人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法人の会計処理について教えてください。
個人名義の車を法人で使用しており、その間は法人から個人にリース料を支払っていました。
その後、法人名義で車を購入することにしたので、個人で使用していた車を下取りしてもらい、その差額を法人で支払いました。
そこで、下取りの車の買い取り価格分の会計処理ですが、通常は受贈益として益金処理することになるのでしょうが、
その価格分を個人に支払えば、益金処理する必要はありませんか?


●質問者: seizyou
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:リース 下取り 会計 価格 個人名義
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● IlO10l0Il
●27ポイント

その価格分を個人に支払えば、益金処理する必要はありません。

普通に車を買ったのと同じことですからね。

http://q.hatena.ne.jp/1242226650


2 ● tohohonoho
●27ポイント

個人に支払えば個人所有の自動車を個人が売却して下取り価格を受け取った。

つまり普通の個人売却なので、全く法人の会計処理として考える事は必要ありません。

法人名義で自動車を購入されるという事なので、減価償却を忘れずに!

http://homepage2.nifty.com/kskt/genkasyoukyaku2.htm


3 ● mare_caldo
●26ポイント

下取り価格分を個人に支払えば益金とする必要はありません。将来の調査に備えて、いきさつやお金の動きを証拠として残しておく必要があります。特に、振込ではなく現金で支払うのであれば、個人が受け取った旨の領収書を残しておくべきです。


もう一つ、そのとき税務調査官が質問しそうなことは、個人名義の車がなくなってしまったということで、会社名義の車を個人が私用しているのではないか、ということです。もし、そうだとすると、個人に対する利益供与という話になります。実際の車の使用状況も説明できるように備えておくと良いですね。リース料の妥当性を証明するためにも使用状況の説明は必要でしょうし。


ダミーurl http://q.hatena.ne.jp/1242226650

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ