人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【インフルエンザ】現在、騒動になっている新型インフルエンザはH1N1型ですが、これに一旦感染すると免疫が備わりますよね。
そして、専門家が危惧する、まだ存在していないはずのこのウイルスの変異型(例えば、H1N1型→H5N1型)。
上記のように一旦、H1N1型に対する免疫が備わっても、このように型が変化してしまっては役に立たないのでしょうか。
また、ここまで大きな変異ではなく、わずかな変異(変異はしても、型はH1N1型のまま)であっても、やはり最初のウイルスに対してしか有効ではないのでしょうか?

●質問者: coga
●カテゴリ:インターネット 医療・健康
✍キーワード:インフルエンザ ウイルス 免疫 危惧 存在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● IlO10l0Il
●20ポイント

少しでも変異してしまえば免疫は無効になります。

新型に限らずインフルエンザウイルスはすべてそうです。

ウイルスは1?3年で変異してしまうため、免疫がついても翌年にはまたかかってしまうのです。

http://q.hatena.ne.jp/1242740305


2 ● yaezakura39
●27ポイント

型が変わると免疫効力はありません。


インフルエンザ一度かかれば、免疫機構に関係する一部の細胞が数年は記憶していて、再び同じウイルスが体内に侵入すると、免疫機構がすばやく働いて2度目は症状が軽く済むといわれます。ただし、インフルエンザでもさまざまな型があり、型が異なればワクチンの効力はありません。


http://www.selfdoctor.net/q_and_a/2002_01/influenza/05.html


3 ● taka27a
●33ポイント ベストアンサー

ウイルス表面抗原、特にHAに対する免疫は、感染を抑えます。しかし、一つの型、あるいは亜型に対する抗体は、別の型、あるいは亜型の感染をほとんど阻止できません。さらに、同じ亜型のウイルスであっても、大きな抗原変異を起こせば免疫は有効ではありません。インフルエンザが毎年流行し、ワクチン株を毎年選択する必要があるのは、HAの抗原性が変化するためです。抗原変異は、大きく連続変異(小変異)と不連続変異(大変異)に分けられます。同じ亜型の中で少しずつ変異を繰り返すのが連続変異で、流行を繰り返す度に起こっています。HAあるいはNAがまったく別の亜型に変わる変異は不連続変異です。すなわちこれは新型インフルエンザの出現ということで、パンデミックを心配しなければなりません。

http://www5.kcn.ne.jp/~obk-s/makoto.140/hondai.html

◎質問者からの返答

みなさん、ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ