人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

PHPでAmazon Webサービスを利用した検索システムを作りたいと考えています。

最近仕様が変わったようで、「Subscription ID」が「AWSAccessKeyId」に変わったという認識はあるのですが、web上の情報を元にプログラムを組んでも正常に動作しません(もしかしたら他にも変わったのでしょうか)。

PHPを始めてまだ日が浅いということもあるので、最新Amazon Webサービスに対応したわかりやすい解説サイトや書籍を教えていただけませんでしょうか?サンプルソースを公開しているとなお助かります。

●質問者: さとし
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:Amazon Webサービス PHP Web サイト サンプルソース
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●55ポイント ベストアンサー

PEAR::Services_Amazonを使うのが近道です。

具体的なコードの書き方は下記が参考になるでしょう。


ご質問の仕様が変わったという件は、「Product Advertising API」への変更に伴い電子証明書の認証が必要になったということを指すと思われます。

これもPEAR::Services_Amazonでサポートされており、「PEAR::Services_Amazonで Product Advertising APIの電子署名認証を使うサンプル」にサンプルコードがあります。

◎質問者からの返答

具体的なご教授ありがとうございます。


2 ● QuestR2
●15ポイント

http://bluestick.jp/tech/index.php/archives/5

PHP AMAZON RESTで検索すれば資料は出てきます。

まず、リクエストするURLをブラウザで投げたら、正しければXML形式でデータが

返ってくるのが確認できます。

電子認証が必要になるのは、今年の8月?日以降です

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ