人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

上司にへつらうゴマすりが昇進していくとよく言われています。実際はどうなんでしょうか? 企業風土などの実証的研究で調べたものがあったら教えてください。回答は、意見ではなく学術的、もしくはそれに準じる人事制度に詳しい専門家の論文、書籍、ブログ等でお願いします。


●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ゴマ 上司 企業 制度 専門家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● bg5551
●35ポイント

これらがご参考になればよいのですが。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/miyamotooka.htm

http://homepage2.nifty.com/okshp/koudou/koudou-goma.html

◎質問者からの返答

うーん、もうちょっと学術的な実証研究があったらいいです。


2 ● suppadv
●35ポイント

人事考課は、一般的に次の順序で進められます。



本人考課

設定された基準に沿って、達成されているかどうか、本人自ら評価する。(本人考課は、必ずしも実施しなければならないものではない。)


一次考課

直接の上司が行う。日常の仕事を管理する立場にある上司が行う評価は『人事考課のなかでもっとも重要な位置を占める。』


以降、2次考課へ続きます。

http://www13.plala.or.jp/S-Kawamura/jimu/JINJIKOUKA.html


考課する上司がきちんと考課できない状況が蔓延しているので、その点が問題です。

半数の企業で考課者訓練が不十分と解答している実態

http://granaile.jp/column/grading.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ