人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

収入印紙に必要有無に関して教えて下さい。

個人(というかバンド)で、ライブハウスに出演します。その時、お客の入り状況によって報酬が払われることになるのですが、その領収書に対して収入印紙を貼る必要があるのでしょうか? 現在は、受け取りのサインだけで済ませております。金額的には3万円程度のことが多いです。

●質問者: harvard
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:サイン バンド ライブハウス 収入印紙 報酬
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● Baku7770
●17ポイント

バンド演奏を職業とされているのなら、3万円以上の領収書には必要です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%98%E5%8F%8E%E6%9B%B8

ただし、他に正業を抱えていて、趣味の範囲程度の年収しか入っていないのなら不要といえる

でしょう。

一概に幾らならと言い切れませんので税務署に相談されることをお勧めします。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

区分としては完全な趣味の範囲です。

報酬に対して、源泉徴収が10パーセント引かれているのですが、それに加えて印紙まで必要なのかどうかという点が質問の趣旨となります。


2 ● hijk05
●17ポイント

>報酬に対して、源泉徴収が10パーセント引かれているのですが、それに加えて印紙まで必要なのかどうかという点が質問の趣旨となります。

必要です。

2重課税をしないという原則はありますが、あくまで原則であってすべてに適用されるものではありません。

収入印紙ですが、領収書を発行する側が負担することが決まってますので、あなたが負担する必要はありません。

◎質問者からの返答

領収書の宛名は、「ライブハウスの名称」様となっており、領収者は自分として、右下の部分に住所氏名等を記載しております。

この場合、領収書の用紙はライブハウス支給ですが、発行は演奏者となるため、演奏者自身で印紙を用意しなければいけないというわけですね。


3 ● capred
●16ポイント

http://inshizei.ehoh.net/QA37.html

17号文書ですね。


http://doppelganger.blog.so-net.ne.jp/2008-08-26

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312433...

上記に見られるとおり、消費税を内訳できちんと書いている場合は、

31499円(本体29999円消費税1500円)までは非課税となり、印紙を貼る必要はないと解釈しています。


http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm

主な非課税文書:記載された受取金額が3万円未満のもの↓

http://encyclopedia.aceplanning.com/areceipt.htm

◎質問者からの返答

専門外なので頓珍漢なのですが、30000円を超えると印紙を貼る必要があるのでしょうか。


4 ● pahoo
●16ポイント

ライブハウスとの契約はどうなっていますか?

雇用契約であれば、すでに源泉徴収されているので印紙税は不要です。


でも、領収書を出しているということは、請負契約か委託契約ですよね。

請負契約であれば、「請負に関する契約書」(国税庁)にあるように、3万円なら契約書に200円の印紙を貼付しなければなりません。委託契約なら、基本契約書に相当の印紙税を貼付します。

趣味かどうかは関係ありませんので、念のため。

◎質問者からの返答

どこのライブハウスも大体は同じかと思いますが、ホテルやラウンジ等での定期的な出演契約ではなく、双方ともにスケジュールが合ったときにライブを行うという軽い形態です。(契約書自体が存在しない)

ライブハウス:「今電話大丈夫? ところで、○月○日空いてたらライブでてくれない?」

自分:「その日だったらOKですよ。じゃ当日よろしく。」

【ライブ当日】

ライブハウス:「今日、お客さん○○名入ったから、ギャラ○○円ね。いつものサインよろしくね」

自分:「どうもどうも。封筒の金額間違いないっす。またよろしく」

正しい名称は忘れましたが、領収書か受領書みたいなものを渡され、ここここに連絡先とサインをお願いしますという感じです。その用紙には、日付、報酬金額、源泉徴収金額などの内訳が書かれております。


5 ● pahoo
●16ポイント

正しい名称は忘れましたが、領収書か受領書みたいなものを渡され、ここここに連絡先とサインをお願いしますという感じです。

うーん、これでは印紙税が必要かどうか分かりませんね。

雇用ではないとは思うのですが‥‥「日付、報酬金額、源泉徴収金額などの内訳」ではなく、どういう内容の仕事(演奏サービス)を委託しているのか、明文化された文書があるはずです。


まあ、アルバイト感覚で演奏されているのだとは思いますが、報酬をいただいている以上、どんな契約なのか確認してからサインするようにしましょう。さもないと、とんでもないトラブルに巻き込まれることがありますよ。


※設定された回答回数の上限になりました。さらにフォローが必要でしたら、コメント欄を開けていただくか、回答回数を増やしてください。

◎質問者からの返答

明文化されたものをもらったことは、どこのライブハウスでも今のところないですね。

口頭ですが大体下記のような内容確認を行います。

・何月何日にライブをするのか

・メンバーはどんな感じなのか

・ステージ開始時刻、一回の時間など大まかのお店の方針

・お店が設定した報酬表の確認

200円程度の話ですので、面倒なことが起こる予防としては、自分で用意して領収書に貼っておくのが正解かもしれませんね。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ