人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

プレートテクトニクス理論において、そもそもゴンドワナランドがどのようにして割れたのかの説明は行なわれているのでしょうか。

マントル対流説、あるいはマントル・プリュームが、あの巨大な大陸を分裂させたと説明されているのでしょうか。

それとも、そもそも大陸はプレートに分かれていて、それがマントル対流やマントル・プリュームによって、移動したと説明しているのでしょうか。

そもそものゴンドワナランドの分裂を説明しているのかどうかがよくわからなくなりました。



●質問者: ShinRai
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ゴンドワナ プレートテクトニクス マントル ランド 大陸
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
●60ポイント

ヴェーゲナーの大陸移動説では、大陸が移動する原動力を地球の自転による遠心力と潮汐力に求め、その結果赤道方向と西方へ動くものとしており、この説明には無理があったようです。マントル対流説はアーサー・ホームズの説で、1929-1912=17年後の発表のようです。

●プレートテクトニクス

>プレートテクトニクス理論の発達

>当時の人には大陸が動くこと自体が考えられないことであり、さらにヴェーゲナーの大陸移動説では、大陸が移動する原動力を地球の自転による遠心力と潮汐力に求め、その結果赤道方向と西方へ動くものとしており、この説明には無理があった。

>移動の原動力についての問題を解決したのが、地球内部の熱対流に求めた1929年のアーサー・ホームズ(Arthur Holmes)によって発表されたマントル対流説である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8...

◎質問者からの返答

ウェゲナーも論じていなければ、ホームズも論じていなかったということになりますか。分裂の原動力は。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ