人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

温泉の効能とかありますが
温泉で傷が治るとかぢが治るとか
いろいろな効能が温泉には書かれていますが
温泉で、治る人なんているのでしょうか?
そもそも、なんでお湯に浸かるだけで効果が得れるのですか?

●質問者: tastemei
●カテゴリ:旅行・地域情報 医療・健康
✍キーワード:温泉
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● masanobuyo
●35ポイント ベストアンサー

お湯に浸かるだけで効果が得れるのは、以下の理由によります。

化学効果

温泉の中には炭酸ガスやナトリウム、イオウ、硫酸マイナスイオンなどいろいろな物質が溶け込んでいる。これらの成分が皮膚からしみこみ、身体によい効果を与える。

環境効果

温泉の多くは海岸や山の中、自然豊かな環境にある。日々の生活環境から離れ、自然の中でゆっくり過ごすことで、心の疲れを癒すことができる。

反復入浴効果

熱い温泉につかると皮膚の汗腺や皮脂線が開き、汗や脂肪が洗い流されて新陳代謝がスムーズに行われる(温熱作用)。一方ぬるめの温泉は、副交感神経が刺激されてリラックスできる。

http://www.health.ne.jp/library/3000/w3000513.html


2 ● afurokun
●10ポイント

入浴することによって病気や傷が逆に悪化することもあるのです。温泉を良く知ることは、健康増進のためにも決して無駄にはならないのです。

http://blue.ribbon.to/~sapporo/file/


3 ● lancer13
●10ポイント

そういえば戦国時代の武将たちが刀傷を温泉で治したとか、ケガをした野生動物が温泉に入って傷を治すという話を聞いた事がある。まさかそれを試す機会が自分に巡ってこようとは人生分からないものだ。私はケガした所に温泉のお湯をちょっとかけておいた。

それから1週間、ロケが終わるころには、その傷はきれいに治ってしまった。やはり温泉は効く!?

http://www.shopper.jp/w/2005/03/25/%E5%B7%9D%E5%B9%A1%E7%94%B1%E...


4 ● m72
●35ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E7%99%82%E6%B3%9...


>温泉療法には大きく分けて、次の3つのメカニズムがある。

>・物理的作用

>・自律神経の正常化作用

>・化学的作用


と、まぁ、ありまして

3つめの科学的なところがこの場合大きいかと思いますが


http://hotel-miharu.com/nyumon.html

>生体に対する温泉の効果

主に温度や水圧なんかによる内蔵系、代謝等々への効果であったり

皮膚や痔なんかの場合ですと


>(6) 皮膚への影響

>皮膚は生体の最外層を形成し、外側より表皮、真皮、皮下組織で構成されている。

>皮膚は弱酸性であるが、浴直後は皮膚pHは上昇し、高温ではアルカリ側に、低温では酸性側になる傾向を示す。

>また、温泉浴では皮膚毛細血管の拡張、血流増加により皮膚温が上昇する。

このあたりが大きく関係してくるのではないでしょうか




あとは、温泉と一口に言っても種類(お湯、砂、蒸し風呂等々)であったり

直接体内に吸収する飲泉であったりと、様々な方法により効果があるのではないでしょうか


5 ● vicki55
●10ポイント

温泉や入浴は血液循環の改善やリラクセーション効果により体の自然治癒力を活性化する。

http://www.1kampo.com/prevention-onsen.html



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ