人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

リズム感について質問です。DTMでステップ打ち込みをしていて気づいたのですが、私はどうも半拍早めにキーボードを弾く癖みたいのがあるようです。全ての音符があとから修正しようとすると、半拍全てずらせば綺麗にドラムと一致します。オーディオインターフェイスを使って、ダイレクトモニターをしているので、レンテンシーではなく、私の癖のようです。そこで、このように半拍先の音を出してしまう癖を直す方法はありますか。よろしくおねがいします。


●質問者: oz8
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:インターフェイス オーディオ キーボード ステップ ダイレクト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ふるるP
●35ポイント

多分、レイテンシーの問題だと思います。

あるトラックでVSTiを使った伴奏に合わせて別のトラック(音源:WaveSynth)にステップ入力していたとき、半音ずれてしまったことがあります。

これは入力中の音源がWaveSynthで、聴きながら音を合わせたのですが、その後別トラックのVSTiにあわせたところ、半拍ずれてしまっていました。

多分、お使いのインタフェースではレイテンシーがなく、内臓の音源ではレイテンシーがあったため、半拍のずれが発生したのではないかと。ステップ入力するときに、音源を変えてみてはどうでしょうか。

ちなみに、癖で半拍ずれて演奏してしまう、というのは考え難いです。あるとしたらチューバなどの音が遅めに出てくる楽器の経験があるのでしょうか。通常なら、キーを叩いた瞬間に音が鳴るので、速めにキーを押す必要がないので癖にはならないはずです。カラオケで手拍子するとき、半拍速めに叩きますか? しないでしょう? どこかでキーと発声とで間があるはずです。


2 ● M_Ishikawa
●35ポイント

上の方が全部応えてしまいましたが、私も原因はレイテンシーだと思います。

が、あえて半拍ずれる方がリズム感を養う方法を考えていました。

1.メトロノームでも音楽でも何でもいいのですが、まずは鳴らします。

2.リズムに合わせて4分音符を手拍子します。

3.問題なく合わせた、と思ったら次に裏拍を手拍子(裏打ち)します。

4.きちんと出来たでしょうか?上記2,3を4小節ずつ交互にノンストップで繰り返してみます。

5.慣れたら2小節ずつ、1小節ずつ、2拍ずつ、と切り替えを早くしていきます。

・・・

できましたでしょうか。裏打ちが出来るということは半拍はずれていない、ということ。問題解決です!

さらに余談で上級編。

もっとリズム感の精度を高めたいときは、「裏どり」という練習法をします。

1.メトロノームにあわせて裏打ちする。

2.手をたたくタイミングで「1!2!3!4!1!2!3!4!」と声を出す。

3.ここからが重要。そのまま続けながら意識を一旦離して戻し、自分の声&手が実は頭拍で、メトロノームを裏拍にしちゃいます!

4.一時その状態で続け、また意識を「メトロノームが頭拍で声&手が裏拍」に戻します。

5.3,4を自在に行き来し、リズムも狂うことが無くなればかなりのリズム感が付いています。

お試しあれ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ