人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

MacOS10.3.9でThuderBirdを使っています。
http://q.hatena.ne.jp/1242397749
が、解決しそうだったのですが、テキストエディットで開くことができません。
miでは開くのですが、うまくできませんでした。
ちなみにデータ量が5年分くらいで膨大です(>_<)
受信ボックス以外にもフォルダがたくさんあります。
何か良い方法を知っている方はおられないでしょうか?

●質問者: misacchi
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:Mi テキスト データ フォルダ ボックス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kotobato
●40ポイント

事前に対象ファイルをバックアップした上で…

単純にテキストファイルを開くだけなら、まずは、余計なアプリケーションを起動させずに、

エディタだけでトライしてみるのがいいかもしれません。

可能なら、他のマシン(Windowsを含む)でも試してみたいところですね。

http://www.artman21.com/jp/jedit_x/


その前に、最初に具体的な情報をきちんと書いた方が、ヒントを得られやすいと思います。

・マシンのメモリやハードディスクの空きは?

・テキストエディットで開けない時、どうなるのか?何度やっても必ずそうなるか?

・miでうまくできない時、どうなるのか?何度やっても必ずそうなるか?

・膨大なデータのファイルサイズは?1ファイル?複数?

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

Jeditで試してみたいと思います。

前の質問で、Local Folders/Inboxをテキストエディタで開く。

ということで試したのですが、

そのInboxという1つの書類が104,775,173バイトあります。

05年のスパムメールとか、救出できるものもありますが、

複数のフォルダにわけた必要な書類などは全く救出できませんでした。

miでは開けますが、赤い図形のような読めない文字などがでて、

どうおかしいか、ちょっとわからないです。すみません。

テキストエディットでは、開けません、というアラートしか出ません。

HDの空きは40Gくらいはありますが、初期のG4でメモリも最低限なので、

パワーは有りません。


2 ● rouge_2008
●40ポイント

どのように上手くいかないのでしょうか?

miで開くのでしたら、miでやってみてください。

※古いメールを削除する設定を自動削除しない設定に戻すのを忘れないでください。

自動削除する設定のままだと、復元されてもThunderbirdの終了時にまた削除されてしまいます。

復元したいメールが含まれていたメールボックスのファイルに対して作業を行えば良いので、例えばメルマガというフォルダに入れて置いてその後削除した場合は、メルマガというファイルだけ開いて変更すると良いです。

どのメールボックスに含まれているのか分からない場合は、順番にすべてのメールボックスのファイルを確認してください。

各メールボックスには同名+「.msf」という名前のファイルがありますが、そちらのファイルの内容が正しくないと、メール本体の方を「X-Mozilla-Status: 0001」に戻してもメールは表示されないようです。

「X-Mozilla-Status: 0001」への変更が済んでいるのでしたら、同名+「.msf」のファイルを一旦別の場所へ避難させてから、Thunderbirdを起動してみてください。

新しい「.msf」ファイルが作成されて、「X-Mozilla-Status: 0001」になっているすべてのメールが認識されます。

※作業後は避難させた「.msf」は削除してしまって大丈夫です。


上記の方法で上手くいかなかった場合は、次の方法を試してみてください。


1.まずメールデータをフォルダごとどこかにバックアップコピーします。

2.Thunderbirdを起動して、メール復元用のフォルダを「復元メール」など適当な名前で作成します。

※ここでは「復元メール」で作成したとします。

3.Thunderbirdを終了して、問題のメールが含まれていたボックスのファイルをmiで開きます。

※文字コードがJISになっているか確認してください。

4.復元したいメール(ヘッダ+本文)をコピーします。

※コピーする箇所は、一通ごとに「From - 日時(英数)」の行 ? メール本文 + 空行(次のメールの「From - 日時」の前の空行まで含める)です。

※「切り取り」ではなくて、「コピー」です。

5.「復元メール」をmiで開いて貼り付け、「X-Mozilla-Status: 0001」に変更して保存します。

※元の方は「X-Mozilla-Status: 0009」のままにして置きます。

※復元したいメールの数だけ手順4.と5.を繰り返します。

6.文字コードを「JIS」で保存します。

7.Thunderbirdを起動すると、「復元メール」フォルダにメールが復元されているはずです。


※他のボックスにも復元したいメールがある場合は、同じ手順を繰り返します。

貼り付け先は「復元メール」でも、別のフォルダを新規作成してそのファイルに貼り付けるのでも、どちらでも大丈夫です。


※フォローが必要な場合は、コメント欄を開けてくださると助かります。

◎質問者からの返答

「.msf」を削除、という作業に気づかなかったようです。

とりあえず復元できました!ありがとうございます。

やっと一段落できて、本当に感謝!!です!

一応書いておくと、とりあえず、というのは、

メールソフト自体を以前別の物から引き継ぎでいるので

ISO 2022-jpとかUTF-8とかよくわからなくて、

うまく引き継ぎできず、文字化けしてしまうので・・・(>_<)

でもこれは多分、以前からの問題です。

ひとつひとつ調べる時間がなくて・・・すみません。

ちなみに、先の回答をいただいたJeditの方が、

miより作業がスムーズな感じでした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ