人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

知名度のある有名なサイトで、以下の条件にあてはまるサイトがあれば教えて下さい。

・低予算
・個人、または零細企業
・アイディアによってヒットした
・ユーザー参加型サービス

尚、運営初期の苦労話やサクセスストーリーが知りたいので、ソースとなる参考URLを教えて下さい。

●質問者: k28m
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:URL アイディア サイト サクセス サービス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● IlO10l0Il
●10ポイント

有名なのはライブドアでしょうか。

起業した当時は資本金400万円の零細企業。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%8...(1999-2002)

今や当たり前のサービスですが、「広告を掲載して掲載料を取る」というシステムを無料プロバイダという形で提供し、大ヒットしてもの凄い成長を遂げた企業です。


その後は偽装だとか買収だとかいろいろ法律ギリギリのあくどいことをやって最終的にボロボロになりましたが、最初の無料プロバイダだった頃は本当にアイデア勝利の企業でした。

◎質問者からの返答

正直、あまりライブドアが「何かのサービスをヒットさせた」と言ったイメージがありません。

無料プロバイダの時も芸能人を多くCMに起用しましたが、サービス面の特徴は感じられませんでした。

また、WIKIの内容から私が知りたい情報は得られません。


2 ● ichiburn74
●10ポイント

・アイディアによってヒットした

・ユーザー参加型サービス

に当てはまると思います。

http://www.kujou906.com/index.asp

◎質問者からの返答

サイト名じゃなく、「ストーリー」が知りたいのです。


3 ● randk
●20ポイント

この「株式会社はてな」そのもの。

ストーリーは以下参照ください。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0507/04/news036.html

http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%AA%E4%...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考になります。


4 ● capred
●30ポイント

http://www.pixiv.net/

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/19/news059.html



以下記事から抜粋です。

・低予算

10万ユーザー突破の上記の記事の時点(2008年3月)で3人で運営してらっしゃるようですし、

画像ですから動画などと比べてコストもかからないのではと思われます。


・個人、または零細企業

当初は上谷さんが個人で運営。

知り合いの片桐孝憲さんが社長を務めるWebサイト受託開発企業・クルークに、サーバを1台借りて始めた。

#記事の時点ではクルークの社員8人のようです。


・アイディアによってヒットした

「Flickrのイラスト版を作れば、みんなのイラストを探すのが楽」と考え、昨年9月に開設。

予想をはるかに超えるペースでユーザーが増え続け、

2008年3月18日に10万をユーザーを突破した。投稿作品数は40万以上に上る。


・ユーザー参加型サービス

です。

◎質問者からの返答

pixivは昨年辺りから流行ってきたので気になっていました。

凄く参考になります。ありがとうございました。


5 ● capred
●40ポイント ベストアンサー

http://cookpad.com/

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITzx00002011...

http://www.siv.ne.jp/publication/entre_sano.html

http://www.jnews.com/business/digest/2000/07/03.html

以下記事から抜粋です。

・低予算

・個人、または零細企業

2名の20代起業家が経営する有限会社コイン(神奈川県藤沢市)という国内ベンチャーによって運営されているサイト、

コイン社は野菜農家の作業場2階にオフィスを構えて

…いたそうです。


・アイディアによってヒットした

・ユーザー参加型サービス

月間520万ユーザー、2億6000万回のアクセスがあり、女性系のサイトとしてはナンバー1の媒体力(2008年11月)

料理レシピをコンテンツの柱としてWebサイトを成功させるのは意外と難しい。レシピサイトの優劣は掲載されている料理レシピの質と量によって判断されることになるが、質の高いレシピを継続して充実させていくためには工夫と仕掛けが必要。サイト立ち上げ当初に大量のレシピを登録しても、その後に、新しいレシピが継続的に追加されている仕組みを作っておかないと、ユーザーは掲載されているコンテンツにすぐに飽きてしまう。レシピサイトが抱える共通の問題点を、「ユーザー参加型の料理コミュニティ」というコンセプトで解決

「学生時代に地方で採れた野菜をインターネットで売るというビジネスをやっていて、それがきっかけで食の楽しさを知りました。農家では、例えば毎日のように小松菜が採れてしまうので、それを色々な風に調理する方法を知っています。こういうノウハウを流通させられればという思いから、クックパッドが生まれました。」


・運営初期の苦労話

「会社自体は1997年に知人と2人で立ち上げましたが、会社という箱を共有するための目的であって基本的には1人で全部やっていました。クックパッドという名称でサービスを始めたのは98年からで、それから7年ぐらいはほとんどお金にならず、運営からシステム開発までほぼ1人でやる時代が続きました。」

「お金がなくてサーバーは買えないし、電気も十分使えない。電気代は本当に馬鹿にならないので、最近よく言われているグリーンITもけっこう重要だと思います。その当時は基本的にあまりユーザーを増やさないようにして、既存ユーザーをメーンにしたサービスにしていました。」


・サクセスストーリー

「ようやくビジネスになるようになったのはここ2―3年の話です。1つはユーザーが月間100万人を超えてきて、広告媒体として評価されるようになりました。2つ目はこれまでネットの利用に慎重だった食品メーカーが積極的に取り組むようになってきました。」

◎質問者からの返答

クックパッドも気になっていました。詳しい情報ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ