に渡られましたが、帰国後の1233年に興聖寺(京都・宇治)を建立、そのちょっと後になる1237年には、精進料理の教典と言える「典座教訓」を著していらっしゃるんです。道元禅師がいかに食を重視していたかが、こんなところからも分かります。

その精進料理の叡智を家庭料理にも頂く。これは素晴らしいことですよね。精進料理の中心素材である大豆と山芋、そしてそれらの加工品の調理方法に極意を見たとおっしゃるfusakoganeさんは、食の領域から禅を掴んだのかもしれません。


[241]>229 事前の積み重ねが光るレシピですね TomCat

私もこれ、このいわしのために準備してきたものに違いないと感じました。それも昨日今日思いついた物ではない、試行錯誤の積み重ねがうかがわれます。菜食ならではの数々の工夫が光っています。

そして何より、本当にうまそうですね。干し椎茸を戻す前に日光に当てるなどの一手間に、食材と食べる人に対する深い愛情を感じさせます。小さな幸せを積み重ねていくリブ・ラブ・サプリのコンセプトと同じで、料理も、こういう小さな心遣いの積み重ねが、驚くような美味しさにつながっていくんですよね。特に素材の一つ一つが比較的おとなしい菜食メニューでは、細かい心遣いが味の決め手になってきますよね。

TinkerBellさんの料理は、まさにそこが光る料理です。こういう人の料理、一度食べてみたいです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ