人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

近日、ある一つのWebシステムについて
「皆で案を出し合い、要件を固めていく」という作業がありました。(という初作業がありました)

内容的には
「機能の洗い出し」として「どのような機能が実装できるか」という点
「サービス」として「どのようなサービスが提供できそうか」という点

を可能な限り洗い出すというものです。


そこでこの作業をした上で疑問があったのですが、
本来、見知らぬお客さんのところに提案を持っていく場合の要件起こしとしては、
この観点から入るのがベストなのでしょうか? それとも別の観点から入ったほうがいいのでしょうか?
(お客様にもよるとは思いますが・・・)


要件定義のポイントがよくわかっていないもので、
ひとまずこの2点が作業として挙げられていたので行っていましたが、
まだ少し「要件定義の仕方」「提案の起案」というものについてよくわかってません。


・ほぼ見映えが無いHPを少し見映えがあるものにしよう
・見映えがある上で客寄せが可能なサービスを提供したい


というコンセプトの元にした場合、
まずは何から入るべきでしょうか? またどういったものを調査するべきでしょうか?

●質問者: workzaq1
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:Web いもの お客様 サービス システム
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● hijk05
●27ポイント

要件定義合宿というやつですね。

うーん、この手の体育会系のやり方は、みんなの満足感の割には、

たいした結果が出てこないので、そもそもこの方式を採用してるのは

駄目な証拠だと思います。


2 ● b-wind
●27ポイント

システム(開発)を営業するときのスタンスは大きく2種類。



内容的には

「機能の洗い出し」として「どのような機能が実装できるか」という点

「サービス」として「どのようなサービスが提供できそうか」という点

を可能な限り洗い出すというものです。

この方法論は前者のケースだよね。

得てして出来ることを並べ立てるだけなのでたいしたアイデアなんて出てこないよ。

それだけで独立してしまえるような突飛なアイデアか、特定業界に通用するセオリーが完全にマスターできているなら別だけど。


・ほぼ見映えが無いHPを少し見映えがあるものにしよう

・見映えがある上で客寄せが可能なサービスを提供したい

たとえばショッピングサイトを例にすると、上の二つって本当の目的じゃないよね。

究極的には「利益を上げること」が本当の目的。そしてそのために(その企業に合った)ベストなやり方を考えていくのが要件定義。

その例として、上のように「集客率を上げる」といった具体的な要件が出てくるわけで。


本当の目的は何か、そのためにはどんなことが出来るか、それを実施するに当たって何が必要か、

その業界や対象企業にとって固有の事象はないか(予算がないとかも含む)。そういったところから攻めていったらいいと思う。


3 ● pireroro
●26ポイント

どのようなサービスを提供されているのかが分からないのでコメントしづらいですが・・・。

自分の体験からどのようにして頂いたらありがたいかを考えてみました。

【まず押えてほしいこと】

・そもそもお客様のサービスに魅力があるのか

・自社サービスの優位性は何か

・どのようなターゲットに喜ばれそうなサービスなのか

・予想される顧客層が好むWEBサービスとは何か?(本当にWEBなのか?)

・WEBに注力することによる費用対効果

・SEO対策

・競合との差別化をどうするのか

・3年計画

・予算計画

このようなことはずべて確認済みで、機能のみの要件定義をするのであれば、手っ取り早いのは

競合もしくは他の成功している会社の事例をもとにどこまでやるかを話すのが良いと思います。

頑張ってくださいね。


4 ● pahoo
●10ポイント

・ほぼ見映えが無いHPを少し見映えがあるものにしよう

・見映えがある上で客寄せが可能なサービスを提供したい

私も b-wind さんと同じで、これだけでは曖昧すぎて、コンセプトとは呼べません。

まずは、以下の2点を押さえた上で、システムのコンセプト作りをすべきだと考えます。

1)お客さんの目的
たとえばインターネットで商品広告を行い、できる限り多くのお客さんの購買意欲をそそるサイトにする、等。
2)お客さんのニーズ/シーズ分析
目標を実現するにあたり、お客さんがシステムに求めているニーズ/シーズを明らかにする。上述の広告サイトなら、コンテンツ(写真やキャッチ)が重要であり、システムのやるべきことは少ないかもしれないので、すべてシステムで賄おうと考えてはいけない。
3)システム目標
具体的なシステム目標――たとえば「見栄え」の定義――を立てる。
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ