人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?FORTUNE” #032

THEME:「鳥」「占い」「屋根・屋根裏」+「縁起物」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、FORTUNEバージョン。FORTUNEとは「幸運・幸せ」。毎回のテーマに沿って、イエと暮らしに幸運を呼ぶコト、ハッピーにするコトを思いとともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090520

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は5月25日(月)正午で終了させて頂きます。

1242794998
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:5月25日 theme いね おすすめ はてなスター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 299/299件

▽最新の回答へ

[1]血液型占いと星座占い kinnoji7

血液型は、A型・O型・B型・AB型の4パターン、星座が12パターンまたは13パターンに分けられるわけで、ふたつ合わせて分類すると、星座12パターンの場合は48パターンの人種に分けられることになります。そのくらいだったら、まさに「当たるも八卦 当たらぬも八卦」。「へぇー」くらいの感銘は受けることでしょう。占いを全く信じていない人も自分が何型か、自分の誕生日や星座くらいは知っていることでしょう。そして、なんとなく、「あ、B型っぽい」とか「キレイ好きだからA型かな」とか、そんなにこだわってはいなくても勘ぐってしまうものです。さらに、人の二重の性格を垣間見た時、あなたはきっとその人のことを「AB型かな?」と想像しませんか?もし違う答えが帰ってきたら、「じゃあ、双子座?」と聞いてしまったり。血液型と星座占い、オーソドックスですが、結構侮れないんですよね。


[2]星座占い twillco

毎朝、TVでやている星座占いを気にしてないようで

悪く書かれているとちょっと気になる自分がいます。

毎朝見ないと気になって会社に行けないので必ずチェックして行きます。当たる事はほとんどないんですが・・・


[3]四葉のクローバー rhoda

幸運をもたらすといわれる四葉のクローバー。

最後に探してから何年経ってるかな・・・。


[4]>2 星座占い koume-1124

雑誌の星座占いは必ず目を通します。

雑誌によって書いてある事も全然違いますが、やはり気になります。でも辞意分に悪い都合のあった場合には見なかった事にしますが。


[5]ロフト koume-1124

屋根裏というか、最近はロフトの部屋が増えましたよね。

私の昔住んでいたアパートもロフトがあったのですが、荷物奥くらいしか出来なかったですね。

便利なんですが。


[6]>4 テレビの星座占い sayonarasankaku

たいてい毎朝見ます。

順位が上のほうだと、それだけで嬉しくなったりします。(笑)

ラッキーアイテムなども、気になったりしますね。


[7]canorps

大阪で一人暮らしをしていた頃、せまいせまいベランダで物音がするので見てみると

鳩が巣を作っていました。

鳩は平和の象徴ですが、病気をもらってしまう話なども聞いていたので

対処しないといけないなあと思っていましたが、私は鳥が好きなので

酷い追い出し方はできないなあ。どうしたものだろう。とおもっていました。

鳩は出て行く気配がなく、やがて卵をひとつ産みました。

鳩がその場を離れている時に卵を取ったらいいのかな?と思ったりもしましたが

それも酷い気がして・・・・

狭いベランダで、洗濯にも使っていなかったので、もう鳩に譲り渡そう

などと、若い私は考えていました。

糞害など深くは考えていなかったんですよね。

すると人の気配がしょっちゅうするのがいやになったのか、鳩は卵をおいていなくなってしまいました。

もしかしたら事故にでもあったのかもしれません。

親を亡くした卵はかえるわけもなく。

それが生まれて初めて一人暮らしをしたベランダでのこと。

次に一人で暮らした部屋のベランダは、広くて洗濯などもたくさん干せるベランダでした。

なんとそこでも、ある日鳩が巣を作ってしまったのです。

よく糞をして言ってくれるはとだったこともあり

今度は卵を産む前に、出て行ってもらわなくては!と

私は少し大きめの音を立ててベランダに出たりしました。

しかし、ちょっと旅行に行って帰ってきた時、鳩はまたもや卵を産んでしまったのです。

私はあきらめて鳩が子育てを終えたら出て行ってもらおうと決めました。

けれど、洗濯などでベランダには出るため、ある日私にびっくりして走り出した鳩は

なんと自分で卵を割ってしまったのです。

次の日鳩はいなくないました。

割れた卵を片付けながら、悪いことしたかな・・・

と少し切なくなったのを覚えています。

結婚して、社宅に入りました。

私が住んでいた社宅はベランダにあるのはエアコンの室外機だけだったのですが

ほかの建物には電気温水器がベランダに設置してありました。

そこが暖かいらしく、鳩との戦いはすさまじいものでした。

みなベランダにネットを張って鳩がベランダに入り込まないようにしていました。

私の住んでいた建物には、よそに暖かいベランダがあるからか鳩はよってきませんでした。

今思えば、一人暮らししていたマンション二つは室外機の暖かいところに鳩は巣をつくっていました。

一軒家にこしてからはあまり鳩に悩まされることはありませんが

あのとき、どうしようかと頭を悩ませたりしたことをちょっと懐かしく思ったりします。


[8]バードゲージ sayonarasankaku

近くの公園に子供向けのちいさな動物コーナーがあって、

そこに散歩に行くと、いつもバードゲージに入って写真を撮ります。


インコやニワトリ、文鳥、ウズラなど・・・

あまり派手な鳥はいないのですが、

とても可愛いです。


写真を撮ろうとしてレンズを向けているものの、

いつも動きに追いつけません。

もうちょっと、じっとしててくれればいいのに!といつも思っています。


写真は最近撮った、寝起きっぽい顔をしている鳥です。(笑)

f:id:sayonarasankaku:20090517153244j:image:w450


[9]梟(ふくろう) kinnoji7

ふくろうは昔から幸運を呼ぶ縁起鳥として親しまれていますね。「福来郎」「不苦労」「不苦老」として、苦労知らず、福を招くと言われています。また、ふくろうの性質から、首がよく回るから商売繁盛。目がよいから先を見通すとも言われ縁起物として重宝されています。ご家庭の玄関に置物としていいといわれていますね。我が家では至る所にふくろうの置物や飾りをして縁起を担いでます。


[10]花占い sayonarasankaku

昔は、花占いって流行っていたのではないでしょうか。

歌の歌詞にもなっていました。


「くる、こない」とか「好き、嫌い」などの、

答えが2つしかないなかでの選択で、ただの気休めに近いものでしたが、

せれでも自分に都合のいい結果だと嬉しかったものです。


[11]>5 ロフト canorps

私も一人暮らしをした時ロフトにあこがれてロフト付の部屋に住んでいましたがあまりつかえませんでした。

広めのロフトならそんなこともないのかもしれませんが

ふとんをおいて寝るにも熱気がこもって暑くて、荷物ののせおろしも大変で。。。。

なので家を建てた際は、はしごを上るタイプのロフトには興味がありませんでした。

床と同じレベルで、出入りのできる、延べ床面積に入らない小部屋は作りましたが。

やっぱり歩いて出入りができるっておおきいですね。

重いものも運び入れられますし。

ロフトはロフトで、憧れはするんですが・・・・。

秘密基地みたいですものね。


[12]>6 12星座占い r-zone

一番定番の占いですね。

美容院で雑誌を持ってこられるとついつい見ちゃいます。

ラッキーアイテムが実際に身につけていると、なぜかちょっと嬉しくなります。


[13]占いはいいところを参考にする sayonarasankaku

女の人は、占いが気になる人が多いと思います。


うまく生活のなかに取り入れるのならいいのですが、

あまりいい結果じゃないときに、それに振り回されてしまうと、

何のための占いなのか、わからなくなってしまいます。


いい部分だけ参考にしたり、悪いことが書かれていても、

それを回避できるように、うまく付き合って、

ほどほどに楽しんでいけるようにしたいです。


[14]屋根に歯を投げる t-saitou

こどもの頃、下の歯が抜けると屋根に投げて、上の歯だと縁の下へ投げ入れるといい事があると親から言われていまいした。乳歯が全部抜けてしまった現在、差し歯だけにはならないように気をつけてまが。(笑)


[15]>11 ロフト kinnoji7

友達を呼んだ時に布団が敷きっぱなしだと恥ずかしかったり、友達が座るスペースが無かったりと不便なことがありますが、ロフト付きなら、布団は敷きっぱなし、散らかしっぱなしでも大丈夫ですし、ロフト下の居室スペースも、布団がない分広々と使えますね。もちろん、季節はずれの洋服や靴を置く荷物置場にしてもOKです。天井が低いので圧迫感があるという人もいますが、寝るだけなら気にしない方も多いはずです。


[16]風水 r-zone

最近引っ越したので、インテリアで少しでも運気が変わるならと

風水の本を買い、実際に試しています。

結構当たったりすると聞いたので、今話題の 直居由美里さんの本を参考に!

基本的な事ですが、風水的にも掃除はこまめにしたほうがいいようですね。玄関が西玄関だったので、入り口は特に気にかけてキレイにしています。


[17]>15 ロフト失敗談 coomera

友人がロフト付きのアパートに入居した時の話です。

2階建てのアパートの1階に入居したのですがロフトがバスルームの上に作られていました。

その時は気づかなかったのですがそれはロフトの丁度上の天井は2階のバスルームの真下になるということです。毎晩ロフトに寝ていると深夜に帰ってきた二階の住人の風呂に入る音でろくに眠れないという状態になり比較的すぐに引越しせざるをえなくなったそうです。

その友達にとってロフトは避けるべき忌み物になってしまいました。


[18]ムクドリの親子 tk09

ムクドリというと異常発生によって嫌われる鳥として一般的ですが、私の場合は自分を子供のころの純粋な気持ちに戻してくれる大切な鳥です。。。。。。私は小学生のころに家の庭でムクドリのヒナを拾ったのですが、巣が見つからず、ほおっておくことも出来なかったため、とりあえず飼うことに決めました。私は文鳥をヒナから飼っていた為に、少しはヒナをそだてる難しさは分かっていましたが、ヒナは日に日に食事を摂らなくなり元気が無くなっていきました。ある日、ふと外をみるとムクドリのつがいが電線に止まっているのが見えたので、もしやと思い食事を摂らなくなったヒナを外に出してみると、親鳥が餌をあげにくるのです。「もう大丈夫」と安心して数日がたち、学校から家に戻るとヒナは冷たくなっていました。「なんで?なんで?」と悲しみをこらえている母親につめよると、外の電線にムクドリのつがいが肩を寄合ってとまっているのが見えたのです。その親鳥はヒナの見えるいつもの場所にずっと動かずに止まっており、それを見た母親が「鳥のお父さん、お母さんも悲しんでるんだね」と...。それを聞いた瞬間、悲しみがこらえられなくなり涙が溢れました...。ムクドリを見るとそんなことを思い出し、切ないですが、ちょっと幸せな気分になります。


[19]>17 ロフト twillco

私が昔住んでいた部屋にもロフトがあり

2階のバスルームの真下でしたが音漏れはしませんでしたよ♪

結構広くて窓もあったので、かなり快適でした。

ワンルームだったので、旦那さんが遅くまで仕事していた時にはロフトで寝てました。

すごく便利でしたね〜。


[20]>16 風水 twillco

私も風水を気にして、東枕は元気が出るようなので東枕で寝ていたり、寝ている時には鏡に自分が写らないようにしたり。

北枕も昔の言い伝えでは悪いようにとらえられてますが

風水では「ぐっすり眠る、熟睡する」という作用があるようですね。

何か運がよくないなと感じた時にはお部屋を掃除するようにしています。


[21]>7 白いハト kinnoji7

平和の象徴である白いハトが実は実は平和な鳥ではない なんて話もあるけれど白いハトが群がってエサを食べてる ところを見るとやっぱり心癒されます。ハトは放たれてから鳩舎へもどる際、雄ハトが雌ハトを引っ張り、連れて帰ろうとする習性があります。この事から、男性が女性を守り幸せにする事を願い、結婚式の際にハトを飛ばすようになったそうです。


[22]>12 雑誌で fumie15

雑誌で読んでいます。いいことが書いてあるとうれしくなります。


[23]おみくじ kyou_mii

占いの一種ですが、すでに縁起物と言っても良いのがおみくじではないでしょうか。

神社、仏閣に行く機会があればかならずひいてます。

良い結果なら信じて、悪い結果なら忘れるというのが定番ですw

大吉、吉といった結果だけでなく、詳細の文章にも目を通してみるといろいろ面白い

ことがかいてありますよね。

待ち人:来ず

とかw


[24]>23 おみくじ kinnoji7

初詣でおみくじを引いた人も多いはずです。たかがおみくじ、されどおみくじ、やっぱり大吉がでれば嬉しいし、大凶が出ればへこみます。ところで、おみくじの結果っていつまで有効なのだろうか。おみくじを引く頻度は人それぞれ。一年に一度だけという人もいるだろうし、旅先などで見かける度に引くという人もいるだろう。大凶なんて引いた日にはすぐにでも引きなおしたくなります。


[25]明日天気になーれ fumie15

といって靴を飛ばしました。靴は裏返ったり表になったり、とても楽しい思い出です。


[26]>24 おみくじ twillco

これによるとおみくじのバランスは大吉16%、吉35%、半吉12%、末小吉1%、末吉6%、凶30%だそうです。

凶って以外と入ってるんですね。

もちろん神社によっても違うのでしょうけどね。

順番も大吉、中吉、小吉、吉、半吉、末吉、末小吉、凶、小凶、半凶、末凶、大凶となっていますが、これも神社によっては吉の順番が違ったりします。

結構、大吉が続いていたのでちょっと嬉しい結果です。

http://www.news.janjan.jp/special/0612/0611013897/1.php


[27]>26 おみくじ bg5551

大吉以外のときは神社の木の枝などに

結んでくるんですけど、これの本当の

作法?ってどうなんでしょうか。


[28]>27 おみくじ meizhizi87

初詣に行ったとき、友達とおみくじをひきます。毎年、えー!とか言いながら。これが楽しみでもあります。結果をひととおり言い合ったあと、木に巻いていきます。くじについているおまけの縁起物は財布のなかに入れています。今年は「亀」でした。


[29]めざまし占い bg5551

大したことないと思っていても毎日ついつい見てしまう。


[30]>22 朝のテレビで tk09

見てしまいますね。順位が良いと気にしますが、悪いときは気にしません。自分の星座ってなかなか1位にならない気がしませんか?


[31]>28 おみくじ koume-1124

おみくじは毎年元旦に引きます。

最近は吉、末吉ばかりですが、お正月の楽しみですよね。

そもそもおみくじって、皆結んだりしてますが元々は恋愛の『縁を結ぶ』から来ていると聞いた事があります。

本当に結ばれたら嬉しいですね。


[32]ツバメ taknt

そろそろツバメを見かける時期ですね。

ツバメが低く飛ぶと 雨が降るなんて 占い・・・じゃなくて天気予報ですよね。

近所にツバメが巣を毎年つくっているところがあるので

今度、見に行ってみようと思います。

そういや、鳥といえば鳥インフルエンザ。

鳥は鳥でも ニワトリが被害を受けてましたが、渡り鳥のツバメなどが

運んでこないことを祈るばかりですね。


[33]>21 ハト koume-1124

「ハト」の名は、軽やかに羽ばたく音「ハタハタ」から来たようです。

ちっちゃい頃は鳩のエサが露店で売っていて、あげてました;

あれは本当に鳩にあげていいのか。

今でも駄菓子屋さんに売っていますよね。

すごい好きでした。


[34]>30 毎朝 actro

気になって見てしまいますね。いい時には期待してしまいます。

悪いときには気にしないようにしてますが、何となくいやな気分です。


[35]>14 屋根に歯を投げる miyupie777

私もこどもの頃やってました〜。なので先日、下の歯の親知らずを抜いたときに「やっぱり屋根かな?」と思い、家の屋根に向かって投げたら、コントロールが悪くて、隣の家のベランダに入ってしまいました(◎_◎; 幸い(なのか?)お留守だったので、何事もなかったかの様に生活してますが。。。。。(^_^;


[36]>31 おみくじせんべい r-zone

『おみくじせんべい』というものを見た事があります。

おせんべいの中におみくじが入っている物で結構楽しかったです。

味ももちろん美味しく頂きました。


[37]>31 恒例 actro

毎年初詣の恒例行事になってます。

今頃の時期になるとどんな運勢を引いたかも忘れてますが。。。

でもやらないと初詣に行った気がしません。


[38]>25 明日天気になーれ miyupie777

小さいころよくやりました。遠足とかで明日どうしても晴れてほしいときは、靴が表になるまで何度も飛ばしてました(^_^;


[39]屋根神様 C2H5OH

屋根神様。それは屋根の上に作られた祠に祭られた神様です。

http://www.yanegami.com/

屋根の上に縁起を担いだ何かを配置する例はハザマさんの回答例をはじめ全国的に色々と見られるようですが、このように神社なみの本格的な祠を作ってお祭りする例は、全国的にはかなり珍しいと思います。おそらく愛知県や岐阜県などの一部に見られるだけでしょう。

御祭神は、名古屋の場合、火伏せの秋葉神社、厄除けの津島神社、そして明治以降になると戦争の関係で武運長久を祈願する熱田神宮が加わり、この三柱をお祭りしているのが一般的なようですです。

屋根神様はどこの家にも祭られているものではなく、町内の守り神的にある程度の区域に一つずつ祭られていて、各地域の住民が共同で祭祀を受け持っているようです。

小さな祠を作って神様をお祭りする習慣は全国にありますが、なぜ中部地域の限られた一帯でだけ、その場所が屋根の上なのでしょう。土地が確保しにくかったのでしょうか。高い所にお祭りすることで崇敬の念を表したかったのでしょうか。あるいは少しでも天に近付きたかったのでしょうか。屋根神様について研究している人は何人もいるようですが、この習慣の起源については、いまだ確定的なことは解明されていないそうです。

現在の屋根神様の祠は、戦災被害の少なかった場所に多く残っています。名古屋で言えば西区、中村区、中区界隈です。戦勝を願って熱田神宮を勧請したにもかかわらず、戦争によって多くの家が焼かれ、それによって祠が消滅してしまったことは、皮肉というほかありません。

熱田神宮は草薙剣(くさなぎのつるぎ)が御神体です。尾張で宮簀媛と結婚をした日本武尊が媛のもとにこの剣を預けたまま病没、遺された剣を祭るために宮簀媛によって建てられたのが熱田神宮のはじまりです。たしかに日本武尊は数々の武勇が伝えられていますが、熱田神宮のそもそもは剣のみたまを鎮める、すなわち平和の祈りから発している神社だろうと思います。太平洋戦争の戦火をくぐり抜けて今日に残る屋根神様が、平和の祈りとともにとこしえにあり続けることを願っています。


[40]血液型占い r-zone

『自分の説明書』という血液型の本が最近話題になってましたが

私も気になって呼んでみた所、99%当たってるんじゃないかと思いました。

書き方も面白くて結構ハマってしまい、仲間皆でハマりました。

12星座よりも血液型の方が当たる気もしますね。

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-05097-3.jsp


[41]>10 花占い miyupie777

流行ってました〜。でも、学校でかけ算を習う頃になると、花びらの枚数だけで答えがわかってしまい、あえて自分に都合のいい結果になる花をチョイスしてたりしました。。。。


[42]横断歩道 nakki1342

横断歩道の白と違うところがありますよね

たとえば横断歩道を渡るときに白だけ踏んだら

その日は、いい事があるんだとか・・

それ以外の所を踏んでしまったら軽くへこんだり・・

横断歩道を渡るとき軽くジャンプをしてしまう自分が

ありましたね


[43]>38 明日天気になーれ meizhizi87

私も「明日天気になーれ」と言いながら学校から帰りました。どうしても晴れてほしいときはてるてる坊主も作りました。


[44]>33 野良鳩を何とかしたいですね C2H5OH

今私たちがよく見かける鳩は、ほとんどが野生の鳩ではなく、人間に飼われていた鳩が野良化したものだと思います。

最近は猫の野良に関しては官民が協力して救済に努力しているようですが、鳩については法律によって動物愛護の推進が義務づけられている行政が率先して邪魔者扱いしている有様です。この野良鳩をなんとか救えないものでしょうか。人間の無責任から野良化してしまった動物の救済は人間の義務のはずです。

民間人である私達には出来ることが限られていますから、糞が困るなどと苦情を言うしかないかもしれませんが、行政までそれでは困ります。行政には邪魔者扱いする前にすべきことがあるはずです。


[45]>20 風水 fumie15

風水で電化用品を枕元に置くと運気が下がると書いてあったので、形態の充電器などを枕元から遠ざけました。あとある電化製品といえば目覚まし時計ですがこればかりはどうしようもありません。


[46]>36 大凶を fumie15

2回続けて引いたときがあります。さすがに怖くて期に結び付けて悪い運気を神社においてきました。しかしその神社であったカップルも大凶を引いていました。それで仲良くなり、その記念?に3人で写真を撮りました。いい思い出です。


[47]>35 屋根に歯を投げる meizhizi87

私も乳歯が抜けるたびに、上の歯を軒下に、下の歯を屋根の上に置いていました。

歯並びがよくなりますようにと願いをこめながら。

最近は、虫歯の治療に7ヶ月も歯医者に通っていました。ずっと行っていなかったというのもあるので、反省です。定期検診はやはり大切ですね。


[48]>34 星占い meizhizi87

気になりますね。私もいいことだけ信じるようにしています!!


[49]>40 血液型占い koume-1124

『自分の説明書』読みました。

すっごく面白かったですね〜。当たってない所もありましたが

分かる!分かる!というポイントが多くて、友人と盛り上がりました。

私はO型なので、大雑把なとことか、自分が大好きな所とか、読んでて勝手だな〜と思ったんですが、当たってるので面白かったです

女の子は血液型の話になると何時間も話してますね。


[50]fumie15

私の家の猫は家猫なのですが、たまに窓にのぼり、電信柱の上にいる鳥たちを威嚇?しています。ところが鳥たちは知らん顔。外に出れないのを知っているようです。猫がかわいそうになって、猫じゃらしで遊んでやるのですが本物の鳥のほうがいいらしく、なかなか人間とは遊んでくれません。


[51]受験の時は「豚カツ」弁当 meizhizi87

受験の時、お弁当には「豚カツ」を入れてもらっていました。勝つ!ために。よく見たら友達のお弁当にも豚カツが入っていました。みんな頑張っているんだ!と私も気合いがはいりました。おかげで午後からの試験も集中して臨むことができたように思います。


[52]とり qwer-asdf

父の実家では怪我した鳥を拾って来て治療して、元気になったら空に放すということをやっています。おかげで伯父は鳥の扱い方、治療のさせ方、さらに放すまでをほぼ独学で勉強しています。行くたびに鳥の奇麗な鳴き声を聞かせてもらっています。


[53]合唱曲「翼をください」 qwer-asdf

この曲は小学校の時、学校のクラブで歌いました。

物語のある曲ですよね。

この女の子、何があったのでしょうか。


私も入院中はよく歌ってました。

大好きな曲です。


[54]ウグイスとニアミス fusakogane

今の時期お散歩の途中に必ずしていることがあります。。。

ウグイスの男の子達の<縄張り争い>に口笛で参加します。見習い生は「ケッキョ」だけの繰り返し そこに私が口笛で「ホーホケキョッ!」とすばらしい見本を示してあげると、

<なるほど。。。。>と感心してくれたのか、見習い生クンは見事に「ホーホケキョッキョ」とお世辞にも上手とは言えないようなマネをしてきます!

とっても楽しくて楽しくて、時間を忘れて熱中している自分に、ハッ!と気がついて思わず周囲を見回して、あきれている人がいなかったのでと安心したこともあります。

先日も初心者ウグイス君を相手に遊んでいたら。。。。なんと目の前の枝で、姿も立派で美しいおとなのオスさんが、抗議するように私をにらみつけているではありませんか!

「必死で女性を探して<婚活(こんかつ)>してるんです! お願いですから後輩達をからかわないでくれますか!」

と訴えているようでした。。。。。とんだ<オジャマムシ>でした。


[55]カラス qwer-asdf

私の家の近くでは夏になると電線にびっしりとカラスがとまっています。夜になるとねぐらに戻るようです。越してきた当時は怖かったのですが、だんだんと慣れて、電線にカラスがびっしりの風景を見るともう夏なんだなと思います。


[56]屋根裏部屋 qwer-asdf

屋根裏という響きにあこがれがあります。屋根裏部屋というと宝物が置いてありそうで心引きつけられます。小さい頃、アニメで「小公女セーラ」を見て屋根裏部屋に住みたいとさえ思ったのですが、実際に住んでいる家は屋根裏部屋やロフトもない普通の2階建ての家です。


[57]>44 キジバト(ヤマバト)、山の餌が無くなってきたのも原因かも iijiman

最近は人里でも「キジバト」(ヤマバト)をよく見かけます。

ポーポー、スポポー、と独特の鳴き方をして好きなのですが、考えてみると、山に餌が少なくなってきて、それで里に下りてきたのかもしれませんね。


[58]>46 飲食店でもおみくじ fusakogane

観光地とか喫茶店とか中華料理店とかのテーブルの上に灰皿付きで片手ぐらいのまんまるのおみくじマシーンがありました。。。

あまりにも小さい文字で書かれているので、子供達しか読めず。。。でも漢字がわからないのでモゴモゴしていると、大人達が覗き込んできて。。。いつもまにやら大盛り上がりで楽しかったです!


[59]蔵の屋根裏、力道山の刷られた新聞紙 iijiman

20年くらい前、東北のある宿で住み込みで働いていたことがあります。

その宿は旧家の敷地を活用したもので、敷地内には、昔からの蔵がありました。

蔵の2階が、なかなか居心地のよいスタッフルームになっていて(強がりではありませんよ、静かで落ち着くのです、蔵って。窓もちゃんとありました)、その屋根が昭和30年代か40年代くらいに吹き替えられたのだと思うのですが、屋根裏に貼ってある新聞紙に、力道山の写真がありました。わざとその姿が見えるように張ったのか、それとも偶然か分からないのですが。先輩スタッフに「あの写真古そうですよね」と聞いたら、「力道山だよ」と答えられて驚いたのを覚えています。

今でもあの写真、貼ってあるのかなあ。


[60]>57r-zone

鳩といえば鳩サブレーを思い出す私は食いしん坊でしょうか。

バターたっぷりのあの味が大好きで鎌倉に行くと必ず買って帰ります。


[61]>58 おみくじにも「萌え」の時代 iijiman

世相を反映と申しましょうか、ついにおみくじにも「萌え」が登場したようです。

場所は「アキバのうさぎ神社」。おみくじに、うさ耳の巫女さんが描かれています。

http://www.akibausagi.com/pop/goods.jpg

色々ご意見はありましょうが、一度行ってみたいかなと思っております。


[62]ツバメ tunamushi

家の屋根にツバメが巣を作りました。えさを取ってきて親鳥が小鳥にあげているのがなんともほほえましいです。


[63]>50 鳥にむかってニャニャニャ fusakogane

あごを動かしたり「ニャニャニャ」って鳴いしたり話しかけたりしているようにも見えます。。。思いっきり追い回したいのでしょうね・・・・欲求不満の解決手段のようですね。


[64]水田に鳥 tunamushi

田植えが始まる前の田んぼで鳥が時々泳いでいます。カモのような。えさをとっているのかな。とてもかわいい。


[65]屋根に登る tunamushi

私が住んでいたところは、雪がすごく降り、よく隣の家(空家)の屋根まで登っていました。屋根からそりで滑ったり星を眺めたり。懐かしい思い出です。


[66]>51 豚カツ弁当 tunamushi

受験の時はお守りをもっていったり。占いでラッキーカラーの物を身に付けたり。力が出ますね。


[67]>60tunamushi

街中で見かける鳩は少し怖い。目に飛び込んできそうで。以前、鳩が東京駅の中を歩いていて笑いそうになった。伝書鳩って本当にいたのかな。


[68]>63 鳥にむかってニャニャニャ iijiman

大家さんのイエで飼っている猫の「なっちゃん」と「みい」が、やはりそれをやります。

鳥を遠くから眺めながら「にゃ、にゃ、にゃ・・・」とやっています。

「なっちゃん」は、その後、鳥を捕まえてしまうことがあります。

あれは、鳴き真似をしておびき寄せているつもりなのかもしれないなあ・・・


[69]占い師さんはカウンセラーであってほしい! fusakogane

占ってもらった経験はないのですが、新興宗教の勧誘に悪用されたり、未来に不吉なことが起こるからと、高額な信仰用具やお布施と偽って手数料を取られたり、奇妙なお払いを強要されたり。。。あまり占い師さんに良いイメージを持っていませんでした。

<過去世 現世 来世>とか<守護霊>とか日常生活では実際に目に出来ないものですが、人間の脳の神秘と不思議さで、そのような精神世界のミステリーを認識したり見たり出来る特殊な人もいるのかもしれません。

例えは良くありませんが、確かに認知症のお年寄りが見えていない人と話したり、非現実の妄想の世界の中に生きている様子に接していると、脳のイメージ画面にははっきりと見えているのではないかと思えてきます。

ところで占いって当る当らないは別として、できるだけ占い師さんには、いろいろと研究した知識から、私達が毎日を明るく楽しく生きてゆけて元気を出してくれるアドバイスをしてくれる<人生の先輩カウンセラー>であってほしいです!


[70]占いの語源と、自己流の色占い SweetJelly

辞書をひくと「うら 1.こころ。思い。内心。→心(うら)もなし」(大辞泉から引用)とあるように、占いの「うら」は「心」の意が語源です。これに対して「おもて」は「顔」。時代劇の奉行所のお白州で「各々方『おもて』を上げい」という、あのおもてです。つまり占いとは、外見からでは見えない心の内を明らかにして悩み事を解決したりする、一種のカウンセリングだったんですね。

その昔、卑弥呼は占いによって政治を司っていたと言われますが、そもそも「うらない」という言葉は和語ですから、当時それを「うらない」とは言っていなかったと思います。卑弥呼がやっていたような未来の予言や吉凶の判断は、うらないというより、呪術に近い物だったのでしょう。

今も色々な占いがあります。伝統的な占い、新作の占い、日本に昔からある占い、海外の文化に由来する占いなどなどそれは様々ですが、私は自分の心の状態をチェックするための、自己流の色占いをやっています。その日どんな色の服を着たいか、あるいはどんな色の場所を心地よく感じるかなどの、その日その日の色の好みで、心の状態を調べるのです。

たとえば今日は青っていう感じだなぁと思ったとします。青はリラックス感を与える色。青い色に接していると、体温、脈拍、血圧がなどが下がり、興奮が抑えられ、心身ともにリラックスした状態になっていくと言われています。また青は集中力を高める色とも言われています。脈拍をゆっくりと安定してくるので、時間の感覚がゆるやかになって、焦りや苛立ちが消えるんです。こういう時は創造力も高まっています。

でもちょっと待ってください。今日は青っていう感じだなぁと思ったその心は、今「青そのものだから」なのか、「最も青からかけ離れた状態だから求めている」のか、どちらでしょう。それを調べるには、補色についても検討します。補色には物理補色と心理補色の二種類がありますが、両者にそんなに大きな違いがあるわけではありませんので、だいたい反対の色、と考えればOKです。

青の補色は黄色です。黄色は自然の光に近い色なので、脳や体を活性化します。論理性や計算力などを基本とする思考力が高まり、理解力や判断力などが鋭くなります。でも黄色は神経を刺激する色ですから、それが強くなると行動が衝動的になったり一貫性がなくなったりもしがちです。こんな補色についての考察も含めて、今の自分はどっちかなと考えると、だいたいのことが分かってきます。

そうしたら今の自分に最も必要な色を使ったカラーセラピーで心を癒していくことも出来ますし、あるいは今が絶好調なら不安なく思う存分張り切っていくことも出来ます。

このように自分でも気が付きにくい自分の「うら(心)」を知ることが出来る自己流色占いは、ちょっと役に立つかなぁと思っています。


[71]>69 霊のことを言ったり、団体に入会させようとしたり、物を買わせようとするのは SweetJelly

占いとは異質の宗教活動か営利活動のどちらかだと思います。別の書き込みでも書きましたが、「うらない」の「うら」は「心」の古語です。ですから本来の占いとは、本人も気が付かないような心の奥底にスポットを当てて問題解決の指針を与えていくような、昔からのカウンセリングだったんだろうと思います。占いが対象とする世界は、あくまで心の世界です。

神仏とか霊とか特別な儀式のことを言い出したらそれはもう占いではなく宗教。物を買わせようとしてきたらそれは営利活動です。もちろん宗教もそれを求める人には必要な物でしょうし、ご商売も商品を求めている人には必要です。悪いとは言いません。でも、占いの顔をしながらやったらいんちきですね。私達もそういうことをよくわきまえて、途中から変質していくようなら早めにおいとまするなり誰かに相談するなりした方がいいと思います。


[72]>67 伝書鳩は本当にいます SweetJelly

近所にすごく鳩が好きな人がいて、たくさんの鳩を飼っています。訓練のために飛ばすんですが、鳩の帰巣本能ってすごいんですね。よく訓練された鳩は、離れた場所から離しても、ちゃんと家に帰ってきます。これに手紙を付ければ本物の伝書鳩です。

でも、訓練で飛ばしていると、たまによその鳩が一緒に紛れ込んで帰ってくることがあるんだそうです。足輪が付いていればナンバーから飼い主さんが分かるそうですが、足輪のない鳩もやって来ることも多いそうです。

この人はそういう足輪のない迷い鳩専用の鳥小屋を作っていて、そこで一定期間検疫した後は、自分の鳩と分け隔て無く、大切に飼っていくそうです。

鳩好きの人は、C2H5OHさんがお書きの「野良鳩」の救済に努力しています。私達も何か協力できることがあったら協力していきたいですね。


[73]>32 屋根裏にツバメの巣 tk09

があると縁起が良いとされていますよね。可愛いんですけど、糞と鳴き声がちょっと困ります。


[74]幸せの青い鳥 tk09

モーリス・メーテルリンク作の童話劇の話を思い出しますね。チルチルとミチルの物語ですが、青い鳥のモデルとなった鳥って何ですかね?


[75]屋根でふとん干し fusakogane

冬ふとんを押入れにしまうために徹底的に干して水分を乾燥したい時は、よーく熱くなった屋根瓦の上にフワッと広げます。

上下から熱せられるので短時間でふかふかになりますしとっても軽くなります。ダニの駆除にも内部温度が上がるので効果ありです。 ふとん乾燥機もあるのですが。。。。エコ エコと言い聞かせて自然乾燥にしています。

先日はあんまりふかふかにふくらんでいるので、思わず横になってお昼寝してしまいました。 それでふとんがつぶれてしまい翌日の二度干しになってしまいました。


[76]>45 片付けるきっかけになれば Elliee

対して信心は無いのですが、なにかと散らかすクセがあるので

片付けることがいいことだときっかけにしています。

体がだるいときこそトイレ掃除を一生懸命したりとか、まんま気持ちの問題ですねw


[77]>73 なぜか会社の軒下に Elliee

巣があるんですが、普通の鳥の巣なら居つかないように撤去してるぽいんですが、

ツバメだけは季節ですぐにいなくなるからかそのまま残してありました。

雨の前だと足元スレスレに飛んでいて言い伝え通りだなぁと関心しました。


[78]>77 ツバメ atomatom

大阪に住んでいるときはまるで見かけなかった景色。

それが神戸にはあります。

「ツバメの巣があります、ご注意」の貼り紙がそれです。

頭上の巣からフンが落ちるのでそれに注意してください、との意味です。

それほど神戸にはツバメがすをかけることが多く、それほどツバメを大事に思っている人が多いってことなんですね。

4羽か5羽のヒナが大きな口をあけてエサを待っている姿を見るのはとても楽しく、こちらが幸せな気持ちになります。


[79]>48 星占い tibitora

雑誌やヤフーなどのサイトの星占い、つい見てしまいます。

順位が上だったりいいことが書かれているとうれしくなります^^

逆に注意することが書いていて共感できるとその日だけでなく気をつけていこうという気分になります。

楽しみながら占いを見られたらいいですよね^^


[80]>13 毎朝のテレビの占い atomatom

確かにアンラッキーだと断じられると朝から気分が悪いですもんね。

毎朝、出勤前にテレビを見ますが、その占いコーナー。自分の星座がアンラッキーだと、5分後には忘れてしまうんですけど、それでも5分間ほどはイヤな気分になります。

反対にラッキーだと言ってもらうと、昼過ぎころまではいい気分でいられますね。現金なものです。

最近はアンラッキーな運勢でもそれを回避するためのラッキーアイテムが併せて放送されることが多いですね。

ただ、ラッキーアイテムが「ボート」だったりすると、どうやってボートとからむんだって悩んだりしますね。

要するに、誰かと笑い合えるための「ネタ」だって思うといいんですよね。


[81]>72 茶色い鳩や黒っぽい鳩 tibitora

公園や神社などにいくと鳩がたくさんいますね。

たまに茶色い鳩や黒っぽい鳩を見かけることがあります。

エサをあげている人がいるとどこからともなくたくさんの鳩が来てびっくりすることもあります(笑)

それから、たまに商店街の中を歩いている鳩がいるんですが、自転車が来ても飛んで逃げずに早足で急いで逃げることが多いんです。

「飛べばいいのに」と思わず思ってしまいます(笑)


[82]>61 おみくじ tibitora

おみくじにもいろいろなものがありますよね。

七福神や招き猫の小さなマスコットの入っているおみくじや、からからと棒(?)を引いて巫女さんから手渡してもらえるおみくじ。

私はマスコットの入っているおみくじが可愛くて引いています。

「アキバのうさぎ神社」はすごいですね、うさ耳の巫女さん、一度言ってみたいです^^

アキバも歩いてみたいです。


[83]言葉を話す鳥 tibitora

オウムや九官鳥、インコやカラス、人間の言葉を真似して話す鳥はすごいなと思います。

昔話とかを丸暗記していたり、ときどき話を飛ばしながら(笑)語ってくれたり。

覚える鳥たちも根気よく教えるたり、話を聞かせる人もどちらもすごいなと思います。

以前新聞で迷子になった鳥が自分の家の住所か飼い主の名前をしゃべって無事に家に帰れたという記事を見たときにはびっくりしたのと無事に帰れてよかったと思いました。

でもペットショップなどで急に話しかけられるとかなりびっくりしてしまいます(笑)


[84]>9 フクロウは知恵の象徴ともされてますね w83

そのため父が大好きな鳥でした。どうしてか、と思って調べてみると、古代ギリシアで信仰されていた女神、アテナに関係しているようです。女神アテナは知恵などを司る神であり、その従者であったフクロウは知恵の象徴、ということになったそうです。ただ実際の知能ではカラスのほうが高いそうですね。


[85]>78 ツバメの巣 miyupie777

町内のあちこちでツバメが巣を作っています。でも我が家には巣を作ってくれません。数年前に一度だけ玄関先に巣を作ったことがあったのですが、卵を産んだ途端に重みで巣が崩れ卵が落ちて潰れてしまいました。。。それ以来、巣を作ってくれないと残念に思いつつ、少しほっとしています。


[86]>85 ツバメ ls_10_5

地方に行った時、古くからある酒屋さんで見かけました。

お店の中に巣を作っているから、お客さんに巣の下に行かないように呼びかけたり(フンが落ちるから)、この季節だけは早く起きて親鳥のために窓を開けるなど聞いて、大事にされていると思いました。

米所ならではと思いました。


[87]>81 飼ってました to-ching

雛が生まれると嬉しくて・・・足環を買いに行くのが楽しみで、ある一定の時期しか出来ないのですよ。その足環に付いている葉書に書いて連盟に登録。楽しかったです。


[88]茶柱 peach-i

茶柱が立っているとやっぱり幸せな気持ちですよね。

これって日本特有な気がしました。

緑茶を愛する日本の特有の縁起ですてきですよね


[89]>68 鳥にむかってニャニャニャ miyupie777

我が家のにゃんこたちも窓辺でよくやっています。でも窓が開かないので、そのうちに窓をガリガリし始めます。やーめーてー(ToT) ちなみにカラスは苦手らしく、近づいて来たら脱兎の如く逃げていきます。


[90]>86to-ching

巣を作られる家は安心・安全なんですね。雛のくちばしが黄色いのは少しでも多く親鳥から餌を貰うため目立つようにですが・・・みんな黄色です。どう、説明したら・・・


[91]>84 これは欲しいペット! to-ching

頸が360度回る・・・でも餌が大変かな?


[92]靴投げでお天気占い peach-i

子供のころよく友達とやりました。

皆でせーので靴をなげるです^^

足からポーンっと飛んだ靴がその先でどういう向きになって落ちるかで明日の天気を占うというものでした。

昔のことなので記憶があいまいですが・・・

逆さだと雨で、表だと晴れ。横向きだと曇りだったと思います。

公園で皆で声を揃えて

「あーしたてんきにな??????れ!」

って掛け声と共になげるんです^^

夕焼けを背に皆でお天気占いをしていた日が懐かしいです。

さすがに大人になってこのようなことが出来ないので・・・・涙

占いというより、子供の中での一つの遊びだった気もします。

可愛いものですよね。


[93]>82 おみくじ peach-i

どきどきワクワクするものですよね。

でも出たものはどんな悪運をひいても自分によい方向に解釈するようにしてます。

あれは人の人生を決めるくじではなく、事前に教えてくれる有難い人生の指標とと思ってます


[94]>43 私達は下駄 to-ching

横になったら曇り・・・時々蹴った下駄が自分の頭、顔に当たることです・・・


[95]>76 風水 peach-i

カチコチになると疲れてしまうので適度に取り入れています。

お塩をもったり、方向を考えたり。

気休めかもしれませんが、それで自分のモチベーションや気の方向が変わるのであれば良いと思うんです。

頼るのではなく、自分の心の持ち様を変化させることが出来ています


[96]>76 やりだすと・・・ to-ching

なんでも拘ってしまい通常の生活に支障になる?気になりだしたら大変!


[97]花占い peach-i

花占いも色々ありますよね。

花言葉から出てくる花占いもあれば、一枚一枚花びらを落としながらする占い。

花のもつエネルギーは絶大です。

フラワーセラピーというのもあるほどです。

http://www.f-therapy.com/

同じ地球に生きているものたち。

姿形は違っても仲間だと思います。

だからこそそのエネルギーをお互いが感じあいながら共存していくって素敵ですよね。


[98]>49 血液型占い twillco

友人と話し出すと止まらない話題です。

B型の私は、かなりマイペースですね。

B型ってどうして嫌われるんでしょう?

自分勝手が多いからなんですかね。あまり良いように思われない事が多くて

ちょっと悲しいです。


[99]>93 おみくじ canorps

日本人の性なのか。

どうしてもおみくじを年に一度は引きたくなってしまいます。

大吉が出れば狂喜乱舞し、大凶が出れば、大凶が出るなんて珍しいきっとついてるんだと発想の転換にて乗り切ります。

都合よく解釈してよいほうへと受け取って今まで過ごしてきました、

peach-iさんと同じです。

今年は、三ヶ月の赤ん坊にも引かせてみました。

赤ちゃん以外は家族はみんな吉。

赤ちゃんだけ大吉でした。


[100]鳥の鳴き声を覚えよう TomCat

自然に親しもうと野山に出かけると、たくさんの鳥たちの鳴き声が聞こえてきます。しかし、森や山の中では、木の葉などが邪魔になって、姿を見つけるのはなかなかに至難の業。そんな時、鳴き声で鳥の種類が分かれば、とても価値あるアウトドアタイムが過ごせます。

それでは、鳥の鳴き声なんてどうやって覚えたらいいの? という皆さんのために、最適な本をご紹介してまいりましょう。

CD Books 日本野鳥大鑑―鳴き声420

CD Books 日本野鳥大鑑―鳴き声420

まずはこれ。1万5千円を超える本なので、ちょっとお高いですが、なあに、イエはてなで頂けるAmazonギフト券で届かない本ではありません(笑)

これは日本の野鳥420種の鳴き声を全6枚組のCDに収録し、通常の図鑑の内容に鳴き声の解説も含めた大型書籍が付属した、充実した内容のCDブックです。CD収録の鳴き声は全て自然の中で収録した物で、一般に取り上げられにくい地鳴きも網羅しています。

実は、鳥の声を覚えるには、この地鳴きを覚えることが大切なんです。たとえばウグイスは、春には「ホーホケキョ」とさえずって簡単に判別が付きますが、季節を過ぎると「チャッチャッ」としか鳴かなくなるんですよね。で、どんな鳥でも、この地鳴きの時期が圧倒的に長いんです。さえずりだけを覚えても、地鳴きを覚えていないと、結局野山に出ると知らない鳥の声ばかりということになってしまいますから、地鳴きが聴けるCDというのは貴重です。

声でわかる山野の鳥[CD]―ハンディ図鑑「新・山野の鳥」対応

声でわかる山野の鳥[CD]―ハンディ図鑑「新・山野の鳥」対応

日本野鳥の会オフィシャルショップの説明ページはこちら


声でわかる水辺の鳥・北や南の鳥[CD]―ハンディ図鑑「新・水辺の鳥」(「新・山野の鳥」)対応

声でわかる水辺の鳥・北や南の鳥[CD]―ハンディ図鑑「新・水辺の鳥」(「新・山野の鳥」)対応

日本野鳥の会オフィシャルショップの説明ページはこちら


続いてはこれ。こちらは日本野鳥の会が製作したオリジナルCDで、バードウオッチングのための鳴き声の勉強に最適な2枚です。日本野鳥の会製作ですから、もちろん地鳴きも積極的に収録しています。(『メディア: 単行本』と表示されていますが、それは流通が単行本扱いということで、内容はCDです)


新・山野の鳥 (野鳥観察ハンディ図鑑)

新・山野の鳥 (野鳥観察ハンディ図鑑)

新・水辺の鳥 (野鳥観察ハンディ図鑑)

新・水辺の鳥 (野鳥観察ハンディ図鑑)

それぞれのCDはこちらのハンディ図鑑と対応していますので、CDをmp3プレーヤーにでも転送し、図鑑と一緒に持ち歩けば、通勤通学途中でも鳴き声の勉強が出来てしまいます。爽やかな野鳥の声を聴きながらなら、満員電車も苦にならないかもしれません。野山の鳥と水辺の鳥が別編集なのも、目的に合わせて購入したり、無理なく段階を追って覚えていこうとするのにピッタリですね。価格も手ごろです。

以上、耳で聴くバードウオッチングに最適な勉強用CDと図鑑をご紹介してみました。自然の中で鳥の声を聞き、それがどんな鳥か分かる喜びは、実際に体験してみると、きっと想像以上だと思います。たとえて言うなら英会話。ある日突然、吹き替え無しの映画の英語のギャグで笑えたりすると、ちょっと人生変わってしまうくらい感動しますよね。それと似た感じなんです。まるで小鳥達と会話が通じたみたいに感動します。鳴き声は、鳥たちの言葉です。それを覚えて、そして理解してください。地球は人間だけのものじゃないということも、理屈抜きに実感できると思います。


[101]>80 フリーペーパーに書いてあったこと offkey

自分の体験じゃなくて恐縮ですが、フリーペーパーで読んだ話を一つ。


それは夫婦がうまくやっていくコツをテーマにしたものだったのですが、

朝、ご主人が支度をしていてテレビを見ていないときに「今日の占いはどう?」と奥さんに聞くのだそうです。

奥さんはそのとき、占いがどんな結果であっても「今日は最高!ラッキーアイテムは○○」といって悪い事はいわないというのを読んで、いい奥さんだな、と思いました。


[102]八咫烏(やたがらす) powdersnow

サッカーの日本代表の印などでもおなじみの八咫烏。

道を案内して勝利に導くなど、非常に縁起の良い鳥とされています。

熊野をはじめとして、神社などでもよく紋様などでも見かけることがありますね。

カラスというと、黒くてどこか不吉なイメージを持たれる方も多い気がしますが、そうとは限りませんよということで。


[103]鬼瓦 powdersnow

屋根の縁起物といえば、装飾瓦の鬼瓦ですね。

装飾としての機能と、厄払いの縁起物としての目的を両立させた、日本でも古くからあるものです。

最近の住宅では余り見かけませんが、寺院や古い日本家屋が残る街並みを訪れたときには、見所の一つになります。

鬼瓦の名前の通り、鬼の顔をしたものだけでも、表情は様々です。

そのほか、防火を願い「水」と字を入れるものなど、鬼の顔に限らず、その種類は様々あります。

もし、瓦屋根の古い家屋を見かけた折りには、屋根にも目を向けてみては如何でしょうか。


[104]>83 笑いを誘われます。 atomatom

鳥に笑わせてもらうってこと、ありますよね。

ぼくは飼ったことがなくて、テレビなんかで観るだけなんですが、それでも九官鳥などが喋ったりするのを観ると笑ってしまいますよ。また絶妙のタイミングで微妙なことを喋ったりしますからね。

「笑い」っていうのは自分よりも弱いものがしでかす何かを高みから見下ろすときに生まれる感情だという説もあります。

たしかに、この取るに足らない鳥が意味もわからずに人の声の真似をして喋っているのでしょうが、そういう理屈では割り切れない違った種の交流のようなものを感じることさえあります。

だって九官鳥に「オハヨー」とか「アリガト」って言われると嬉しいですもの。


[105]鶯(ウグイス)の鳴き声を右耳で powdersnow

春の訪れと共に、その独特の鳴き声を聞かせてくれる鶯。

ホーホーホケキョという鳴き声は、スズメやカラスと並んで、日本でも指折りの有名な鳴き声の鳥と思います。

そんな鶯ですが、その春最初の鶯の鳴き声が、右側の耳で聞こえると、縁起がよいという話を聞きます。

あまり有名でもないくらいの俗説のようですが、知ってしまうと、ついつい気に留めてしまうものです。

今年の春の音色は、山道を歩いていた折り、右側の樹に止まっている鶯が鳴いたのを聞くことが出来ました。

知らなければ何もないことですが、縁起話を知っていると、どこか得した気分になれるのが嬉しいですね。


[106]>91 フクロウ powdersnow

縁起鳥として有名ですね。

古くから木彫りなどでも家に置かれる存在なのは、それらの言い伝えが影響しているようにも思います。

私の実家にも、木彫りのフクロウが置かれていましたが、その愛嬌のある形から、子供の頃から印象に残っている鳥ですね。

自然の中では、簡単には見かけることができない鳥ですが、実際に見ることが出来れば、それだけでも幸せを与えてくれるでしょう。


[107]>106 ハリー・ポッター qwer-asdf

ハリー・ポッターのペットはフクロウですよね。私はフクロウの置物を集めています。最初はただのお土産でもらっていたのですが次から次へと集まるようになってしまいました。知恵のほうは…まだまだです。


[108]コイン占いで婚活力UP?! xxkinocoxx

婚活が騒がれている今、良縁が何処にあるかと

その時期が早いか、遅いかを

コインが沈む位置と速さで占える神社があり

先日先輩が行ってチャレンジして来たそうです。

先輩のコインは遠くまで流れず、近くで早く沈んだそうで

近場に居る人と、遅くない時期にめぐり合うという結果。

だから、未来の旦那様は今周りに居る人かもしれない!

…と、いつもよりちょっとウキウキした様子でした^^

占いなのであたるもハッケイあたらぬもハッケイですが

縁起がいい結果がでれば、その占いが切っ掛けで

毎日当り前に過ぎてた日常が少し違って見えたりして

結果的に今まで見過ごしていた出逢いや運が

寄ってくるのかもしれないなぁーとおもいました☆


[109]シーサー。 nakki1342

沖縄の家の屋根には、シーサーがある場合があります。

他にも家の入り口に置かれる場合もありますが

その場合は、口をあけたものとあけてないシーサーを一つずつ

左右に置くんですけど

シーサーは、家の中に魔物が入らないようにするために

置くんですけどね

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%B...シーサー


[110]>42 登下校中に xxkinocoxx

私も小学生の頃よくやっていました!

白いところだけを踏むとか。

なぜか、白い所意外は息を止めてなくちゃダメとか

達成されると、なんだか今日はいい日になる気がする!

・・・というような感じで今考えると不思議な

ゲン担ぎをしていたのを思い出しました(笑)


[111]ケシゴムに好きな人の名前 xxkinocoxx

子供の頃は、やたらといろいろな占いや

ジンクスみたいなものが生活の中に溢れていて

その中でも、消しゴムに好きな人の名前を書いて

誰にも触られずに、使い切ったら両思いになれるという

占いが教室で実しやかに流行をした事がありました。

触られてはいけないので、

消しゴムを貸してといわれても貸す訳に行かず

貸せないといえば、誰かの名前が書いてあるとばれてしまい

誰の事がすきなのかと問い詰められ

結局私は成功しないまま初恋を終えた思い出があります(笑)


[112]>99 おみくじ xxkinocoxx

「くじ」と書いてあるので

悪い結果でも「くじ」だしね!…と諦めが付き

でも、いい結果なら神社でひいたものだから縁起がイイ!と嬉しくもなれて

おみくじは見つけるたびに引いてしまいます

ところで、年に何回も引く時いつも疑問なんですが

これって、一番最近ひいたのが現在の運勢ってことなんでしょうかね?(笑)


[113]>98 血液型占い。 xxkinocoxx

O型の取扱説明書は

本当に、私を見ていたんじゃないかというぐらい

当てはまる箇所が多くて、O型の友達同士で笑いながら読みました(笑)

血液型で決められることじゃないですが、話すきっかけになったり

なんだか同じ血液型の人とだと急に親近感をもてたり

つながるきっかけに、いいですよね


[114]誕生日占い akilanoikinuki

ふと、自分の誕生日は何があった日かなぁと、〇月〇日と検索すると、誕生日占いにいきあたりました。

試しに、自分の誕生日と旦那の誕生日をチェックすると、大当たり。私は女性のわりには占いを信じないほうなのですが、ここまで当たっているのは初めてで、旦那と大爆笑。

ぜひ、みなさんも自分の誕生日を検索してみてはいかがですか?


[115]狛犬 akilanoikinuki

縁起物というより、守り神なのでしょうが、沖縄のシーサーについて書かれていた方がいたので、いいかなと思い、書かせて頂きます。

私は神社の狛犬がとても大好きです。

狛犬も地方色や、その神社独特の言い伝えにより、かなり形が違います。

ある地方では、シーサーのように丸々とした狛犬だったし、他所ではやけに筋肉質だったり、ある所では、ウサギだったり・・・。

そんな狛犬への愛情がめばえ、神社に行く度に、写真を撮らせて頂いています。

そんな事を友だちに行っていたら、彼女が旅行へ行った時、わざわざ私のために狛犬の写真も撮ってきてくれました。

ちょっと恥ずかしかったです。


[116]ウサギの耳 nekomanbo56

ウサギの耳のサボテン育ててます。落ち着きます。


[117]>112 おみくじ toukadatteba

私は一番最近にひいたものが現在の運勢だと思っています(笑)

悪いものをひいても、節目節目でリセットリセット。


[118]>94 ビルの廊下でやって・・・ some1

2歳の時にビルの4F廊下で「あーしたてんきになーれ」とアニメか何かの真似でやって

靴を建物の外に蹴りだしてしまいました。

初めて履いた靴を無くした思い出です。


[119]>111 消しゴムに名前 tk09

占いじゃあないかな?

小学生の頃、流行りました。

好きでは無いけど、仲の良い女子の消しゴムをからかって見たら、

自分の名前が書いてあったときは度肝を抜かれました。

うれしいような気もするが、見なければ良かった...と。

あ??、今モテたい。。


[120]タロットカード kyou_mii

タロットカードで占いをしたことありませんか。

以前、少し興味を持っていくつかの占いを学んだ事があるのですが、

いろんな占いが出来て、しかも、絵柄や占い方法が神秘的でなぜか

引き込まれてしまいます。

私はあまり良い結果は信じないようにしているので、結構前向きに

出来ていますが、もしほんとにハマってしまうと結果によっては

大変なことになってしまうかもしれませんねw

以前は家族や友人に対して、覚えたての占いでいろいろ説明したり

したんですが、うまくやるこつは、良い結果だけを伝えて、あとは

良い感じににごすのが良いですねw

もともと、タロットカードは現在のトランプと同様のカードゲーム

のように使われていたこともあって、親しみやすいものなんです。

占いとなると少し構えてしまいがちですが、もっと軽く考えてみると

楽しいですよ。

お家で毎日、毎週、占いをしてみる家庭もいいかもしれませんねww


[121]>119 消しゴムに名前 kyou_mii

そんなジンクスありましたね。私は男ですが、小学生の頃、クラスの女の子の間で

流行っていたらしく、消しゴムをまるで神様のように扱っていたのを見ていました。

今、大人になってみると、好きな人には気持ちをうまく伝えようとがんばるものですが、

小学生の当時は、好きな人の事はとても神秘的な事のようで、誰にも言わないまま

過ぎ去っていたように思えます。

年齢によって価値観は変わるものですね。


[122]>117 おみくじ kyou_mii

私も、一番近い時期に引いたくじを信じています。

というのも、人の運勢も時間によって変わるものだと思うからです。

あとは、良くない結果が出ても、自分の中で引きなおしを許すことによって納得しているんだとおもいますwww


[123]>113 血液型占い 性格 根拠 kyou_mii

自分は、血液型占いは「結局4種類しかないじゃん」と割り切っていたタイプだったんです。

でも、血液型の取扱説明書のように、それによって性格の違いはやっぱりあるのかな、とも思います。

一つ根拠になっているのは、免疫学から説明したもので、例えばO型は免疫力が強いから、細かいことに気にしなくても病気になりにくいし、活動的な方が有利になる。

だから、おおざっぱな性格の人が多い。

逆にA型の場合は他の型よりも免疫力が弱いので、常に細かいことに気を配っておかないと体調をくずしたりしてしまう。

なので、物事に細かい人が多い。

というものです。

なるほど、と思うのですが、こういうのってどのくらい信憑性があるのでしょうかね?

あまり考えずに、あくまで占いに留めておくのがいいのかもしれませんねw


[124]>79 星占い yaezakura39

結構みます。

仕事運が良いのに金銭運が悪いってそんなことあんのかよ?!っみたいな。


[125]テーマって何でも良いのか? yaezakura39

テーマは「鳥」「占い」「屋根・屋根裏」+「縁起物」で、二つのテーマをミックスした話じゃないのか??


[126]>123 血液型占い atomatom

もう40歳になって、いい加減いい年のおっさんですから、現在は血液型占いも気になりませんけども、思春期には盛り上がりましたねえ。

まず自分の好きな子の血液型をなんとかして知ること。

それから彼女の血液型と自分の血液型が如何にベストマッチであるかを証明すべく、本屋で立ち読みです。ありとあらゆる血液型占いの本を手に取り、こっちの本ではこうだ、お、この本のほうがさらに相性がいいと書いてくれてあるぞ、なんだこの本は、A型同士だとおススメできないって書いてあるじゃないかー、などど一喜一憂が著しかったですよ。

思うに、同じ血液型でも解説が少しずつ違っているのがかえっておもしろいんでしょうね。


[127]>110 登下校のゲンかつぎ atomatom

ぼくもやりましたねえ。まず小学生のころは横断歩道の白いところだけを踏んで歩く。これをさらに発展させて、地面のきれいなところだけを歩く。常に足元を見ながら、汚れているところには足を着地させず、だからガムの跡なんかは丁寧に避け、選びに選んで一歩ずつ進んでいました。おそろしく登下校に時間がかかりましたが、靴の裏はいつもきれいでした。

高校になってからは自転車通学。

帰りに自転車のペダルから両足を下ろさない、つまりずっとこいだまま、というルールを決め、これが守れたらラッキー、足を下ろしてしまったらアンラッキーということにしていました。

信号で止まって着地しなければならないとまずいので、かといって赤信号を渡るわけにも行かず、やむを得ず青信号の、本来の方向とは反対の方向へ回り込んでしまうこともたびたびでした。

ジンクスに一喜一憂できるのどかな日々でした。


[128]>125 出題の意味は C2H5OH

イエはてなの“リブ・ラブ・サプリ?FORTUNE”では、毎回変わるテーマが3つと、それに加えて毎回募集のテーマが1つあります。そこで

>THEME:「鳥」「占い」「屋根・屋根裏」+「縁起物」

という書き方になっているわけです。

意味は「鳥」or「占い」or「屋根・屋根裏」or「縁起物」ということで、

(「鳥」or「占い」or「屋根・屋根裏」)and「縁起物」ではありません。もちろん複数のテーマにまたがる凝った回答が出来ればそれなりに高評価が期待できるかもしれませんが。


[129]>71 私は占いはパーソナルなものであってほしいと C2H5OH

一番いいのは、自分で自分を占うことだと思います。占いは霊能力や超能力とは違い、易にせよタロットにせよ、基本の通りの占い方をして、出た結果を基本通りに検討していけば、誰でも同じ結果が得られる物です。日本の占いの代表格の高島の名で知られる易断などは、こうした占いの基本を誰にでもわかりやすくマニュアル化したことで広がった占い方でした。

占星術や手相人相見、姓名判断なども、様々な流派があるとはいえ、予め成立しているマニュアル的なものに照らし合わせて鑑定していくだけですから、やり方さえ知っていれば、誰でもプロと同じ結果が引き出せます。

もちろん素人が他人を占っていたずらに人を悩ませるようなことになったらまずいですから、そういう面での素人占いは厳禁だと思いますが、自分に対してなら自己責任です。占いを参考にしたいなら、自分のことは自分で占って、そして自分の意志で未来の選択を決めていくのが一番いいのではないでしょうか。

占いのやり方なんて覚えたくない、そういう世界に深入りはしたくないという人は、自分で引く神社のおみくじなどがお勧めだと思います。

プロの占い師さんは、自分一人では抜け出せない泥沼にいるような人に手をさしのべる助け手であってほしいと思います。


[130]>124 星占い lovespread13

見てしまうと気になりますね。いいことだけ信じて、悪いことは忘れてしまいますね。ラッキーカラーとかって当るんでしょうか?(笑)


[131]デジタル時計 lovespread13

占いとはちょっと違うかもしれませんが、なんとなく時計をみて、偶然数字の並びが自分の好きな数字だったり、誕生日の並びだったりするとなんとなく、いいことあるかもとかちょっとだけラッキーな気分になります。

買物の金額や、お釣りでも偶然、777とかぞろ目だとちょっとうれしくなります。


[132]>90 ツバメ azaburecipes

芝公園でつばめが空を飛んでいるのを何度もみかけました。東京でもツバメがちゃんといるのだな、と感心しました。ツバメが巣を作ると、幸せを運んできてくれるといいますが、飛んでいる姿を眺めるだけでも幸せが訪れてきそうです。


[133]>128 そうだったのか yaezakura39

てっきり「and」だと思ってました。スッキリしました、ありがとうございます。


[134]>3 押し花 yaezakura39

にしたなー。純粋だったあの頃に戻りたい…。


[135]>47 屋根に歯を投げる yaezakura39

やってました。マンションに住んでる人ってどうしてたんだろう??


[136]ノキシノブ natumi0128

ノキシノブという草があります。

軒に生える忍草という意味で、この名がついているとおり、軒下や屋根、崖や木の幹など、様々なところに生える草です。

現在の普通の人家にはあまり見ることもないでしょうが、古いお寺や藁葺き屋根のお家などには、屋根にも生えます。

雑草と言ってしまえばそれまでですが、昔から日本人は風情のある草として歌や句などにも詠んできました。

軒荵けぶるが如し庵の月 中村汀女

決して派手ではないその姿が、こころに合うものだったからなのでしょう。

小さな隅のほうにあるものや、何でもないようなものにも、美しさを見出す感性。

昔の人のセンスを見習わなければな、といつも思います。


[137]>132 ツバメ・巣 canorps

ツバメ

見かけるようになってきましたね。

ああ、暑くなってくるんだなあと思います。

その前にじめじめの梅雨が待っていますが。

巣をあちこちに見かけるようになると、ヒナが顔を出したりして

とてもかわいらしいですよね。

けれど、あの狭い巣に入っているヒナたち、落下事故などでなくなってしまった雛などを

見かけることも少なくありません。

私は特にスズメが好きなのですが(夫には鳥を見かけては興奮してるのでお前の前世はハンターだといわれています)

ツバメの巣を見ていると思い出すことが一つ。

小学生の時に体育館で見た映画です。

たぶんなにかの道徳の映画だったと思うんですが

覚えている部分が

子供が屋根瓦をはずした中にスズメの巣を見つける>巣の中に居た雛を大事に育てる>蛇の猛威から雛を守る>>>スズメの雛をおとながやきとりにしてしまう。

という部分しか覚えていないんですよね。

いったい何の道徳の映画だったのか・・・

動物を愛護する優しい心?でも焼き鳥にされてしまったし・・・。

違う鳥なのに、ツバメの雛を見ると、いまだに、それを思い出す私。

あれはなんだったのか、同じ映画を見たひとっているのかしら。


[138]コウノトリ australiagc

鳥路線でコウノトリ。子は宝です!


[139]>120 タロットカード fumie15

タロットカードの絵柄はとてもきれいですよね。占いはできないのですがつい見入ってしまいます。


[140]>131 分かります!! fumie15

わたしも誕生日の並びやぞろ目を見つけるとうれしくなります。その時間まで待つこともあるのですがその時間まで見てしまうこともあります。お風呂のデジタル時計で待っていてゆだってしまったこともあります。


[141]>104 言葉を話す鳥 meizhizi87

昔、近所のそば屋でオウムを飼っていました。道路にカゴごと置いていたので、通りかかるたびに「こんにちは」と話しかけていました。テレビでは自分の住所が言えて、迷子になっても戻ってきたという鳥もいました。それを見て私も思わずオウムを飼いたくなりました。そしたら自分の名前と同じ名前をつけて、しゃべらせようと思っていました(笑)


[142]>138 貴重な鳥 meizhizi87

コウノトリやトキは貴重な鳥ですね。最近ですが、新潟から私の住んでいる地元までトキが遊びに(?)来たようです。ニュースでもしきりにやっていて、トキをみつけてもそっとしてあげましょうと言われていました。そんな貴重な鳥が近くで飛んでいたなんて信じられないですが、うれしくなりました。


[143]鳥の世話 meizhizi87

小学校で文鳥を飼っていました。飼育係だったので、えさをあげていたのですが、ちょっとしたことを覚えました。それは、鳥のえさは、丸くて小さなゴマのようなものだったのですが、鳥は器用にもその中身だけを食べて殻を残します。そのため、一見、えさが箱に残っているように見えても実は空で、下からかき混ぜてあげないといけないということでした。知らなかったら空腹になっていたと思います。世話して初めて知ったことです。


[144]>18 野鳥として powdersnow

朝に鳴き声が聞こえても、なぜかムクドリか……みたいな扱いをされてしまう鳥ですね。

集団でほかの鳥を遠ざけてしまって、その場所を独占してしまうみたいな様子が、そう思わせてしまっているのでしょうか。


[145]>100 山などを歩くと powdersnow

知らない鳥の鳴き声が、毎度のように聞こえます。

父親は学生の頃から山歩きをしていたので、子供の頃に連れられていた時には、名前がすぐにわかって、凄いなと思ったものです。

自分の場合は、まだまだ聞いたあとに家に帰ってから調べる事後対応がほとんどですね。

なかなか、聞いた途端に鳥の名前が浮かんでくるまでにはいきません。


[146]>97powdersnow

何かお祝い事でもないと、なかなか接する機会がないものですが、野草の花ならいろいろと見かけます。

その場所の気候などによって、同じ季節でも様々違う花々が咲いているのが、とても面白いです。

特に一定の場所でしか見ることが出来ないような花ですと、それを見ることを目的の一つに訪れたりもしますね。

花の存在というか、あの外見の美しさは、人にとってとても素晴らしい存在だと思います。


[147]>101 ラッキーアイテム powdersnow

占いはあまり気にしませんが、ラッキーアイテムなどを聞いていると、

二者択一のような場合にどちらでもいいやというケースでは、何となく耳にした方を選んでしまいますね。

自分にとっては、占いはそれくらいでいいかなと思います。

わざわざ耳にしたことを追いかけて実践するほどのものではなく、巡り合わせたら、乗ってみる……程度ですね。


[148]>143 家で鳥を飼っていました fumie15

幼いころ借家だったので鳥を飼っていました。ある日偶然が重なって玄関から外に逃げ出してしまいました。母と姉と私の3人で一生懸命呼んだら3時間くらいで帰ってきました。あんなにあせった3時間は初めてです。その後もう一匹飼ってつがいで飼ったら間もなく卵を生みました。結局孵りませんでしたが、懐かしい思い出です。

その後猫を飼ったのでもう鳥は飼えません。


[149]>114 誕生日占い fumie15

誕生日占いの本はいろいろ書いてあって面白いですよね。誕生花や同じ誕生日の有名人など読み物としても面白いです。


[150]羽ペン meizhizi87

チャペルでの結婚式では、署名をする際「羽ペン」を使います。すごく豪華でいいなぁとうらやましく思います。憧れます。

また、昔のアニメや映画では、羽の先にインクを付けて手紙を書いたりしています。どうして羽だったのだろうと不思議に思います。

だけど、昔の人の知恵はすごいですね。羽で字を書き始めた人ってすごいなーと感心します。


[151]>134 五葉のクローバー to-ching

ご利益もっとある?http://item.rakuten.co.jp/keitai/192-850793/


[152]>65 屋根 to-ching

小さい頃はタブーでしたがこっそりと、何時もと違う景色を楽しんでました。


[153]>129 あの人 to-ching

沢山のテレビ番組に出ていた女の人の占い師、当たる確立はなんと5%だったそうです。これなら、私にも出来そう・・・


[154]焼き鳥屋さん to-ching

上京したときには必ず行きます、六本木です。雰囲気が良く美味しいです。もう30年以上は行ってます。ゆえに子供もオムツをしている頃からも行っています。生意気な子供達です、上京するときは楽しいので、ついつい飲みすぎてしまいます。ですから、地元の焼き鳥屋さんには行ったことがありません。やっぱり、高いけれど一生行くでしょう。沢山焼き鳥を食べた後はお茶漬けで〆ることにしてます。


[155]>145 家の近くでは to-ching

カッコー!ホーホケキョ!とはっきり聞こえます、特に後者はその鳴き声で朝目が覚めます。それから、おそらくひばりもいるようです。


[156]>19 ロフト r-zone

ロフトのある部屋って憧れますね〜。

ただあるだけでオシャレに見えてしまいますね。

一人暮らしだで1ルームだと荷物がどんどん増えて座る場所がなくなっちゃうんで;


[157]>151 四葉のクローバー r-zone

女のコはこぞって探してましたね。

いまの子でも取ってたりするのかな?

なかなか見つかれないレアものということでは、大人になった今でも惹かれるものですよね。


[158]>87twillco

近所の神社に鳩がめちゃくちゃいっぱいいて、エサをあげるのが昔は楽しみだったり

追いかけて遊んでました;


[159]ヒヨドリ gallerybaaba

数年前、我が家に定住したヒヨドリがいました。

家賃を払わない代償として、たっぷり観察させてもらいました。


冬の間、庭の花蘇芳の木に刺してあったミカン(本当はメジロ用)を食べに来ていたヒヨドリ。

春なって、花蘇芳の隣にあるビワの木に巣作りを始めました。


ビワの木はかなり大きく、葉もふさふさ生えているので、下から猫などに襲われることもなく、空を飛ぶ他の鳥からは目隠しとなり、ヒヨドリの目には“子育てによい環境”とうつったのでしょう。


ところが、わが家の2階の小窓をあけると、ちょうどヒヨドリさん家と同じ高さ。

巣の中は丸見え。卵は4?5個ありました。

それを知ったヒヨドリの警戒心は上昇。

こちらは観察したいので、ついつい小窓を開けてしまいます。

ヒヨドリと視線が合うこともしばしば。そのたびにヒヨドリは育児放棄。しかし、窓を閉めてしばらくすると必ず戻ってくるので、安心して見ていました。


その繰り返しを重ねること、2週間ばかり…。

ようやくヒナが孵りました!

ヒナたちは食欲旺盛。親鳥は超忙しそう。

巣立ち間際なると鳴き声は大音量。うるさいことうるさいこと…。

たまに親鳥が出かけているときを狙って、孫たちがそーっと小窓を開け、わざと甲高い声で「ピャッ!」と鳴きマネをすると、ヒナたちは口大きく開いてピャッーピャッー鳴き出します。親鳥が鳴いたと思ったのでしょうか…。


やがて巣立ちのとき。

兄姉たちは上手く巣立ちできましたが、末っ子は巣から脱落…。

慌てて人間の手で、巣へ戻してみました。

その間、親鳥は気も狂わんばかりの鳴き叫び。

しかし、その子も2?3日のうちに無事巣立つことができ、ヒヨドリ家は空き家と相成りました。

めでたし、めでたし!



今年も春先までは庭に来ていたのですが、その年以来、巣づくりはしてくれません。

ヒヨドリ


[160]>139 タロットカード kinnoji7

タロットカードというのは何百種類ものカードが販売されているのでどれを選んで良いのか迷ってしまいます。タロットカードを選ぶときは自分が良いと思ったタロットカードにしたり、タロットカードを手に持ってシャッフルしたときに手にしっくり馴染むカードの方が占い易くて相性も良くなると思います。また、タロットカードのデザインなどに凝っているのも良く、個性的なカードを選んで占いをしてみるのも良いと思います。


[161]>157 四葉のクローバー kinnoji7

小さい頃はよく四葉のクローバー探しをやってまして、そんなに探さなくてもすぐ見つけられた記憶がありました。マンガのように大人5人がかりで夜までやって見つからないはずがないと心の底では思ってました。が。見つからないものですね。時間としては30分ぐらいですが全然見つかりません。四つ葉のクローバーは葉っぱにキズがついて、それを再生しようとして四葉になるものと、遺伝子レベルの変異種の2通りなんだそうです。「踏みつけられる場所に四つ葉のクローバーがある」というのはまんざら嘘ではないようですね。


[162]>74 幸せの青い鳥 kinnoji7

幸せの対象を手に入れる前にもそれなりに幸せに暮らせ、手に入れたら大きな幸せを得られ、もし失ってもまたそれなりに幸せに暮らせるのではないでしょうか。幸せの青い鳥は、幸せに暮らす習慣ではないかと思うのです。自己の信ずるままに生きていくことが、最大の幸せなのでしょう。 私は幸せの青い鳥をまだ持ってませんね。


[163]>137 ツバメ kinnoji7

昔からツバメは縁起の良い生き物として、また農作物の害虫を食べてくれる益鳥として、日本では大切にされて来た鳥ですね。ツバメが渡って来るのは、嬉しいお客様の到来でした。だからこそツバメも人を信頼して、敢えて民家に巣を作る習慣があるのですよね。でもこのギスギスした世の中です。子連れや弱者を「迷惑だ」と言わんばかりの現代では、糞の掃除をしてまででもツバメが来て嬉しいわなどという心のゆとりは無いのでしょうね。


[164]>135 屋根に歯を投げる kinnoji7

私も投げてましたね。屋根に乗っかればいいけど、力がないしコントロールも上手く行かず、地べたに落っこちたこともあったと思います。上の歯なら縁の下に、下の歯なら屋根の上に投げると、その後鬼より強い歯が生えてくるとか、ネズミより強い歯が生えるとか、屋根の上にあげると、スズメより強い歯になるとか言われてましたね。


[165]屋根裏に突然やってきた居候 choco-latte

ある日、いつものように寝ていると、

朝方5時?6時頃、天井からパタパタパタと何かが走る音がしてきました。

何かいる!泥棒??

でも人間の足音じゃないな。ネズミ??

って思っていたら、突然 バサバサ って音が…。

ネズミじゃなかったらコウモリ??

眠いのに勘弁してくれよーって思っていました。

起きてからおかあさんに「私の部屋の上に何かいるみたいなんだけど…」

って聞いてみたら「あぁ。スズメがね、巣を作ったのかも。

数日前からスズメが屋根から出たり入ってしてんのよ」って。

「せっかくうちに来たんだからしばらくいさせてあげれば?」と、いうので

しばらく居候させてあげることにしました。

居候させるのはいいのですが、

毎日のように私が起きる前に、朝になると歩く音が…。

休みの日に昼まで寝ているとさらにチュンチュン泣き声まで聞こえてきて…。

早く出て行ってくれないかなぁって思っていました。

しばらく時がたったある日

ピーピーと、聴きなれない泣き声が聞こえるようになりました。

もしかして雛誕生?!

おかあさんに「ねーねー。屋根裏にさ、雛がいるみたい!」

って言ったら、「家の裏見てみて!枯れ草がいくつか落ちてるんだけど、

あれきっと巣作りするときに運んできたのよ」って。

さっそく家の裏側にいってみると、地面に藁みたいな枯れ草が落ちてる

箇所がありました。上を見上げてみると、ちょうど私の部屋側。

藁とか、何度も何度も

セコセコと運んできたんだーって思うと、なんだか可愛くなってきました。


平日の昼間は家にいないので、いいのですが、

おかげで休日はゆっくり寝ることもなく

早起きするようになってしまいました。

それからまたしばらくした休日。

いつもの足音の他にパタパタといくつかの足音が。

パタパタパタと、いつもの足音のあとに

軽い足音がバラバラに

パタパタパタ。

もしかして雛たちが歩けるようになったのかな?

姿は見えないけど、たしかに居るんだ!と思いました。

月日がたつにつれ私の部屋の天井がにぎやかになっていき、

泣き声や足音にもなれてきました。


しかし、ある日突然その音が聞こえなくなる日がやってきました。

どうやら雛たちも無事巣立った日がやってきたみたいです。

あれだけウルサイ!って思っていたのに、

いなくなったらなんだか寂しいように思えてきました。

ツバメのように次の年もやってくるかと

思ったのですが、それ以降うちに来ることはありませんでした。

一度も姿を見ることはなかったけど、春になると、あの時の雛たちが

今では親になってるのかなぁって思い出します。


[166]>161 四葉のクローバー tibitora

四葉のクローバー、子供のころクローバーがたくさんあるところで探したりしました。

見つけるととてもうれしいですよね^^

この間友達が結婚をする知り合いにあげるために四葉のクローバーを探してみたらしくて、無事に見つかってその知り合いさんの所に贈られたそうです。

友達の気持ちと幸せを運んでくる四つ葉のクローバーで、知り合いさんに幸せなことの多い新生活が訪れるとうれしいです^^


[167]>154 焼き鳥丼 tibitora

私はお肉はあまり食べないのですが、たまに少しだけ焼き鳥とかを食べたくなります。

そんなときに食べるお肉はとてもおいしいです。

スーパーで1本から買えるばら売りの物をかってきて、炊き立てのご飯の上にのせて焼き鳥丼にして食べることが多いです。

ゆっくり味わって食べるようにしています。

to-chingさんのお話を読んで焼き鳥丼にお茶をかけてもおいしそうだなあと思いました^^


[168]>140 ぞろ目 nakki1342

私も分かります

時間が12時34分を見たときとかも

少しハッピーになれます

その逆もありますよね・・

見たくないぞろ目の時間とか・・


[169]空一面のブルー peach-i

朝起きて、空を見る。

そのときに空一面が真っ青に綺麗な青空だと今日一日が幸せな一日になるような気がする・・・そんな風にいつも感じています。

空一面のあの青空は幸せで縁起を感じる素敵な色だなって思います。

絵の具では出せないような・・・

勿論何の道具を使っても、どんな芸術家にもあれほど綺麗な素敵なブルーを出すことは困難な気がします。

自然にしか出せないあのブルーは心を温かくしてくれて、見守ってくれて、一日を大切な日だと感じさせてくれるパワーをいつも感じます


[170]夢占い peach-i

夢って結構忘れやすいですよね。

でも一生懸命覚えておいて・・・

夢占いで自分で診断したりすると思いもよらぬような結果が出てくることがあります。

心の奥・・・深層心理・・・

私達の心にはそうしていつも眠っている心があるんですよね。

そんな心を閉じ込めておかないでいつでもオープンに大事にしたいです


[171]>168 11時11分11秒 peach-i

これを偶然見たらお願い事をすると叶うと聞いたことがあって、そんなときは目をつぶってお願い事をしています。

たまにしかやってこない偶然ですが、幸せもそういうものですよね。

たまにしかやってこないハッピーだからこそ幸せ感じます


[172]>166 四葉クローバー peach-i

あまり見つけたことが無いのですが、見つけたときは大事に名札の中にしまったものです。小学生のときですけどね^^

小さな可愛いハッピー。

大事にいつも身に着けておきたかったんです


[173]>149 誕生日占い peach-i

自分が生まれた日。

世の中にはきっと同じ日に命を授かった人が居ます。

きっと何かのご縁だろうなって思います。

そんな誕生の日から占うものって神秘的でいいですよね


[174]鳥インフルエンザと新型インフルエンザは別物扱いで! fusakogane

関西地方から関東地方まで感染者が日に日に増加している新型インフルエンザですが。。。マスク姿で黙々と通勤・通学・外出をしている人達を見ていると、自分を含めて日本人の生真面目さや他人との協調性の高さが興味深いです。

報道ニュースを見ていると、メキシコでの第一発生地でこそ住民のほとんどがマスクをして歩いていますが、その他の患者発生地のアメリカやヨーロッパでは、患者さんに直接に接する関係者(警察・医師・看護師・警備)しかマスクをしていないように思えるのですが。。。。

用心深く感染予防に従順に行動する日本人の良いところではありますが、用心のためにマスクを手に入れようとする人達が増加したために、マスクの在庫がなくなり本当に必要な人が買えなくなってきそうな状態のようです。そのうちに追加生産するよりも、現時点で在庫を持っているマスク製造業者が出荷数を調整して便乗値上げをしたり、転売を狙った倉庫泥棒も現れてくるのではないでしょうか?

鳥インフルエンザは、感染のスピードがとっても速く発病後の致死率も高いようですが、新型インフルエンザは通常の季節性のインフルエンザ並みの予防対策で十分に対応できるのだそうです。

<鳥>を恐れて<新型>に過剰反応しているのではないでしょうか?


[175]<鳥肌>と<さぶいぼ> fusakogane

寒かったりゾッとすると立ちまくる鳥肌ですが、大阪から来た友人が言っていました。

「鳥肌が立つなんて聞くとなんか気持ち悪くて、<さぶいぼ>が立つ!」


[176]屋根に上がって建前の餅まき dayday

私の実家(新潟)では家を建てるときに屋根に上がって、餅撒きをします。


基礎の上に柱を渡し、屋根を木で作ったら、その屋根の上から、小さなお餅や、紅白の糸をつけた5円玉、お菓子、ミカン等を大工さんや建て主さんが、建前(たてまえ)の時に、撒きます。

もう子供や大人はミカンやお菓子、お餅を拾いあいます。

その時に、大きな矢で悪霊退散を願って矢を放つまねをしたり。


最近は、ツーバイフォーとか、コンクリート住宅ではしなくなったようですが。

子供の頃は、この餅まきを楽しみにしていました。


特に5円玉に紅白の糸が結び付けられているお金は、大事に財布にしまっています。

福がやってくるような気がしてです。


[177]>167 鳥といえば焼き鳥かぁ。 atomatom

いや、イエはてなっぽくない連想、たまにはこういうのも新鮮でよいです!

焼き鳥にこだわっている友人がいて、とにかく何串食べたかを数えているんです、彼は。

焼き鳥丼などの串から外してある肉はカウントしないっていう独自のルールがあるようで。

一生懸命ブログに「今日は何串」って書いています。

なんだか応援したくなるような視点です。

イエで焼き鳥屋の味を再現しようとしても難しいのは、一つには隣りの親父のグチみたいなBGMがないことでしょうかねえ。


[178]妊婦さんはよく当たる! dayday

妊婦さんになると、とたんに懸賞とか当たると言われています。

私も妊婦の頃、なぜかくじ運が良くなって懸賞とかに当たりました。


あと、不思議な事に、双子の入った私の妊婦腹をさすって、あやかりたい!!と言っていた女性は結婚。

新婚の一人っ子娘の女性は、待望の男の子を懐妊。

弟の彼女も、懐妊して出来ちゃった結婚。


その後、産まれた双子を抱っこした女性が4名ほど懐妊。


我が家の息子を抱っこすると、男の子を孕む・・・と言われました。


その息子も7歳になり、もう実力?は消えてしまったようですが、

妊婦さんのお腹には、幸運が入っているみたいです。

あやかりたい・・・あやかりたい!!


[179]>176 たちまい azaburecipes

子供の頃に一度だけ経験しました。近所の家でたちまいがあって、おもちやポテトチップスが降ってきて、それをみんなが拾っていました。大人も本気で拾うので、気をつけていないと踏まれそうでちょっと怖かったです。それが当たり前の行事かと思っていた私ですが、そうじゃないかなと思っています。むしろ珍しいことなのかなと思います。今では、楽しい記憶になっています。


[180]合格祈願の鉛筆で… xxkinocoxx

小学校の時に、おばあちゃんが有名な

学問で有名な神社で買ってきてくれた

鉛筆を使って受験勉強をしていました。

合格祈願の鉛筆は、勉強をしている時に

「滑らない」「落ちない」用に丸型ではなく、

六角形や三角形のものが殆どです。

受験では、時に選択肢に迷うことがあったりすると

そのときに、試験監督の先生に見つからないように

よく鉛筆をひそかに転がし迷う選択肢を

鉛筆に宿る神様の力で占っていたのを思い出しました(笑)


[181]>170 夢占いで行動に注意します! fusakogane

現実で気になっていることや心配事があると夢になって出てきます。

最悪な結果の夢なら、現実でそうならないように行動を変更したり注意して動いたりしています。

どおいう訳か大成功したとかうまくいった夢は、なかなか見られなくて、やっと小さいハッピー出来事は、起きてみると忘れてしまっています。

<正夢>ってあんまり経験したことがないような気がします。


[182]>180 一夜漬けの最終手段でした! fusakogane

定期試験の一夜漬け。。。出来る訳がありませんよね! そこでもう最後の頼みの綱は、この<エンピツころがし>に頼っていました。。。

番号や記号の数が多い選択問題はもっぱらこればっかりでした。制限時間がなくなってくると、教室のあちらこちらでカラコロと、一夜漬け組みが<エンピツの神>にお伺いを立てていました・・・・・


[183]>142 コウノトリさんが連れてくるのよ! fusakogane

子供の頃に一度はこんな質問をして大人を困らせた思い出があります。

「赤ちゃんはどうやって作るの?」

親や大人の人達はちょっと困った顔をして、それから優しい笑顔になって答えてくれるのです。

「それはね。。。赤ちゃんをくださいって神様にお願いするとね。。。ある日 コウノトリさんがね。。。真っ白なシーツに真っ赤な赤ちゃんをくるんで飛んできてくれるのよ。。。」

質問した本人はなんとなくちょっとだけ納得してみましたけど・・・


[184]>65 屋根に登って…落ちて… aicyu

「屋根にのぼる」といえば、悲しくて嬉しくてはずかしい思い出があります。


私が大学生の頃、週末になると、父と母はよく山ドライブ&温泉旅行に出かけていました。

思い立ったように出かける2人なので、私が家に帰ると、「××へ行ってます。××日には帰ります。」といった書き置きがありました。


ところがある日、私は家の鍵を持たずに出かけてしまい、家に入れず困ってしまいました。

その日は金曜日。両親はおそらく日曜日まで帰ってきません。

その頃は携帯電話もない時代ですから、連絡も取れません。(父母はいまだに携帯電話を持っていませんが…。)

2?3時間ほど近所の喫茶店で時間を潰したのですが、両親が帰ってくる気配は全くなく、やっぱり温泉旅行に出かけたな…と思いました。


仕方がないので、思い切って、駐車場の屋根伝いに家の一階の屋根に上り、2階の自分の部屋の小窓から家に入ろうと考えました。自分の部屋の小窓にカギがかかっていないことに賭けて…。もし、窓の鍵がかかっていたら“のぼり損”です。あと、自分の体が小窓から入るかどうかも賭けでした…。


大学生にもなって、しかもスカートで、屋根にのぼる経験をするとは思いませんでした。

そして、お約束のように足を滑らせて、屋根から落ちるとも思いませんでした。


足を滑らせて両手足をすりむきながらも、ようやく小窓に辿り着くことができました。

小窓のカギがかかっていなかったのは、この日一番のラッキーでした。


家に入ると、案の定、旅先の宿の連絡先を書いたメモが置いてありました。

足を捻挫した痛さと、小学生のときのように身軽に屋根にのぼれなくなっていた情けなさとで、思わずメモに書いてある連絡先に電話をし、家の鍵を置いていってくれなかった両親に文句をぶちまけました。

屋根から落ちた…といっても捻挫と擦り傷程度だったのですが、電話では怪我の状態が相手に見えないのをいいことに、かなり大袈裟に報告していました。そして、文句を言うだけ言ったらスッキリして、その後は、両親のいない1人暮らしを気ままに楽しんでいました。


ところが、その夜中1時か2時頃、車庫に車が入る音で目を覚ますと、両親が帰ってきていました。私が屋根から落ちたことを大袈裟に訴えたせいで、電話を切ったあと、旅先から急いで帰ってきてくれたのです。

せっかくの旅行だったのに、宿をキャンセルして高速道路を飛ばして帰ってきてくれた両親に、とても悪いことをした…という後悔の気持ち。そして、こんなに大きくなった自分に対し、いまだに心配してくれるというありがたさ。


屋根から落ちたのは痛かったけれど、そのおかげで両親の愛情深さを感じることのできた嬉しくも恥ずかしい思い出です。


[185]スズメを逃がす atomatom

タイには面白い習慣があるんですよ。

道端に小さな鳥かご。その中には5羽くらいのスズメが入っています。

売り子がいて、観光客に勧めているんです。

スズメなんて旅先で買っても仕方がないって思うんですけど、これ、売ってるわけじゃなくって、お金を払って逃がしてやってくれ、っていう商売なんです。

スズメを逃がしてやるとその功徳が自分にいつか返ってくる、という考え方です。

小銭を払って逃がしてやる権利を買うタイ人は結構いるようです。商売が成り立っているんですから。

スズメをどうやって捕まえているんでしょうかね。ザルの下に米粒っていう古典的なワナなんでしょうか。今度、タイに行ったら聞いてみよう。

スズメの他にも金魚やカメというバージョンも見たことがあります。


[186]>172 四葉クローバー twillco

小さい事は必死になって皆で探してました。

ごくまれに五葉、六葉があったりするんですよね。


[187]>163 ツバメ twillco

ツバメが低く飛ぶと雨が降るとよく言った物です。

雨が降る前は空気中の水蒸気が増えて、ツバメの餌となる小さな虫の体や羽も湿り気をおびて重たくなるため、虫が高く飛ぶことができなくなり

虫を追いかけるツバメも低空飛行をしてそうなるみたいですね。

今日も雨なので昨日は低く飛んでいたのでしょうか??


[188]>164 屋根に歯を投げる twillco

『下の歯は屋根に、上の歯は縁の下に』が基本ですね。

地域によっては、下の歯は雨の落ちるところにとか、土の中にとか、いろいろあるようです。

投げた歯は一体どこにあるんだろうか・・・

いまでも屋根の上にのっかってるんでしょうかww


[189]>188 屋根に歯を投げる koume-1124

私も子供の頃「いい歯に代われ。」と言いながら抜けた歯を投げた思い出があります。

アメリカやローロッパでは、「枕の下に入れて眠ると妖精やネズミがお金やプレゼントと換えて行ってくれる」といった言い伝えが多いようですよ。

妖精という表現が、なんだか夢のある話ですね。


[190]>186 四葉のクローバー ryo_ma

小さい頃探してましたが四葉は1度も見つけられず、

何故か五葉とかは見つけてましたね^^;


[191]>56 屋根裏の散歩者 aicyu

>「小公女セーラ」を見て屋根裏部屋に住みたい

とは、何とも乙女っぽい…。かわいらしいですね。

私もそういう少女でありたかった―。


私は「屋根裏」と聞くと、江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」が頭に浮かびます。

10代の頃、江戸川乱歩が大好きで、全集を読みまくった…というか読み倒しました。

「屋根裏の散歩者」は「人間椅子」の次に好きな作品です。


下宿の屋根裏を歩き回り、隣人たちの生活を覗き見て、秘密を知ってしまう場面は、読んでいてゾクゾクしたものです。読んでいる自分も、まるで透明人間になったような気分でした。そして、自分もいつか下宿生活をしたいと思ってしまいました。自宅で自分の家族の生活を覗き見ても面白くないし、うちの家族はたいした秘密も持ってなさそうなので…。

江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者 (光文社文庫)

江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者 (光文社文庫)


ところで・・・「屋根裏」と「天井裏」の違いって何なんでしょう?

小説ではないですが、アンジーの「天井裏から愛を込めて」という曲も好きでした。

私は「屋根」や「天井」よりも、その“裏”に惹かれる傾向があるみたいです。(こんなこと書くと、なんだか暗い人間みたいですけど…)

天井裏から愛を込めて

天井裏から愛を込めて


[192]鶏眼(けいがん) miyupie777

鶏眼とは、足の裏や指にできて痛いあの「魚の目(うおのめ)」の正式名称です。ドイツ語では魚の目のことをH?hnerauge(Huhn=めんどり+auge=目)と言い、これを直訳した言葉の様です。ドイツでは鶏の目、日本では魚の目に見えたのですね。

で、近所の整体の先生によると、整体では魚の目は骨の歪みが原因と考えていて、歪みが治ると魚の目も治り再発もないそうです。不思議ー。


[193]>152 屋根の上で猫が追いかけあい tibitora

屋根に上った事は私もあります。

バトミントンの羽とかが屋根の上にのってしまった時なのですが高いところが怖いのではしごや脚立で上るのは何とかなるのですが、降りるときがすごく怖かったです・・・。

実家では屋根の上で猫が追いかけあいの遊び(ケンカ)をしているそうです。

プラスチックの「???」な作りの屋根部分もどたばた走っているみたいなので屋根を踏み抜かないかと心配ですが、暑くなってきているのでそろそろ屋根の上から日陰に遊び場所を変えるかなとも思っています。


[194]ラッキーカラー fumie15

ラッキーカラーを調べてみました。私の場合は白だそうです。特に信じてはいないのですが、何かを選ぶときにはこだわりがないときはたいてい白を選んでしまいます。白はもともと好きな色ですし、何色に合わせてもいいので気に入ってます。


[195]>122 おみくじ T24oe

毎年初詣のときに引きますね?。

実は大吉を一度も引いたことがありませんww

吉や中吉がよくでます。


[196]>190 四葉のクローバー qwer-asdf

探してました。

なかなか見つからず友人の姉からもらったものを大切に持ってました。


[197]>171 ぞろ目 qwer-asdf

アンケート以外の人力検索には時間が記載されていますよね。

あれのできるだけのぞろ目をみたいです。


[198]>189 借家に住んでいたので qwer-asdf

屋根に歯を投げることはありませんでした。

もし投げていても知らない人が住んでいるわけですしね。

一回やってみたかったです。


[199]>156 ロフト qwer-asdf

一度ロフト付きのコテージに泊まったのですが、運動神経のない私は残念ながら登れませんでした。今だったら登れるのにな。


[200]>130 ラッキーカラーは qwer-asdf

ハンカチでやります。一番手軽にできるし、朝ハンカチを選ぶときの参考にします。


[201]>200 星占い linne

毎週メールで届く星占いを欠かさずに見ています。あたらないな?とは思いながらも気になってしまう。占いって不思議です。


[202]>194 ラッキーカラー eiyan

ラッキーカラーって本当にあるらしいですね!

その人独特の色ですね!

確かに色によって感情も変化しますね。


[203]>192 魚の目けい眼 eiyan

どんな名称で呼称させるんでしょうか?

地方独特の言い方があるんでしょうね。

ある種の腫瘍ですね。


[204]>185 すずめ eiyan

すずめは日本において希少危惧種になるんですね。

どこらでもいるすずめだから貴重とは思わない。

ほら!今日もチュンチュンと朝から騒いでますよ!


[205]屋根に風見鶏 aicyu

初めて神戸を訪れたとき、屋根に風見鶏のあるイエがやたらと目につきました。

神戸には風見鶏が似合う洋館が多いから…とか、港近くの街だから…とかいう理由もあるのでしょうが、街中をよく観察すると、電話ボックスやバスの停留所,お店の看板など、あちこちに風見鶏が立っています。あとからガイドブックで、「風見鶏は神戸市のシンボルマークのようなもの」と知り、納得。もちろん、北野異人館・風見鶏の館も見学してきました。


神戸で見た一般のお家の風見鶏には、いろいろなデザインがありました。

一番多いデザインはやはりニワトリ。ニワトリもオンドリなのかメンドリなのか、鶏冠も肉髭もなく、ニワトリというよりはもはやペンギン?というデザインのものや、服を着たニワトリやパンツをはいたニワトリ…と、実に様々でユニークでした。ニワトリの他には、カモメ,アヒル,イルカ,クジラ,魚、帆船を象ったものもありました。


それぞれの家で、家族みんなで、どれにしようこれにしようと相談して決めたものなのだろうか…と想像すると、そのイエの歴史と団結力が垣間見える気がして楽しいです。


ところで、風見鶏は英語ではweathercock。その名の通り、実用としては風向計ですが、ヨーロッパでは魔除けとしての役割もあるそうです。ハザマさんの今回のメッセージにあった、日本でいう“土蔵の屋根の〈水〉の文字”や“懸魚という妻飾り”と似たような感じでしょうか。人種や風土に関係なく、人間にとってイエは生活の拠点。一番守りたいところです。悪いものの侵入を防ぐのに効果的な何かを設置するとしたら、まず思いつくのは「屋根」か「玄関」ですから・・・。



イエの屋根にフォーチュン・サプリな一文字を書くとしたら???

私もひとつには決められないです。

でも、多分…、“目”という字をデザイン化したオリジナルな文字(記号)を描くかな。

イエを守るおまじないですから、外に向けて「見てるゾ!」という威嚇的なイメージで。


[206]>126 血液型占い bg5551

B型ってなんで嫌われるんでしょうね。テレビでやっている占いもB型はいつも

成績が悪い気がするのは気のせいでしょうか。


[207]>206 血液型占い。 ttz

基本的に気にしません。信じているわけでもありません。でも、やっていると見ちゃうんですよね・・・


[208]>198 人生に一度だけ。 ttz

子供のころだけの経験ですからね。ひとつのイベントごとですよね。抜けそうな歯が気になっていっつも触ってたな?


[209]>199 ロフト ttz

子供の隠れ家であり、大人の隠れ家でもありますね。子供のころはさながら秘密基地ってところでしょうか。憧れましたね。縁がありませんでしたけど、これからロフト付きのマイホームでも考えてみようかな。。


[210]>202 ラッキーカラー ttz

何かに書いてあったりしたわけじゃありませんが、好きな色は赤です。なので自然と赤がラッキーカラー扱いです。まあ、自分が好きな色が一番だとうと!


[211]>196 四葉 ttz

子供のころはよく探したな?。でも、覚えている限り、見つけたことはないですね。つまり、四葉のクローバーは見たことがありません。いつか子供に見つけてきてもらおう!


[212]>195 おみくじ ttz

お正月の毎年恒例の行事ですね。最近は大吉が良く出ます。悪いのを抜いているという話も良く聞くので、そういう時代なのかな?などとうがった見方をしてしまいます。でもまあ、大吉ならそれはそれで良し。


[213]>121 消しゴム ttz

好きな人の名前は書いたことがありませんが、自分の名前を彫りこんでいました。授業中に。勉強嫌いだったのかな。。


[214]>197 ぞろ目と誕生日 ttz

自分の誕生日の時間を偶然見ることってけっこうあります。おおすごい!と思うんですけど、何かの雑誌で読みましたが、自分の誕生日の時間をよく見る人って神経質な人が多いんだとか。そうなのかな?


[215]>158ttz

神社の境内によくいますね。それも大量に。エサを投げてたくさん集まってくるのが楽しかったりします。鳩おばさんみたいな人が体中に乗せてたりするとひいちゃいますが。。。


[216]>183 コウノトリ ttz

大人が考えたいい話のひとつなんでしょうか。いつの時代も子供が大人にする質問は変わらないということで、今の子供も大人になったら、子供はコウノトリが連れて来るって言い続けるんでしょうね。


[217]ウッドデッキに屋根を付ける Cocoa

わが家に念願のウッドデッキが出来ました。最初はお洒落なスペースが出来たと家族一同大喜びだったのですが、思ったほど利用されませんでした。その大きな理由の一つが、屋根が無いということでした。屋根がないので雨の日には使えませんし、野ざらしなので、せっかく可愛い椅子やテーブルを置いてみても、すぐに汚れてしまいます。そこで屋根を付けることになりました。

作るのは日曜大工好きの父です。母は、そんな大物ちゃんと作れるの?プロにお願いした方がいいんじゃないの?と心配そうでしたが、父は頑張りました。色んなお宅を熱心に見て回って、どんなデザインにするかを決めて、製作に取りかかっていました。出来上がったのはパーゴラ風の木組みの上にポリカーボネートが乗った、ウッドデッキによく似合う素敵な屋根でした。既存のウッドデッキ部分も含めて統一した塗装が施されて、まるで最初から屋根付きで作ったみたいな出来映えでした。

テーブルと椅子を置いて、完成祝いのお茶会をしました。母と私はお茶で、父はビールです。まだ残る塗装の香りも、父の笑顔と合わさると、それも爽やかな香りに感じられました。

屋根の効果は絶大でした。まず、置いたテーブルや椅子の汚れが格段に少なくなりました。屋根があると葦簀を立てかけたり簾を垂らしたりも簡単に出来るので、日よけだけでなく目隠しにもなって、ご近所の目が気になりません。

さらに、物干し棹が渡せる金具を付けてもらって、洗濯物干しが楽々。それまでは二階のベランダを物干しに使っていたので、1階で洗って、それを2階まで運んでとやっていましたが、この屋根のお陰で、もう洗濯のために階段を上り下りする必要が無くなりました。母と私には、これが一番のメリットだったかもしれません。(笑)


[218]>216 日本のコウノトリは絶滅 Cocoa

今人工繁殖のコウノトリを再野生化させるプロジェクトが進んでいますが、日本で生まれた野生のコウノトリは、もう全て死に絶えてしまっているのだそうですね。今日本にいるコウノトリは全て、ロシアや中国から譲り受けた鳥を人工繁殖させたものだそうです。

日本のコウノトリ絶滅の引き金になったのは第二次大戦だそうです。松の木の根から油を取って燃料にするという計画のために、コウノトリの営巣に適した松の木が大量に伐採されました。しかも当時の人々は戦争のことだけで手一杯で、コウノトリのことなどに構っていられる余裕がなかったことも、傷口を広げる原因になってしまったようです。

今、兵庫県では野生復帰計画が開始されていますね。東京でも動物園の外を自由に飛び回れる飼い方ができないか検討されているそうです。そのためには色々な環境整備が必要だと思いますが、一番大切なのは、もう二度と戦争を起こさないことですね。

最近の日本は、海外の戦争に関わりすぎだと思います。第二次大戦も最初は全て外国が戦場で、軍人でない人には他人ごとでした。今がちょうどその頃と同じなのだろうと思います。このままいくと、行く末も昔の二の舞になりそうです。


[219]バードカービングの楽しみ Catnip

バードカービングとは、木彫りの鳥を作ること。その昔アメリカでは、カモ猟の囮として、木で作られた鳥の模型が用いられていたそうです。そこから発達してリアルなアートとして彫られていくようになったのがバードカービングです。

日本では1979年に始めて紹介されたそうで、それ以来、アートとして、DIYとして、さらには剥製に代わる鳥の生態を正確に表現するものとして、多数の人によって彫られ続けて現在に至っています。

バードカービングに使われる木は、国産材だとカツラ、ヒバ、シナ、ホオなどが彫りやすく好まれます。ヒバなどは彫っているとヒノキ風呂のような芳香が爽やかで、それだけでも癒されます。

また私はイチョウでも彫ったことがあります。それは鳥が巣を掛けていたこともあった大きなイチョウの木でした。切り倒され、運搬の都合で現場でさらに切り刻まれていた物の一部をお願いして譲り受け、それを乾燥させて彫ったのです。まるで木の精霊が乗りうつったかのように彫りやすい木でした。

バードカービングの工具の基本は、ナイフと彫刻刀です。ナイフはバードカービング用として専用の物も市販されていますが、

http://www.toyokuni.net/kanetune/kaba001.htm

私は昔ながらの切り出し小刀タイプを使っています。

大まかな削り出しにはグラインダーがあると便利です。木彫としては邪道なのかもしれませんが、私は丸い砥石が回る、本来は金属を削るためのグラインダーで、ちょうどこのくらいの形になるまで削ってしまいます。ナイフを使って削り出すよりずっと楽です。

http://www.hobbysworld.com/SHOP/30170502.html

木工ヤスリで削ってもいいですね。刃物と違って、安全に楽に荒削りが行えます。

さらにこういうルーターがあると、細かい作業がとても楽になります。

http://www.argofile.co.jp/maxima/framepage15.htm

細部を緻密に表現していくためのバーニングペンという焼きゴテもあると、本格的な出来映えが手軽に得られます。

http://1st.geocities.jp/arttool2000/page023.html

万が一削りすぎてしまったら、パテを盛ってやり直せばOKです。最後は全体をリアルに塗装していきますから、それでOKなんです。年輪などが邪魔して細かく彫れない部分があったら、わざとその部分を削ぎ落として、パテで整形してしまうという方法も有りです。

パテは足を作る時などにも用います。真鍮線で芯を作り、パテで肉付けをして、鳥らしい細い細い足を作ります。金属に密着するエポキシパテなどが用いられます。

最後の彩色には、水性のアクリル絵の具がよく使われます。塗料ではなく絵の具ですから、繊細な表現が可能です。薄い色で重ね塗りをしながら調整しつつ徐々に塗っていくと、絵心のない私のような者でもうまく塗っていけます。

本来のバードカービングは本物と見間違えるようなリアルな作品を作っていくものですが、手作りにルールはありませんから、木彫りのクマのように彫り跡鮮やかな工芸品としてもいいですし、彫るのではなく、芯を作ってそこにパテ盛りをして成型していくやり方でもいいと思います。

とにかく造形のために鳥を観察していると、今まで気付かなかった色々な発見があります。何気なく眺めているのとは全く違う鳥の世界に気が付きます。こういう自然との触れ合いが、バードカービングの喜びの一つです。


[220]>193 布団干し actro

親がよく屋根の上で布団を干していました。

そこで飼っている猫がよく昼寝をしていました。

最近は干さなくなってしまいましたが、何となく好きな

光景でした。


[221]>178 妊婦 eiyan

妊婦は人生の源。

生きる事に逞しくなるし、簡単に動揺しない。

その覇気が作用するのですね。


[222]>55 カラス eiyan

秋から春に沢山のカラスが電線に整列していますね。

何かの変わり目に大会議をするのでしょうね。

カラス公害はどこにでもある様です。

最近のカラスは人慣れして人が近付いても逃げませんね。


[223]>54 ウグイス eiyan

早春になるとウグイスが鳴き出しますね。

まだ未熟な鳴き方は徐々に上達して上手になります。

人間に教わるウグイスはきっと素人でなかなか上手になれないのだろうと思いますね。

姿をなかなか見せないウグイスの鳴き声を楽しみましょう。


[224]>187 ツバメ futanbo

ツバメの水上すれすれを飛びまくる姿を見たことがありますか?すごいです。すごいかっこいいです。

近くの里山を知って、初めてそんなツバメの飛ぶ姿を見て

ため息が出ました。大きな池があってその水面すれすれのところをビューンと飛んでいきます。時々、水に足をピチャっとつけて見せたり。ヤクルトがなぜスワローズなのかその意味が、

わかりました。自然の中を飛ぶツバメの姿はほんとにかっこいいんです。

もちろん、街中の巣の中の子供たちもかわいいですね。


[225]>88 茶柱 eiyan

そうですね。

茶柱が立つのは茶葉がバラでなければならないですね。

最近は茶袋にお茶葉が入っているので茶柱が立つ事はないです。

時にはバラで入れますかね。


[226]>223 ウグイス futanbo

ウグイスと鳴き合いしてる方がいたんですね。すごい嬉しいです。

私も仲間です?

里山に行くと、たくさんのウグイスがいろんな鳴き方をしています。

おっしゃるとおり、少しずつ上手になっていきます。

私の口笛は下手くそです。でも、ウグイスが鳴いたあと、モノマネを

するんですが、そうすると返してくれるんですよね。(思い込みかな?)

で、延々やっちゃうんです。

私も一度、散歩に通った方に「ウグイスと競争ですか?」と笑われました。

でも、ほんとかわいいですよね、あのホーホケキョのあとの「ケキョケキョ・・」

が私的にはツボです・・。^^


[227]>222 カラス futanbo

カラスはほんとに頭がいいですよね。いろんな賢いエピソードを聞いたことが

あります。

・・私はカラスに頭を蹴られたことがあります・・。

公園の並木道をボーッと歩いていると、背後から急に・・頭を何者かに

蹴られ・・びっくりして前を見ると、カラスがいて。

「え??!カラスに蹴られた?」頭にきてカラスを睨みましたが、

カラスは前方の木に止まったまま、嬉しそうに?「カァ?カァ?」

鳴いてました・・。「ぼーっと歩いとったらあかんで!^^」と

バカにされた感じでした。。自分が情けなくなりました・・・。

でも、いい話のネタできた^^とも思いました。


[228]>103 鬼師 eiyan

鬼瓦を創っている人を鬼師といいます。

名前からどんなに怖い人かと思われますが、とっても優しい良い人柄です。

独特の作品を創り最近は屋根瓦の鬼瓦に利用するより、モニュメントとして装飾化されています。

需要は減り創作する人も激減しています。

お寺寺院等がなくならない限りは続くでしょうが、一般住宅では殆ど需要がなくなりますね。

寂しい限りです。


[229]>220 屋根 futanbo

屋根の上で寝るなんて、素敵すぎますね・・。

しかも星空をながめるなんて・・。ああ、死ぬまでに一度してみたいです。

干した布団の上で寝るのも最高すぎますね・・。

想像しただけで、ホワーンってなります。。


[230]>215 鳩の巣 futanbo

よくマンションのあいてるところとかに作ったりして、怖かったです。人が住んでるとこに作ってたこともありました・・。もう糞とかですごいことになってて。そうするんだろう・・て。しかも真向かいのマンションだったので、早朝の鳩の鳴き声が(あれは子供の鳩だったのかな?)

かなりうるさくて。。鳩の巣は・・大変だ・・。


[231]>1 占い eiyan

血液型と星座占いは高確率でいえてますね。

最近は特殊な血液型種類もあって選択肢も多くなりました。

星座と併せて占いは欠かせないですね。


[232]>211 四葉のクローバー futanbo

西洋では四葉のクローバーには十字架の象徴的な考えがあって、日本でもそこから幸運のしるしとなってるのかもしれませんね。


[233]>204 すずめを逃がす futanbo

なんかヨーロッパの教会かなんかでも、鳩とか同じように

してるところがあるような。。なんかCMでやってたような気が

するんですが。。


[234]>75 布団干し eiyan

布団を屋根瓦で干すのは苦労しますね。

屋根に上がるのも大変ですので、最近は地上での物干し台物干し竿で干してます。

それでもふっくら干せますね。

これから夏の暑い陽気でよく干せますよ。


[235]>201 テレビの星占い futanbo

早起きの私は、いろんな朝の番組の星占いを見るでもなく、聞いてしまいます。気にしないけど自分の星座が一番いいとやっぱり快適。ビリのを言うとき、大体のアナウンサーが「ごめんなさい・・○○座のあなた・・」と悲しそうな声で言うのがいつも気になって「謝るくらいなら言うな!」とテレビに突っ込んでしまいます^^


[236]>127 横断歩道 futanbo

やってましたねー。特に男子が^^

なんか男子って女子とほんとにやることが違って

おもしろかったです。

くだらないことが好きとゆうか・・。

あ、でも白いとこ踏むのは、遊びとしてやってたかも^^;


[237]>160 タロットカード futanbo

昔働いていた会社に占いがあたると評判のお局様風の人がいて、

社内旅行のときに、みんなで占ってもらおうと盛り上がり(女性陣で)

そしたら、その人はタロット占いで・・。タロットカードとか

見るの初めてで、すごい盛り上がりました。一応当たってるところも

あるような・・って感じでしたが。絵がほんとに魅力的でしたね。


[238]>232 四葉のクローバー koume-1124

私は見つけるのが下手で、なかなか見つけられなかったですね?。

見つけられる子は1個2個3個と次々さがしだすんですけどね。


[239]>237 タロットカード koume-1124

うちの近所でよく当たる占い師さんがタロットカードで占ってくれますが

めちゃくちゃ当たるんですー!!!

でも、タロットカードって毎日触ってないとなかなか当たらないみたいですね。


[240]>209 ロフト tibitora

私もロフトは隠れ家みたいであこがれます。

一度ロフトに上ってみたことがあるのですが梯子状の階段の角度が急で上り下りが怖かったのを覚えています(^^;

慣れると怖くなくなるのかな。

趣味の遊び部屋にもよさそうですよね^^


[241]>226 ウグイスとメジロ atomatom

梅にウグイス、よく聞く言葉です。

でも、本当は梅などの花の蜜を吸うのはウグイスではなくってメジロなんですね。

今日まで知りませんでした。

っていうか、ぼくはメジロのことをウグイスだって思っていました。

ウグイスってウグイス色ではないんですね。オリーブ色。

ウグイス色なのはメジロなんです。

今までウグイスを見つけたって思ったのは、ぜーんぶメジロでした。

・・・恥ずかしい・・・


[242]>236 横断歩道 tibitora

横断歩道の白いところだけ踏む、甥っ子もしています。

男の子は体を動かすのが好きなのかよくぴょんぴょんと横断歩道でとんでいますよね(笑)

甥っ子と歩いているときは曲がる車が来たら飛ぶのをやめて普通に歩くようにいうのですが、残念そうにしたりそのまま駆け足でとんで渡りきってしまうこともあります。

車が来たときは気をつけて渡ってほしいです;;


[243]>227 カラスはなぜ黒い atomatom

黒い鳥を探してみました。

カラスがその筆頭で、ほかにはグンカンドリ、鵜、九官鳥もほぼ黒色ですね。

どうして黒になる必要があったのでしょう。黒の有利な点といえば、日光熱を吸収しやすいことくらいしか思いつきません。

飛翔能力の高いカラスは高い体温を維持する必要があるのでしょうかねえ。


[244]小さな手作り風見鶏 watena

風見鶏は、ヨーロッパでは魔除けとして取り付けられることが多いようです。何かがあると大声で鳴いて知らせてくれる雄鳥は、かつては家を守ってくれる大切な存在でした。そこでこの雄鶏が常に雄々しく風に立ち向かっている姿を屋根の上に設置して、悪しきものが寄りつかないようにしたわけです。

そういう話を聞いて、私も風見鶏を付けてみたくなりました。しかし市販品は数万円と高価なようです。それにあまり大きな物を屋根に乗せると倒壊や落下などの災難に見舞われそうで、それでは逆効果ですので、ごくごく小さなミニチュアを製作することにしました。

ベースにしたのは、安価な子供向けの科学キットです。風向計と、なかなか本格的なカップ式風速計が一体になったキットで、風向計は約40cmの長さがあります。この風向計部分(矢の後方に羽根が付いたような形になっています)の上に、かっこいい雄鶏を作って乗せれば、自作ミニ風見鶏になります。

雄鶏は軽く作らないと風向計が動かなくなりそうですので、素材は薄い銅板としました。まず型紙を作り、その形に添って、全く同じ物を2枚切り出します。そして叩き出しの技法で立体感のある右半身・左半身を作り、ハンダで合体させます。中空ですので、かなり軽量に作れました。最後に仕上げとして、ステンドグラス用のパティーナ(化学反応によって金属を着色する薬剤)を使って、ハンダ付け部分を目立たなくするとともに、全体に古びた感じを出しました。パティーナにはブラック(黒色)、カッパー(銅色)、アンティーク(古びた銅色)などの種類がありますが、私はアンティークを用いました。ただしパティーナは物によっては毒性があったりする取り扱いに注意を要する薬品ですので、使用に当たっては、事前事後も含めた十分な注意が必要です。

こうして出来上がったミニ風見鶏を、本当は屋根に付けたかったのですが、それではおおごとになりすぎますので、ベランダの手摺りに付けてみました。風が吹くとちゃんとその方向を向いて、わが家を守ってくれているようです。

風見鶏というと、あっちのご機嫌取りに、こっちのご機嫌取りにとせこく立ち回るずるい奴の代名詞という良くないイメージがあるようですが、それはかつてそういうあだ名の政治家がいたからです。本当の風見鶏は、雄々しく風に立ち向かう姿で家を守る勇敢な存在です。皆さんもぜひ風見鶏を手作りしてみませんか。動かない風見鶏を、方位を示すモニュメントとして庭に建ててみても、いい感じになると思います。


[245]>229 屋根の上からの眺め atomatom

小学生のころはとにかく高いところに登ったのが好きでした。

よく登ったのが公園に設置してあるプレハブ倉庫の上。掃除道具なんかを仕舞ってある小さな倉庫で、小学生でも3人も登ったら満員になるようなスペースでした。

登って、特に何をするってわけでもないんですが、駄菓子を食べたり、おしゃべりをしたり。

そこはかとない優越感に浸っていたんでしょうね。

高いところにいるってだけだったんですけど。


[246]選挙に行こうキャンペーンを兼ねた政治家占い Fuel

解散するしないで揉めに揉めた政局ですが、今年中には衆院の任期が満了しますから、泣いても笑っても近々選挙があります。また国政選挙以外にも、随時様々な選挙がありますね。しかし、どの選挙も投票率があまり高くありません。中には50%を切っている選挙もあり、有権者の過半数を下回っても成立してしまうなんて、それで公正な民主主義と言えるのかと疑問に思ってしまいます。

そこで大切な選挙権を無駄にしないキャンペーンを兼ねて、政治家占いというのはどうでしょう。どんな立候補者でも必ず名前は公表されますから、それで姓名判断をするわけです。立候補者にランダムに数字を割り当て、適当なクジを作って番号を引いて、当たった候補者の姓名判断が、そのままあなたの今日の運勢です。占いの仕方については、最近はネット上に色々な姓名判断サイトがありますので、それを利用します。

実はこれ、前回の統一地方選の時に、仲間内ですごく盛り上がったんです。

「うわぁ、俺今日は×△○夫だよ、性格は消極的、チャンスを掴むのがへたで行動力や実行力に欠け、社会の表舞台に立つのがむずかしい、酒や女性が原因で失敗しやすい、そのくせ見栄っ張りで意地っ張りだって。でも今日の運勢グラフはなかなかいいよ」

というようなぐあいです。

高名な政治家先生が姓名判断で行くとけっこうボロボロだったりして、爆笑です。なお、立候補名は本名とは限りませんが、これは政治家占いですから、立候補名で占ってOKと考えてください。

他人を勝手に占いのダシに使ってしまうなんて普通なら失礼な話ですが、立候補者は公人として様々な評価を受けることを予め承認しているはずですから、

・占いの結果を流言飛語的に流布する

・文書(Webも含む)で公開する

などのことをしなければ、選挙に限っては差し支えないものと思います。

以上はただのお遊びですが、こういうことを通して、選挙への関心が高まります。占いの結果と、掲げている政策とを比べてみたりすることで、誰がどういう主張をしているのかなどがはっきりとわかってきます。名前と党名だけで判断していた選挙から、政策で選んでいく選挙に変わります。みんながそういうふうに変われば、国の未来も変わっていきます。

ついでに国政選挙の時は、国の未来も見てみましょう。これは神社でくれる暦の巻末に載っています。安定の年なのか、激動の年なのかなどを見て、選挙の結果で国がどう変わっていくかを考えてみましょう。

いにしえの時代、占いは政(まつりごと)の中心でした。きっと王の占いによって、国の全てが決定されていったのでしょう。

民主主義の現代にあっては、占いも私たち庶民が行いましょう。占いの結果で投票する人を選ぶわけではありませんが、それを候補者の政策を知るきっかけとし、自覚的な有権者として政治参加していくことができれば、きっと全てがよい方向に変わってくると思います。


[247]イエ・バードサンクチュアリ計画 momokuri3

バードサンクチュアリとは、直訳すれば「鳥の聖域」です。野鳥を中心とした野生生物が安心して生息できる場所を意味し、一例をあげればこういう自然保護区がそう呼ばれます。

http://park15.wakwak.com/~wbsjsc/011/

このような自然環境を丸ごと保全するような場所は、元々自然なんて無い人間の家では望むべくもありませんが、せめて鳥がやってきて、一時的にでも安心して過ごせる場所を作ってみたいと思いました。

そのために、まず餌台を用意してみました。一つはこれを参考に作りました。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2e/51/ef2972850d43dbf46ac444...

これは何かというと、メジロなどの体の小さな小鳥用です。格子は小鳥が楽々入れる間隔とします。これでカラスやヒヨドリに横取りさない、小さな鳥が安心して食べられる餌場になります。オレンジを輪切りにして置いてみたら、なんと本当にメジロがやってきました。こんな鳥がちゃんといるんだと感動しました。

もう一つ、格子のない餌台も作りました。こちらはカラスも歓迎の大きい鳥専用餌台です。

さらにもう一つ、格子なしの餌台を作り、それは穀物を食べる小鳥専用としました。スズメ専用に格子付きを用意しようかと思いましたが、うちの方は鳩はいないようで、今のところ格子なしでも、スズメなどの体の小さな鳥専用になっています。将来鳩がやってくるようにでもなったら、格子付きも作ろうかと思います。

それから小鳥の水浴び場所ですが、それはこちらの書き込みにとても詳しい説明がありましたので、その通りに作ってみました。

http://q.hatena.ne.jp/1216702101/177144/

最後に、窓ガラスの対策を行いました。まかり間違ってガラスに激突する鳥がいたりすると大変ですから、その対策です。マスキングテープで雲の形の輪郭を作り、すりガラススプレーを吹いて、窓ガラスに雲を浮かべてみました。なかなか見栄え良くできて大成功でした。

問題はご近所です。ご近所に鳥嫌いな人がいるとトラブルになりかねません。幸いうちの周りは皆さん野鳥や自然が大好きな方ばかりで助かっていますが、ご近所の敷地に糞害が発生していないか、鳥を飼っている家がある場合その鳥に伝染病などの健康被害のおそれはないかなど、随時注意を払う必要があると思います。良かれと思って始めたことが、逆に野鳥への反感を買ってしまうようなことになったら大変です。

苦情があったらいつでも言ってもらえるように、挨拶を積極的にする、家の前の歩道を掃くなどして顔を合わせる機会を多くする、町内の集まりには欠かさず顔を出すなどの努力が大切だと思いますが、それは円滑な社会生活の基本ですから、何もしていなくても心がけた方がいいですね。とにかくこれで鳥が遊びに来てくれるイエになりました。「今日はすごいぞ、メロンがあるぞ」「わぁ、鳥が皮を喜ぶね」などという会話も出るようになって、ペットのいないわが家にも、共生する生き物のいる幸せがやってくるようになりました。


[248]>184 屋根から落ちたことはありませんが v72

私は学生の頃アマチュア無線をやっていて屋根にアンテナを立てていたのでよく屋根に登っていました。また家の直ぐそばにもアンテナのタワー(柱)を立てていたので地上からすぐにそこを伝って屋根に簡単に上がることができていました。

鍵を忘れた時はそこから屋根に上がり、二階の窓から入り込んでいました。

近所の人からもこの行為は黙認されていました。

でも今思うとかなり無用心でしたね。


[249]>242 石畳 v72

横断歩道ではなく色のついた石畳とかでもよくやってました。

最近あまりこういうことをしている子供をみかけません。

なんか懐かしい思い出です。


[250]>243 カラスは頭がいいですね v72

カラスも道行く人を覚えていて見知った人だと何となく安心したようなそぶりをしています。

見くびられているのかもしれませんが。

一見さんのセールスマンなんかがウロウロしていると何となくカラスたちがザワザワとしているので一種の番犬みたいです。


[251]>240 作りました v72

隠れ家ロフトが欲しくて家を建てるときに作りました。

何となく下からは見えない秘密の空間でいいですよね。


[252]>241 ウグイスは飼ってはいけない鳥 v72

なのですが、我家の庭木にパンをちぎって入れたカゴをぶら下げているとスズメなどに混じってメジロやウグイスが来ます。

春先には歌う練習をしていて家族で楽しんでいます。

実質、ウグイスを飼っているのと同じですね。


[253]>239 友人が v72

昔の話ですがその当時親しかった友人がするタロット占いが本人が驚くほどよく当たっていました。

見よう見まねだったそうですがあまりにも良く当たるので怖くなってすぐに止めてしまったみたいです。

当たって欲しいけど当たるそれはそれでとても怖いですね。


[254]>234 屋根で干す v72

他のツリーでも書きましたが学生の頃は家の屋根は私のテリトリーでした。

それで自然に屋根に布団を干すのは私の仕事になっていました。

割と田舎の家だったので屋根の埃はほとんどなく天気のいい日にだぁっと布団を屋根瓦一杯に広げて干します。

ふっくらと干し上がったふとんは気持ちいいですよね。


[255]>1 選択肢が少ないから盛り上がる v72

他の人と相性とか話題にする時に余りにも選択肢の多い物で見ると相性が良くも悪くも一致することがあまり起こりません。

適当に選択肢が少ないことでマッチする機会が増えるし選択肢が少ない故にその結果が実際と合っていることが多くなるしそれが何となく信憑性が感じられる原因でしょう。

悪気の無い軽い話題程度の話と見ておけばいいんだと私は思っています。


[256]>217 屋根と日よけ v72

屋根のほかにあると便利なのが屋根からつるすタイプの日よけですね。

真昼間だと日差しは上から来るのであまり気になりませんが少し日が傾いてくると横からの日差しが結構邪魔になることがあります。それから風が吹いたりした時にも日よけがぶら下がっていると少し緩和されますし。

それから屋根からつるすタイプの植木鉢をいくつかぶら下げると結構いい雰囲気になりますよ。


[257]>178 期待して v72

嫁さんが妊娠中に宝くじをお腹にかざしてみたりしましたがご利益はありませんでした。

でも、結構よく聞きますよね、こういうことは。

きっと妊娠は忌むことでなく幸せなことだという信心がこういった形で語られているのだと思います。


[258]>177 焼鳥屋さん meizhizi87

最近、家族で焼鳥屋さんに行きました。この年になって家族と飲みに行くなんてあまりないと思うので、なかなか楽しかったです。また食べに行きたい!


[259]>258tunamushi

鍋焼きうどんにしても鳥は良い味出るよなぁ?


[260]>238 四つ葉のクローバー tunamushi

探すのに夢中になりました。小学校のネームプレートの裏に入れて、大事に身につけていました。


[261]>233 すずめ tunamushi

すずめは寿命が1年くらいで大変短い。それに警戒心がとても強く、なかなかつかまえられないです。だけど、したきりすずめにも出てくるように、かわいい鳥です。

以前、教習所に通っていたころ、すずめを引かないようにノロノロ運転していたら、「自分から逃げるから大丈夫だよ(笑)」と言われました。


[262]白鳥 tunamushi

白鳥が飛んでくると、あーもうすぐ寒い冬が来るなぁ?と思い、白鳥が飛び立っていくと、あーもうすぐ春が来るなぁ?と思います。ロシアの方からはるばる飛んでくるなんて、すごい力を持っている鳥だと思います。


[263]>235 占い tunamushi

携帯で毎日見ています。12位だと凹むけど、1位だとやったーと思います。単純だなぁ。


[264]>261 世界中どこにでもいる?! jane

学生時代、米国に住んでおりました。その間や、社会人になってからヨーロッパ諸国を旅しましたが、どこの国を訪れても、“すずめ”に遭遇しました。アジアででも、です。「すずめは世界中どこの国にでもいるのでしょうか?!」ご存じの方は、ぜひ教えてください!


[265]>256 ウッドデッキで読書&日光浴 jane

昨年、念願の戸建てに引っ越しました。南向きの物件の二階建てには、ウッドデッキがあるので、お天気の良い日は必ず“日光浴を兼ねた読書”をしています。オチは、目隠しのないところなので、少々ご近所の目が気になるのですが(苦笑)・・・開き直って楽しんでいます。。。汗 でも、太陽の光はなかなか気持ちのいいものですね^^♪”


[266]>252 ウグイスの鳴き声に癒されています! jane

ウチは都内なのに、ほとんど一年中、ウグイスの鳴き声が聞こえます。窓を閉め切っていても、うるさいほどです。でも・・・その鳴き声にと〜っても癒されています! ウグイスって、なんともいえない良い鳴き声ですよね☆★


[267]>225 一ヶ月に一回くらい! jane

私は、お茶をよくいただくせいか一ヶ月に一回くらい、“茶柱”が立ちます。友人に言ったら、「結構な頻度だ!」と言われ、驚かれましたが・・・そう言われると、徐々にありがたみがなくなってきてしまいました。。。(汗) でも、最近、とても辛いことがあって、そんなときに“茶柱”を見たら・・・「そのうち、この状況も良い方向に進むかもしれない」と思いました。些細なことですが、プチハッピーですよね! 日常のちょっとした幸せを大切にしなければ、と思わされた瞬間でした!!


[268]>214 自分の誕生日の時間、よく見ます! jane

それは・・・AMもPMも“起きていられる時間”だからなのかもしれないのですが、、、神経質な人が多いんですか?! 私ですか?!?!(笑) ちょっとショックでした。。。涙 もし、ソースがあったら教えてください^^★


[269]>213 消しゴムと言えば・・・ナンシー関さん! jane

私は消しゴムと言えば、ナンシー関さんを思い出します! でも・・・残念なことに、お若くして亡くなってしまいましたね。作品も、文章もとても素晴らしいと思い、書籍も何冊か読ませていただいていたのに、お亡くなりになって、もう「新作」を読むことができない、というのは、本当に残念なことです。他にも、同じようなことを職業にされている方はいらっしゃるのでしょうか。どなたかご存じでしたら、教えてください!!


[270]>53 「翼をください」 jane

私は、中学生の時の「合唱コンクール」で歌いました。残念なことに、2位だったのですが、この楽曲を提案したのが、何を隠そうこの私だったので(笑)・・・いまでも、思い出深い楽曲です!


[271]>210 ラッキーカラーは確かにある! jane

でも、例えば、占い等で出てきた色が、“自分に似合わない色(特に服とかを選ぶ場合)”だったら、最悪ですよね?!(苦笑) なので・・・ttzさんのおっしゃるように、私も、「自分が好きな色が一番(ラッキーカラー)」でいいと思います^^★☆


[272]動物占い! jane

数年前に、大流行しましたよね。いまは、書店の片隅に、さみしそうに置いてあります。。。汗 昨今は、また「血液型」に注目が集まっており、血液型占いが好きな日本では一時、ベストセラーにもなり、飛ぶように売れていますが、、、海外では、自分の血液型すら知らない人もいますよね!(事故にあって初めて、自分の血液型を知ったとかetc...) でも、私は、古いと言われても、断然、“動物占い派”です。私の“動物”は、人に言うと笑われそうな動物なのですが(涙)。。。これが、結構、自分でもビックリするくらいによく当たってるんです。

もうブームではないですが、このツリーを読んで、「ちょっと気になった」という方は、是非ぜひ「動物占い」を見て見てください(インターネットでも検索できます)。また、最近は進化して、同じ動物でも6から8種類くらいに細分化されたり、ブームの頃より、尚一層、当てはまるようになりました。これによって相性占いも、当たりやすくなったような気がします。私は、まったく占い好きではないのですが・・・これだけは、よく当たる! というのが持論です!(笑)


[273]>109 玄関に黄色のシーサー jane

ウチは、都内ですが、玄関に「黄色のシーサー(対)」を置いています。nakki1342さん仰せの通り、魔除けの意味合いが強いそうですが、家の中に置く場合、黄色あるいは金色が効果があると聞きました。また、その際、“対”で置くことに意味があるのだそうです!


[274]“タマゴ式”で鳥の絵を書く Fuel

ぶらりと入った本屋さんで、素晴らしい本を見つけました。その名も「“タマゴ式”鳥絵塾」。鳥はタマゴから生まれる、鳥の絵も二つのタマゴ型の組み合わせで驚くほど簡単にバランス良く書ける、というのがこの本の内容です。

“タマゴ式”鳥絵塾―水彩色鉛筆で楽しく野鳥が描ける

“タマゴ式”鳥絵塾―水彩色鉛筆で楽しく野鳥が描ける

とりあえずこのページを見てください。

http://www.fieldart.net/toriejuku.html

こんなふうに、頭と胴体の二つのタマゴ型でバランスを取りながら書いていけば、どんな鳥のどんな仕草でも楽々書けるようになる…らしいのです。

著者は谷口高司さんという方で、なんと日本唯一の野鳥図鑑画家なのだそうです。つまりただのイラストレーターではなく、写実的かつ正確な鳥の生態を描写する専門家、ということですね。その人が、タマゴ型2つで鳥の絵が書けるとおっしゃるのですから、本当にこれで生物学的に正しい姿をした鳥の絵が書けるようになりそうです。

バードカーヴィングのツリーに、造形のために野鳥を観察していると今まで気が付かなかったことが見えてくる、というようなお話がありましたが、本当にその通りだと思います。可愛い鳥の姿を楽しむ見方もいいですが、さらに彫刻を作りたい、絵を書きたいといった目的意識をプラスして鳥を眺めたら、どんなに新しい発見があるでしょう。

まだこの本は買ってきたばかりで、実際に書いてみるところまでは行っていませんが、本の真似をして鉛筆で走り書きをしてみたら、ドラえもんを書いても著しくバランスが変というこの私にも、とても自然な姿の小鳥の形が書けたことだけはご報告しておきたいと思います。

最後に一つ提案です。絵手紙というのがありますが、「鳥手紙」というのはどうでしょう。色鉛筆などでササッと鳥の絵を書き、それに短文を書き添えて送り合うんです。自然を守り野鳥を愛する心を広げる、いい活動になりそうです。


[275]>205 風見鶏 powdersnow

見るところでは良く見かけますし、見ないところでは全く見かけない……そんなものですね。

風向きを教えてくれるものは数多くありますが、風見鶏は特に見かけると良いなと思うものの1つです。

味気ない矢印のみのものよりも、よほど風情があって良いですよね。


[276]>264 最近 powdersnow

スズメが減ってきているというような話を聞いたことがあります。

確かに鳩やカラスより、最近は見かけることが少なくなっている気がします。


[277]>276 今後、日本のスズメは減少していくでしょう TomCat

スズメというのは、人の暮らしのある地域に、好んで生息する野鳥なんです。だから人里離れた場所にいくと、スズメの姿も見当たりません。過疎が進んで住人がいなくなってくると、スズメもいなくなっていきます。

かといって、都会もまた、スズメの暮らしには不向きですよね。皇居外苑などに行けばスズメの姿が見られますが、やはり都会のスズメは、そういう限定された場所にしか住めないようです。

となると、今後のスズメの安住の場所は住宅街、ということになってくるわけですが、農業から離れた今の私たちのライフスタイルでは、いくら雑食性で何でも食べるスズメとはいえ、餌になる物が少なすぎます。

時々、住宅街の道路で、車に轢かれてしまっているスズメを見ることがあります。あれは、道路に落ちていた何かをついばんでいる時に轢かれてしまったものですね。スズメは餌を獲っている時にはとても無防備になるので、そういう事故が起こりがちなんですが、餌が豊富にある環境なら、なにもわざわざ危険な道路には近付きませんよね。スズメだってそのくらいは学習します。

そんなわけで、今後、スズメの生息に適した地域は、どんどん狭まっていくでしょう。なんとかしなくちゃいけませんね。


[278]>39 貴重な日本の風景の一つですね TomCat

恥ずかしながら、屋根神様というのは、この書き込みで初めて知りました。でも、見たことはありますよ。中村区に知り合いがいて、名古屋に行くとよく立ち寄っていたので、古いたたずまいの家の屋根の上にある祠は記憶にあります。ただ、私の記憶にある屋根神様はたった一軒です。きっと今は数が少なくなっているのでしょうね。

戦時中、名古屋には、総生産量の6割を担う軍需産業が集中していました。陸軍関係の補給廠、造兵廠の工場が4つ、そして三菱や愛知時計電機、愛知航空機、住友軽金属や日本車両といった民間工場も当時は軍需産業に動員されていました。それらが半年にも及ぶ執拗な空襲でやられ続けたんですよね。この攻撃は多数の民間人を巻き添えにし、さらに数度に及ぶ民間人を標的にした空襲も行われて、名古屋の街は大打撃を受けました。

今、名古屋の街には、遺跡的に残された空襲後しか見当たりません。外見的にはそう見えます。が、屋根神様の数が減ってしまったことが、戦争の爪痕そのものだったんですね。

戦争は恐ろしい文化破壊、伝統破壊をもたらします。勝っても負けても、一度戦争を始めてしまえば、その結果、民族の伝統は大きく破壊されてしまいます。

日本では「愛国者」というと軍国主義者を指す風潮がありますが、本当の愛国者とは、軍国主義から民族の誇りや伝統を守り抜こうとする人のことを言うんだと思います。私も平和の祈りと共に、この貴重な伝統がとこしえにあり続けることを願います。


[279]>70 うら→心 TomCat

うらとは心の意ですか!! で、見えざる心の世界を解き明かす一種のカウンセリングが占いだったと。これは勉強になりました。ちょっと調べてみたら、羨む(うらやむ)は「心(うら)病む(やむ)」の意、なんていう話も見つけました。語源を知ると、物事の本質というか、昔の人の定義の意図などがハッキリ分かってきて、ためになりますね。

心の状態を自己チェックする色占い。これも素晴らしいです。その時の心に最も合致した色、あるいはその時最も心が欲している色を調べ、カラーセラピーの知識を応用して判断していくというやり方は、とても理に叶っていると思います。

以前、色のマッチング・システムで著名なPantone社が色占いサイトを開いているという話題がありましたが、あれは色彩論の応用によって得られた色の特徴を、占星術によって各日付に割り当てていったものでした。

純粋な心理チェックなら、SweetJellyさん式の色彩論オンリーでやっていく方法の方が、確度は高いかなあ、という気がします。特に補色の検討によって、色がその時の心の状態を指し示しているのか、望む状態からかけ離れているからその色を欲しているのかを判断するという手法は素晴らしいと思います。

これを体系づけてまとめると、「イエはてな式色占いブック」なんていうのも作れそうな感じですね。呪いや迷信とは一線を画した、暮らしの中の色の活かし方を心の状態の把握と関連させながら提案していく、そんな新しいアプローチの暮らしを楽しくしていく本!! どうですか? ハザマさん!! 面白くなってきました(^-^)


[280]>89 うちのにゃんこは「うかかかか」 TomCat

うちのにゃんこは、窓の外に小鳥を見つけると、じーっと見つめながら、「うかかかか」と鳴きます。

What’s Michael? (1) (講談社まんが文庫)

What’s Michael? (1) (講談社まんが文庫)

昭和の時代に大人気を博した猫マンガ「ホワッツ マイケル」に、たしかこの鳴き方が出てきたと思うんですが、うちのは本当にそう鳴くんです。いつまでも、いつまでも、深く静かに「かかかかか」とやっています。

猫の語源は「ネズミを捕る子」という説があります。鳥を捕るが得意な子は「とこ」、ヘビを捕るのが得意な子は「へこ」と呼んで区別していた、という話です。虫を捕るのが得意な子は「むこ」ですね。皆さんのお宅の猫ちゃんは、何子ちゃんでしょうか。


[281]>105 今年初のウグイスのさえずりは TomCat

私は「Green Week Action 2009」のいわしで書かせて頂いた農村の道普請に行った時が、今年初めてのホーホケキョだったんですが、そこのウグイスは半端じゃないんです。もう、四方八方同時に鳴きまくっているんですよ。すごい数のウグイスがいるようです。

でも、最初に聞こえた時、あ、と右手を耳にやって聞き耳を立てた記憶がありますから、きっと右から聞こえたのが最初だと思います。今年は縁起が良さそうですね。


[282]>136 地面でない所に着生するシダの仲間ですね TomCat

シダと言ってもひょろひょろとした単葉が垂れ下がるのが特徴の、シダっぽくない植物ですよね。自然界では岩肌や木の幹などに着生していますが、これが人家の軒などにも生えてくることがあるんですよね。今は都会では滅多に見られない植物ですが、農山村に行くと、人家の軒にもけっこう見られるようです。

ノキシノブはみっちりと密生する植物ではないと思いますが、岩肌などに着生する性質は、都市緑化などにも使えるのではないかと思います。勝手に胞子で増える植物なので栽培品種というのはないと思いますが、今後注目されてくるかもしれませんね。ビルの軒にノキシノブ、なんていう時代が来たら面白いかもしれません。


[283]>271 ラッキーカラー koume-1124

ありますね。

部屋の模様替えをする時には、ラッキーカラーを気にしながら選んでいきます。

それで運気が少しでも上がるならいいですよね。


[284]>277 すずめ koume-1124

居酒屋に行った時、メニューにスズメとあったので、頼んでみたら

スズメが丸焼きになってそのまま出てきてビックリしました。

可哀想で私は食べられなかったんですが

スズメを出すお店って結構あるんでしょうか?

あまりの衝撃でしたね〜。


[285]>159 素晴らしい命の触れ合いのドラマですね TomCat

ヒヨドリって、人に慣れるんですよね。そして、優しい人はちゃんと見分けます。警戒すべき人と、信頼できる人の区別をちゃんと付けられる知能のある鳥なんです。ですから平安時代には、貴族の間で好まれ、盛んに飼われていたらしいです。古今著聞集などにその記述が見られます。

このヒヨドリ、gallerybaabaさんだけでなく、お孫さんまで、優しい人、信頼できる人と認識していたんですね。人の気配を察すると、一応野生動物ですから反射的に逃げますが、きっとそのへんを周回しながら、「あーびっくりした、でもあの人達がいてくれるおかげで、私の巣が守られているのよね、ありがたいなあ」なんて思っていたに違いありません。

ヒヨドリは一度に4?5個の卵を産みますが、一番弱いヒナが巣から落ちてしまうことが少なくありません。鳥の姿ではどうすることも出来ず、たいていはそのままになってしまうわけですが、gallerybaabaさんの所のヒヨちゃんは、助けられて無事巣立つことが出来たんですね。

こういう、落ちたヒナを巣に戻す行為は、基本的にはとてもハイリスクなんです。良かれと思ってしたことが、巣丸ごとの育児放棄につながったりすることも有り得ます。信頼できる優しい人と認識されていたgallerybaabaさんだからこそ出来た救助でした。

ヒヨドリはツバメのように毎年同じ場所に営巣する習慣を持たない鳥ですから、それがちょっと寂しいですが、でも、そこから巣立っていった小鳥達の子孫が、また巣を掛けにやってくるかもしれないですよね。いえ、きっとまたやってくると思います。


[286]>165 これも素敵な命との触れ合いのドラマでしたね TomCat

ヒヨドリの巣立ちを見守ってきた話のツリーがありましたが、これも素敵な命の触れ合いのドラマですね。音だけで見守り続けていった、営巣から産卵、ヒナの孵化から巣立ちまでのドラマ。これは本当に貴重な体験だったと思います。望んでも出来ることじゃないですものね!!

そして何よりすごいのは、choco-latteさんのお部屋の上が「スズメのお宿」になっていた、ということです!! きっとスズメさんたち、目には見えないですけど、素敵な宝のつづらを残していってくれたと思います。それは命を愛し、自然を尊ぶという心。人にとって、最高の宝がこれ!! ですよね。素敵なお話を読ませて頂きました。ありがとう!!


[287]>283 ラッキーカラー twillco

ラッキーカラーと好きな色がピッタリ当たってた事があったのは嬉しかったですね。

好きな色を身につけてると、気分も上がりますからね。


[288]>174 新型インフルは実は新型ではなかった可能性も出てきています TomCat

まだ今は感染拡大の防止に全力を尽くしている段階ですから、詳しい研究は進んでいませんが、ニュースを聞いてるだけでも、妙なことに気が付きますよね。日本でもアメリカでも、感染者の多数が若年層なんです。

ワシントン・ポストは22日付で、米疾病対策センターによる血液検査の結果として、60歳以上の人の多くが新型インフルエンザに対する免疫を持っている可能性がある、と報じていましたが、この件は日本でも同じ可能性があります。またその他多くの地域でもです。つまり「新型」は、少なくとも60年前に近い種類が出現していた「出戻り型」である可能性が高いと言うことです。

ここが今までの常識を破ってしまう特殊な病気である、高病原性の鳥インフルエンザとは違う所ですね。少なくとも今回の「新型」が、高齢者に対するリスクが少ない「かもしれない」というニュースは、大きな安心材料の一つになりそうです。

ともあれ、感染予防には万全を尽くしましょう。通常のインフルエンザでも、体調を崩している人や乳幼児などにとっては、命の危険も伴いかねない病気です。甘くは見られません。


[289]>287 私は・・・ cherry-pie

何色だったかなぁ。

前に一度みてもらったことが。

へぇ。こんな色?とびっくりしましたが、好きな色とラッキーカラーが一緒名人はいいですね。


[290]ツバメの生息調査 cherry-pie

小学生のときの行事で、ツバメがどのあたりにどれくらいいるか

その調査をしていました。

毎年やっていることで、何羽くらい、いつ頃、何年前からここに来るようになったのか

という調査です。グループでわかれて、自分の住んでいる地域を調べます

あちこち家の軒先をみて、どこかにいないかなぁって探していました。

今は大勢で人の家をのぞいていたら、怪しい子たちってなっちゃうかもしれませんね

あの、土曜の午後ののんびりした時間、結構すきでした

ツバメがいたら大騒ぎ(笑)

あ、ここにいる! その一言でちらばっていた子供たちが集まります。

誰がチャイムを押すかなんて騒いでいるうちに家の人がでてきたり。

今は、ツバメも少なくなっているのでしょうねぇ。。

先日、高速道路のサービスエリアで見ました。

”今年もやってきました。ツバメたち”と張り紙がしてあって、”静かにしてね”とつけ加えられていました。

ものめずらしそうに見ている子供たち。なつかしそうにみている大人たち。

私もしばらく小さなツバメのひなが口をあけてエサをもらう光景をみていました。


[291]>250 カラス cherry-pie

最近のカラスは賢い・・・。

ネットを3重にしてあっても、ちゃんとあけてゴミをもっていってしまいます^^;

そして、人間がきたらちょっと離れたところから監視

いなくなったら戻ってくる

そういう光景をよくみかけます。


[292]神社と鶏 vivisan

先日伊勢神宮に行ったのですが、鳥居のすぐ近くに鶏がいっぱいいました。そういえば熱田神宮にもいました。よくよく考えると神社に鶏が放し飼いにされていることって多いと思います。ということで少し調べてみました。


鶏と神社の関係が深いのは、鶏が神様のお使いとしてあがめられているからだそうですね。神鶏というのがそうです。


古事記によると、アマテラスが天の岩戸に隠れてしまったとき、岩戸のそばに尾長鳥をおいて鳴かせ、そばで騒いだことで岩戸が開いた。これにより、鶏は太陽の使いととらえられるようになったと書かれています。鶏は、「常世の長鳴(ながなき)鳥」とも呼ばれていました。

また、さまざまな災いをなす悪霊は、夜の闇とともにやってきて日の光がさす朝になると去るという信仰がありました。なので、闇夜を終わらせ朝を告げるニワトリは神聖な鳥として大切にされました。ここでも太陽の使いととらえています。


神社の鳥居は内側と外側を分ける結界を意味していますが、この鳥居という名前の由来もいろいろな説があります。一説には、神聖な鳥であったがために、鳥がとまっていた止まり木を「鳥居」とよんだという鶏に関する説が残っています。

そんなこともあって、神社には鶏が放し飼いにされているところがけっこう多くみかけられるんですね。

鶏ってそれほど飛べないと思っていましたが、けっこう飛ぶんだ・・と発見したのも神社の鶏が飛んでいたのを見たからです。


とはいえ古事記の時代に鶏がいたということは、約2000年もの前から人間の身近にいたということになります。卵も人間に栄養を与えてくれるものであり、神聖に思えたのかもしれません。


いろいろ調べていると、日本の一部の地域では、鶏や卵を全く食べないところもあるそうです。いろいろ調べてみるとやはり鶏によって助けられた逸話があり、それを現在も守っているのだとか。たたりを恐れて食べないところもあるそうですが。


昔は近所に鶏を飼っているお宅があって、朝になると鶏の鳴き声を聞くことができましたが、最近は聞かなくなりました。

少しではあるけれど調べてみて、鶏の偉大さを発見した感じです。

中国の孟嘗君の危機を救ったのも鶏の鳴き声の真似でした。

今も昔も鶏の恩恵にあずかっているんですよね。


なので、私も鶏さんに日ごろの感謝をこめて、卵や鳥肉を食べない週間をつくろうと思っています。

人が鶏と共生していくには感謝の気持ちというのを絶対に忘れてはいけないと思うんです。野生の鳥たちだけでなく、ふだん食べられている鶏や卵にも感謝の意をあらわそうと思います


[293]>249 石畳 cherry-pie

私もよく遊んでいました。

色の違う部分だけを踏んで帰るとか、

横断歩道の白い部分は踏まないとか。

今、こんなことを道でやってたら、さっさと渡れみたいなかんじでクラクションを鳴らされますね^^;


[294]>278 うちの市内にはみかけませんが vivisan

岐阜にもけっこう多く残っていて、となりの市にはしっかりと残っています。町屋みたいなところに多く残っていますね。

ただ、屋根神さまがしたに降りて、したで祭られているところも多いような気がします。

名古屋の友人に聞いたことがあるのですが、屋根神さまが屋根に上っていらっしゃるのは、そのほうがみんなで拝むには拝みやすいからというのを聞いたことがあります。

やはり、一段高いところから人々を見守ってもらいたかったからなのかもしれませんね。


いつまでも残っていってもらいたいと本当に思います。


[295]>247 バードサンクチュアリ cherry-pie

鳥がアンシンして暮らせる場所。

人間が追いやっているから、こういう自然の場所が必要なのかもしれませんね。

なかなか個人では難しいですが、こんな場所がたくさんできると良いかもしれませんねぇ


[296]>248 屋根 cherry-pie

そういえば、のぼったことがないかもしれないです。

ふとんを干していたのはよーく覚えているんですけどね。

下が庭だったので、池におちたら・・・と怖かったのかも^^;


[297]>244 風見鶏 cherry-pie

くるくる回っている海沿いの家がすごくうらやましかった。

それをおばあちゃんにいうと、風車とつくってくれた・・・・。

おばあちゃん、かざみどりだよ。くるまじゃないよ・・・。

でも、一生懸命、私のためにつくってくれて、しかも、ないものはつくればいいというあの発想。なんともいえなかったです。

今でも感謝の気持ちでいっぱいです。私のために作ってくれてありがとう。

素敵な風車は部屋の窓にずっとかざってありました。


[298]>221 懸賞 nakki1342

ラジオ番組の話題で

これを何度も聞いた事があります

自分が懸賞に応募した事が何度もあるから

覚えていたのかも・・。

(実際にそれに遭遇した事はないのですが・・。)


[299]>118 好きだなあ・・。 nakki1342

小さい頃、これよくやっていました

靴を飛ばす事がなんとなく楽しくて

時々やってたなあ・・。

大人になった今

もちろん、やった事はないですが

時々やりたくなりますね(苦笑)

明日の天気がどーなるのかなんて

考えなくて

靴を飛ばす事。

なんとなくすっきりしそうで・・。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ