人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

バイヤー、仕入経験者、ネットショップオーナーにご質問です。

・仕入先を探す際、または商品を探す(仕入れる)際に最も注意していることは何ですか?

・過去の失敗例や苦い経験など、どんなことがありましたか?

・WEB問屋や仕入先などで公開可能(URLなど)でおすすめなところはありますか?


※いずれかで構いません。未経験者にでも分かりやすい回答をお待ちしております。

●質問者: yoryo
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:URL Web おすすめ オーナー ネットショップ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● thebluenote
●27ポイント ベストアンサー

もっとも注意しているところは、取引先の誠実さです、納期や代金面で確実な会社がもっとも安心できます。

海外はかなり適当な会社やメーカーが多く、納期遅れや商品数の違い、輸送中での破損等のリスクがあります。

日本のメーカーでは、多少安心できますが、小ロットでの発注や初めての発注だと、なめられて

適当に行われることがあります。

過去に発注した日本のメーカーは、納品直前で、その小ロットでの金額は○○○円で、

こちらが取引の際に見せられたのは、10.000個/¥ の金額だ と言い張られ

当初の約2倍近い金額を請求された事があります。

取引で重要なのは、信頼関係を築いて、何社か自分のお得意先を作っておくことが大事です。

意外と大手でもヤクザな事を平気でやってきたりします。

最初は時間がかかりますが、出来る限り多くの会社やメーカーと話をして、安心できるところを

見つけるのが一番です。

◎質問者からの返答

貴重な経験談、アドバイスありがとうございます。


2 ● bg5551
●12ポイント

大きさなどを考えて仕入れをしないと、保管場所など

思わぬところで大変な目にあいますよ。

◎質問者からの返答

確かに。一個一個小さくても総個数を考えないと問題になりますね。

ありがとうございます。


3 ● pireroro
●24ポイント

仕入先の方が信用できるかを一番重要視しています。

現在の市場環境化では与信も重視します。

与信の出ないところは、損失金額が許容範囲かを確認します。

結局、懇意にしている方に紹介頂いた方に発注するケースが多いですね。


失敗事例としては、安易に人を紹介してしまったために紹介先に損失を

発生させてしまった経験があります。大変申し訳ないことをしました。

◎質問者からの返答

紹介する際、紹介して貰う際十分に気をつけたいと思います。


4 ● yaezakura39
●20ポイント

・仕入先を探すときの注意


・取引企業の信頼性

しっかりとリサーチを行い、必ず現物を確認した上で価格交渉を行います。web問屋では現物確認が難しいのでその分リサーチが大切になります。


・商談での価格交渉

消費期限のあるものは確認して、それを踏まえた上で交渉します。これには信頼関係と経験が必要ですが、まとめ買いや現金払いなどで出来るだけ安く交渉しましょう。


・商材の選定

なんだかんだでこれが一番重要です。顧客のニーズにマッチした商品を、他店にないサービス(格安・一点もの)で販売すること

基本はこんなところです。

◎質問者からの返答

>他店にないサービス(格安・一点もの)

これは正直悩みです。国内商品で一度でも見た物は殆ど出まわっていると思って比較しながら見ています。


5 ● peach-i
●12ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E5%95%86%E5%8F%9...

特定商取引法の表示をしっかりと見るようにしています

◎質問者からの返答

これも忘れてはいけない記載ですね。

ありがとうございます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ