人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #033

THEME:「新緑を愛でる」「初夏の味覚」「衣替え・模様替えに」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつSEASONバージョン。四季の暮らしや衣食住のこと、新しいシーズンライフ…。毎回のテーマに沿って、毎日を元気にする暮らしのサプリをその思いや由来とともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090527

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は6月1日(月)正午で終了させて頂きます。

1243399865
●拡大する


●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:6月1日 theme いね おすすめ はてなスター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 319/319件

▽最新の回答へ

[1]衣替えにヒノキの防虫剤 nekomanbo56

衣替えにヒノキの防虫剤を使いました。

匂いもいいし、体にもよさそうです。


[2]夏物のスーツを bg5551

そろそろ夏物のスーツの出番ですね。

その反面今まで来ていたスーツをクリーニングへ、

今シーズンもお疲れ様でした。


[3]ピクニック australiagc

無理やり全部絡めて、夏用のTシャツに半ズボンを引っ張り出して、新緑のまぶしい野原(公園や動物園、山でも良いかな?)へピクニック。おやつに枝豆に缶ビールってのはどうでしょう?


[4]わらびもち taka27a

なんだか初夏ぽくて大好きですね。


[5]すいか tibitora

スーパーに行くとすいかが並んでいました。

まるまる1個の物と切ってパックに4切れ入っているもので、黄色いすいかもありました。

子供の頃にはじめて黄色いすいかをみたときにはびっくりしたのを覚えています。

よく冷えた甘いすいかはおいしいですよね、スプーンで丸く繰りぬいて冷蔵庫で凍らせたおやつとかも作っていました^^

皮の黄緑色のところはお漬物にして父が食べていました。

うちの冷蔵庫は小さめなので丸ごとのすいかが入らないのが残念です。


[6]アメリカンチェリー cherry-pie

この時期から店頭にならびはじめます。

あのちょっと堅い皮もおいしいですし、

あまーーーい、味もさくらんぼとはまた違った甘さ

市場でもたくさん並んでいるのでいつも大きなものを買ってきます

が!すぐになくなっちゃいます^^


[7]夏といえば、スイカ!! cherry-pie

何をかけますか?逆に、何もつけない派ですか?

私は塩をかけますが、砂糖をかけるという話をきいたこともあって、びっくりしました。

ちなみに、うちの犬もすいかが大好きで、白い部分まで食べちゃいます♪


[8]>7 スイカ r-zone

今朝もさっそく頂きました。

志村けんのようにガッツリ食べるのが毎年恒例です。


[9]冷やしそうめん・うどん・ソバ・冷やし中華 cherry-pie

夏になると必ず台所にあるもの。

冷やしそうめん。

食欲がないときでもつるっとはいってくるので、食べやすい!!

うどんやおそばもよく食べます。

作る気力がないときでも、簡単に作れるのと、喉越しがいいのと。

冷やし中華もよく食べますねぇ?。

卵・キュウリ・紅しょうが・しいたけ・すいか・さくらんぼ・・・・いっぱいありますね。

私は最後にしろごまをかけるのがスキです^^

ごまの風味が口にひろがって、いっそうおいしくなります。

みなさんはどんなトッピングをされているのでしょうか?

面白いものがあったら試してみたいです♪


[10]>8 すいか koume-1124

昔、スイカの種を植えて頑張って育てた事がありますが

やはり子供がただ種を植えただけでは、全然大きくならず

トマトほどの大きさにしかならなかった事がとてもショックで

でも良い思い出として今でも覚えています。


[11]去年の服が着られなく tibitora

衣替えといえは、甥っ子の事なのですが衣替えに出した去年着ていた半袖服が小さくて着られなくなってりしているみたいです。

成長期の男の子の育ち方は早いなあとたいした怪我もなく元気に育ってくれているのがうれしいです。

駆け回ったりして遊ぶので、小さくなって着れなくなるよりいろんなものに引っ掛けて破ってしまったり白い服は泥だらけにして汚れがどうしても落ちなくて着れなくする事の方が多いらしいのですが、それも元気な証拠かなあと思います(笑)

あと数年で私の身長より大きくなりそうです。


[12]>10 すいか bg5551

私は何もかけずに食べます。

種を飛ばしながら縁側で食べていた子供の頃を

思い出します。


[13]>9 冷やし中華はじめました。 koume-1124

そろそろこの看板が出てくる頃でしょうか?

冷やし中華大好きでよく作って食べますね。

簡単だし、野菜いっぱい入れて食べるのが好きです。


[14]スタミナもつくうなぎ! cherry-pie

市場で、いい匂いがしています。

あちこちで、うなぎの蒲焼がおいしそうです。

1000円台が一番多いのですが、値段と味とマッチしているのが、

1400?1600円くらいかなぁと、いろいろ食べた結果、でました(笑)

1200円くらいのものは、少し厚みが足りない。

かといって1800円くらいになると、高すぎて手が出ない。

満足のいく価格が1500円前後。

たれもたっぷりかかっていて、別容器につけてくれるところも。

まだ、夏ばてには早いですが、五月病とか、祝日のない6月を乗り切るために私は今頃から時々食べています。

夏はうなぎですねぇ?♪


[15]>12 すいか twillco

今はただの丸いスイカだけじゃなく、四角とか三角とかあるんですよね。

でも私はやはり王道の丸いスイカがやっぱり好きですけど。

おばあちゃんが作ってるので毎年貰います。

甘くて凄く美味しくって食欲の無い日の朝ご飯になってます。


[16]>13 冷やし中華 twillco

東海地区ではマヨネーズで食べます。

他の地域の人に言ったらビックリしますが、これが美味しいんですよ。


[17]>15 すいか tibitora

スイカには塩をすこしかけるか、何もかけないことが多いです。

cherry-pieさんのところの犬さんはすいかが大好きなんですね、うちにいた犬は食べなかったので健康的でいいなあと思います。

koume-1124さんのお話で思い出しましたが私の実家でもスイカの種を育てたことがあります、だいぶ大きくなってきたところでカラスか何かに割られて食べられていたのがショックでした・・・。

多分また甥っ子が植えてみるんだそうなと思います。今度はカラス(?)に見つからないようにしたいです。


[18]つるつる ところてん cherry-pie

昔、あんまりスキじゃなかったのですが

京都にいったときに、竹筒からだしてくれるお店をみつけたのです

偶然みて思わず店内に入りました。

もう、おもちゃみたくっておもしろいんです(笑)

うしろから棒を押すとにゅ?っとでてくるんです。

この具合がたまらず、はまってしまいました^^

夏に、さっぱり、ところてん。

場所によっては黒蜜をかけるとか。

私は酢?かな。からしもちょっとつけてご飯と一緒に食べます。

他にかわった食べ方ってあるのかなぁ。


[19]かき氷 r-zone

三重県には、有名な赤福のお店で赤福氷なるものが食べられるんです。

濃い抹茶のシロップの上にアンコとお餅の赤福が絶妙なんです!!

めっっちゃくちゃ美味しいので夏になると必ず行きます。


[20]>19 かき氷 koume-1124

夏祭りに行ったら必ず買います。

今は電動の機械でスピーディーに出来てしまいますが

昔ながらのかき氷機で作るかき氷は、味が全然違う!!

地元の夏祭りでは、毎年そこのかき氷屋さんが大行列です。


[21]冷たいビールに枝豆! haruyo_koi

1年前に初めて食べた「だだちゃ豆」

これは、新潟の荘内地方でしか作られないとってもおいしい枝豆なのです

大体が2粒入りで、味が濃いんです。

普通のえだまめより少し高いですけど、一度食べたら病みつきの味です。

これに冷えたビールはたまらないですよ?。

スーパーでたまーーに売っているときもありますが、なかなかないので、通販で産地直送をしています。


[22]>16 冷やし中華 tibitora

冷やし中華おいしいですよね。

ハムやキュウリ、錦糸玉子にトマト・・・彩りもきれいです^^

冷やし中華用のスープではなく、サラダ用のゴマドレッシングをかけて食べるのもおいしいんですよ^^

その場合は野菜たっぷりだとおいしさがアップします、ゆで野菜のトッピングだとたくさん野菜も食べられて栄養もたっぷりです(笑)

マヨネーズはかけたことが無いので今度マヨネーズで食べてみようと思います。


[23]夏こそ熱いラーメンを haruyo_koi

暑いけれどなぜか、熱いものが食べたくなります^^

私はラーメンをよく食べに行きます。

冷たく冷えた店内で食べるラーメン。

あぁ、たまらない。

汗をかきながら食べて、食べ終わった後はクールダウン

体がすっきりしたところでお店を出るとまた汗。

新陳代謝がよくなるかな?なんてことを考えたりもしますが、

暑いときに熱いものていいそうですね。

なので、おばあちゃんとかは、汗をかきながらも熱いお茶を飲んでいます。


[24]>22 サラダうどん r-zone

冷やし中華も良いですが、僕はサラダうどんにハマっています。サラダとうどんという名前のままなんですが

これが合うんですよね。最近コンビニで見て好きになりました。

冷やし中華にレタスを加えても美味しく頂けます。


[25]>17 カラフルなスイカ haruyo_koi

黄色いスイカがあるそうで、始めてみたときびっくりしました。

オレンジのスイカもあるそうですね。

まだ黄色しか試したことがないですが、どこかで見つけたら食べてみたいかなぁ。


[26]>14 うなぎ・・・食べたいです! tibitora

うなぎやさんの前を通るとすごくいい匂いがしていますよね。

私はお店でうなぎを食べたことが無いので食べてみたいです。

スーパーや通販の蒲焼やひつまぶしを家であたためなおして食べています。

暖めるときにフライパンを熱してうなぎを入れた後にお酒を入れて蒸し焼きにするとうなぎがふんわりやわらかくなります。

テプロン加工のフライパンを使って油をしかないほうがおいしくできます^^

夏ばて防止に食べたいです。


[27]衣替えをするまえに・・・ haruyo_koi

しっかり汗がとれているか、確認。

今度着るときに色が変わっているものも発見して、それからはしっかり匂いをかいでチェックしています。

ダンボールやタンスに片付ける前に、新聞紙を引きます。

防虫効果もあるそうです。

匂いがつくのを防いでくれます。

そして、古くなった服は思い切って捨てる。

新しい服を買い足すと場所がなくなってきます。普段は片付けられないので衣替えの時期にこの捨てる作業をやっています。思い切りが大事です。


[28]>24 サラダうどん haruyo_koi

私はファミレスで食べました。

半額クーポンがあったので、お試しに、でしたが、これがまたおいしい!!

うどんだけど、マヨネーズもあう!!

早速家で試しました。

ありあわせのサラダをのせて、ゴマドレッシングで。

ポン酢も試しましたよ?。どちらもめちゃくちゃおいしかったです


[29]初鰹! choco-latte

これからの時期のお魚といったら、鰹!

鰹は、獲れる時期によって、違います。

初鰹は脂肪が少なく淡白な味で、戻鰹は脂がのっています。

鰹は6月?7月に常磐?三陸へと北上する時期に獲れるものを「初鰹」といい、

ご飯をいっぱいたべ、産卵のために8月?10月に南下したときに獲れるのを「戻鰹」といいます。

そんな鰹料理で、

私が好きなのは鰹のお茶漬け。

しょうゆ、昆布、みりんを合わせたものに鰹の

たたきを漬け、鰹のヅケを作ります。

ごはんの上に大葉を細かく切ったものをのせ、

漬けた鰹を乗せます。

さらに、

摩り下ろしたしょうがを乗せて、

緑茶orほうじ茶をかけて、できあがり。

温かい茶じゃなくて、冷えたお茶でも美味しいですよ。


サラサラと食べられて、飲んだ後とかにもってこいです。


[30]>26 うちでもひつまぶしです! choco-latte

うなぎをご飯にまぶして、薬味を入れて食べています。

お茶の代わりにウーロン茶を入れると美味しいですよ。

これから夏にかけて、あつくて食欲のない日は、

冷たいウーロン茶をかけたさっぱりひつまぶしがオススメです!

あとは、オリーブオイルで焼いたうなぎのオイル焼きも

美味しいですよー!


[31]>26 うなぎ fumie15

家の母親は海育ちのためかあまり川魚が苦手なようです。そのため大きくなるまであまりうなぎを食べたことがありませんでした。初めて食べたうなぎはおいしかったです。


[32]茶摘み miyupie777

私の住んでいる市はお茶の生産が盛んで、5月いっぱいは茶摘みが至る所で行われています。

で、この茶摘みですが、毎年3〜4月頃にアルバイトの募集をしていて、数年前に一度だけアルバイトに行ってみました。

でもいざアルバイトを始めると驚きの連続。まず茶摘みといえば「茶摘み娘」の格好をして新芽の先の部分をちまちま摘んでいる印象があったのですが、みなさんかっぽう着に麦わら帽に長靴で、首にはタオル、手にはテーピング加工、背中には籠(玉入れ競争ぐらいのサイズ)というスタイルでした。そして茶畑に行くと、結構坂になっていて、足を踏ん張っていないとズルズル滑ってしまいます。また、太陽の日差しが容赦なく降り注ぎ、頭上によしずの屋根があれども暑い暑い。。。さらに、新芽の量が半端なく至る所に生えていて、先の部分だけでなく新芽全てを摘まないといけなくて、気をつけていても摘み残しができてしまい、ベテランさんに見つかってやり直しを命じられたり。。。となかなかハードなものでした。

だけど、新芽の若い緑の美しさと、ところどころに咲いていた「お茶の花」の白い可憐さに終始癒され、茶摘みの作業が終了してお給料をもらいに行ったときに頂いた、できたての新茶の美味しさに幸せな気分になりました。

また機会があればあの新芽の緑を堪能したいです。しかし体力がもつかしら。。。


[33]新緑、僕的には anhelo

新緑、みずみずしくていいですね。

日本国中それぞれの場所で、色々いい所があるとは思うけれど、

僕的には青森県の奥入瀬渓流が一番好き。今は遠くてなかなかいけないけれど。

手軽に渓流を歩けて、太陽光で透けて見える黄緑色がとっても美しくて、でもすぐ近くにバスが通ってるから疲れて嫌になったらすぐ乗れて、でもせせらぎの音が大きくて、そんなバス通りが近くにあることがわかんないのですよ。

秋の紅葉もいいけどね、でも春の方が僕は大好き。


[34]初夏の味覚・時鮭 momokuri3

時鮭とは、5?7月ごろに北海道や三陸の沖を通っていく、ロシアのアムール川あたりで生まれた若い鮭のことです。これからぐるりと大きく回遊して一人前の鮭に成長していくわけですが、その途上で漁ってしまう、なんとも申し訳ないような貴重な鮭なんですね。

若い鮭ですから、脂の乗りも身の締まりも抜群です。さらにこの時期は餌になるプランクトンの生きがいいですから、それを食べて育つ若い鮭もピチピチこの上なし。時鮭は、漁獲量が多い秋の鮭とは違う、この季節だけの味わいとして珍重されています。

時鮭の中で最上と言われるのは、日高沖で漁れたもの。脂の乗りは包丁を入れてみただけでわかります。包丁にみっちりと粘り付いてくる感触。これが時鮭の脂の乗り方です(と料理屋の大将に聞きましたw。私も最近は魚くらいは捌きますが、最高級の時鮭を捌くような畏れ多いことはとてもとても)。

こういう鮭ですから、食べ方は極力シンプルに、素材の持ち味で食べていくやり方が最高です。まずは塩焼き。これは基本ですね。そしてルイベ。凍らして食べる刺身です。これらに飽きた贅沢な舌には、脂が乗った鮭をさらに北海道特産のバターで焼いてみるのもお勧めです。味付けは軽く鮭の身に塩をするだけ。北の海と北の大地の味がします。

なお、海で漁獲される鮭には、アニサキス幼虫がいる可能性があります。アニサキス幼虫は鮭の餌となるオキアミ類に潜んでいて、それを食べると、鮭の体に入り込みます。陸封型の鮭はオキアミを食べませんからこの心配はないのですが、海で漁獲される鮭の場合は、必ずしっかりと加熱する、あるいは刺身で食べる場合は-20℃くらいまで温度を下げてしっかりと冷凍してから食べるようにしてください。これはどんなに高級な時鮭でも同じです。

もう各地の市場で、時鮭の競りが始まっていますね。そろそろ走りの時期を過ぎて価格は安定してくると思います。店頭に出回るグレードはピンキリですが、安い方では100g200円台から見つかると思いますので、見かけたらこれも初夏の味覚なんだと思って食べてみてください。冷やの日本酒との相性も抜群です。


[35]>6 割と安いのもいいですよね>アメリカンチェリー iijiman

我が家でも食べました、今年のアメリカンチェリー。

小さなパックで298円。国産のさくらんぼも美味しいけれど、値段が……

アメリカンチェリー、美味しいですよね。


[36]>5 育ててます!! momokuri3

大玉と書かれた苗が100円で売られていたので、買ってきて植えてみました。どんなスイカが実るでしょう。何個くらい採れるでしょう。今年の夏は食べきれないくらいのスイカ三昧を夢見ているのですが、どうかなぁ。夏の味覚を育ててみるだけでも楽しいですね。


[37]タオルケットに衣替え nakki1342

我が家ではタオルケットを眠る事が始まる

季節になってきました

ダメなんだけどマクラだけを使って眠ってしまう

それでもOKな・・。

(寒くないからそれでも眠ってしまうわけです)

冬よりも眠るまでの準備が楽なこれからの季節だからこそ

睡眠には、気を使いたいものです


[38]>30 ひつまぶし koume-1124

ひつまぶしが有名な地域なので、よく食べます。

昼にはかなり行列なんですが、フワッフワですごく美味しいんですよね。

そのまま→薬味→ダシをかけてと、3段階の食べ方があるので最後まで飽きなく、美味しく食べられます。


[39]イチゴ fumie15

もうすぐイチゴの季節がやってきます。そのまま食べたり、コンデンスミルクに付けて食べたりいろいろ楽しめます。知り合いがイチゴ畑を持っているそうです。うらやましいなぁ。手作りジャムも美味しいですよね。


[40]>28 冷やし中華 fumie15

彩りもいいしあっさり食べられるので、暑くなると冷やし中華をよく食べます。


[41]衣替えは fumie15

クローゼットの片づけをするいい機会ですよね。着なくなったものを雑巾にしたリ、人にあげたりしています。


[42]新緑がとてもきれいです fumie15

私の会社は緑が多い所にあるので若葉を見ながら仕事をしています。風もさわやかですし、今の季節が一番好きです。


[43]衣替えのついでにリメイク&リユース miyupie777

衣替えをしていると、出てくる出てくる着れない服の山。前回の衣替えのときにもったいなくて捨てれないまま箱の中に入れてしまったものなんですよね。。。しかし中には丸十年着てないものまで。これはいかん!ということで、心を鬼にして着れない服をゴミ袋に詰め込んだものの。。。やっぱりもったいなくて捨てれない(T_T)

という訳で、今年はリメイク&リユースに挑戦。ミニワンピースは丈を短くしてチュニックに。袖部分が劣化した長袖は半袖に。ニットものは猫たちのベッドの敷きものに。そしてリメイクの無理な服たちは、かわいい柄のものや使えそうなものは(将来やるであろう)パッチワーク用にカットしてキープ。それも無理なものは約10cm四方にカットしてキープし、掃除のときの使い捨てぞうきんの代わりに。

これでゴミ袋に詰め込んだ服たちは、とりあえず即ゴミ捨て場へ直行を免れ、気分もすっきりしましたとさ。


[44]>40 冷やし中華 lovelykuma

おいしそうです。

これを見ているだけで、食べたくなりました^^

マヨネーズをかけるといっそうおいしくなりますよね。マヨラーにはたまらないです。野菜もたっぷりとることができますし、ヘルシーで消化もよく、夏におすすめの一品だと思います。


[45]>20 かき氷 twillco

夏祭りの定番って感じですね。

最近は暑い日が続くので、コンビニで氷をよく買ってきます。

夜の密かな楽しみです♪


[46]>25 すいかの形 lovelykuma

四角いすいかって・・・・どこに売っているのでしょう?

種はどんなかんじについているのかな?とっても気になります。

今は科学のちからがすすんでいるので、種無しやいろの変化なんて簡単にできそうですね。真っ白なスイカなんてのがあったら面白いかも?


[47]>20 かき氷 qwer-asdf

色々種類があって迷ってしまいますが、かき氷が大好きです。頭がキーンとなるのを我慢して食べると夏が来たという感じがします。

今年もかき氷をたくさん食べようと思います。


[48]>3 公園 qwer-asdf

公園に行ってBBQをします。緑の中で食べるBBQはとても好きです。その後で子どもたちと遊んだりします。でも小さい子は体力がありますね。私なんかはすぐへろへろになります。


[49]>46 すいか qwer-asdf

我が家では毎年わりと早い時期に一回は食べます。さっぱりしていておいしいですよね。昔から塩を付けて食べたいのですが母が許さなかったです。


[50]甘エビ qwer-asdf

母の友人から発泡スチロール一杯の甘エビが送られてきます。いつもは食べない甘エビをこの日ばかりは限界まで食べます。

味噌汁にしてもおいしいです。


[51]>44 冷やし中華 VEGALEON

毎年、このメニューが出るのを楽しみにしています。

行きつけの店では「サラダ中華」と呼んでいますが。


[52]雨降りの緑 natumi0128

初夏といえば、新緑が美しい時期ですが、同時にこれから梅雨にかけて、雨の多い時期でもあります。

雨が降ると嫌だなとか、面倒だなと思ってしまいがちですよね。

でも、この時期、雨が降ると緑がいっそう鮮やかになり、晴れた日とはまた違った美しさがあります。

雨が降ったら緑を見にいく、というのも面白いのではないでしょうか。

しっとりと水気を含んだ緑は、目を楽しませてくれるだけでなく、体の中まできれいにしてくれるような気になりますよ。


[53]水田とかえる VEGALEON

ウチの横が水田で、稲の生長を見るのは楽しいですが、かえるの鳴き声も盛んになります。

私は、生まれてずっと この生活ですので、かえるの鳴き声も気になりません。

これも夏のひとつの風物詩です。


[54]水羊羹 akilanoikinuki

この時期になると、食べたくなるのが水羊羹です。

普通の羊羹よりもやわらかく、甘さもやさしく、ツルリっとのどを通りぬけていきます。

よくよく冷やして、麦茶といっしょに頂く・・・。

夏が近くなると食べたくなる物の一つです。


[55]すだれ、網戸、扇風機 VEGALEON

やはり、夏になると引っ張り出すのが、この3品。クーラーもいいのですが・・・やはり違う風情があります。


[56]あじさい akilanoikinuki

この季節、目を楽しませてくれるのはアジサイ。

緑が濃い葉に、色鮮やかな花(ガク)。

花の色は土が酸性かどうかで決まると聞いていたのに、最近は同じ場所からピンクと青と二種類はえていたりします。以前、小さな鉢植えの中にも二色あって驚いた事があります。

実際のところ、色はどうやって決まるのでしょうね。


[57]>51 冷やし中華 meizhizi87

私もマヨネーズとからしをたっぷりかけます。ごまのふりかけもあると尚更おいしいです。


[58]>49 すいか meizhizi87

種とばしをして遊びました。種を飲んだら体のなかで芽が出ると言われたり。

山形県の尾花沢は日本のスイカの名産地ですが、朝晩寒くて日中熱い季候が、よりスイカの甘みを強めるのだそうです。尾花沢を通るたびに買っています。


[59]さくらんぼ meizhizi87

もうすぐさくらんぼ狩りが本格的に始まります。家の裏がさくらんぼ畑なので、この時期からにぎわいを見せます。一度行ったことがありますが、自分でとって食べるさくらんぼは格別においしいです。ヘタを時々口の中で結べる人がいますが、練習したけど私はできないです。やってみたい!


[60]>23 熱いラーメン meizhizi87

よく分かります!私もラーメンが好きでよく食べに行きます。冷やしラーメンもおいしいけど、暑いときに熱いラーメンもおいしいですね。寒いときにアイスを食べたくなる感覚に似て(笑)

スープに酢を入れれば夏ばて解消しそうですね。


[61]山椒の芽 iijiman

5月の始め頃になりますと、山椒が柔らかい新芽を伸ばし始めます。

これが美味しいんですね。

手のひらにのせて、ぱん!と叩いて香りを出して、筍ごはんに。

味噌汁に入れてもよし。

冷や奴なんかにも合います。

すぐ大きく、硬く育ってしまいますので、本当に今の季節だけですけれど、テーマの「新緑を愛でる」「初夏の味覚」で思い出しました。


[62]>37 こたつにさようなら meizhizi87

朝起きるのもだいぶ楽な季節です。

羽毛布団からタオルケットになり、パジャマも冬用から初夏用になり、身も心も軽くなってきました。冷暖房がいらないこの時期が一年で一番好きです。

ただ、唯一寂しいのがコタツとしばらくお別れすることです。またね。


[63]>57 先日 actro

既に食べました。やはり暑い日にはもってこいですね。

具材をたくさん入れて、いろんな味が楽しめるのが良いですね。


[64]>58 みずみずしい actro

夏には欠かせませんね。

一気にガツガツと食べるのがすごく好きです。

塩を振り掛けると甘味が増して更に良くなりますね。


[65]思い出の洋服 tk09

衣替えのシーズンは、衣類を整理する良い機会ですね。

ただ、思い出の洋服は着ないと分かっていてもなかなか捨てられないものです...。


それでも、誰かに着てもらえればとという気持ちでリサイクル・リユースをしています。

着れもらえる人にあげれば”ありがとう”といってもらえらえるうえに

洋服も喜びますから、まさに一石二鳥で、気持ちも良いですね。


それでも、思い出の洋服はたまっていく一方なんですけどね(笑)


[66]>64 スイカ kinnoji7

縁側で鳴る風鈴の下でスイカを食べる。なんとも風情のあるお話です。暑い夏がくるまえに、お中元で贈ればとてもよろこばれる逸品です。川原でのキャンプや、海での海水浴にもかかせません。シャリシャリ夏の風物詩スイカは夏の暑い日や疲れたときに食べると、疲労回復に即効性があります。夏はやっぱりスイカに限りますね。


[67]>63 冷し中華 kinnoji7

夏の風物詩の冷やし中華。夏の食欲が落ちるときには、ガラをとったおいしい中華スープに酢であっさりと香りつけした「冷し中華」は最高ですね。春から夏、秋まで冷し中華を食べると元気が出ます。 酢の物は夏バテに最高ですものね。私は冷し中華で夏バテ対策をしています。


[68]>45 かき氷 kinnoji7

暑くなると食べたくなるのが、冷たいかき氷です。暑ければ暑いほど、冷たいかき氷が幸せを感じさせてくれます。かき氷の白熊って知ってますか。元祖は鹿児島の天文館むじゃきだそうです。 ふわふわで、フルーツとキレイな寒天、どこをすくっても練乳たっぷりです。夏になったら絶対にお取り寄せしようと思っています。


[69]>38 うなぎ kinnoji7

夏といえば土用の丑の日。土用の丑の日といえばうなぎですね。暑い時にうなぎ食べると元気になりますよね。 これはうなぎに夏バテに効く成分が入っているからなんだそうですね。今年の夏も暑くなりそうですね。しっかりうなぎを食べて夏バテ防止ができたらいいなと思います。


[70]衣替えの猶予期間 t-saitou

中学までは6月1日きっかりに学ランの上着を脱ぐ方式だったのが高校生になたら気候の状況に合わせ前後2週間は各々の判断で自由に出来るようになりました。現在の学生さんはどうなってるのでしょう。?


[71]>56 あじさい kinnoji7

六月梅雨の頃 あじさいの花が咲き乱れる梅雨いやな季節ですね、でも この季節にひときわ艶やかに咲くあじさい日本的な花ですねこの花は意外と長持ちします。夏の頃にまだ花を咲かせているのを見る事があり、生命力の強さを感じます。これからの季節、美しいあじさいがたくさん並んでいる光景が楽しみですね。


[72]地産の初夏を味わう aicyu

ここ4?5年前くらいから、我がマチにも「地産地消型スーパーマーケット」ができました。


うちは田舎なのでちょっと市街を離れれば、畑や道路わきに野菜の無人販売があったり、生みたてタマゴの自動販売機があったり、果樹園へ行けば旬のフルーツが買えたりするのですが、テレビで地産地消型スーパーのニュースを見る度に、一度行ってみたいなぁと思っていました。あちこちの農家をハシゴして買い物するのは、確実に“地産”という安心感があっていいのですが、一箇所でいろいろな種類の野菜や果物が手に入るほうが断然便利ですから…。


地産地消型スーパーマーケットへは一度どころか、週1回は通うリピーターになりました。

少し前までは、わらび・つくし・菜の花・タケノコがたくさん並んでいましたが、最近は、にがうり・オクラ・モロヘイヤ・つるむらさき・アメリカンチェリー・ズッキーニなどの夏野菜が目につくようになりました。パッケージの生産者表示を見て、「へー、家からこんな近いところに、ズッキーニを作っている農家があったんだ…」と新たな発見をすることも…。


今や、トマトやキュウリ,ナスは年がら年中ある野菜ですが、初夏のものは色も味も濃くておいしいと思います。何より、搬入作業をしているおじさん(このスーパーは、搬入時間が開店前と決まっていないようで、農家の人は好きな時間に獲れた数だけ持ってくるようです…)の「今朝の獲れたてだよ!」という言葉に“旬”を感じてしまいます。それだけでおいしさ倍増というか、初夏の味!というオトク感が味わえます。


そんな地産地消型スーパーの風景です。

(5月初旬に撮影した画像なので、ディスプレイが鯉のぼり…)

[f:id:aicyu:20090527142955j:image:w200] [f:id:aicyu:20090527142954j:image:w200]

この日は、大きな「葉つきニンニク」を買いました。

ニンニクは丸焼きにして塩コショウでいただきました。ジャガイモのようにホクホクしてておいしかったです。ニンニクは夏野菜。年中出回っているのは、“初夏に獲れたもの”なのだそうです。


以下、【にんにく百科】からの引用。

・・・「にんにく」にも旬があることを知っていましたか?収穫時期は栽培地によって多少の違いはありますが、だいたいは5?7月ですね。「にんにく」は十分に乾燥させれば、長持ちするので初夏に獲れたものが年中出回ります。料理にたくさん使うときは夏に出る「にんにく」を買うのがおすすめですよ!・・・ http://www.garlic-pedia.com/


[73]>69 ひつまぶし twillco

初めてひつまぶしを食べてから、我が家でウナギを食べる時には、ダシをかけて食べます。

水、だし昆布、かつおぶし、薄口醤油、塩でいい感じにできるんですよ♪


[74]>24 冷やし中華 bg5551

やっぱりこれですね。

名古屋ではマヨネーズをたっぷりかけますよ。

もちろんコンビニのものにもマヨネーズはついています。


[75]>68 かき氷 bg5551

暑い日はこれにかぎります。


[76]初夏の味覚といったら鮎 watena

鮎は香魚とも呼ばれ、体表の粘膜にスイカやウリに似た爽やかな香りがあります。この香りは体内の脂肪分が酵素によって分解されて発せられるもので、鮎の脂肪の質は食べ物によって決まりますから、養殖物ではこの独特の香りがあまり感じられません。

そこで、今は完全な天然とは言えませんが、川に行って釣りたくなってくるわけです。この解禁がだいたい6月から7月にかけてなので、鮎といったら初夏の味覚なのですね。

清流に恵まれた中上流域に天然の鮎がひしめくと、川原は鮎の香りで満たされます。もっとも今は、本当に香り高い天然の鮎は、ほとんど見られなくなってしまいました。今は多くの川の鮎が解禁1?2ヶ月前に放流された養殖鮎なので、それがちょっと寂しいですね。

それでも天然遡上の鮎もいます。鮎は体調5?10cmくらいに成長すると遡上を開始して川に上がってきますが、このサイズは人工放流する物よりずっと小型ですから、そういう鮎がいる川は、解禁後が期待できる川ということになります。

鮎か違う魚かは、行動を観察していると分かります。鮎は遡上を始める頃から歯の形が岩にへばりついた藻を食べるのに適した形になってきます。もし石に頭をこすりつけるような動作をしている魚がいたら、おそらくそれが鮎です。またそういう石を観察してみると、紡錘形に藻が剥ぎ取られた独特の食べ跡が見られます。

さて、初夏の味覚としての鮎についてですが、解禁直後の天然の若鮎は特に美味で、新鮮な鮎の塩焼きは最高です。同じ水系でも上質の藻類が育つ上流域の鮎ほど美味しいと言われています。塩焼きを存分に堪能したら、天麩羅もいいですね。

また鮎はしばしば刺身状にして生でも食べられますが、鮎には人間の小腸に寄生する横川吸虫という虫がいるので注意が必要です。命に関わるような症状になることはありませんが、寄生数が多いと慢性的な腸炎などにかかります。

横川吸虫は塩焼きなどの生焼け部分からも感染します。その点、遠赤外線で奥までじっくり火が通る炭火は安心ですね。日本伝統の炭火焼きは、安全に、香り高く焼き上げる、素晴らしい調理法です。

イエはてなには炭火を勧める書き込みがよく見られますが、皆さんも鮎を釣ったら、あるいはいただいたら、ぜひ炭火とのコンビネーションを考えてみてください。この素晴らしい初夏の味覚を味わうために、わざわざ七輪を買ってもいいではないですか。養殖の鮎でも、炭火で焼くとひと味もふた味も違ってきます。


[77]>75 カキ氷 yaezakura39

実家にいたころに、埼玉県の秩父にある天然氷を使ったかき氷を食べにいってました。

暑くなってくると食べたくなります。


[78]>75 かき氷 VEGALEON

定番中の定番ですね。宇治金時が大好きです。


[79]>73 うなぎの蒲焼き VEGALEON

土用の丑に関係なく、この時期の「うなぎ」は脂がのっておいしいです。

行きつけの魚屋さんで三河一色産のうなぎをいつも焼いてもらっています。


[80]クールビズ qwer-asdf

今現在はクールビズで男の人に姿が涼しげでいいですよね。女性も冷房が控えめでうれしいです。


[81]>29 カツオの栄養 atomatom

カツオは良質のタンパク質を豊富に含んでいて、それでいて低カロリー。

血合いの部分なんかはビタミン、ミネラルが豊富でレバーと同じくらいの値打ちです。

女性には特におススメしたい食品です。

さて、食べ方はやっぱりタタキでしょうか。

鮮度が落ちるのを遅らせ、独特の臭みも消します。

ビアガーデンでカツオのタタキが取り放題のところがあるんですが、これが初夏の一番の楽しみです。

そうそう、カツオは中骨や頭、カマなんかをショウガを利かせて煮てもおいしい。ご飯にぴったりのおかずになるんです。だからぼくはドーンと1尾2キロ程度のものを買ってきて家でさばきます。


[82]>54 水羊羹、ゼリー。 atomatom

この季節の神戸、朝夕はそれほどでもないのですが、日中の日差しなんかはもう夏本番と変わりません。

仕事から帰って、さあビールだ! っていう日ももちろんあるのですが、週に何回かは心掛けたい休肝日。

というわけで、帰宅後すぐに甘いものに走る日も作るようにしています。

水羊羹。お茶はぼくは渋いお茶のほうが合うような気がします。

あるいはゼリー。最近のゼリーは果物がぜいたくに入っているものもありますよね。

おもわずデザートにしたくなりますが、飲まない日のご褒美として食前にいただくようにしています。


[83]>32 夏も近づく八十八夜 atomatom

八十八夜はみなさんご存知のように立春の日から数えるんですよね。5月の頭になりますね。

お茶屋さんの店先に「新茶入荷」という貼り紙を見るのはなんとなく気分の浮き立つものですね。

とにかく店屋さんの貼り紙っていうのは「新酒入荷」でも「冷やし中華始めました」でも「ソース2度つけお断り」でも微笑ましいものですね。


[84]>79 ひつまぶし to-ching

何時も「ひまつぶし」と読んでしまう・・・


[85]>60 色々 to-ching

凝ったラーメンありますが、あっさりした塩、醤油ラーメンには勝てませんね


[86]>59 予約 to-ching

完了!お世話になったあの人に・・・ちょっと私達の分も、高いけれど・・・


[87]>39 大きくない to-ching

小さい昔の苺を食べたいです・・・今のはりんご並みでちょっとな


[88]>21 急性胃腸炎中 to-ching

点滴してます・・・罪なこと書かないで!(笑)


[89]焼きナス peach-i

初夏といえば、焼きナスですね^^

焼いたナスにお醤油をちょっとだけたらして、かつおぶしをたっぷり乗せて食べます。



ナスは、体を冷やしてくれる効果があるので、夏に食べるにはとても良い食材です^^


[90]>84 うなぎ卵とじ peach-i

そのまま食べても美味しいウナギですが、卵で閉じてご飯に乗せて食べるのも好きです。

ごぼうを少しいれてみたりすると風味もよくなります。

おねぎを散らしてご飯に豪快にのせてみてください。


[91]あなご peach-i

うなぎに負けてアナゴの存在が薄くなりがちですが、あなごは7?8がつが旬だったりします。

うなぎよりもあっさりしているので、油っこいものが苦手な人にはいいかもしれません。

あなごのお寿司、あなごの蒲焼、あなごの天ぷらなど色々とバリエもききます


[92]>67 すだちおろしうどん miyupie777

冷やし中華も大好きですが、我が家の大人がハマっているのが、すだちおろしうどんです。なか卯に行くとこればっかり食べてしまいます。さらに家でも大根おろしもネギもふんだんに入れて作ってしまいます。暑くて食欲のわかないときでも、これならつるっといけます。


[93]>85 冷やしラーメン peach-i

温かいラーメンも美味しいですが、夏は冷やしラーメンも美味しいです。

卵にトマト、わかめなども入れて、しっかり冷やして食べると最高に美味しいです。

ごま油を仕上げに入れると香ばしくてとってもいいお味になります。

焦がしねぎなどものせるとこれも美味しいです。

スープには氷をいれてみてくださいね^^


[94]ゴーヤ peach-i

夏になると食卓に必ず沢山登場します。

苦味が苦手な方も多いですが、綺麗にワタをとることにより苦味も軽減します。

塩を使うのもよいです。



驚くのが、ゴーヤのワタの天ぷらです。

ワタを天ぷらにすると驚くほどに苦味が一切なく、美味しいんです!

ワタは捨てずに再利用し、天ぷらにしてみてください


[95]>90 うなぎ miyupie777

そういえばここ数年食べていなかったなあ。。。

うな丼、うな茶漬け、ひつまぶし、柳川丼、鰻巻き、肝吸い。。。わああ食べたくなってきた。週末は鰻を買いに行こうっと♪


[96]>62 こたつにさようなら miyupie777

暑くなったり寒くなったりで、5月でも必需品なこたつですが、さすがにここまで暖かくなると片付けないといけませんね。今週末はこたつから竹カーペットにバトンタッチです。


[97]>95 うなぎ powdersnow

夏には、何度か元気をつけたい時には食べに行きます。

自宅で焼くよりも、やはりちゃんとしたお店で頂きますね。

せっかくの味覚、プロの手によって調理されたものの方が、やはり美味しいものは多いです。


[98]>71 アジサイ powdersnow

特徴はやはりあの咲き乱れる花ですが、葉の形もなかなか特徴があって、その広がり方も見応えがあります。


[99]>92 冷麺 tunamushi

盛岡名物の冷麺もおいしい。焼き肉に合うし、時々スイカが入っているとうれしいです。


[100]>88 だだちゃ豆 tunamushi

食べたことあります。やめられないとまらないという感じでした。ものすごくおいしい。

山形の庄内地方じゃなかった?


[101]>86 さくらんぼ tunamushi

お中元にいいですね。高級品だから味わって食べます。


[102]>77 かき氷 tunamushi

あずきに練乳が一番好き。


[103]雪解け水 tunamushi

山に水をくみに行ったら、水がとても冷たかった。一気にグッと飲みました。

こんなにおいしい水が飲めるのだと幸せを感じました。森を大切にしよう。


[104]ビワ greenbaaba

幼少の頃、ビワの木のある家で育ったせいか、わが子たちにも…と、現在の家でもビワの木を育てています。


毎年6?7月に初夏の味を楽しませてくれるこのビワの木は、子供たちが小学生の頃、おやつにと買い求めたときのビワの種を蒔いたもの。ビワの木は湿気を呼ぶので、庭木にするには敬遠されがちですが、我が家ではビワ様サマ!甘くみずみずしい果実を実らせてくれて、今では孫たちにも大評判。


実が熟してくると、トリたちと競い合っての争奪戦が続きます。

枇杷の実

庭木のビワが色づき出したので、鳥に突付かれないように、野菜のネット袋でガードしました。

…が、既に、カメムシの食事の跡アリ。なので、この一枝にはネットをかけず。鳥さんどうぞ!

[f:id:greenbaaba:20090527174558j:image:w200] [f:id:greenbaaba:20090527174436j:image:w180]

ビワの実の袋がけ(タマネギなどが入っているネット袋が一番お手軽)は、屋根にのぼりながらの作業なので大変です。また、葉がわさわさ茂るので、剪定のお世話も一苦労…。


しかし、たくさん収穫できた年は、ご近所さんにおすそ分けして喜んでもらったり、家族みんなで味わって、孫たちの幸せ笑顔を見ることができたり…。我が家の初夏の風物詩です。


そうそう、ビワはそのまま食べても十分おいしいですが、ジャムにしてもGOODです。葉はアルコール漬けにして、汗疹止め薬にしたり、枇杷の葉茶を作ったり、いろいろ活用できますよ。


[105]>97 うなぎ柳川 offkey

うなぎは美味しいが、値が張ります。普段の日でうなぎを食べたいと思ったときには、茸と葱を入れて上にうなぎ、そして卵を閉じた柳川風にしたりすることがあります。

これだとうなぎの風味を味わいながらもボリュームが出るのでなんとなくたくさん食べたような気分に?


[106]>105 あなご some1

あなごの蒲焼も、ひつまぶしも脂っこさが少しだけ軽いのでそれはそれで美味しいですよ


[107]>102 練乳最高!! saru7

以前は家でもよくかき氷しました。


[108]>107 かき氷 sidewalk01

頭が痛くなりますが夏には最高ですね!


[109]>66 すいか割り sidewalk01

すいか割をけっこうな頻度でやってます!盛り上がりますね!


[110]>80 クールビズ sidewalk01

エコへの効果はよくわかりませんが、この考え方のおかげで男性はカナリ楽になりました。


[111]>70 移行期間が長期化、かも akauo

我が家の近所では、GWが終わったらいきなり夏服になっていた中学生もいました。比較的ゆるやかになっていると思います。

ところで、中学生よりも高校生の方が、衣替え完了が遅い気がします。今大学生の長男も、「学ランの方がいい」(硬派でもないのに)といってずいぶん長い間冬服で過ごしていました。


[112]>98 あじさい sidewalk01

雨の中のあじさいは、なんとも穏やかな色あいで癒してくれます!


[113]>55 扇風機 sidewalk01

毎年できるだけ扇風機ですごすように気をつけてます!クーラーより体に良い感じがしますね!


[114]衣替えといえばスーツのスラックスの試着 akauo

どきどきしますね。

さて、何本今年も履けるでしょうか、という緊張のイベントです。今年は何とか(?)全て履けましたが、要経過観察です。


[115]網戸の張替え akauo

模様替えとまではいえないかもしれませんが、ガラス窓を開け放つと気持ちいい季節になりましたので、先日、くたびれかけていた網戸を張り替えました。

何となく、かも知れませんが、窓から入る光の色がちょっと変わった気がして、気持ちいいです。何年かごとに張替え作業をしていますので、結構上手になってきました。


[116]すでにビアガーデンが開業ラッシュ akauo

駅前ビルの屋上では、申し合わせたように、ビアガーデンが営業を開始しています。また、鉄道の社内広告にもビアガーデン系が目立ち始めました。目の毒です。

わたくし、つまみには結構うるさい方なので、ビアガーデンは「ノリ」でしか行きませんが、あー初夏だなーーと感じますね。


[117]>36 すいかの思い出? akauo

まだ大学生の頃(ん十年前か・・)、大学のそばに出来たあるカフェで「フルーツなんでもジュースにします」というサービスをしていまして、悪友とノリで「じゃ、スイカ!!」と注文した事があります。

初めての注文だったんでしょうね・・・「ちょっとお待ち下さい」ウェイトレスさんが一旦裏に下がって確認に行き、店長サンが現れて「何かとMIXしましょうか」と尋ねられましたが、あくまでもスイカオンリーで!、とお願いしまして。

やや長めに待たされ、結果『スイカスカッシュ』が出され、以外にも?それなりの味に仕上げられており、プチ感動しました(でも再度注文するかというと、ないかな?)。


[118]自販機の飲み物 t-saitou

「あったか?い」と赤く表示されている飲み物の欄が「つめたい」と青く表示になっていく。コンビニにならホットコーナーが、なんとか生き残っているようですが。


[119]自販機の飲み物 t-saitou

「あったか?い」と赤く表示されている飲み物の欄が「つめたい」と青く表示になっていく。コンビニにならホットコーナーが、なんとか生き残っているようですが。


[120]>106 うなぎ adgt

実質の効果はわかんないけど、スタミナがついた気がする!


[121]>99 冷やし中華 adgt

錦糸玉子をあんなに美味しいと思う料理はない!


[122]登山 adgt

登山はめちゃくちゃ汗をかくけど大好き!緑を楽しむには最高だし、頂上付近のやや温度の下がった感じや、汗をかいてるからこそ感じる風、なんともいえない達成感、たまりません!


[123]>109 スイカ adgt

道路わきで売ってるすいかって凄くひかれる。あたりはずれはあるけど、ついつい買っちゃうんだよなぁ。。


[124]>110 クールビズ adgt

冷房が控えめになって女性にとって嬉しいというのは、意外な効果!クーラー ダメな人はダメだもんね。


[125]新たまねぎ vivisan

春の旬にもでていた新たまねぎですが、うちの近所の畑に植えた新たまねぎはこれからが旬です。昨年はホームたまねぎだったのですが、今年は昨年の秋に苗から育てていました。なのにうちのはまだピンポン玉ぐらいにしか成長していません。実家のはもう収穫できるのに・・。


さて、この新玉ねぎはまだネギがついている若い状態に収穫するので、甘くてみずみずしいのが特徴ですね。なのでやはり生で食べるのがおすすめ。

サラダにして食べるのが一番よいでしょう。水にさらしすぎると豊富な栄養分がどんどん流れていってしまうので注意が必要です。

若いだけに足もはやいのです。とくに若い玉ねぎは湿気がきらいです。収穫したらすぐ食べる!が基本。なので必要分しか収穫しないようにしています。でもどうしても保存したいときは、ネットにいれてつるすのがよいです。ストッキングでも代用できます。

本当は新聞紙で1つずつくるむのが一番よいと母はいっていました。


さて、生食で食べるのが一番の新たまねぎですが、これからの季節におすすめなのを少し紹介します。

他のツリーにもでていましたが初鰹の季節です。鰹のタタキなんかもよくでまわると思います。

ちょっとだけ氷水でさらした玉ねぎを敷いてその上にタタキをのせ、万能ネギをちらします。うちでは万能ネギのかわりにチャイブです。

生姜醤油でいただいてもよし。ポン酢でいただいてもよし。栄養のバランスがよいですよ。

このときの切り方ですが、香りはほんのりにしたい場合は、縦に、マリネにして香りを楽しみたいときは、直角に切り口をいれるといいそうです。


そして夏の旬といえば、トマトです。トマトとの相性もばっちり。血液をさらさらにする玉ねぎとビタミンいっぱいのトマトをサラダでいただくのがよいですね。

うちでは新たまねぎとトマトに大葉(これまた旬)をきざんでのせ、めんつゆと同量の酢をあわせたものをふりかけます。かんたんなドレッシングですが、これがなかなかいけますよ♪

そして、今の季節にぴったりなのは桜海老です。となると玉ねぎと桜海老のかきあげが最高です。桜海老は栄養もたっぷりありますし、甘い玉ねぎとぴったりあいます。


旬の物同士をいっしょに食べると栄養もたっぷりとれて、一石二鳥ですね♪


[126]>121 冷やし中華温めました yaezakura39

って言う看板があったら、間違えなく1度は食べてしまうと思う。

リピーターは...??


[127]田舎の道で yaezakura39

夕方に自転車に乗っていると、良く虫が口に入ってきた。

用水路の脇とか、蚊柱とかもう...すんごいですよね(笑)

忘れられない、初夏の味です。


[128]布団の香り yaezakura39

太陽の光で干した布団って、

季節によって色んな香りが漂ってくる。

初夏は少し甘くて、香ばしい香り。

梅雨に入るとなかなか干せないから

太陽がたくさん顔を出してる今がチャンス!

たくさんの太陽の香りと暖かさを溜めておきたくなります。


[129]>123 スイカの皮 atomatom

スイカの皮を漬物にして食べるというのはイエはてなでもよく紹介されていますが、他の利用法も昔の雑誌で見つけました。

それはスイカの皮の水分を利用する方法。

鉢植えの植物の水やりができないとき、スイカの皮を何切れか伏せて置いておくのです。すると水分が次第次第に鉢植えの土に落ちていくというものです。

旅行などで何日か家を空けるときに使えるアイデアです。


[130]>116 ビアガーデンのつまみ atomatom

ぼくは独りでもビアガーデンに行くほどのファンです。大阪、神戸あたりには割引クーポンを利用すれば3千円プラス消費税くらいで飲み放題、食べ放題のビアガーデンたくさんあります。

つまみにも力を入れているところ多いですよ。

一昔前は確かに唐揚げと焼きソバとソーセージ、ギトギト油ぎったものばっかし、というラインアップでした。

けども今はアイデア満載ですよ。

http://hotel.newhankyu.co.jp/cgi-bin2/cms2/rest.cgi?hid=19osakas...

例えば、上記は大阪梅田のビアガーデンですが、遊び心のしっかり入ったメニューですよ。


[131]ソラマメ actro

先日実家に帰ったときにソラマメを食べました。

すごく実が詰まっていて、おいしく食べられました。

そのまま焼いても美味しいですし、茹でてサラダになどに入れるのも良いですね。

茹でたてのきれいな緑色を見ると何となく初夏を感じます。


[132]>72 ものすごく楽しそう!! choco-latte

近場にいる人たちが作ったものなら安心ですよね。

前に、近所の農家に直接交渉して

野菜を譲ってもらってるって人がいました。

どのように調理すれば美味しく食べられるとか

こんな食べ方もあるんだよって教えてくれるって言ってました。

うちの近所のスーパーでは葉つきにんにくなんて

みたことないし、珍しい食材もたくさんありそうで、

写真を見ているだけで楽しい気分になりました♪


[133]>130 ビアガーデン canorps

いいですね!少しぬるくなってきてもあの雰囲気の中で飲むビールのおいしいこと!

去年は私は妊婦で、アルコールはご法度。今年も授乳中でアルコールはご法度。

指をくわえて、ながめます・・・・

来年の夏は!

と思うけれど、子供を残してはいけません。

ビアガーデン。うちの庭でしたら友人知人あつまってくれるかなあ・・・

あかちょうちんいっぱい下げて!

と妄想ばかりの膨らむ今年の夏です。


[134]>124 クールビズ canorps

背広にネクタイ、暑苦しくなくてすみ冷房も控えめなのには夫も喜んでいます。

しかし、背広ネクタイなしのシャツのみの格好をいかに清潔にみせるか

でまた悩んでるようです・・・

この時期になるとクールビズ用のシャツをあさりに行きますね。

わたしはというと、いつもにましてアイロンに気を使います。

やっぱりシャツがパリッとしゃきっとしてないと情けないですからね!

形態記憶のものでもアイロンを少し追加してパリッとさせるとかっこいいです。

なので、汗っかきの暑がりの私は

クールビズのためにいつも以上に汗を流してますよ!(笑


[135]>104 びわ canorps

私の実家にもありました。

今の私の家は土が悪く、ビワの木は植わってないのですが

ご近所に二軒ほどビワに植わっているおうちがあって

今まさに実に袋がけをされています。

去年分けていただいて、家族でよろこんでたべました!

葉のアルコール漬けがあせもにいいなんて知りませんでした。

今年は、わがまま言って葉を分けてもらおうかしら。

いや、来年に向けて土作りをしてうちにもビワの木をむかえようかしら。


[136]>126 酢の利いた冷やし中華 iijiman

うちの近所に、酢の利いた冷やし中華を出すラーメン屋さんがあります。

醤油たれが甘酸っぱい感じです。

最初に食べたときには「あれ?」と思いましたが、慣れるとなかなか美味しいです。


[137]>131 ソラマメ azaburecipes

近くの八百屋さんや、スーパーでも特別にセールで売っていました。今頃がちょうど旬なのでしょうか。ちょっとしか入っていなくて、値が張ることも多いのでわりと高級な豆なのかもしれませんね。たっぷり栄養のつまったソラマメを食べると、元気がでそうです。


[138]>120 以前 w83

小さいころの話です。川で遊んでいると、ウナギ釣りをしている伯父さんに出会いました。しばらくウナギつりを見学させてもらいました。色々話を聞いていると、ウナギのえさは、小さなアユがいい、といってました。なんだか魚も人間も味覚が一緒なのかな、と思いました。


[139]>137 そらまめ lovespread13

そら豆おいしいですね。きれいなみどり色で見た目もなんとなくかわいらしい感じがします。

サヤが空の方に向かって生えるので空豆というんだそうです。

我が家ではもっぱら茹でて食べることが多いですね。サラダに入れたりもするんですね。今度やってみようと思います。


[140]>122 そろそろ powdersnow

多くの雪山で雪解けが始まる時期ですね。

雪山には登らないので、高い山は雪がない時期しか登れないのですが、その季節は本当に暑い……

春くらいに登れるのが一番なんですけどねぇ。

最も、凄く汗をかいて登り切るというのが、また気持ちよく健康的ではあると思うのですが。


[141]>135 ビワ w83

我が家にもビワがあり、よく友達と食べました。追いかけっこをして喉が渇いたときに食べるビワの味は最高でした。またビワの実が落ちてからも、楽しみがありました。落ちた実に、クワガタが集まってきたのです。それまではクワガタ採りをしても、コクワがほとんど、せいぜいヒラタまでだったでした。しかしその木の下で、ノコギリクワガタ(短歯型)を2,3匹捕まえたときはとても興奮しました


[142]山菜 powdersnow

春に多いイメージのある山菜ですが、初夏にかけてもまだまだ色々な山菜が採れます。

みずななどの有名な山菜も、この時期が旬ですよね。

初夏の暑さに、新鮮な山菜などは、とても美味しく感じられます。


[143]>42 みどりの葉っぱ lovespread13

この季節はみどりがきれいですね。

公園がそばにあるので生き生きした葉っぱを見てるだけで気持がいいです。


[144]ウニ powdersnow

寿司屋のネタとして、当たり前に一年中置かれているため、あまり旬がいつというイメージがないですが、

ウニの旬は、やはり初夏といえるでしょう。

もちろん、収穫地などによっても変化するわけですが。

年間を通して食べられるものだけに、なおさら旬の時期を選んで食べたくなってしまいますよね。


[145]>1 ナチュラルな防虫剤 otayori

ヒノキ、良さそうですね!香り好きです。

あと本でシナモンスティックに防虫系のアロマオイルをひたして作るのもありました。


[146]>41 衣替えいろいろ otayori

私は衣替えシーズン、服を買うのを気をつけます。

似たような服があるのを忘れてないか、チェックしてからお買い物。

人間の好みって、そう変わらないですね?


[147]>141 香りも actro

ビワ大好きです。香りも味もなんとも言えませんね。

みずみずしくて美味しいのですが、個人的にあの大きな

種が気になります。あの部分も果肉だったらいいのにと

食べるときにいつも思ってしまいます。


[148]>119 かわりますね☆ otayori

飲みたいものが売り切れてるとき

みんな考えること一緒?って思います。


[149]>4 涼しげでいいですね otayori

実家を思い出します。子供の頃よく食べました。

なぜか好きなのに自分では買わなかったなぁ。

そういえば去年の今頃、両親がわらびもちの好みでケンカしてました。


[150]>81 酒の肴 powdersnow

暑くなってきて、ビールが美味しい季節になりつつありますが、やはりおつまみには刺身が最高です。

季節季節に旬のものを頂くのが美味しいわけですが、この季節には、やはりカツオですね。

ニンニク醤油をつけて頂くのが好きです。


[151]>134 クールビズ powdersnow

電車の中で、ほとんど背中の部分が透けていて、ワイシャツが見えるくらいに薄地の背広があって驚きました。

吊革につかまっていて、背広とシャツの間に隙間ができて見えてしまったのであって、普段は普通に見えるのかと思いますが、

あれだけ薄ければ、きっと厚さもだいぶ凌げるんでしょうね。

技術の進歩というのは凄い物だと改めて感じました。


[152]>139 ソラマメ powdersnow

もっぱら、茹でてそのまま酒のツマミになることがほとんどですが、

テーブルに出てくると、ああそんな季節なんだなと感じさせてくれるものの1つだと思います。

枝豆もいいのですが、ソラマメの食感や味もまた違って良いものですね。


[153]>113 すだれ powdersnow

すだれは、日差しを遮ってくれますし、何よりもその趣のある風情がいいですよね。

見ているだけで、何だか涼しさを感じさせてくれると言いますか、やはり材質やデザインも大事だと思います。


[154]>101 さくらんぼ狩り powdersnow

まだ実際に訪れたことはないのですが、さくらんぼ狩りというのは、一度体験してみたいものの一つです。

しっかり冷やした方が美味しい気もしますが、もぎたてを食べたことがないので、是非体験してみたいです。


[155]レモンの花 meizhizi87

最近育てているレモンの木は、白い花をたくさん咲かせ、いい匂いです。

レモンの実が付くのを楽しみにして、話しかけたりしています(笑)

買ったときにすでに実になっていたレモンは、スーパーで売っているレモンよりもすっぱくなくて、実も食べられるんです。紅茶や魚によく合います。

寒さに弱いとのことで、大事に育てています。


[156]>53 カエルの大合唱 meizhizi87

家の裏も田んぼなので、田んぼに水が引かれた途端、カエルの大合唱が始まりました。

今の家に住んで8年くらいになるので、だいぶ慣れましたが、当初は、窓にカエルが20匹くらいはりついていて、驚いて写真に撮ったくらいでした。時々家の中にもいるときがあるので、驚きます。

でもカエルは害虫を食べてくれるので、大切な生き物です。蚊をパクッと食べるのを窓にはりついて見ていると面白いです。


[157]>154 だんだん to-ching

高くて美味しい商品が出てきます、ネットで買うのは勇気が要る


[158]>152 ソラマメ to-ching

けっつ豆とも言いませんか?そっくりですね。


[159]>150 早く to-ching

お腹壊して寝込んでいました、早くビールと鰹食べたいです!おっと、食欲が出てきていい感じかな!?


[160]>147 初めてのとき to-ching

ビックリしたな?大きい種で、味は薄い甘さでした。小学生の頃だったかな?


[161]鈴虫の館(やかた)に模様替え fusakogane

ここ数年、鈴虫の飼育を続けています。今の時期は早熟の卵の内部でカサコソと動き始めているのではないかと想像しています。

大きなプラスチックケースがひとつ。。。。庭先の物置から室内に移動させて、玄関の<鈴虫様御用達特等席>を用意する季節が到来しました。

実際に成虫がリーンリーンと鳴き始めるのは、早くて7月初旬からですから、それまでに少しずつ家の中を夏模様にシフトチエンジしてゆきます。ただ我が家は鈴虫を楽しむための模様替えです。

まず玄関にプラスチックケースの木製の台を設置してのせます。背景の壁には葦(あし)か細竹の簾(すだれ)を掛けます。それから小分けして自分の部屋で観察できる竹ひごの虫かごを数個。玄関マットはイグサの小さいござにして、暖簾(のれん)は白いレース系がよいのではないでしょうか? いよいよ玄関先が鈴虫の館(やかた)に改装されてゆきます。

そんなことで鈴虫さんの誕生を心待ちにしていると。。。。6月中に小さい子どもがカサコソと毎日のように生まれ始めて、何度が脱皮を繰り返して、やがてチリチリチリと小声で鳴く練習の日々。。。。そして7月初旬にはリーンリーンと涼やかに鳴き始めます。ワクワクと今から楽しみで?す!


[162]>111 北国 to-ching

夏服冬服(制服)半々のことが良く有りますね。初夏と言っても寒いから・・・


[163]>82 水ようかん qwer-asdf

このツリーを見て食べたくなってきました。

母が作ってくれるものが一番おいしいです。


[164]>145 人にも虫にもやさしい虫除け tibitora

ヒノキの防虫剤は匂いもよくて虫を寄せ付けないでいてくれるのでいいですよね。

天然のものは体にも優しくて、殺虫剤のように虫を殺さないので人にも虫にもやさしくていいなと思います。


天然成分なので赤ちゃんや動物に使っても安心なのがうれしいです。

犬にとって蚊はフィラリアを運んできてしまうかもしれない怖いものなので薬とともに蚊も寄せ付けないようにしたいですね。

猫もフィラリアにかかってしまうこがいるそうなので実家の猫にも使いたいです。

http://item.rakuten.co.jp/neo-natural/6464/


[165]トマト fumie15

トマトの季節です。家庭菜園で採れたものなので新鮮でおいしいですよね。生でかぶりつくのもよし。塩をかけてかぶりつくのもよしですね。トマトを食べると夏だなーと感じます。


[166]>160 食べた時がありません fumie15

今度お店で見つけたら買ってみます。楽しみだな?♪


[167]>163 水羊羹 tibitora

水羊羹は普通の羊羹とは違ったおいしさがありますよね。

口の中で冷たくやわらかい、ゼリーの日本版みたいなおやつだなあとも思ってしまいます(笑)

普通の小豆の羊羹も緑色の抹茶羊羹もどちらも好きです。

ゼリーは家で作ったことがあるのですが羊羹は作ったことが無いので興味があります。

小豆と砂糖と寒天で出来るのかな・・・ゼラチンのほうがやわらかくできるかな。

簡単に作れるようなら実家に行ったとき甥っ子と一緒に作ってみたいです。


[168]>100 そうです fumie15

母が庄内地方出身なのでだだちゃ豆は庄内のものだと断言できます。でも新潟でも栽培されているのかな?

香りがよくて日本で一番おいしいと母が言っていました。

名前の由来はお殿様があまりのおいしさに感激して「どこのだだちゃ(お父さん)がつくったんだ?」と聞いたことが由来だとか。


[169]>156 かえる tibitora

うちの近くにも田んぼがあって、さっきもかえるが鳴いていました。

今は雨が上がったので声は聴こえないのですが夜になったらまた鳴きはじめるのかなと思います。

meizhizi87さんの、窓にカエルが20匹くらいはすごいですね!

そんなにいると私も写真に撮りたくなってしまいます。

私の実家でもたまに家の中にカエルがはいってくることもあるので猫が見つけるより先に保護をして外に逃がすように気をつけないといけません。


[170]>153 扇風機 fumie15

扇風機は気持ちいいですよね。幼いころ、マリリン・モンローのまねをしてスカートに風を入れていました。


[171]>149 見た目からして涼しげですよね! jane

最近は、抹茶味などもでていますが・・・わたしは、一番スタンダードなものが好きです♪ 蜜がおいしいと尚、最高ですよね!!!


[172]>128 私もこの香りが大好き! jane

別のトピックにも書いたのですが・・・この、太陽の香りになんとも癒されてしまうのです^^♪


[173]>170 扇風機 rhoda

わたしも扇風機派です。クーラーはできるだけ我慢します。


[174]>93 ラーメン T24oe

かなり大好きなのでよく食べます。

ワカメや海苔やチャーシュー等を入れて食べますが、時々チーズも入れてたべますw


[175]>165 プランターで育てています。 rhoda

ミニトマト育て中です。たくさんなるといいなあ。


[176]「冷やし中華始めました」ののぼり jane

冷やし中華は始めなくていいです、年中定番メニューにしてくれれば!(笑) でも・・・あの、のぼりを見ると夏が来たなぁ、と思わされます★☆


[177]>138 うなぎ T24oe

うなぎ!蒲焼よく食べます。ああ、食べたくなってきたw


[178]冷や汁! jane

なんと言っても・・・「冷や汁」です。始めは見た目の彩りがあまり良くないと思ったので、食べず嫌いでしたが、食べてみたら・・・おいしいのなんのって!(笑) 真夏の食欲の無いときにはするするっといけますし、お酒を召し上がる方には特にお勧めです! 最近は、東国原さん効果で(?!)かなりメジャーになりましたね。。。(苦笑)


[179]>18 竹筒! jane

これ、本当にたまりませんよね!! 私も、実はあんまり好きではなかったのですが・・・竹筒バージョン(?!)に出会ってからは、すっかりはまってしまいました!(笑) “涼”も感じますしね^^☆


[180]クローバー jane

先日、昨年引っ越したばかりの家の「門扉脇」に、クローバーが生息していることを発見したんです! しかも・・・一つひとつがすごく大きいんです。本当にびっくりしましたが、新緑も感じましたし、これから何かいいことがありそうなそんな予感がして、うれしくなってしまいました!

それからは、毎日、“四つ葉のクローバー探し”に没頭しています!!(笑)


[181]葛きり jane

あの、見るからに涼やかな「葛きり」は、これからの季節には欠かせません! 食後にいただいても、お腹にたまらず、するっと入っていくので、和食の後のデザートは、必ず、葛きりと決めています!(笑) 私は、フルーツやなにかが添えてあるものより、シンプルな葛きり+黒蜜が好みです^^♪


[182]>175 ベランダ菜園! jane

私も、「ミニトマト」から始めました! 意外に簡単だったので、徐々に手を伸ばして・・・いまは、茄子や紫蘇も育てています。でも、一番重宝しているのは、ローズマリー・バジル・パセリなどのハーブ類です★

ちなみに、そろそろ、梨も始めようと思っています^^


[183]>173 扇風機 kinnoji7

夏の必需品は卓上の扇風機ですよね。お値段も高くてはダメ。でも、機能は風量や首ふりは必須ですね。もちろん大きくてもダメ。スリムが1番です。多くの出番は会社ではデスクのPCの横ですね。みんなクールビズの中、エアコンの28度設定とこの卓上扇風機のセットで猛暑を乗り切ります。持っていない社員は持っている社員が席を立った瞬間にその席に座って、帰ってくると自分の席に飛び帰ります。


[184]>158 そら豆 atomatom

冷凍のそら豆でも十分に塩茹ででおいしくいただけるのですが、生のそら豆をサヤごと焼く食べ方もおいしいですよ。

市民農園を借りていたときにそら豆も作りましたが、結構手間と時間がかかるんです。

秋に植えて冬を越させて5月に収穫。

畑の結構なスペースを長い期間独占するので、ちょっと失敗したかなって思いました(笑)

そら豆の皮をむいて食べる人がいますが(むしろそっちの方が主流?)、ぼくは断然皮ごといただきたいです。


[185]>151 クールビズ kinnoji7

季節と共に変化する気温に合わせて、服装で温度調節をしよう、というのがクールビズの目的ですね。夏場の長袖スーツは、見ているほうも暑苦しくなってしまいますよね。涼しげな服装で、エネルギーも二酸化炭素も削減できる地球温暖化対策、環境に易しいファッションを楽しみと思います。


[186]>184 そら豆 kinnoji7

夏の季節、そら豆いいですよね?。「焼きそら豆」食べたくなります。 そら豆の季節って短いので、この夏の時期に食べとかないともったいないような気がします。これからいよいよ夏野菜が本格的になりますね。おいしいそら豆はほんとうに待ち遠しいです。


[187]>157 さくらんぼ kinnoji7

初夏の味覚といえば誰もが思いうかべるのが、さくらんぼですね。緑の葉陰で、真っ赤に色づいたさくらんぼはルビーのようです。小さな実なのに、その風味はとっても味わい深い、最高の果物ですね。小粒ながらもその酸味と甘さは夏の体をリフレッシュさせてくれます。


[188]>133 ビアガーデン kinnoji7

今年もビアガーデンの季節がやってきましたね。ビアガーデンで飲むビールは格別においしいですよね。アルコールは好きなほうなので、毎年一回は行きますね。外で飲むビールはおいしいんで楽しいひと時を過ごせます。今年はまだ行ってませんがはやく行きたくて待ち遠しいです。


[189]キューリの旬 atomatom

ぼくのうちには不文律があって、それは「キューリは4本100円以下にならないと買わない」です。

大抵は3本で100円なのです。

でも旬の季節になってキューリがたくさん採れるようになると、毎年4本以上で100円という価格に下がってきます。必ず下がります。

まあ、別に値段重視ではなく、旬にキューリを食べたいなあ、と、それだけなんですが。

冷やしたキューリにモロミを付けて丸かぶり。

浅漬け。

叩きキューリ。

曲がったキューリなど食べきれない量を買ってきたときには、ズッキーニだと自分に言い聞かせてカレーに入れても悪くないですよ。


[190]>186 ソラマメ peach-i

焼いて食べるのが好きです。

じっくり焼くことで甘みが増して、素材の美味しい味が味わえるのが好きです。

香ばしさが夜風の香りと重なってこれまた気持ちがいい時間が過ごせます。


[191]>179 ところてん peach-i

酢とゴマ、そして辛子をそえて食べるのがお気に入りです。

少し急いで食べるとむせてしまうのでゆっくりと。

ちょっとだけきゅうりの千切りにしたものも添えてみると夏を感じます。

カロリーも少ないため、夏場に少し食べ過ぎた日はところてんでカロリーのコントロールをするのもよいかもしれないですね。


[192]ししとう peach-i

夏野菜のししとうですが、酢揚げにしてめんつゆにひたし、ちょっとだけかつお節を添えると美味しいです。

簡単ではありますが、油との相性がよいために非常にコクのある美味しい味に仕上がります。


[193]みょうがの天ぷら peach-i

薬味として使われることが多いみょうがですが、我が家ではみょうがの天ぷらが大人気です。

くせのある味ですが、ご飯がすすむ食欲を増進させてくれます。

他にも漬物にしたりと、保存がきくので便利です


[194]大葉の塩漬け peach-i

夏といえば大葉。

すぐに悪くなりがちなので、塩漬けにしておくことが多いです。

塩漬けにすると風味は損なわれずに色んな料理に活躍させることができます。

塩漬けした大葉を豆腐にのせたり、ご飯に混ぜ込んだり。

もちろん薬味としても大活躍です


[195]>190 そら豆 tunamushi

焼いて軽く塩をかけるとおいしいですね。ミキサーにかけてスープにしてもおいしいです。


[196]>192 ししとう tunamushi

最近食べています。時々激辛にあたってしまうけど、それもおいしい。

普通のししとうより長くて15センチくらいあるししとうもおいしい。近くのスーパーに売ってないので足伸ばして買いに行こうかな。


[197]蜂の巣 tunamushi

家の裏に作ってました。庭の花に寄って来たのかな。大きくなると大変なので取りましたが・・・。


[198]薄手のカーディガン tunamushi

この時期は何を着ていいのか本当によく迷います。6月になれば衣替えなので、半袖も夏らしい服も大丈夫ですが、まだ5月下旬となると、暑いけど夏本番という格好ではおかしいし・・・。そんな時、重宝するのが薄手のカーディガンです。日中は脱いでいられるし、涼しくなったら着られるし、便利です。


[199]>194 大葉のジャングル atomatom

大葉は強いですよね。市民農園を借りていたときは1年前に育てた大場のこぼれ種が育って、しかも大きく育って1メートルほどにもなってくれました。

何十株も育ち、それぞれが大きな葉をつけてくれたものですから、それこそ何千枚もの大場の葉が収穫できました。

塩、大葉の葉、塩、大葉の葉、とビンの中に積み重ねて塩漬け。5年経った今でもまだ刻んで薬味に使えます。


[200]>183 子供の頃 akilanoikinuki

私の子供のころ、我が家にはクーラーなんて良いものはありませんでした。

そのため、お風呂上りは扇風機の前に陣取り、ほぼ裸で(本当に小さい頃ですよ!)風を浴びていました。

ついでに、姉といっしょに「あ?」とか声を伸ばして、声が変な風に聞こえるのを楽しんでいました。

近頃の子供さんもするのでしょうか?


[201]>132 日曜日の朝は fumie15

近くの野菜直売所に買いに行きます。

安く買えるので一度に一週間分を買いだめします。

そのほかにも伯父が山に行き山菜などを採ってきます。

家に帰るとドアノブに山菜がかけてあり、大変驚きました。

もちろん美味しく頂き、後でお礼の電話をかけました。


[202]>146 衣替え qwer-asdf

夏の衣替えは冬よりクローゼットがすかすかになっていいですよね。その分クリーニング代が大変です。


[203]>200 すだれ ktkrmax476

聞くだけで涼しくなりそうですね。

でも私の家にはありません・・・


[204]>185 クールビズ ktkrmax476

自分が思ってたよりも涼しくてびっくりしました。

急いで冷房の設定温度を上げたくらいです。


[205]>195 そら豆 ktkrmax476

枝豆とは全然違いますね。

塩茹でが最高です。


[206]>177ktkrmax476

なんか漢字で書くとより一層「魚」って感じがしますね。

土用の丑の日は必ず食べてます。上に乗っているネギも色合いが良くて食欲をそそりますね。


[207]>187 さくらんぼ ktkrmax476

暑い夏に冷たいさくらんぼ・・・最高ですね。

アメリカンチェリーが一番好きです。

少し紫がかかった赤色の輝きが素晴らしい!


[208]>174 冷やしラーメン ktkrmax476

夏の昼はやはりこれです。

つけ麺が特に気に入っています。

具は少なめの方がなんかシンプルで一層美味しく感じられます。


[209]>136 冷やし中華 ktkrmax476

木綿玉子、蟹蒲鉾、ハム、胡瓜をのせて食べています。


[210]>129 スイカ ktkrmax476

おやつにもなるし、デザートにもなるし、水分補給にもなるので夏の必需品とも言えます。


[211]>108 かき氷 ktkrmax476

基本は練乳とシロップです。

最近屋台が近所を回っています。


[212]風鈴の音 VEGALEON

今ではクーラーでサッシを閉め切っている家庭が多いので少なくなりました。

でも窓を開け「風鈴の音」が聞こえてくると暑さを忘れます。


[213]ござ VEGALEON

イグサの香りがなんとも良く、肌触りもなんともたまりません。日本の夏の思い出。


[214]>166 ビワ VEGALEON

今、ちょうど 隣の庭のビワが最盛期です。あま???い。


[215]>210 種なしスイカ VEGALEON

スイカはおいしいですけど「種」がね・・・

「種なしスイカ」が出た時は感動しました。


[216]>208 つけ麺は麺を楽しむ atomatom

独断かもしれませんが、関西には他の地域ほどつけ麺を食べる習慣がありません。少なくともぼくは今までに1度しか食べたことがないです。しかも東京に行ったときに。どうしてって関西にはつけ麺を出すラーメン屋がほとんどなかったですから。

最近ようやくつけ麺をメニューに載せている店も増えてきました。

でも、一度食べた経験はあまりうまいものではなかったのですよね。

思うにあれは麺が好きな人が麺を楽しむためのものなんですね。

ぼくのようにスープが好きな人はちょっと肩透かしをされたような気分になるのかもしれません。


[217]>201 小さな八百屋にも直販コーナー atomatom

うちの近くにもJAの運営する直販所、それにスーパーにも近在農家の直販コーナーもあります。

また商店街の小さな八百屋さんも農家から直接仕入れている野菜を売っているコーナーを作っています。

この八百屋さんでは、アジア人が多く済むという土地柄もあって、普通の八百屋さんよりも取り扱っている商品がエキゾティックなんです。

唐辛子は何種類も置いているし、あまり見かけない葉物野菜も数多くあります。

お客さんから「この野菜を育てて」というリクエストを農家の人へと取り次ぐような窓口にもなっているそうです。

ぼくもタイでしか見たことのないパックブンという野菜を買ったことがあります。

日本語にはできなくって、パックブン菜と呼ばれていました。

タイは暑い国なので、日本で育てるタイの野菜はほぼすべてこれから夏にかけてが旬。

またなにか仕入れに行こうと思っています。


[218]>216 冷やしラーメン r-zone

最近コンビニで冷やしラーメンをみるのでよく買います。

担々麺とかもあるんですよね。

夏には美味しくてたまらないです!


[219]本格派、自作カツオのタタキにチャレンジしてみる TomCat

初夏の味覚と言えばカツオですが、本格的な藁焼きのカツオのタタキを手作りしてみたいと思いませんか? 本当の藁で焙ったカツオのタタキは、そのへんに売っている形ばかりのタタキとはひと味もふた味も違います。香りも身の甘味も、全く違うんです。

では作り方です。まず、できるだけ大きなバーベキューコンロを用意してください。無ければ一斗缶等を使って作ってしまってもいいですね。

藁はなかなか手に入りませんから、枯れススキを使いましょう。探せばまだまだ、去年の枯れた物が地面に横たわっています。雨水が貯まりにくい斜面の枯れススキがいいですね。太い茎が多いと火力が強くなりすぎますので、稲藁の雰囲気がする部分を中心に集めてください。採取した枯れススキは、広げて天日に干して、カビ臭さを抜いておきます。

準備が整ったら、新鮮なカツオのサクを買ってきましょう。必ず皮付きであることが必要です。大きさも、刺身用のサクより厚みがある物を求めます。信頼できるお店なら、タタキにすると指定して下ろしてもらってください。ウロコは削ぎ落としておきます。

さて、バーベキューコンロに藁(枯れススキ)を突っ込んで火を付ける準備です。コンロの上には焼き網を乗せておきます。これはカツオを乗せる場所というより、火の粉の飛散を防止する役目が主です。作業場所は、燃えやすい物がない、広い場所を選んでください。風や湿度にも留意し、風が強い時や湿度が低い時には行わないことが大切です。当然のことながら、消火用の水などは十分に用意してくださいね。カツオを焙る作業は正味ほんの数十秒。ほんとに一瞬ですが、一瞬の火でも火災の恐れはありますから、十分すぎるほどの防火の備えをした上で実施してください。

カツオは、扱いやすくするために、金串を扇形に刺しておいてください。カツオの身が4つ割りですから、四方八方の広がりの縁起を担いで、串も4本打って焼くのが本式という話もありますが、そのへんは適宜で差し支えありません。

では点火です。うまく下の方から点けないと、火が回るのを待っている間に燃え切ってしまいますから、上手にやってください。藁(枯れススキ)の量に余裕があれば、何度失敗しても大丈夫ですね(^-^)

火の温度は約800度。この強い火が、バーベキューコンロ全体に広がった状態がベストです。カツオを皮の方から焼いていきます。炎がサクを包み込むような感じになる位置で焼いてください。焼き加減は皮がカリッとなるくらいまで。この皮の焼き加減がうまさのポイントです。火がベストコンディションなら、ほんの10?20秒程度で焼き上がります。

続いてカツオをひっくり返し、血合い側を下にして、軽く焼き目が付けば出来上がりです。火から下ろして冷ましてください。

あれ? 氷水に取るんじゃないの? とお思いの方もあると思いますが、本場土佐の藁焼きは、水では冷やしません。なぜって、水にくぐらせたら、せっかくの藁の香りが台無しになってしまうからです。

この後は、厚さ1cm程度に切っていきますが、それはまだ表面が熱いうちに行っても差し支えありません。外は熱く中はヒンヤリの状態で食べるのもオツな物です。

タタキの食べ方は実に千差万別です。本場土佐でも、これが正式というのはないようで、家が違えば食べ方も違う、カツオのタタキにわが家の味有りというくらいにバラエティ豊かです。塩をまぶして手で叩くからタタキという人もいれば、薬味とタレをたっぷりかけてから手で叩く人もいます。叩かず薬味とタレに漬け込んで冷やしてから食べる人もいれば、前述のように外は熱いままで食べる人もいます。

薬味もタレも様々ですよね。薬味ならネギ、アサツキ、ワケギ、ニンニク、ミョウガ、大葉、サンショウの芽、新タマネギのスライス、青い唐辛子の輪切り、おろし生姜、などなど。タレも土佐酢、三杯酢、ポン酢醤油、生姜醤油など様々です。あるいはカツオに軽く塩をして、ユズ・スダチなどの柑橘果汁だけで食べる、っていうのもいけますよ。本当に香り高くうまく焼けたと思ったら、ぜひこの柑橘果汁だけの食べ方を試してみてください。

昔から、女房を質に入れてでも食べたいと言われた初鰹。ぜひこれを、最高の旨さで味わう「自分で焼いてみるイベント」で楽しんでみましょうよ。もちろん奥さんも質入れしたりしないでご一緒に(笑)

海洋国日本の誇る漁業。それと稲作文化の産物である稲藁が結びついた藁焼きのカツオは、まさに日本そのものと言うべき食べ物です。それを手作りしてみることで、また少し、日本文化の核心に触れることが出来ました。こんな初夏の楽しみを、皆さんもぜひどうぞ。


[220]>206 うなぎ r-zone

土用の丑はうなぎで決まりですね。

一人暮らしだと食べる機会が中々ないので、実家に帰った時には豪勢にうなぎにします。

食べたくなってきた〜!!


[221]>203 すだれ r-zone

実家にありますが、あると外からの目隠しにもなるし

夏は涼しく雰囲気もあっていいですね。

窓際に風鈴を置いて、かき氷を食す!!

夏休みの定番でした。


[222]>204 クールビズ r-zone

冷房の設定温度は高めに設定しています。

扇風機も一緒に回した方が、部屋に風が回ってエコにも良いんですよね。


[223]>207 さくらんぼ r-zone

さくらんぼといえば、アメリカンチェリーですね。

大きくて食べごたえがあるので、一番好きです。

サクランボ狩りとか行ったら楽しそうですね〜。


[224]>214 びわ lovespread13

おいしいですね。うちの実家の近所にもびわの木を植えてる家がありました。よくおすそ分けしてもらったりして食べてました。いまはスーパーですこし時期はずれにも買えたりもしますが、やっぱり旬の次期に食べるのがいちばんおいしい気がします。


[225]>221 扇風機 twillco

子供の頃、扇風機の前で『あ”〜〜〜〜』と言っては、声がガラガラになる感じが楽しくってよく怒られてました。


[226]>218 ラーメン twillco

週1、2でラーメンを食べます。

食べ歩きが大好きで、よくネットで探しては行きますね。

夏には期間限定で冷やしラーメンも出るので楽しみなんです。


[227]>222 クールビズ twillco

男の人は夏でもスーツなので、本当に暑そうで大変だな〜と思います。

旦那さんも夏には汗ビッチョリかいて帰ってくるのでクールビズには大賛成ですね。


[228]>191 ところてん VEGALEON

昔はよく食べました。割り箸の一本で食べるので苦労していました。

なぜ、ただでさえ食べにくいのにあんな食べ方したのでしょう?

酢がよく効いている方が好きでした。


[229]>220 ウナギ nakki1342

以前から一度は、ウナギを食べてみたいなと

思ってるけれど

まだ試していない自分です

母親が苦手だから

親しみがなかったせいなんですけど・・

一度食べてみて

これだったらいけるとかダメだとか判断をしてみたいな

そう思っているのですが今年の夏こそ

チャレンジしてみたいものです


[230]>223 さくらんぼ w83

昔、親父がサクランボの苗木を買ってきたことがあります。その木は畑のすみに植えましたが、2,3年後に枯れてしまいました。楽しみにしていたので、残念でした。

そういうわけで、その木に実がなるのは見たことないのですが、サクランボは結実しにくいようですね。

http://www.ic-net.or.jp/home/jasagae/sakuranbodb/qajufun.html

相性の良い2品種以上植える必要があるみたいです。結構大変ですね。


[231]衣替えついでに和装にチャレンジ Fuel

最近は男も浴衣で夏を楽しむ人が増えてきました。でも浴衣では本格的な和装を経験したとは言いにくい物がありますね。そこで浴衣にはまだ早いれけど、単衣の軽装で気軽に和服が楽しめる初夏の季節を和装入門の絶好期と考えて、衣替えのついでに一気に和服まで行っちゃうと、とても楽しい経験が出来るんじゃないかと思うんです。

そこで、まずは予備知識です。色々調べてみました。日本のナショナルコスチュームなのに調べないとわからないなんて情けないですね。最近やたら愛国心を強調する政治家がいますが、国民に軍服を着せようとするよこしまなものではなく、みんなが和服を楽しめる豊かな国作りの方に熱心になっていただきたいものだと思います。

まず衣替えの習慣についてですが、これは平安時代の宮中行事からはじまり、江戸時代には年4回の衣替えが武士の決まり事だったそうです。この時代の夏服に相当する時期は旧暦5月5日から8月末、新暦に直せば今年で言うと5月28日から10月17日となります。6月と10月を衣替えとする今の習慣とだいたい一致しますね。

現代の和装の習慣では、6月いっぱいが単衣、7月?8月が薄物、9月になるとまた単衣に戻って、その他の季節は裏地のあるあわせを着るというのがならわしだそうです。

予備知識はこのくらいにして、実際にお店に見に行ってみました。行ったのは極めて庶民的な某ショッピングセンターです。その一角に和装のコーナーがあります。和服は手入れが大変そうだと思っていたのですが、家庭で洗える物がけっこう多く安心しました。多くは化繊ですが、綿や麻の着物の中にも家庭で洗濯可能とされているものがありました。

とりあえず一式揃えるとすると何が要るのかを聞いてみたら、着物と、その下に着る襦袢、プラスそれぞれに使う腰ひも各1本ずつ、そして帯。これで庶民的な着流し姿の出来上がりで、あとは足袋と下駄か草履があればすぐに街に出られるとのことでした。私は初心者向きの化繊の単衣の着物と、一番安い襦袢を買い求めました。プラス一番安い腰紐を2本。帯は角帯と兵児帯(へこおび)がありますがと言われて、何がどう違うのかと聞いたら、生地が柔らかくて扱いやすいのは兵児帯と言われたので、入門用としてそっちを選んでみました。これは普段着の帯として好まれる帯で、あらたまった席に締めて行くにはふさわしくないそうです。足袋も一番安い物。履き物は下駄だと入れない場所がありそうですので、最初の一足は草履にしてみました。

着方のパンフレットをもらって、様々なサイトの説明も参考にしながら家に帰って着てみると、とても簡単に着られました。男の着物は簡単です。まだ着こなしというか、合わせ加減抜き加減みたいなもので粋に装えるまでにはいっていませんが、徐々に慣れていこうと思っています。

これを着て、初夏の街を闊歩してみたいですね。夏らしい涼しげな着物で新緑を愛でつつ街を歩くなんて粋じゃぁござんせんか。爽やかな川風などを袂に入れて、初夏を楽しんでみたいと思っています。


[232]ドクダミの花 tk09

初夏に咲く花のひとつですね。

昔は、家の庭に咲いているところを良く見かけました。


”どくだみ”という名前なので、小さい頃はあまり体に良くない植物かな?

と思っていましたが、良く調べると、すごく体に良い。


漢方としても一般的で、お茶にしても良し、塗り薬にしても良し。

ドクダミ茶って、飲みやすくて美味しいんですよね。


白くて美人な花を咲かせるのに、ドクダミ(毒溜)なんて名前を

付けられてしまうなんて、ちょっと可愛そうだなぁ。


[233]>230 さくらんぼ twillco

さくらんぼ狩り行った事あります。

でも、行く前にお寿司屋さんに連れて行かれ、そこで一杯食べてしまい結局さくらんぼがあまり食べられませんでした・・・

まんまと作戦にハマってしまいました〜。

やはりバスツアーではなく個人で行くのが良いですね。


[234]茄子 tk09

夏の野菜で大好きなものの一つです。

焼いて、揚げて、煮て、漬けて...すべてがウマい!

その中でも、油との相性は最高ですよね!


シンプルな、揚げ茄子、焼き茄子、麻婆茄子にするか、

豚肉の挟み揚げとかも美味しいんだよなー。


今日は何にしようかな??。


[235]>233 サクランボ koume-1124

昔は祖母がサクランボを作ってたのでよく貰って食べていました。

今では買わないと食べられないのでなかなか食べる機会がないのですが

パフェの上にサクランボが乗ってると嬉しい気持ちになります。


[236]街路樹の新緑を誉めながら歩く新スタイルの自然観察ウォーキングはいかが? MINT

みんな花を見ると、まぁすてき、と賞賛の声を上げます。森や林の木々も、自然を求める人たちを引き付けます。なのに都市の中の街路樹は、まぁすてきとも言ってもらえないし、自然はすばらしいなぁとも言ってもらえません。でも、街路樹は町の中の貴重な緑として、人間以外の小さな生き物のためにもがんばってくれています。そこで、街路樹という名のマチの新緑をほめながら歩くウォーキングはどうでしょうか。

まず街路樹の木の種類を調べましょう。いろんなのがあります。このページは東京の代表的な街路樹を取り上げたものですが、東京だけでもこんなにたくさんの種類があるんですね。

http://home.interlink.or.jp/~s-araki/index2.htm

木の種類、名前がわかると、とても親しみがわいてきます。私はまず地図に街路樹の名前を記録しながら歩きました。歩いている内に木の種類が変わったら、その木を見上げて名前を呼びかけながら、すごいね、葉っぱが薄くて緑の光が透き通ってるよ、幹の横っちょからちっちゃな芽が出てるのかわいいね、などといろいろ誉めます。これが観察になります。誉めれば誉めるほど色んな観察の結果が心に残ります。もちろん歩いている間に新しい発見をしたら、立ち止まってそれも誉めます。

こうしてウォーキングしていると、都市の中でも、とても充実した自然観察ができます。木の名前は覚えられるし、何々の木の通りという記憶で知らない道もどんどん覚えられて、いいことずくめです。このウォーキングを行うと、次に出かける時には、仲良しになった木に会いに行く気持ちになります。今度の週末はどこの木に会いに行こうかな、なんて考えるお出かけも楽しいです。


[237]>209 冷やし中華 sidewalk01

食べると夏になったんだぁと実感します!


[238]>229 うなぎ sidewalk01

蒲焼のタレがたまりません!


[239]>228 ところてん sidewalk01

実家の夏のおひるに結構でてました。おいしいですよね!


[240]子アジ w83

毎年この時期になると、獲れるマアジの子どもです。小さいので、頭ごと食べられます。我が家では、よく南蛮漬にします。南蛮漬の酸味で余計にバクバク食べれます。


[241]>94 ゴーヤ sidewalk01

食欲をそそりますね!ごーやちゃんぷる最高です!


[242]>234 ナス sidewalk01

食べると体温を下げる効果があるとかないとか聞いたことあります。夏野菜は食べたいですね!


[243]>240 アジ adgt

てんぷらにしてアツアツをいただきたい!


[244]>225 すだれと自然の風 adgt

すっごい癒される


[245]>211 シロップは何故かイチゴ adgt

なんでだろ?ついついイチゴを頼んじゃう。


[246]>188 ビアガーデン adgt

気温が高い日にいってビールをグビグビ飲みたい!


[247]>245 かき氷 ryo_ma

最近はいろんな味が増えましたね^^


[248]>245 かき氷 T24oe

かき氷!夏には一度は食べます^^

シロップはブルーハワイかメロンをよくかけています。


[249]>237 冷やし中華・そば ryo_ma

もうコンビニとかスーパーには出ていましたね^^


[250]>35 アメリカンチェリー ryo_ma

私もアメリカンチェリーは好きですね^^

市場に買い物に出かけて260円でアメリカンチェリーがあったのですが・・・

帰りに買って帰ろうと思ったら売り切れてました。^^;

国産のさくらんぼ高いですよね?^^;


[251]>242 ナス adgt

他の夏野菜はすきだけど、なすだけはドーモ苦手・・・食感かな?


[252]>117 そだてたことがあります。 canorps

庭に食べたものの種を植えるのが大好きな私。

スイカとメロンの栽培に挑戦したことがあります。

しかし育て方などまったくわからず。

それで、丸くこだまスイカくらいにはなったんです。

外の見た目はきちんとスイカ。

けれど食べごろがわからなくて。。。。

気のはやった私とは母ある日、えーいとまっぷたつに。

中はまだまだ青々としたまるで丸いきゅうりのようなスイカでした。

まだ早かったんですね・・・・

momokuri3がんばって立派なスイカを育ててくださいね!!


[253]>236 植物に会いに行くウオーキングなら雨の日も楽しめそう TinkerBell

初夏のアウトドアはお天気に左右されやすいですが、

こういうウオーキングなら梅雨に入っても楽しめますね。

せっかくのお休みが雨、なんていう時も木々にとっては恵みの雨ですから、

雨の中でいきいきとしている木々に会いに行くなら最高のおひよりです。

木々を誉めながら歩く、

誉め言葉を探すことが観察になるという緑との触れ合い方がとてもすてきです。

東京は明日もお天気よくなさそうですが、

街路樹巡りの外出ならたっぷり楽しめそうですね。

出かけてみようかな。


[254]>253 近くの公園に qwer-asdf

行ってみようかな?

その公園は1周1キロなので自分が歩いた距離がわかります。

美味しい空気を吸ってのんびりと散歩。

公園の木々には名札もぶら下がっているし。

帰りには冷たーい水を飲もうと思います。


[255]>254 森林浴 ktkrmax476

緑の空間が私たちを包んでくれる、そんな気がします。


[256]新生姜も初夏の味覚 TinkerBell

ヒネショウガの上にできる新しい部分が新生姜。

固く辛味も強いヒネショウガに比べて 柔らかく穏やかな辛味なのが特徴です。

今は新生姜もハウス栽培らしく幅広い期間出回っていますが、やはり旬は6月から夏にかけてです。


新生姜の保存期間は、常温なら3?4日。

長期保存したいなら、漬けるか、冷凍保存にします。

冷凍の場合、解凍後は軟化してしまうので、一回使い切りの分量ずつ小分けに冷凍するのがコツです。


漬けるなら甘酢漬け。「がり」というやつです。

これの簡単な作り方をご紹介しますね。

今はこれ、市販品の多くが輸入物です。

安心な国産新生姜で手作りしましょう。


材料は、新生姜500gとして、

◆塩 20g(新生姜の4%)

◆甘酢材料

酢 2カップ

砂糖 1カップ

水 1/2カップ


まず新生姜は、皮をこそげおとして薄く切ります。

厚さは揃っていた方がいいので、よく切れるスライサーなどを使ってください。

スライスは繊維に添ってでも直角にでもお好みで。

繊維に添ってスライスするとシャキシャキと、直角にスライスするとサクサクした食感になります。


スライスしたら塩をまぶして1?2時間置。

その間に甘酢材料を合わせて煮立て、冷ましておきます。

この時、ただ砂糖が溶ければいいくらいの温め方ではなく、少し時間をかけて加熱しておくと、

酸味がまろやかになって食べやすい物が作れると思います。


塩をした新生姜の水を捨て、たっぷりの熱湯にくぐらせ、

さっと取り出して手早く水気を切って熱いうちに甘酢に漬け込み、

十分に冷めたら冷蔵庫に保存します。

この熱湯にくぐらせる作業は生姜の辛みをコントロールするためなので、

辛いのがお好きな人は軽く、辛みが苦手な人は少し長めに湯通ししてください。


なお、「がり」がピンクなのは、新生姜の赤い部分を一緒に漬け込むからですが、

酢の一部を梅酢にして色を付けてもいいと思います。


もう一つ、ちょっと珍しい「新生姜の炊き込みごはん」もご紹介しますね。

材料はお米1合あたり新生姜25gくらい。

調味料は、米1合あたり薄口醤油大さじ1、酒大さじ1。おぼえやすいでしょ。

これに、油あげ(お米3?4合あたり2枚くらい)、

そして水の代わりのだし汁です。


新しょうがは薄切り。

油あげは湯通しして細目の短冊。

炊飯器にといだお米を入れ、生姜と油あげを乗せて、

薄口醤油と酒とだし汁を合わせたものを規定水分量注いで炊きあげればできあがりです。

これは新生姜でなければできない旬の炊き込みご飯。

ヒネショウガでは苦くなってしまうので、新生姜限定です。

蒸し暑くて不快指数高くて食欲なーい、なんていう時でも元気いっぱい食べられます。

試してみてね!!


[257]初夏の部屋の模様替え C2H5OH

その昔、衣替えと模様替えはワンセットの行事だったそうです。ウィキペディアによれば、「鎌倉時代になると、更衣は衣服だけでなく、調度品までとり替えることを含むようになった。」とのことです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%A3%E6%9B%BF%E3%81%88

実際わが家も、この時期は衣替えというより、部屋の模様替えの方が大きなイベントです。寒い時期のレイアウトは「集中」です。たとえばコタツという暖色の物体を中心に、床に座って目線を低くして集まっていくようなレイアウト。水平方向にも垂直方向にもギュッと圧縮を掛けたような空間の作り方が、暖か感のポイントだろうと思うんです。

このコタツを思い切って椅子とテーブルに変えてみると、垂直方向にぐんと広がりが出てきます。椅子もゆったりと配置すると水平方向にも広がりが出て、一転して「拡散」のレイアウトに変わります。これで涼しさが感じられる部屋に早変わりです。

和式の座卓を使う場合も、広がり感を出すようにレイアウトすると涼し気です。風鈴は音が涼しさを呼ぶと考えられていますが、私は思うに、これも高い位置に物を配置することで、垂直方向の広がり感を出すという意味もあると思っています。

書斎も思い切って配置換え。たとえば冬は窓を背にしていた机を、窓に向けてみたりします。

ファブリック類を取り替えて部屋の色から変えていくような模様替えは、年がら年中地味な色しかない書斎では限度がありますが、こういう配置換えで季節感を出していくやり方は効果が大きいと思います。狭い部屋でも窓との位置関係などを入れ換えてやるだけで、集中・拡散のレイアウトの切り替えが可能です。


[258]ベランダの果樹で新緑を楽しむ Oregano

新緑といえばやはり木本(もくほん・太く堅い幹を持つ樹木)ですよね。ベランダで育てる木本は観葉植物から盆栽まで幅広いですが、私は果樹にとても魅力を感じています。果樹は全く素人ですが、この春ブルーベリーを買ってきて、育て始めています。

ブルーベリーは寒い地方から暖かい地方まで幅広い気候で栽培が可能ですし、病害虫というような虫の害がほとんどないので、とても育てやすいと思います。結実も比較的早く、2?3年目から収穫可能とのことです。

鉢植えで育てる場合は、余裕のある大きめの鉢にピートモスを主にした土を入れて植えればOKです。水はけの良い酸性土壌を好みます。乾燥にだけ注意してください。他家受粉性なので、品種の異なる木を2株以上並べて育てます。

さて、このブルーベリー、今は緑がいっぱい出てきています。果樹の新緑です。これはとてもいいものです。秋には紅葉も楽しめるそうなので今から楽しみにしています。またブルーベリーは挿し木がわりと簡単らしいので、もう少し大きくなったら増やして友だちに配ってみたいとも思っています。

さらにこれに気をよくして、もっと鉢植えで楽しめる果樹を増やしてみたいとの野望もいだきはじめました。たとえばベリーつながりでクランベリーとかいいですね。また農村の雰囲気の桑なんかもどうかなぁと思っています。桑は葉も食べられますね。キウイもベランダで育てられると思います。柑橘類も毛虫が付きやすいですが魅力的です。

いつかベランダ果樹園で、花の季節はお花見、新緑の季節はベランダ森林浴、なんて出来たらすてきだなぁと思っています。


[259]>238 うなぎもいいですが。 nekomanbo56

うなぎもいいですが、穴子もおいしいですよ。


[260]>259 うなぎの王道 linne

初夏の味覚といえば、うなぎですね!

うなぎを食べて精力つければ、夏の暑さも乗り切れる……気がします。


[261]>103 水を汲みに行きます qwer-asdf

車で10分くらい行ったところに無料の天然の水汲み場があります。その水でお米を炊くとやっぱり違います。飲み水はパイプから出てくる水を汲むのですが、水が流れているところに足を突っ込みます。最初は冷やっとしてびっくりするくらいなのですが、だんだん慣れてきて結局膝までぬらしてしまいました。一度タオルを持っていかず、乾くまで日向ぼっこをしました。

子供っぽいのでやめようと思うのですが、ついついやっています。


[262]>249 食べたくなりましたね。 nekomanbo56

食べたくなりましたね。ここのところ暑いですから。


[263]>61 今が本当の「木の芽」と言いたい季節ですね TomCat

料理のてっぺんに木の芽を乗せる。まだ誰も箸を付けていない料理ですよ、あなたのためだけによそったものですよということを表す、和のおもてなしの心遣いの一つ。そんなふうに使われることが多い山椒ですが、やはり食材としての旬を考えると、新芽が伸びる今ですよね。

うちの筍ご飯にも、必ず山椒の新芽があしらわれます。ですから、筍ご飯というと山椒の新芽の香りが、山椒の葉の香りというと筍ご飯の味が思い出されちゃうんです。

うちでは山椒の新芽をどばっと摘んで、佃煮にしたりもします。ちょっと舌を刺すような、独特の味覚が素敵な佃煮です。


[264]>76 鮎の季節ですね TomCat

鮎の独特の香りは、今は釣り人でも知っている人が少ないと思います。私もこれが本物の天然の鮎と匂いをかがせてもらって、初めて知りました。その昔、「なまぐさ」が禁じられていた僧侶の中にも、鮎だけは「なまぐさではない」として食べていた人がいたらしいですよね。とんちやギャグではなく、真面目な話としてそれで通っちゃうんですから、鮎の魚とは思えないあの香りは、本当に独特です。

さて、鮎と言えば炭火ですよね。炭で焼くと香ばしく、身はふっくら。旨い鮎がさらに何倍も美味しくなります。そして遠赤外線によって中までしっかり火が通るという衛生効果も見逃せませんよね。

火の基本は強火の遠火。弱火の近火で焼くと身が縮んでふっくら感が損なわれます。そういう点でも、ガス火なんかだめ。炭火ですよね、もう絶対。

そして食べる時は直接かぶりつく。鮎の場合はこれが基本だと思います。皿の上で身をほぐして食べていては、本当の旨さの一部を捨てているような物ですよね。鮎の塩焼きは野趣溢れる料理ですから、それで作法にかないます。


[265]>125 秋まきタマネギの収穫の季節ですね TomCat

知り合いの畑のタマネギも、ふっくら丸くなってきました。タマネギは光合成によって作られた炭水化物を、でんぷんではなく糖の形で貯蔵する植物です。だからとれたてのタマネギは、果物並みに糖度が高いんですよね。普通は辛味が勝るので甘さを感じませんが、辛味が柔らかな新タマネギなら、その甘味が楽しめます。

ところで、ついに私も念願の畑が持てるようになりました。夢の農園作りにはほど遠い、ほんの数十坪の敷地ですが、とにかく畑です。だいぶ離れた所ですので週末だけしか行けそうもありませんし、おまけに元宅地だった所ですので、土は砂利だらけでガチガチです。これを畑にするには土作りだけで3年かかりそうですが、とりあえず友人がタマネギの苗を分けてやると言ってくれているので、秋までにその分だけは客土するなどして場所を整えようと思っています。来年の今ごろが楽しみです(^-^)


[266]>231 おおー!すばらしい! vivisan

Fuelさんもりっぱな着物仲間ですね♪化繊もしっかりと洗えますが、洗うときはしっかり畳んでネットにいれて、洗濯機のウールコースで洗剤もウール用で洗ってあげてくださいね。水を絞るときには弱めで水がきれたかな?と思ったときにとりだして乾かすとしわが少ないです。しわがすくないとアイロンがけが楽ですw

6月の時期に私がつかうのは胴抜きというタイプのものです。単衣なんですが、裾部分は別の布がついていて見た目には袷に見えます。リサイクルではたまにみかけますが、仕立ててもらうときもお願いして仕立ててもらいます。昔の人って見栄っぱりだったんだなと思いつつ、その努力には感動させられます。

綿素材のものも今は多くでていますので、是非トライしてみてください。なんといっても洗えるのは大きいです♪


夏場は汗をかくので、化繊はどうしてもべとつきます。なのでうちのダンナは長襦袢は麻素材か楊流という綿のクレープがはいったものをつかってます。男性用は見八つ口(脇のところ)があいてないので汗かきやすいんです。

ひどいときはTシャツのうえに着たりしますw


[267]>155 可愛い花ですよね TomCat

レモンの花は気温が低いうちから咲きはじめますが、早い時期の花は不完全なものが多く、うまく結実しないことが多いようです。ですから期待できるのは気温が上がってくるこれからの時期ですよね。いっぱい話しかけて、励ましてあげてください(^-^)

ちなみに実の数は、だいたい葉っぱ30枚あたり1個が適正と言われているようです。あまりたくさん実を付けると木が疲れてしまって、翌年の実りが悪くなりますから、木の大きさを見ながら育てる実の数を決めていってください。

ちなみにレモンの若葉は中華の薬味にも使われることがあります。フレッシュな葉を使ってレモンの葉茶も楽しめます。だいたいカップ一杯分としてレモンの葉を5枚くらい。水から煮出して、沸騰後30秒から一分弱で出来上がりです。新緑の色が美しいお茶が楽しめます。


[268]>161 鈴虫様特等席(^-^) TomCat

気温が上がってくると孵化の季節ですね。だいたい 気温25度あたりになってくると孵化が始まります。楽しみですよね。特等席は玄関とのことで、和のしつらいで整えられたスペースは、きっとお客様も絶賛でしょう。

ところで私は、鈴虫の飼養に関する、ちょっと要注意な話を耳にしました。昨年、農村を歩いているとすごい勢いでナスに農薬をかけている人がいたので、かなり薬を使うんですかと聞いたら、今は昔に比べれば少なくなった方だよ、それでも殺虫剤、殺菌剤と気を使うねとのこと。すると横にいた奥さんが、「だからうちで飼ってる鈴虫には、この畑のナスは食べさせないんですよ」。がちょ???ん、ですね。体の小さな鈴虫には残留農薬の影響が心配なので、このお宅では、鈴虫専用に庭で無農薬ナスなどを作っているとのことでした。

皆さんも、虫の餌として野菜類を使う場合は、よく洗ってから使ってください。生産している農家の方が、虫を殺す薬をかけた物を虫に与えるなんて恐ろしいとおっしゃっているんです。十分気を付けてくださいね(^-^;


[269]>199 いいですね、塩漬け TomCat

最近ここの書き込みで「大葉茶」として保存するやり方をおぼえましたが、もちろん塩漬けも作っています。とにかく大葉は年々株が増えて収量が上がりますから、しばらく育てているとすごいことになってきます。

塩漬けにしておくと一年中楽しめていいですよね。和風に使うほか、私はパスタなどにも使います。これがまた香りが良くて美味しいんです。大葉は虫に食われやすいですから、一番いい時に素早く収穫して、使いきれない分は加工して保存するなどしたいですよね。塩漬けはご飯に混ぜ込んだりするのにも最適なので、作っておくと本当に重宝しますね。


[270]>246 私は「イエ・ビール」派 TomCat

どうも私は、外で飲むっていうのがダメなんです。元々ザル気味で酔いにくい体質ですし、何かと気を使う外では、さらに酔えないんですよ。特にビールなんてアルコール分が少ないですから、せっかくのビアホールも、単に喉を潤すだけの場所になってしまいます。

そんなわけで、本当にビールを楽しみたい時は、イエで飲むに限ると思っています。家だとその場で酔いつぶれても構わないという安心感がありますから、それなら安心して酔えます。

でも、ビアホールの独特のあの雰囲気はいいですよね。開放的で活気があって、あれは好きです。誰か私をビアホールで酔い潰してみませんか。もちろんおごりで(爆)


[271]>255 これいいなあ(^-^) TomCat

木々を誉めながら歩く自然観察というコンセプトが最高です。どこを誉めるかという着眼点を見いだすことが、実践的な観察というわけですね。

街路樹というのは、都市設計の中では、多くの場合、歩道と車道の仕切りを明確にする物であるとか、無愛想な景観を豊かにする物であるとか、目隠しであるとかといった、他の人工的構築物と同じ位置づけなんです。なかなか、生きている緑とは受け止めてもらえない存在なんですよね。

だから、ちょっと都市設計に変更があれば、簡単に抜かれてしまう、切られてしまう。残酷なことです。可哀想ですよね。

でも、みんなが街路樹を尊い命として受け止めるようになれば、都市設計そのものが変わってきます。木一本の命を尊ぶ都市計画こそが、人の命も尊ぶマチを作るんだと思います。そういう意味でも、この街路樹を誉めながら歩く自然観察を、ぜひ普及させていきたいと思います。

これ、イエはてな発の新しい呼びかけとして、広く社会に問うてみたいですね。これで日本の都市作りが変わってくるかもしれませんよ。


[272]>256 新生姜の炊き込みごはん!! TomCat

これは初耳でした。爽やかで香り高い初夏のご飯になりそうですね。ぜひ試してみたいと思います。

さて、生姜の輸入についてですが、国産の年間収穫量が約43,000トンなのに対して、輸入は生鮮生姜のみに限っても約32,000トンに達しています(07年度)。さらにこれにガリや紅ショウガなどの加工品が加わりますから、まだ国産も頑張っているとはいえ、かなりの部分が輸入で占められてしまっていますね。

高知県は日本有数の生姜生産地で、全国の4割近くが高知県で作られていますが、最近は輸入に押され、さらに高齢化が加わって、どんどん生姜生産農家が減っているんだそうです。今生姜を作っているのは、親の代で終わらせたくない、自分の代で終わらせたくないと、地域の伝統を守ろうと頑張っている人達です。国産生姜で日本の農業を応援しましょう。

そういえば生姜の葉を利用した「生姜葉茶」を紹介されていたのもTinkerBellさんでしたね。探してみたら、ありました!! とても参考になる書き込みなので、ここにURLを張っておきます。今年も生姜を120%活かして、楽しく元気にいきたいものですね。

http://q.hatena.ne.jp/1214196232/171804/


[273]>239 ところてん r-zone

昔はよく食べてましたね。

今も売ってるんでしょうか?見かけませんね・・・


[274]>270 ビアガーデン r-zone

駅前にあるので、仕事帰りによく行きます。

夏の暑い時季にクタクタになってからの野外でのいっぱいは貯まりませんね。


[275]>274 私も家ビール派 tipstips

家で飲む方が緊張していないせいかすぐに酔っ払うしビール自体も外で飲むよりも安いので全般的に経済的なんです。

でもたまには気の置けない仲間とビアホールで乾杯というのもいいですよね。


[276]>272 炊き込みご飯ですか! tipstips

私も初耳でした。

ぜひ今度家で試してみようと思います。

生姜自体は店で買うときは国産に拘ってというか中国産を絶対に避けるようにしています。

生姜に限らず根野菜は土がキモですのでそれを環境の分からない産地のものを選ぶ気にはなれないからです。使う量もそんなに沢山ではないので多少高くても国産です。


[277]>269 雑草並みの逞しさ tipstips

雑草という名の草は無いのですが大葉は本当に逞しく育ってくれます。

畑に適当に植えておいたらかなりの陣地が大葉に占領されてしまいました。

本当はもっと沢山食べる種類の作物がよく育って欲しいのですがなかなかうまくいかないものです。


[278]>265 玉ねぎのてんぷら tipstips

本当に玉ねぎって甘くて油と相性が良くて驚きますね。

うちは玉ねぎをてんぷらにしてガンガン食べます。

油の取り過ぎになって本当は良くないのですが美味しいので止められません。


[279]>252 昔は tipstips

すいかを縁側で食べて、種を庭にプップップと飛ばしていたので庭に勝手にスイカの芽がでてきていました。

今は種無しが多くてそういったこともままりできませんね。

子供からの夢はスイカを丸ごと一人で大人食いすることと、庭に一杯スイカを育てることでした。

どちらも実現していないのがちょっと悲しいです。


[280]>275 ビアガーデン twillco

家で飲むのもいいですが、夏に一度はビアガーデンで野みたいですね。

外で飲むのは気分が全然違います。

BBQでもそうですが、テンション上がります!


[281]>273 ところてん twillco

私はおやつに、ところてん食べてました。


[282]>250 大粒のチェリー tipstips

私は正直日本のさくらんぼよりもアメリカンチェリーの方が大好きです。

日本のさくらんぼもあっさりとした上品な味で好きですが、アメリカンチェリーのいかにも甘い果実という感じのジューシーな果肉がたまらなく好きです。

もうシーズンになったら値札を眺めつつ安いのを見つけたらほとんど箱買いです。(笑


[283]>241 ゴーヤも好き! tipstips

好きと言っても作るのはゴーヤヤンプルーくらいですけど美味しいですね。

ワタのてんぷらは初耳でした。今度やってみます。


[284]>224 びわ tipstips

子供の頃、好きだったのでびわの木を庭に植えて欲しいと親に言ったら庭にびわの木はあまり良くないので駄目だと言われました。

迷信だと思うのですが何故だったのかいまだによくわかりません。


[285]>182 トマトは簡単でいいですよね tipstips

青虫には気をつけていないと葉っぱが無くなってしまいますが生命力は結構強くてどんどん伸びてくれますから。

あのもぎたての青臭い日の光を凝縮したようななんともいえない匂いがたまりません。


[286]>171 懐かしい tipstips

子供の頃、母親がよく夏に作ってくれていました。

大き目の鍋にワラビもちの粉を水に溶いて火にかけてずっとしゃもじでかき回してかき回して、そしてあるときを境に急に透明感が増したと同時に粘っこいワラビもちが出来上がるのがとても不思議に思っていつも横で見ていました。

たらいに張った水に鍋を浮かべて冷やしている間がとても待ち遠しかったです。


[287]>262 冷やし中華 T24oe

結構よく食べます。

やっぱ夏はこれですね ♪?(^ε^)


[288]我が家は<冷やしたぬき&きつねのきしめん> fusakogane

おそばやうどんの<冷やしもの>もおいしいのですが、我が家は”きしめん”が大好きです!

それも<ざる>からつけめんにするのではなく、冷やし中華のようにきしめんの上にキュウリとかまぼこと鶏肉のささみの湯引きしたもの程度の具をのせて、あとは市販のそばつゆをちょっと薄めにしてかけるだけです。

わさびはチューブのもので十分です。

おつゆをゴマダレにすることもありますが、そのときはちょっとラー油をたらして、チューブのからしのアクセントでいただきます。

そして最後の最後に<おまじないトッピング>の天かすをパラパラとふりかけそれと油揚げの細切りを加えて完成です!

きしめんが平たいので冷やしうどんよりもおつゆがからんで口当たりが涼やかに感じます。


[289]庭の新緑。。。。去年と今年 fusakogane

去年と今年の新緑に生まれ変わった庭の<見栄え>や<香り>に違いを感じます。

去年は。。。背丈が低く樹木・草木・花などが間隔を置いていて、緑の色が深かったように思えます。

今年は。。。とにかくひょろひょろと背ばかり高くて、緑色が淡いような気がするのです。 庭の手入れに違いはないと思うのですが、花が頭をたれかけるようにしています。

アジサイのピンクや青や白の配分も微妙に違っているので、たぶん土壌の様子が去年と今年では違っているのでしょう。

新緑の香りって、土のにおい 葉のにおい 花のにおい。。。などが混ざって構成されていると思うのですが、今年はあんまり香りの力強さを感じないのです。 私の鼻の機能低下によるものなのでしょうか?

温暖化の進行と今年の夏の暑さの成り行きを心配しながら。。。庭の新緑を今日も眺めつつ暮らしています・・・・・・


[290]>284 今日、びわを食べました iijiman

びわ。スーパーで、6個298円でした。

今年初めて食べました。

この季節の恵みですね。

庭にびわの木は良くない、というのは、(故)祖母だったかが言っていたような気がします。理由までは分かりません。それで、当時住んでいた社宅の庭に生えていた高さ1.2mくらいの(実はつけない)びわを、祖母は鋸で切り倒してしまいました。

誰かが勝手に種をまいて、それがのびたという感じのびわでしたが、今思うと、社宅に生えてるものを勝手に切っちゃまずかろうという気がしなくもありません。


[291]学生服の衣替えに目を奪われて fusakogane

もうすでに一部の小学生や中高生の制服が、黒や紺などの秋冬春バージョンから鮮やかに夏の白主体に切り替わりつつあります。。。

登下校の通学路 電車の中 ファストフード店内(?!)。。。

白 白 白 それに明るい笑顔 爽やかで清潔感があってエネルギッシュでとっても美しいです! 早くも夏休みへの期待感もあるのでしょうね・・・・

これこそ<一生に一度の青春の色>なのでしょう。。。もう一度味わいたくてもできない高揚感。。。

明日 サラリーマン OLの人たちもこの青春の白に目を奪われることでしょう!


[292]>278 生食 actro

新タマネギだと全然辛くないですし、歯ごたえもシャキシャキして美味しく頂けます。

何となく見た目も涼しげな感じで、栄養もありますし、血液サラサラ効果もバツグン

なのは自分の体的にも嬉しいです。


[293]>159 鰹といえば actro

やっぱりタタキですね。本場高知でも食べたことがありますがタマネギ

などの他に生ニンニクも一緒に食べるとパンチがあってすごく美味しかったです。

これからの季節はちょっと冷たくして食べるのも良いですね。


[294]ラッキョウも初夏の味覚 momokuri3

初夏の声が聞かれると登場し始める味覚のひとつにラッキョウがあります。最近はハウス栽培もあるようですが、ほとんどの国産のラッキョウは自然の気候に会わせて作っていく砂丘栽培ですから、それらは5月に出荷が始まり6月中旬を過ぎるころには一斉に店頭から姿を消す、季節限定の味覚になっています。

もちろんラッキョウは漬け物としては一年中食べられますから、そちらは珍しくとも何ともありませんが、生のラッキョウは店頭に出回っている時にしか味わえない貴重な味覚です。

まず生でそのまま。味噌でも付けてかじれば絶好の酒の肴です。シャキッとした歯触りがたまりません。

洋風の炒め物にもラッキョウは意外なうまさです。まずベーコンをカリカリに炒め、そこに小口切りというのでしょうか、うどんの薬味のネギのように切ったラッキョウと絹さやを加えて手早く炒めて塩コショウで完成です。

ネギチャーハンのネギの代わりにラッキョウを使うのもお勧めです。ネギチャーハンの場合はネギを過剰に近く炒めて風味を出しますが、ラッキョウの場合は炒めすぎないのがコツです。前述のベーコン絹さやラッキョウ炒めの仕上げ際にご飯を入れて炒め合わせてもいいですね。

天麩羅にしてもうまいです。そのまま揚げても良し、ラッキョウをネギのように使って掻き揚げにしてもおいしいです。

煮物にしてもいけます。ラッキョウをダシ、砂糖、塩、醤油、みりんで薄味に煮含めます。ホクホクした食感。タマネギを加熱すると甘味が出るのと同じ理由でラッキョウにも現れる独特の甘味。これは新発見のうまさです。

なお、野菜類の話題が出ると決まって触れられる輸入についてですが、最新のデータはちょっと探しただけでは見つかりませんでしたが、H10年で国産が1万3千トンなのに対して、輸入はそれを上回る1万9千トンという数字が見つかりました。

http://www.pref.tottori.jp/kouhou/mlmg/topics/35_1.htm

輸入物は多くが漬け物加工用だと思われます。ということは、ここでご紹介したような生鮮野菜としての活用方法が普及すれば、日本のラッキョウの市場がぐんと拡大することになります。皆さんも、漬け物のラッキョウとは違う生鮮野菜としてのラッキョウを、この季節に楽しんでみてください。

なおラッキョウは食べ過ぎると胃に負担がかかりやすいという話もありますが、それはどのような食品でも同じだと思います。他の食品と合わせてバランス良く楽しんでください。


[295]>144 エゾバフンウニやキタムラサキウニはこれからが旬!! momokuri3

なんと世界のウニ漁獲量を調べてみるとアメリカがトップだったりしますが(ほとんどは日本に輸出)、日本近海、それも旨味たっぷりの極上昆布が採れる日本の北の海でとれるウニが最高です。味の深みが違います。その旬がだいたい6?7月ですね。

ウニは基本的には雑食ですが、小さいときは珪藻類など、大きくなると昆布などの大型の海藻がエサの中心です。エサの味がそのままウニの味に出るとは言いませんが、やはり他の魚介類と同じく、ウニも餌の質によって大きく風味が異なることだけは間違いないと思うんです。だから昆布がうまい海域のウニはうまいんだと思います。

ウニは世界各地から水揚げされてきますから、それぞれの漁場で旬の時期は異なりますが、やはり日本の味覚としての北の海のウニは6?7月ですね。旬と産地を意識して食べる贅沢は、食の幸せの一つだと思います。


[296]>164 これはいいかもしれませんね momokuri3

ヒノキの防虫剤はいいですね。虫を殺すのではなく寄せ付けない、本当の意味での防虫剤と言える製品なのだろうと思います。ヒノキの香りなら人間にも毒にはなりませんし、むしろ森林浴のように安らげるかもしれませんね。

天然成分の忌避剤は環境に優しいがゆえに、すでに虫が付いている環境では、劇的な効果は期待できないかもしれません。衣類の場合はしっかり干してからしまう、動物用の場合は既に寄生している虫はあらかじめ取り除いてから使うなどの注意が必要だろうと思います。つまり今いる虫を退治する目的ではなく、虫ゼロの状態で使い始めてそれを維持する目的で使うということです。それを理解して使えば十分な効果が得られると思いますし、環境を毒化しないことによって得られる健康効果も大きいと思います。


[297]>189 この不文律は正しい!! momokuri3

季節の野菜が一番おいしくなるのは本当の収穫期を迎えてからですから、市場に豊富に出回って価格が下がるその時こそが旬、ということですね。4本百円の不文律はまことにもって正しいと思いますw

最近はキュウリやナスにまで輸入品が出回ってきて、日本の食はどうなるんだと不安になります。こういう野菜は国産という以前に、地産地消を意識したいと思いませんか。朝取りキュウリがそのまま食卓に並ぶ豊かさがほしいと思います。取れたてのキュウリはうまいです。いつもキュウリを持って離さないカッパの気持ちが分かりますw


[298]>193 これはうまいですね momokuri3

ミョウガの天ぷらは、山菜の天ぷらに通じる香りがあります。これは本当においしいですね。私も大好きです。

あとミョウガというと、ミョウガダケ(あるいは棒ミョウガ)。ミョウガの若い茎のことです。早い時期にはそのまま生で。今の時期はだいぶ延びてきているので、茹でたり炒めたりして食べます。

ミョウガ栽培はベランダのプランターでも可能です。自分で作るとミョウガだけでなくミョウガダケも楽しめて二倍お得です。


[299]>219 これはすごい!! momokuri3

藁の代わりに枯れススキを使うというアイデアに脱帽です。たしかにあれもイネ科ですから、藁の代わりに使えそうですね。昔はどこにでも稲藁があったんだろうと思います。今でも野菜の作り方の本を見ると、当たり前のように地面に稲藁を敷くなどと書いてありますが、今はどこで入手していいのか見当も付きません。そういうところにも枯れススキが使えそうだと思いました。

話をカツオに戻しますが、焼く所から自分の手で行うという贅沢さにとてもひかれました。一口にたたきといってもそれは様々な食べ方があることもわかりました。そこで自分オリジナルの食べ方のために最適な焼き具合を追求していくという贅沢が楽しめたらどんなにいいかと考えました。この季節にしか挑戦できない自作の藁焼きを毎年積み重ねて、自分だけのカツオのたたきを極めてみたいと夢が膨らんできました。


[300]>232 もっとかわいい名前を付けてあげたいですね momokuri3

ドクダミは葉がちょっとソバに似ていることから「地獄蕎麦」とも呼ばれます。これはひどいですねwww。私も「毒」という名が付いているので、子供のころは毒草だと思っていました。でも本当は健康に良くお茶にするとホットでもアイスでもおいしい、すばらしい自然の恵みだったんですね。

開花期の5?7月ごろは臭みも少ない時期ですから、葉を天ぷらなどにしても楽しめます。中華では根を使うこともあるらしいです。

ドクダミは花もかわいらしいですね。何かもっとかわいい名前を付けてあげたいなぁと思います。イエはてなで命名して、それを流行らせませんか?(笑)


[301]>257 冬は集中、夏は拡散 momokuri3

この部屋のレイアウトの原則はすばらしいです。言われてみると本当にその通りだと思いますが、今まで気が付きませんでした。目からウロコです。

季節に合わせた模様替えは、この集中と拡散のレイアウトの切り替えを意識して行っていくことがキモですね。これからの季節は、水平方向にも垂直方向にもすがすがしい広がり感を持たせていくこと。イメージが湧いてきました。今年は例年にない夏のしつらいが実現できそうです。

そういえば、わが家には、ガチッと定位を決めた集中型の音場で楽しむオーディオとは別に、天井埋め込みスピーカーや、天井から吊り下げたヒョウタンボディのスピーカーなどで、部屋中に音を拡散させるような音楽の楽しみ方もしていますが、後者はとても夏向きというイメージがあったんです。これも、冬は集中、夏は拡散の原則によっていたんですね。ほかにもこの原則は色々な所に応用できそうです。


[302]>283 ゴーヤとウリミバエ tk09

初夏の味覚といえばゴーヤ!

ゴーヤチャンプルー、大好物です!!


テレビで知ったのだが、実はゴーヤは、沖縄では”持ち出し規制”の野菜だった。

理由は、沖縄で繁殖していた瓜害虫のウリミバエを、本土へ持ち運ばないために

規制措置が掛けられていたからだそうです。


1990年に本土で、1993年に沖縄全島での根絶に成功したから、

こんなにポピュラーに食べられるようになったんだけど、

それには沖縄の方々のすごい努力があったんだろうなぁ、と考えてしまう。


そのおかげで、簡単に美味しいゴーヤチャンプルーが食べられる

と思うと、美味しさも”ひとしお”ですよね。


[303]>298 ミョウガ tk09

庭で育てていました。

大葉とミョウガって栽培が凄く簡単ですよね。

夏の味覚のそうめん、冷麦、ざるそば、つけうどん、などなど

庭から薬味をとって、刻んでいれるだけで何通りもの味が楽しめる。

ミョウガは鰹節と醤油だけでも、ものすごく旨い!!


[304]>169 かえるの鳴き声 tk09

実家の周りが田んぼでした。

昔からのことなので自分は全く気にしなかったのですが、

以前、実家に帰ったときに、家の外で同僚と電話をした際に、

「何か凄い声が聞こえるけど? どうしたの??」という声。

そこで始めて自分のいる環境が都会には”無い”状況なのだ

と気づきました。

雨の前のコンクリートの匂いと、かえるの鳴き声を聞こえると

自分の中の懐かしい思い出が蘇える気がします。


[305]>281 ところてん koume-1124

昔はよくたべてましたが、お酢が苦手だったので、あんまり美味しくは感じられませんでした。。。


[306]>304 かえる koume-1124

今現在、田んぼの隣に駐車してあるので、出勤時に車にカエルが張り付いてる事が多々あります。

こないだもカエルと一緒に通勤し、帰宅時にも同じ場所に居たので、そのまま家まで連れて帰りました・・・


[307]>280 ビアガーデン koume-1124

ドイツに行ったとき、本場のビアガーデンは本当に楽しかったです。

ビールにウインナーが最高の一時でした。


[308]>302 ゴーヤバーガー koume-1124

大人になるまで食べた事無かったのですが、沖縄に行った時に初めてゴーヤバーガーというものを食べて、ハマってしまいました。

ちょっと苦めなゴーヤですが、ハンバーガーにピッタリ合ってました!!

オススメです。


[309]>287 そうめん、冷やし中華。 nakki1342

暑くなってきたので

そろそろ二つが冬よりも食卓に

出てくる事が多くなると思っています

面倒くさいのが苦手なので手抜きして食べる事が多い麺料理なんだけど

麺の上に具材も

出来るだけのせて楽しみたいな・・


[310]>271 雨の後の緑を眺める nakki1342

私の住んでいる南の島は現在梅雨でウォーキングも

天気に振り回されます

個人的には雨続きだと困るのですが

最近

雨が降った後、道のそばを見ると木々が

色鮮やかな事に気がつきました。

嫌な雨の日も晴れた後の木々を見るのを

楽しみに時間を過ごしてみたいものです


[311]>310 森林浴 koume-1124

普段都会の中にまみれてると、緑いっぱい尾自然が恋しくなります。

そんな時には、ちょっと遠出して、緑のたくさんある公園に出かけて散歩したりしてます。

自然のパワーは、とても癒されますね。


[312]琉球四角豆 vivisan

土曜日に実家にいったとき、母がこの豆の種をもらって蒔いてみたところ、やっと芽がでてきたといってました。四角豆?初めて聞く名前でした。

その後母と一緒に園芸センターにいったら、この豆が苗で売っていたんです。

母がこれ!と指差した先には「琉球四角豆」と書かれていました。

その豆の写真を見て驚きました。なんていうんでしょ?四角?というよりはXみたいな形なんだそうです。葉はいんげんみたいな感じ。しかもつる性ではありませんか!しかもこれからの野菜です。母は種を全部蒔いてしまいましたので、今回は苗を買ってくることにしました。なんか見た目いんげんです。


あとで調べたところ、マメ科のつる性の植物で熱帯地方が原産なんだそうです。琉球というだけあって日本では沖縄で主に作られている野菜なのですね。

沖縄には戦後持ち込まれたという話ですが、夏場野菜が乏しくなるため、1980年代に研究されて改良されているみたいです。

別名「うりずん豆」。沖縄ではうりずんというのは初夏を意味する言葉なんだそうです。新緑を思い起こさせる薄い緑色のマメの色からそんな名前になったようです。詳しく調べてみると、うりずんというのは一種の品種で害虫に強く、無農薬で育てることが可能らしい。


基本はマメを食べますが、なんか花も食べることが可能だとか。地下は芋ができ、これまた食べられるそうですが、花が咲いて実がなるとイモはやせ細るので、実を食べるかイモを食べるかで悩むのだとか。

できたマメはゆでて食べたり、炒めたり、天ぷらにすることも可能。クセがなくて歯ごたえがあるようです。

ほかの豆類同様たんぱく質を多く含んでいます。またカロテンも多く含まれているので、抗酸化作用によりガンの予防に役立つようです。


やはり亜熱帯の植物だけあって、寒い時期に種を蒔いてもなかなか発芽しない。なので本州では暑くなってきたかな?と思えるような初夏の頃に種を蒔くと発芽しやすく、すくすく育ちます。

そんなところも本州的には初夏に蒔く植物なのかな?って思います。


ここで頭に浮かんだのが、つる性です。あ、緑のカーテンに最適ではないですか!来年は実家から種もらって蒔くことは可能ですが、今年はちょっと無理。なら、わたしも今年は苗で育ててみようと思い、苗を買ってきました。これからの暑い時期、亜熱帯の植物はぴったりです。ゴーヤのおとなりに植えてみます。

実がつくのがたのしみです。いろいろレシピもでているようなので、ちゃんと実ったら試してみようと思ってます。

全国的にどんどん浸透してきていますね♪


[313]>308 ゴーヤー! nakki1342

私は、ゴーヤーが大の苦手なので

チャンプルーを作る時にはかならず中綿を

取ります。

ものすごく薄く切ってポークやツナ缶や

たまねぎとかも一緒に入れて。

炒めたポークと一緒に飲み込んだり

(いけないですけど)


今の時期からは、安くなるので

食卓に多く出るから少しでも好きに

なれればいいな・・。


[314]>217 にんにくの丸焼き aicyu

スレッドの最初に書いた「にんにくの丸焼き」をまたやってみました。

[f:id:aicyu:20090601102358j:image]

今回は、塩コショウではなく、自家製赤味噌で・・・。

にんにくは、アルミホイルに包んで火にかけるだけの簡単調理です。


[315]>244 扇風機。 nakki1342

今は、まだクーラーはそこまで稼動させてないのですが

その代わりに扇風機を

稼動させています

涼しい風に当たると

気持ちがいいですね

でも時々は、それを守るために掃除もしないといけないな

そう思っています。


[316]>215 スイカ nakki1342

正直少しスイカに

飽きてしまってるので

久しく食べてないのですが

よく食べていた子供の頃

スイカは何もかけないで食べていましたね

久しぶりに食べたら

美味しく感じるのかな


[317]>299 藁は vivisan

私は実家の藁を使っているので、買ったことはありませんが、こちらではホームセンターで販売していました。園芸センターでも購入することができますね。藁も買う時代なんですねぇ・・。

それをススキで代用してしまうというところがびっくり仰天のアイデアです。

またタタキの作り方でTomCatさんのコメントを読んで納得したんですが、氷水で冷やしたら藁灰の香り・・なくなっちゃいますもんね。

あたたかいたたきになりそうですが、これはこれで食べてみたいです。ダンナに頼んでみようかな♪と思いました。


[318]>112 身近に楽しめるアジサイ greenbaaba

新緑に花の色を添える紫陽花。

部屋の中にも取り込んで愛でます。

[f:id:gallerybaaba:20090601104501j:image]

玄関ギャラリー6月より


[319]>306 とうとううちも vivisan

私も家のとなりは田圃です。たぶんみなさんのところではもう田植えは終わってますよね。

しかし、この近辺は田植えの時期って今なんです。30分も車で行くととっくに田植えは終わっているんですけどね。たぶんこれって品種のちがいだと思います。

なので、今まではカエルの鳴き声はしませんでしたが、土曜日に水をいれたとたん合唱が始まりましたw


イエの窓にカエルが張り付くことはありませんが、いろんな種類のカエルたちが庭木によくたたずんでいる姿をみかけます。昨日ガーデニングしていたら、何か動いたので近くで見てみると・・茶色いカエルでした。

ミズゴケなどの上で休んでいる姿が多いですね。私の鷺草の鉢には必ずいらっしゃいます。また昨日はアジサイの上にいました。1メートルは超えてるはずなんですが・・ジャンプ力すごいですねw

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ